2019年01月24日

相馬救援隊の鹿島駅の見守り開始


相馬救援隊の鹿島駅の見守り開始

stkeep11.jpg


朝は早い、6時ころから三時間くらい見守りする
あとは午後三時から七時である
これは長い時間である、新地駅では午後四時で閉じる

ここでは切符とかは売らない、JRで頼むと金を払うようになるからだ
ここの救援隊は南相馬市で払ってnpoに頼んでいる
仕事は駅の案内というより高校生の安全を図る見守りなのである

でも必ず人がいれば運行となにか必ず聞かれる
今日も風で遅れたからそういうことでも聞かれる
ただ人がいると聞けばいいのだから安心感がある

私のたちよる昼間はいないから依然として案内はある

2019年01月25日

白菊(神の示したかったのはイデアである)


白菊(神の示したかったのはイデアである)

cccccccccccrii123.jpg

冬の雲パークゴルフや高齢化

風唸り故郷に老ゆ冬芒

大輪の白菊映えて汚点なく朽ちしも天に昇りけるかな


なぜこの世界が作られたのか?
これはただ偶然にできたのか?
そういうことはありえないのである、神の明確な意志があって作られた
ではその神の意志とは何なのか?
それは簡単に解き明かせない、謎がある

この世には美があるとする、また様々な創造物がある、その意味するものは何なのか?
その一つにイデア論がある、神の意志は創造はイデアにあり
それこそが目的だとしている例えば様々な花があるとする、それは神のイデアである
それは形となり物質となって現れる、でも神が示したかったのはイデアである
そのイデアが不滅だとする時、花ならいろいろあって菊なら菊のイデアを示したかった
それは枯れて朽ちても実は永遠に存在している
菊が仏壇とかに霊前にあった花になったのは人間が作り出した文化である
それは神のイデアを人間側がとりいれて活用したのである

いづれにしろこの世を地球でも宇宙でも万物でも創造したのは偶然ではない
神の意図があり作り出されたものである
これほどの多様な世界を作り出した神というのに驚嘆して賛美するのが人間である
花にしても動物だったら食べることしか興味がない
人間だけがはなを美しい見る能力がある、つまり神の創造したイデアを見る能力がある
神はそのイデアを示すために人間を必要としたから神に似せて人間を作ったのである

ショーペンハウエルのように一方で生殖とかの意志の世界がある、
それと相反して認識の世界がある、その認識の世界こそ神の望むことだったともなる
でもそこに矛盾がある、生きんとする意志の世界と認識は対立する
子供は全身が認識に奪われているから幸福だとしている
大人になると意志が前面に出てくる、生殖に奪われて認識の世界はなくなる
(意志と表象の世界)の矛盾が生まれるのである

神が創造した菊という花のイデアは不滅である、それは枯れて朽ちたとしても不滅である
なぜならまたそれは再現されるからである、ただ具体的に形となるには種とか肥料とかそれを育てるものが必要になる
ただ神の意図していることはあくまでもイデアでありそれを示したいことである
だからたとえ菊が花は朽ちてもそのイデアは消えることなく再現される
創造すると宇宙の中にそのイデアだけが再現されうる
その時土は必要なくなる、そこに様々な花のイデアが現れるのである
あくまでも土が必要となったのは手段であり本当の神の意志はイデアを示すことだったからである

ともかく本当に高齢化社会である、南相馬市のパークゴルフ場は広い、だからあそこは気持ちがいいから自転車でいつもよる、私は喫茶店があるとしてレストランでも食堂でもあるとして見晴らしのいい景色のいいところがいい、やはり人間はただ食べるだけの存在ではないからだ、それで相馬市の道の駅は街中にない、田園地帯にあるから見晴らしがいいからいいのである、ただそこで出している食事は落ちる
でも見晴らしがいいとかでレストランとかでも価値が生まれているのである
価値とは一つではない、複合的なものとしてある

芒というとき意外とこれは強く根を張るのである、まさに今は冬芒であり地方では老人が多い、
この辺は原発事故後老人が増えている
だから冬の雲がパークゴルフ場に垂れて動かないのも何か高齢化社会である
ただパークゴルフはかなりの運動になる、あそこは広いから回ると運動にはなっているからいいのである
とにかく会うのは老人が多いのである、そして病気の人も多いのである
その人はもう腰が悪いとか目が悪いとか病院通いであり他の人もそうである
金もないのに東京の病院に行ったり病院通いが仕事なのである
そんな人ばかり増えているとするととても国の財政はもたなくなる
それを自分に要求されても困るとなる、これも大問題なのである
貧困老人の問題は病気になる人が多いことなのである


無人駅から乗った人の案内しない駅の見守り役 (無人駅から乗る人の注意)


