2019年01月08日

なぜ外国人労働者を入れるのがむずかしいのか? (国と国の関係となり国際問題になる)


なぜ外国人労働者を入れるのがむずかしいのか?

(国と国の関係となり国際問題になる)


外国人労働者の問題がめんどうなのは国と国の関係となりそれで対処がむずかしくなるなる、ややこしくなる
それは日本人でも海外旅行に行くと日本人とされて日本の国を背負うようにもなる
別に普通の人なのだけどそうなっしまうのである
それは普通の庶民でも外国に行くと日本人として日本国を意識させられるのである
だから外交官にもなってしまう、でもこれまでは庶民は直接外国に行くこともない
でもこれだたけグロ−バル化すると庶民でも外国に行くようになったからそこで何か事件があると国際問題化する
それでイラクに行ったりしてまたイスラム国で殺されたとかして国際問題になった
日本の政府がかかわり金を払ったとかなった
人質になり政府に金が要求されたとかなった
でも自己責任として政府は見放したとかあった
つまり一私人なのだけどそういうふうに外国になると国がかかわるのである

今度はまた日本に自由に外国人労働者が入ってくるとこれも今までになかったことであるからとまどうのである
外国人労働者でも必ず背後に国を背負っているから国と国の関係になる
それで問題がややこしくなる、日本がでも実際はブラック企業で働きひどい目に合っている人は普通にいる
でも外国人労働者になるとまた違ったものになる
何か日本に来て働いた人たちが中国に帰って反日運動していたというのもそうである
何か日本に来て働いていいことがなかったのでそうなったのか?
日本がの国自体に恨みをもってそうなったのか?
ただいい思いして帰った人もいるからみんながそうではない
でも一部に指を切断したとかあるからそういうことがトラウマになり恨むということがある、それは別にどこでも労働していれば事故がある

でも外国人労働者だと国を恨む

それが国際問題となる、そこで日本国との関係でも悪くなるとか影響する
でもそこまで考えて外国人労働者を入れることはめんどうでありややこしくなる
経営者としては働かせる方では安価な労働者として雇うだけなのである
そして日本に永住させるとなるとまたさらに問題が大きくなる
つまり外国人から日本人になることがどういうことなのか?
外国人労働者にしてもただ金を稼ぐ、家族のために金を稼ぐためにきている
仕送りしている、でも永住するとなると日本人になるとなるとまた根本的に違った問題になる

外国人労働者にしても日本人になることがどういうことなのか?そんなこと考えないからだ、こっちの方が生活しやすいとかしか考えないからである
現実に自分の町のホンダで働いているネパールの人は4000メートル級の場所に住んでいたのである、3000メートルまでは行ったがそんなところでどうして暮らしていけるのか?それがイメージできないのである
観光行などがあるにしてももうそこでもともと何か食べるものがあるのか?
そんなところに暮らすのと日本で暮らすのとはあまりにも差が大きい
だからその人は日本がでの暮らしが長いから奥さんを呼んで定住するというのもわかる

そういうことになるとヨ−ロッパの移民でもそうである
過酷な条件の国にいるより生活しやすいヨ−ロッパに移住した方がいいとなるからだ
でも人間はグロ−バル化してもどこかの国に属している
無国籍の人間はいない、無国籍だとその人は安全も確保できない、外国に行って死んでも放置されるとなる、だから人間はどこかの国に属していて国籍をもっていてそれで保証されているのである
だから小さな国となると何か損になる、大きな国になるとバックを大きいから得になることはある、アメリカは一番世界で大きいし力があるから得である、ドルも世界中で通用するからである、日本がでも一番パスポートが世界で通用するというとき得な方である
中国だってそうなる、外国に行くと一般の庶民でも国を代表するとなるからだ

ただ外国人労働者の対処方法ではシンガポールであれ韓国であれ他でも永住権とかは与えない、原則として期限を決めて金を稼ぐことを許可して後は故国に帰ってもらうシステムなのである、ただ賃金はいいから外国人労働者でも不満がないのである
互いにそう割り切ってやれば韓国のように問題が起きないともなる

単なる期間労働者なのかーそれとも日本に永住させる日本人とするのか?