無人駅から乗った人の案内しない駅の見守り役

(無人駅から乗る人の注意)

stmujin666.jpg

stmujin44.jpg

逢隈から鹿島駅までは760円である
この運賃表を見て金を用意する
または車内で車掌から切符を買っておく

stttt1.jpg
ここに切符か運賃をちょうどに入れる
あとで駅員が回収する

相馬救援隊の見守り役は駅の運行とかの案内しないと張り紙があるが
これもおかしいなと思った
実際に今日無人駅の逢隈駅から乗って鹿島駅まで来た人がいた
それで切符がないとかどこで支払うのか見守り役に聞いた
でもわからないから教えてやった
見守り役はこうした鉄道の運行にかかわらないいっても必ず聞かれる

つまりあそこにいれば駅員と思う

だから駅員の役割をせざるをえないのである
ただ無人駅から無人駅に来るののはめんどうである
入口に切符だけではない金も入れられるのである

でもその人は千円をもっていたが運賃表を見ると760円だった
千円はもっていたが丁度ぴったりに金を入れなければならない
それができなかった
それで私がたまたま小銭があったので760円を入口の切符入れに入れるようにした
前は小銭がなく前の自転車屋で交換したのである
ここが一番面倒なのである

ただ変なのは前の切符売り場に人がいれば駅員だと見る
だから当然それでわからないと聞くことになるのである
でも運行にはかかわらない、高校生の見守りだけだというのも困るのである

stttguid11.jpg
切符の販売や清算、列車の運行等に関する駅業務のご案内はいたしかねます

ここには明確にそう記されている、でもどうしてもあそこにいると駅員に見えるのである
だから必ず運行について切符についても聞かれる
私はそれで教えてやったがあそこの人は見守り役だけしかしない、それが何かおかしいのである
覚えることは簡単だからである、おそらくJRでそういうことを頼むとなると金の支払いとか責任問題を気にしているのかばしれない
何か案内の人が間違うともしJRで頼むとJRに苦情が来るからである
それでわざわざこの張り紙をしていたとなる
とにかく責任が問われることを嫌があるのである

だから私が自作の時刻表を勝手に置いた時もJRで置いたものとするとJRの責任になるから置くなとなったのである
こういうことで現代というのは窮屈な社会だと思う
それはなんでも何かあると責任問題が生じるからである
要するに私たちのすることは高校生の通学などの見守り役でありあとはかかわらないし責任をもたいなと張り紙で書いたのはそういうことである

railbbb333.jpg

railbrige.jpg

真野川の鉄橋工事ーこれは工事としては大きい、ユニオンがしている



プログの読み方 グ―グルのアプリでドライブのドキュメントに全コピーして記録して読む


プログの読み方

グ―グルのアプリでドライブのドキュメントに全コピーして記録して読む

googlddd1.jpg

purogummm22.jpg

一年分のプログが一か月ごとに記録して読める
記録するのは簡単である


プログとかインタ−ネットのサイトは読みにくい、検索もしにくい
全体像がわからない、本だと全体像がわかりり読む
ぱらぱらと全部をめくってみて全体像をつかみ部分を深く読むことができる
プログは毎日の日記だから短く断片的になり全体像がつかみにくい
それで何か記憶されないことがある
それは断片的に読んでいるからそうなっている
本だったら一冊の本として頭の中に入っている、全体像とてし記憶しているのである

だからインタ−ネットの中の文は記憶しにくいのである
それがどこに書いてあって誰が書いたとかいうのもあやふやになる
膨大な情報の断片化する、私のプログの情報量は膨大である
すると自分自身すら何を書いたのか忘れている
それで時々自分の書いたものを読んでこんなことを書いていたのかと感心しているのも不思議である
人間とはとにかく忘れやすいのである、それが人間の弱点なのである

グーグルのドライブだとクラウド上に記録される、するとusbなどのように持ち運びする必要がない、もう物ではないからだ、usbでも小さいからなくしやすいのである
でもクラウド上に記録させればかえって消えないということがある
それは物ではないからだ

ただインタ−ネットとか通信になると記録が消える恐怖が常にある
それぞれがもっているパソコンも突然クラッシュして記録が消えることが恐怖なのであるそれで都築詠一氏の貴重なプログのログが一部は残っていても消えたことが残念だった
あの人は記録を残そうとしていなかったのも不思議である

ではプログの読み方をどうするかというとこのグーグルのアプリのドライブのドキュメントで記録するのは便利である
ここに全体をコピーして貼り付けるのである
それはそれほど手間にならない、ただプログの文なり写真を選択してコピーしてドライブのドキュメントにはりつけるだけなのである

すると日時ごとに列挙されて目次化されるのでわかりやすいのである

これの利点は例えプログが消えたとしても読む人の所には残るのである
するとプログが消えたとしても消されたとしてもそれを読んだ人がグーグルのドライブから再現できるのである、その人が読んだものは本のように残っているのである
おそらく都築詠一氏も誰かがこのように読んで記録していれば全記録が残っていたのである
それは簡単に再現できるからである

つまりこういう読み方をすると本のように読めるということである
本のように記録は読んだ人の手元に残り再現できるのである
だからこのグーグルドライブは便利である
一連のものとして目次からもたどれるからである、この目次機能が優れているのである   




2019年01月26日

味覚は人間の防衛本能 (老人でも食物の味をかみしめて食べるようになった)


味覚は人間の防衛本能

(老人でも食物の味をかみしめて食べるようになった)



若い時は腹減れば腹を満たせばいいという感じだった、私の場合は食とか料理にこだわったことがない、旅行で料理が楽しみにはならない
旅行だと旅行したいというだけであり食べることではなかった
外国でもだからまともなものも食べていない、ただ外国に来て行けて良かったなとしかない、でも実際はその土地の食を味わうことも旅である
今になるとそう思う、ただそうなると金がかかりすぎるからできなかったのである

食べたいものを食べる、うまいと思うものを食べる

おいしいというものが安全でありおいしいというものが体にいい

味覚を感じやすくするには食事するにも静かな環境とかが必要

これが武田邦彦氏の推奨することである

味覚とは人間に備わった防衛本能だとしている、それもそうかもしれない、現代は調味料とか過剰に使っているし本来の食物の味が失われている
まず動物は人間のように加工したものより生のものを好むのはそこに本来の味があり栄養があるからだとなる
現代文明の逆説として老子の無味を味わうというときもそうである
水こそが一番人間にとっていいものだということである
それはジュース類の多さをみればわかる、あれにはほとんど自然の栄養物は入っていないだから運動した後ジュース類を飲むと疲れるというのはそのためである
糖分をとりすぎると砂糖などをとりすぎると疲れるのである
現代人に糖尿病が多いのは栄養をとりすぎるからである
動物はいつも空腹状態にあるというときそれが自然の状態だとなるからだ

そうはいっても人間はそもそも味覚でもそれがおいしいというとき快感を覚えるからである、そして意外なのは老人になっても快感、快楽を追求することは変わりない
性で食でも同じなのである、老人になると異常性欲者にもなる
淡泊になるということはないのである、だから私もなぜ食にこだわるようになったのか?食物の味をかみしめるようにして味わっているのか?
それは意外と老人になるとき逆になんでもデーブなものを追求する
それは食事にも現れる、知識でもそうだがデーブなものを求める
でも自分自身は料理はほとんどしない買ったものでまにあわせている
それはそんなに色椅子なことに時間をさけないからである

そして食事する時食事に集中することが必要だというのもそうかもしれない
がやがや騒いで食べるのがいいように思うしレストランではみんなそうしているしそうした方か楽しいとかうまいとかなる
一人で食べていると孤食になり食事もまづくなるとかいう
でもそうでもない、一人で誰もいないところでしんみりとして食べていると食物の味を深く味わうということがあるなと一人暮らしになって気付いた

だいたい日本人は忙しい早食いである、じっくり食物の味を味わないで食べる
ヨ−ロッパなどではレストランとなると特別の場所であり正装しないと入れない
そこは静かな場所なのである、がやがや日本のように騒々しくないのである
でも自分の場合はそういうレストランに一度も入ったことがない、そういう身分でもなかった
でもヨ−ロッパでは街でも静けさを大事にしているからレストランでもそうなる
そこにはやはり日本にはない貴族の文化が伝統が活きていてそうなっているのかとなる

老人に対する誤解は何かなんでも淡泊になると言うがそうでもない
確かにあまり油ぎったもの厚い肉などを食べたくないことはあるかもしれない
でも何でも淡泊になるわけではない、だからなぜ自分自身が今になって味にこだわるようになったのか?
それは食事でもそうだが何でも芸術でもじっくり味わいたいということになるからだ
デーブなものを求めるのである、ただそれは別に贅沢とするということではない
普通の食事でも何か味わいかみしめて食べるというふうになった
それは老人になるとおそらく何でも生きることが残り少ないということが影響している
遂に食べることもこれで終わりかとか病気になり最後に好物のものを食べて死にたいとか言って本当にそうして死んだ人もいるからだ
そういう心境は若い時にはない、結局老人の心境は老人になってみないとわからないのである


南相馬市鹿島区海老で交通事故発生 (福島市から駅にレッカー車来る)


南相馬市鹿島区海老で交通事故発生

(福島市から駅にレッカー車来る)

caracccc111.jpg
福島市から駅に来たレッカー車


駅に待っている人がいたから鉄道利用すひる人かと思ったら海老の雪道で事故を起こした人だった、スタッドレスタイヤをしていても事故にあいかなり危険な目にあった
その人は怪我はしていなかった