この二つの関係は相当違っているのである、そこが日本ではまだあいまいなのである
都合のいい期間労働者として受け入れのか?それでも韓国のように賃金も日本と同じにして不満がないようにするのか?。
何か混乱している、次世代の日本人にするとなるとそれはまた別問題になりめんどうになるのだ
つまり外国人労働者との契約が必要になるのかもしれない、期限を決めて働いてもらうが日本人と同一賃金にする、でも日本に定住するとか永住するとか日本人になるのではないその二つを明確に分ける必要が出てくる
何かここが混乱している、次世代の日本人を作るとなるとそれは教育でもなんでもめんどうなものになるからだ
それが何か混乱している、それで国の方針もはっきりしていないし国民でもどう対処していいかわからなくなっているのである
いづれにくしろここには国際問題になりそれが問題をむずかしくしていることは確かなのである 

つまり働くということは共同することでありその共同が国際化するから国を越えて働くとなるから問題になる
グロ−バル化でもただモノだけが入ってくるのなら問題がそんなにない、それは実際はあるのでグロ−バル化は日本がの社会を田舎まで変えてしまったとして批判してきたのである、でもヒトが入ることはモノが入るのとは根本的に違ってくるから問題なのである
それぞれの国はそれぞれの国の定めがありその国を発展させる
グロ−バル化すればこの国は嫌だとなり暮らしいい国に出ていけばいいとなるとなる国を維持できなくなるのである
外国人労働者だと別に日本人でないから何かあれば嫌になればまた国に帰ればいいともなる
戦争になったりしたら敵国にもなる、でも日本に住んでいれば日本人は戦争になったら日本のために死ぬのも拒否できないのである、だから外国人自身でも永住して国籍まで持つとなると期間労働者とは相当に違ったものになる
日本がではその区別を明確にしていないのである、そこで何かどっちにしろ混乱しているのである

posted by 老鶯 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

時代劇のの政治家と悪徳商人の関係に世界戦争を見る (陰謀論が常に言われるのはなぜなのか?)


時代劇のの政治家と悪徳商人の関係に世界戦争を見る

(陰謀論が常に言われるのはなぜなのか?)


蘭学者がいて今までの火縄銃から新式のヨ−ロッパ式の銃を作るために蘭学者を老中が利用する
開国を言い開国のためのきっかけとして新式の銃を作ってくれと頼む
蘭学者は開国論者だから引き受けた
ところがそれは老中と商人がグルになって銃を売ってもうけるためだったのである
最近youtubeとか陰謀論が盛んである、ネットでは陰謀論が本当に多いのである
ただそれが全部嘘とかにはならないのも本当なのである

そもそもなぜ戦争が起きるのか?

このこと自体が本当に謎なのである、何が理由で戦争が起きるのか?
そしうてなぜ膨大な人間が戦争で死なねばならなかったのか?
それは勝敗に関係なくそうした戦争を産みだす原因は何なのか?
それが何か不可解であり謎なのである

私自身が思うにも国民は本当は誰も戦争を望んでいない、アメリカ国民も実際は戦争を望んでいない、それで戦争を望む人たちが支配者でありその支配者がマスコミとかメデアを握って国民に戦争をあおる、そこには別に正義がなくてもいい
ただ正義のように見せかけることが必要なのである

どこの国でも国民は戦争を望んでいない、戦争は上層部とか一部の大金持ちとかと結託した人たちである、その人たちは国のエスタブリッシュメン?になっているからだ
最近元外交官だった人がトランプはそういうアメリカの支配層に金融関係者に対立して発言している、大統領こそアメリカの代表者であり国事を決めるものだとして発言しているだから今までの支配者層からの反発があるのだというのもそうかなと思う

第一国民とかでもどこの国でも本当は戦争などしたくないのである
戦争をいいように見せるのはどこでもその国の国民ではなく支配者層になる
まず戦争で死ぬということはあまりにも過酷だからである
日本がでも戦争をあおったのはやはり支配者層とメデアであり日本国民そのものが戦争に進んで参加したわけではない
そもそも赤紙一枚が突然に来て即座に戦地に送られて地獄の中に叩き落されたのである
何のために戦争するのかも考える余裕もなにもなかったからである