レッカー車が福島市から来た、そんなに遠くからなぜきたのか?
福島市の人だったのか聞いていない
ただ駅は街の中心のようになっているから車の人も来るのである
ここで待ったり情報をしいれたいということもある
ここでは道の駅がないかち駅に来るのである
自分も自転車旅行では駅によることがあったからだ

雪で一分くらい電車は遅れたが後は遅れなかったから雪の影響はなかった
風の影響の方がここでは大きい
なんでも車に乗っているばあちゃんんが車は重いと安全だとか言っていた
でも税金が高くかかると言っていた
重いと風に強いし安定はするがスピードか出にくくなる
電車も軽くなっているからスピードが出るが風に弱くなり安定しないから原理は同じだと思った

今度買ったヤマハの電動自転車は本当に優れている
雪道も馬力があるから普通に走れた、それからタイヤが特別制でありマウンテンバイク用高だから頑丈であり雪道でも滑らなかった
これもやはり電車でも車でも自転車でも重いもの大きいものは安定しているのである
その原理は同じだった

とにかく交通事故は毎日のように起きている
雪道には車は弱い、そうなると車は利用しにくくなる
だから会津とか雪国は大変だと思う
ここは雪が降ったとしても一年に二三度なのである
雪かきもする必要はないのである
その点は住みやすいとなっている

隠された石の像 Statue of a hidden stone sleeping in a jungle

隠された石の像

Statue of a hidden stone sleeping in a jungle    

hidden face1.jpg

leaflighttt1.jpg
a secret place of jungle

icedmoon111.jpg

icedtunnnel22.jpg




写真は無数にある、インタ−ネットにも雑誌にもある
そのデーターが膨大である
ただそれを変化させているだけのが私の抽象画なのである
それでも何に変化するのか全くわからない
こんなものができたのかと驚く

それは自分自身の創作とも違っているからである
ただ変化した結果として生まれたものであり自分がイメージして作ったものではないからだ
でもこんなふうにして変化させてなにかしら創作になっているのも不思議である
自分自身が不思議に思っていることなのである       

私はもともと石とか岩に興味がある、だからこの写真を変化させたものを見てここに顔のようなものがあり隠された岩がありその配置が気にいったのである
つまり沈黙の石であり岩なのである
石や岩に興味をもつのは常に沈黙しているからである
私自身も禅僧のように沈黙の行をしているともなるからだ


There are countless photos, there are also in the Internet and magazines
The data is enormous
Just changing it is my abstract painting
Still I do not quite know what it will change to
I am surprised that I could do something like this
It is because it is also different from his own creation
It is because it was born as a result of change and it is not what I made by imagining it
But it is strange that it has become some creation as a result of changing it like this
It is what myself wonders

Originally I was interested in stones and rocks, so when I saw what changed this picture, there was something like a face here and there was a hidden rock and I liked the arrangement
In other words, it is a silent stone and a rock
Because it is always silent that interests in stone and rock
Because I myself are doing a silent line training a Zen priest
タグ:CAVE stone statue

2019年01月27日

秋の日本海に沿って自転車の旅をたどる(俳句と短歌) (記憶をたどる旅の不思議)


秋の日本海に沿って自転車の旅をたどる(俳句と短歌)

(記憶をたどる旅の不思議)
ichburiii11.jpg

市振に来たるやあわれ秋鴎

出雲崎沖に佐渡島遠きかな旅人よりて秋の日暮れぬ
良寛の行きし杣道我が歩み五合庵なれ生きにしものかも
良寛の五合庵より野積かな秋の夕日の海に映え没る
良寛の五合庵より一本の松によりさり月のあわれも
寺泊出雲崎すぎ日ば暮れむ月のあわれも松によりさる
秋雨のしととふりにき旅人や瞽女(ごぜ)の碑ありてあわれ深まる
直江津に一夜の宿や旅人のはや去りにけり秋のふけゆく
市振に着きしや遠く我が来る秋の陽没りぬ日本海かな
市振の漁港小さくあわれかな烏とまりて秋の日暮れぬ
いづこなれ山間の刈田にテント張り泊まりて去りぬ何を記さむ
雨しとと関所のありて夕べ越ゆ江戸の道のりここより思ふ
この世に生きるは謎や一夜の宿出会いし遊女も記憶なるかな

黒に映ゆ松本城や藤の花
黒に映ゆ松本城や雪の嶺

旅の記憶も30年くらいすぎるとあやふやになる、なぜ日本海を自転車で旅したとてしどうして日本海まで行って帰ってきたのかわからなくなった
第一そこまで自転車で行くとしたら相当に遠い
覚えているのは良寛の五合庵により野積(のづみ)の民宿に泊まり寺泊に来て出雲崎に来て日本海にそい行った
その時秋であり満月がでていた、それは確かに前に記録して短歌にしていたがどこに記録したか不明になった、おそらくワープロに記録していたのだろう
それでワープロから呼び出されなくなり古いワープロを東京まで行って買うほかないとなった
人間はともかく忘れやすいのである、まず旅しても十年などすぐすぎる
すると記憶はあいまいになる


出雲崎側に「お春瞽女之碑」がある
車で走ると気づかず通り過ぎてしまう

昭和22年の冬
出雲崎の門付けの帰り
盲目のお春さんは吹雪に埋もれ帰らぬ人となった


瞽女宿では、そろそろ瞽女の来る頃、布団を干したりして準備をします。暖かい布団や風呂、心づくしの食事、気兼ねなく過ごせる部屋などが用意されます。もちろん、皆無料です。瞽女宿の人だけでなく、村の人も手伝いにきます。村中で瞽女を暖かく迎えてくれるんです。

杉本家の初代親方マセは江戸時代の生まれで幼い時に天然痘にかかって片目が潰れ、顔中にあばたが残り、「お前はその顔ではいいとこへ嫁に行かれん。いっそ瞽女になるか」と父親に諭されて丸山という親方の弟子になりました。




瞽女(ごぜ)というのも目が見えない女性である、とにかく江戸時代は眼病を患う人が多くそういう人がなった仕事である、それは栄養不足でそうなっていたのである
座頭などもそうである、0・8パーセントが眼病を患っていたとかなる
そもそも病気は江戸時代には直せないのである
天然痘もそうである、そうした伝染病も多いから病気を直せずに死ぬ人が多かったのである
でもそういう人に江戸時代の人は情がありなさけをかけていたのである
瞽女(ごぜ)宿まで用意して歓待していたのである
それは芸を楽しむということがあったにしろやはり福祉的なものもあったとなる
ただ座頭などは金貸しで特権が幕府から与えられて大金持ちになっていた人もいた
これも現代でも福祉の名で施設とかもうけている人もいるから同じだと思った
人間のやることは時代が変わっても似ているのである
とにかく瞽女(ごぜ)の碑を見たのは記憶している

それから直江津に一夜泊まったことも記憶している
そしてわからないのは糸魚川まで行って親不知に行って市振に行ったことは記憶しているただ糸魚川を越えて市振に着いたということは地図をみてふりかえりそうだったのかとなる、市振は越後と越中の境であった、そこで関所があった
市振とは振り出すという意味であり境を越えて振り出す振り出しの地としてつけられた
江戸時代は境を越えることは外国に行くとにていたのである

それで芭蕉の句の「一家に遊女もねたり萩と月」は市振で詠まれたのである

今日は親しらず・子しらず・犬もどり・駒返し*など云北国一の難所を越て、つかれ侍れば、枕引よせて寐たるに、一間隔て面の方に、若き女の声二人計ときこゆ*。年老たるおのこの声も交て物語するをきけば、越後の国新潟と云所の遊女成し*。伊勢参宮するとて、此関までおのこの送りて、あすは古郷にかへす文したゝめて、はかなき言伝などしやる也。白浪のよする汀に身をはふらかし、あまのこの世をあさましう下りて*、定めなき契、日々の業因、いかにつたなしと、物云をきくきく寐入て、あした旅立に、我々にむかひて、「行衛しらぬ旅路のうさ、あまり覚束なう悲しく侍れば、見えがくれにも御跡をしたひ侍ん。衣の上の御情に大慈のめぐみをたれて結縁せさせ給へ*」と、泪を落す

これは遊女だが瞽女ともにているのである
そこに漁港があり船が泊まっていることは覚えていたがそこに松があったことは記憶していない、松は何か人間に見えるのである、松によるというとき人間に寄るという感じになるのだ、だから日本人にとっては松は一番親しいものなのである、松は友にも見えるのである

旅路行く北陸道の松あわれ名残り惜しむや秋の陽没りぬ

こんなふうになる、日本海側の松はまた何か独特の風情があった

自転車の旅だと宿に泊まりにくい、そこでテントは不可欠だった、何か山の方に分け入って刈田の畔のような所でテントを張り寝たことを覚えている
そこがどこかは不明になった、何かを記すにももう記憶をたどるしかない、それもとぎれとぎれになって不明になった

そして市振から富山の方に行ったのか?山の方に向かいそこに関所があった
加賀藩などがその関所を越えたとかある、あそこから江戸へは遠いと思った
ただその関所のことが不明になった、でも記録したものが見つかればまたこの文は編集しなおす

そしてなぜか松本城のことを今日テレビで見て思い出した
松本城からアルプスの雪の嶺が朝に映えていた
あそこには春に行った、秋にも行った、それで思い出して俳句を作った

matumoto111.jpg

黒に映ゆ松本城や藤の花

黒に映ゆ松本城や雪の嶺

あの黒色が独特なのである、山国の城として黒があっているとなる

会津の城ももともと蒲生氏郷が作った七層の黒川城があった、この城は圧巻だった
まさに松本城ににたものだったのである
今の会津城にはあまり魅力を感じない、中は博物館のようにもなっている
それは新しく再建されたから歴史を感じないのである
新しく再建されるとそれは博物館のように見えるからだ
ただ松本城は当時の面影を残している、立地もいいのである

blackcc11.jpg
七層の会津の黒川城

いづれにしろ思い出す旅というのも不思議である、それがインタ−ネットだとしやすいのである、情報がありそれをたどって記憶の旅ができるからだ
ただこれも実地にその場に行っていないかぎり活きたものとならない
そして地図を見ると何か記憶と一致しない、だから地理をわかるのは容易ではないのだ
冬は冬ごもりであり思い出す旅には向いている
じっとしていてストーブにあたたまり思い出す旅をするのである
だから私自身はもう旅に出たくないのである、これだけ旅をすればそうなる
もう飽きるほど旅したからである














風力発電もソーラーパネルも自然破壊になる (南相馬市の海岸の植樹も無駄だった?)


風力発電もソーラーパネルも自然破壊になる

(南相馬市の海岸の植樹も無駄だった?)

solerppp12.jpg

【武田邦彦】日立撤退、風力発電事業から。
しかしこうなることは最初から分かっていた

津波や原発事故以後この辺の風景は一変した、ただここだけではない風力発電でもソーラーパネルでも景観が変わってしまった
私は何か異常に景観にこだわる、だから八沢浦が元の美しい入江にもどったというときもそうだった、そこが田んぼでもその田んぼより入江になっていたら美しいと常に思っていたのである、イメージしていたのである
それが本当に入江になったときほど驚いたことがない
波が入江になったところ打ち寄せてきらきら太陽に光っていたのである
この辺には入江がないから景観的にはいいものではなかったからだ
その時津波で家がその入江となったところに浮いていたのである
またそこでは人も死んでいたのである
正直それより入江になったことに驚嘆したのであく
それでここで人か死んでいるのにお前は何を喜んでいるのかとコメントがあったのもわかる
何か自分は常に景観を気にしていたのである、景観が壊されるのは嫌だったのである

だからソーラーパネルとかでも風力発電の風車でも嫌なところがある
そして津波で右田の松原もなくなったし家もなくなった
そこにソーラーパネルと風力発電の景観になった
そこに松と木の苗を植えて元の松原とか森の再生を図ったがそれは将来的に無駄ではなかったか?
なぜなら風力発電があると木が正常に成長するのか?
そのことを科学的に調査して判断している科学者がいたのか?
武田邦彦氏は風車は植物の生長に影響するとしている

葉っぱから水が蒸発しなくなるとか下の土がじめじめするとかあるとしている
ここは詳しくわからないがそもそも水力発電でも結局自然を破壊することになった
アスワンダムでも水が流れずに下流から水があがってきて塩害になったとか必ず自然を破壊するからそういう人工物が自然にどういうふうに影響するかを慎重に調査して判断すべきだとしている
太陽光を利用するソーラーパネルでもそれはまず景観に影響しているし人家のすぐ前に作ったら素人でもわかる、光が反射して暑くなったとかなっている
風力発電では鳥がまきこまれたとか自然に確実に影響して破壊する
まずはっきりわかるのはと景観を破壊することである
山の森のなかに突出して風車がある風景は自然の風景ではないし
なにかしら必ず影響するのである

水力発電もそうだったのである、その反省もなかった
ではなぜまた原発と同じようなことをしているのか?
それは政府の政策であり補助金が得られるから業者も積極的に事業したいとなる
政府では自然環境に考慮することなどないという
そもそも現代文明人は景観に無頓着なのである
だからこそ東京のような自然がない人工都市の中で生きていられるのである
そこに森も山も大地もない、人工的空間だからである
そういう所に生きられる人間は何か美的感覚でもなんでも麻痺しているのである
それは別に田舎に普通にいるが田舎の場合は人が景観に無頓着でもどうしても自然の中で生活していたからそのことで自然が守られていた
農業でも漁業でも林業でも自然の中で生きていたから自ずと自然環境も守られていたのである
でも自然と遊離して工業化したとき自然と人間はすでに遊離するようになったのである

そして武田邦彦氏が指摘しているように日本の国土は狭い、森が70パーセントとか森が多く平地が少ないのが致命的なのである
そこで土地が利用できないから山とか森にも風力発電の風車を建てる
それが景観とマッチしないのである
そもそも前から私が指摘していたように技術すら風土とマッチして開発されてきた
砂漠とか平地が多い中東に風車が発明されたとか日本では山が多いからトンネルの技術が発達したとかある
つまり技術でも国々の風土にマッチしたものが生まれる、開発されるのである

だから良くその国の風土にマッチしたものを作らないと自然は破壊される
ではそれが何になるのか?それは私にはわからないにしろ水力発電でもダムでも風力発電でもソーラーパネルでも自然エネルギーとか言っているけど自然を破壊するものなのである

そして景観が破壊されると心にも影響する、風車とかソーラーパネルは人工物であり自然にマッチしない、それは森にも山の斜面とかにもいろんな場所に作られて景観を破壊しているのである
景観だけではない、実際に自然を破壊している
いづれにしろ植樹祭とか天皇が来てこの辺で海岸でしたけどそれも無駄だったとのかとも思う
なぜなら風力発電でありその前にはソーラーパネル工場のようになっているからだ
そしたらどうしてそこで木が正常に成長するのか?
したとしても景観として森にはならない、松原のような景観は永遠に再現できなくなったとなるのだ

だからなぜそういうことを科学者は考えないのか?市の方でも考えないのか?
それも疑問なのである
そこに自然の森にはもうなりえない、見たらわかる
後はソーラーパネルであり前は風車である
そこに自然の木や森が成長するだろうか?
ただその前に風車の々寿命が20年とかだとすると風車自体が使いないものになっているかもしれない、木が成長るには30年でも最低かかるとなるとそうである
何かこれも除染と同じように莫大な費用をかけたけど無駄になるのかと思う
それでも補助金が政府から出るから事業をしたいとなるのもかえって国民にとってもいいものではなかったのである
なぜこういうことをもっと議論して決めないのか?
これも政府の意図がありそれにのった利権構造がありやめられない
それは原発とにていたとなる

結局このしわ寄せは将来ここに生きる人たちに影響する、自然環境をそのまま受け継げないことである
工場地帯のような場所に生きることである
だから右田の松原で暑い時海からの天然の風で涼んでいたときは恵まれていたなとつくづく思う
それは何か牧歌的だった、今はその木陰になるところもないからだ
それは永遠に失われたとなる、なぜならあれだけのソーラーパネルがあるとやはり光の影響で暑くなる
風力発電の風車も影響するから森の再生にはならないからだ
だからここに生きる子供たちはそうした自然環境を受け継いで生きられないから不幸だともなる
それは今の大人たちがそうしたともなる

ただ田舎でも自然景観とかには無頓着なのである、農業とか林業でも漁業でもそれは自然と密接に結びついていたから
自ずと意識しないでも自然環境が景観が維持されていた、破壊されなかったのである
だからヘシオドスのように人間の生活を隠せとなる、人間の生活が自然の中に隠れるようにあるときそこに自然が一番映えていたからである、何度も言うようには飯館村がそういう村だったのである
posted by 老鶯 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2019年01月28日

高齢化社会の仕事(南相馬市に家政婦紹介所開設) (家政婦を雇うのは一番むずかしい)


高齢化社会の仕事(南相馬市に家政婦紹介所開設)

(家政婦を雇うのは一番むずかしい)

helperkkk222.jpg

helperkk1.jpg



helperkkk3.jpg

tamuraaa1.jpg

広告にでていたがこのクリ―ムスタッフとはなになのか?
仕事の内容は家政婦の仕事である、ただ定期的に頼むのではなく家の中の仕事を請け負う仕事である、ここに話し相手ともあるらか老人の一人暮らしア相手ともなる
対象はやはり家事などに困っている一人暮らしの老人であり
それを家政婦として常時雇うのではなく安い値段で請け負うとなる
まず家政婦を雇うとなると今では社長級とか特別な人しか雇えない
戦前の女中を雇うような訳にはいかない、時代がまるで違っているからだ
その時は中流家庭でも家事のために二人も女中を雇っていたのである
電化されていないからそれだけの人手が必要だったのである

とにかくこういう時代は女中でも雇うことが容易になる、そういう社会でありそこで働くことが普通だからである、するとそういう社会では女中でも信用して雇うことができるのである
ただ女中とか召使とかは何かそういう貴族社会のようであれば雇いやすい
江戸時代なら侍ならそうしやすい、それはそういう社会であり別に侍ならそういう人を雇うことが普通であり雇われる人も別に差別されたとか何か不満も言わないからである
そこで雇う者と雇われる者のモラルがあるから問題が起きないのである
ヨ−ロッパの貴族階級でも問題があるにしろそういう社会であり伝統があり慣習がありそれに従うのである
だからチップ制度はそうした階級社会があり貴族がいて成り立った風習なのである
日本がではそういう社会ではないからチップの制度はないのである

いづれにしろ家政婦とかの問題は家の中に入ってくる家の中がわかってしまうから一番危険なのである
信用が一番大事なのである、気軽に頼めるものでもないのである
だからヨ−ロッパではどうして信用したとなるかというとその人が働く前の家でどうだったか調べる、履歴を調べるともなる
そこで信用して雇うとなる、それは簡単に雇えるものではないのである
だかさ家に入れる人は一番危険であり信用が問題になる
自分自身はそういう経験がないから失敗した、盗難問題は常にどこでも起きているからだ
要するに家政婦など雇うには雇う側でも相当な経験が必要となる、だから代々金持ちの人は雇いやすい、そういう家であり雇う側も知っているからである
経験しているからである、でも今はそういう社会ではない、だから家に入れる人は危険になる
そしてそういう社会ではない伝統もないとなると使用人に使われるともなる
現実に自分がそうだった、その人とは相性がいいにしても話し相手にはいいとしても
決まった金以上を要求されるし様々なことで相談にのり金銭面から何から福祉係のようになってしまった、その人は福島市とか仙台市とか裁判所に行ったり後は腰が悪いとか病院通いなのでありとても家政婦の仕事するできない、簡単なこともできないのである
だから自分は使用人に使われているともなる
それでこのチラシを見て頼めば料理もしてくれるのかと関心をもったのである

とにかく高齢者向きの仕事は増えてくる、特に一人暮らしも増えてくるからその方面での仕事も増えてくる
「遺品整理士」なども一人暮らしの老人向きの仕事なのである
それだけ需要があれど供給するものもでてくるとなる

そして三春であった事件だがこれも高齢化と関係している
その詳しい内容はわからない、でも3万ばかり欲しいのに強盗に入ったのは尋常ではない強盗に入った人も追い詰められていたのである
その家は裕福な家にみえないからである
その犯人も61才であり同じ三春に住む人だった
だから今や近隣でも同じ町に住んでも危険な時代になっている
なぜなら60以上で65歳以上で年金をもともにもらっている人は少ないからだ
国民年金で4万とか5万とかしかもらえない人もいるのである
国民年金では生活できないのである

そして生活保護になるにしても簡単にもらえない、ただ医療費が無料にされたりしいるが南相馬市ではあとはもらえないとかなっている人を知っている
そしたらその人はどうして生活するのか?その人も追い詰められているから犯罪予備軍だとなる
実際に全国的に本当に老人で金があるのは一割くらいでありあとぎりぎりなのが20パーセントから30パーセントくらいいるかもしれない、そういう人は追い詰められているのである、だからこんな犯罪が起きてくるのはそうした背景があるからだと思った
3万ばかりで強盗に入るとなると相当に追い詰められているからである

これから老人の犯罪が増える、追い詰められている人が増えているからだ
そういう人はなりふりかまわない、わずかの金でも強盗でも殺人までするようになる
それは追い詰められているからである
みんな追い詰められると会社でも今や銀行でもそうなっている
投資信託とかうりつけて手数料でかせぐ、銀行も追い詰められるようになったからきれいごとを言っていられくなくなったからである
だからこれからの社会は危険度が高くなる、信用もできない社会になっている
格差社会になると影響を受けるのは貧乏な人だけではない、金持ちでもまたそんなに金持ちでない小金持ちでもその下が増えてくると襲われるのである
そういう危険な時代になっている
それも同じ村とか町の人なら安心だというが今はそうういことはない
金だけが唯一頼りになる世界では近隣でもそうであり追い詰められ人が近くにいれば襲われるのである、そういう経験を自分はしてきたからである

とにかく高齢化社会は高齢者特有の問題が起きるしそれに見合ったもの、需要があれば供給もありそういう仕事も増えてくる
でもここのクリームスタッフの対応は若い人であり何もわからない感じである
仕事をはじめたばかりで経験もないのだろう
こういう仕事は人の管理が一番むずかしいのかもしれない
そもそもそうしてその会社でもどういう動機でしているのか?
ただ金のためにしているのか?結局はそうなるけど何か仕事はそれだけではできない
この人は困っているから助けることが使命だとかはならない
まず金をもらうことが動機であり後はないだろう、でも福祉的な仕事になると何かそうした営利目的だけでも合わないのである
ただ今の世の中がすべて金出動くという時、こういう仕事でも金になるとなれば生まれるそれが悪いことではない、困っている人が自分だけでなく一人暮らしが増えるからであるそして気軽に近隣でも助けたりしないし無関心社会だからである
そういう中で一人暮らしの人は孤立しやすいとなるからだ
それはいくら金をもっていても一人暮らししてみると弱者だと思った
親身になって支えるものがない、ただ金だけを要求されることになるからだ