だから盛んに東西冷戦とか北朝鮮問題でもそれは何か戦争を産みだし戦争を利用してもうけたい人がいる、悪徳商人と政治家が結びつくからだとなる
そこで今回の桃太郎のドラマのように老中は大義を言うけど実際は悪徳商人と結んで金儲けしようとしている、そこに大義などなにもないのである

そのことは明治維新でも坂本竜馬などを操っていたのはロスチャイルドのグラバーでありたイギリスの商人であり武器を売りつけるために日本を利用した人でそれがロスチャイルドとかの大金持ちだとされている、つまり必ず人間の社会には金がからんできている
金儲けがのために戦争もあるとなるのはわかる
武器を売るのは戦争がないとできないからである
ソ連との冷戦の時アメリカでは莫大な武器が製造され核も作られ軍事費に武器製造に予算が使われたからである、そこに金儲けのために政治家が動かされる
ロビー活動しているのは大金持ちだとかユダヤ人とかいろいろ言われるのである

グラバーさんは貿易商ですがいろんな物を日本にもたらしました。
龍馬が5000挺余のフランス式新型銃をグラバーさんを通して輸入、長州藩に売却したとされます。

幕府に敵対していた長州藩は、長崎のグラバーから武器を買うことを幕府から禁じられていました。そこで、龍馬はグラバーから分けてもらった武器を薩摩藩名義で、長州に流すことで両者を和解させることに成功したのです。

銃が関係していた、武器が関係していた、明治維新は旧幕府藩から武器の面で優れていた、仙台藩では木の大砲が丸森にあるように旧式であり会津攻撃には大砲が使われたとか武器の優位性で旧幕府軍に勝ったともるな
人数からすると旧幕府軍が有利だったが武器の差で負けたともなるからだ、その武器を売ったのはロスチャイルド支配下のグラバーであった、それは悪徳商人だったのである、だから戦争とかになると武器が必要でありそこで悪徳商人がかかわってくるのである

すると戦争を起こすのは国民ではない、真の支配者は政治家でもない、裏で金でもって商売をする大金持ちとかだとなる、ただそこに大義銘文を付け加える
何かそういうことは別に日本でも常に時代劇で放送されているのである
とすると世界規模での戦争もそうなのかとも見る

そもそも社会でも何かブラックなものが公然としてある、カルト教団などでもそうである宗教を看板にしても中身はやはり金儲けであり利権を権力を得たいとかのために活動している、ただこれも宗教というのは偽りの看板でありそれは金を得るための権力を得るためのものでしかない
そういうことは常に日本でもあり世界的にあっても不思議ではないのである
ただ世界だと規模が大きすぎるから不可解になって陰謀論になっているのである

確かなことは戦争に悪徳商人が武器商人がからんでくる、戦争は商売になる、それで大儲けできるということはある、その時大義より実は裏で金儲ける悪徳商人が戦争をあおっているのだともなる
それは常に裏で活動しているから表に現れない、見えないから陰謀論になるのである
それで金融関係にたずさわるのは胡散臭いとなる、それらはただ金を操作するだけであり何もしないで大金が入ってくる
そういうシステムを世界に作り上げたともなる、それがグロ−バル経済であり金融だとなる
だから数パーセントの人たちに世界の富が集中しているからだ、そうして世界中から金を集める、富を略奪しているのがその人たちだともなるからだ、グロ−バル経済がいいものに見えても実際は世界の富を我が物にしようとする極わずかの人たちのためのものだとなるからである、だからアメリカでもグローバリストとナショナリストがいてトランプは実はそうしたグローバリストに対立するから叩かれているのだというのもわかりやすいとはなる

だからなぜ戦争が起きるのか?その原因がわかりにくい、それは人間の複雑さとか不可解さと似ているのだ
人間にも裏表があり本当の姿が見えない、善人に見えたのが悪人だった、悪人と見えたのが善人だったとかなる、また善人と見えても何かのきっかけで人間は簡単に悪人にもなるからだ、金でも何でも追い詰められると人間は悪人になるからだ
純粋に金儲けだけを考えるなら利益とか利権を考えて主張するならいいが人間はそうは言わない、何か理屈を言い大義を言いそれで人間はわかりにくくなるのである
その点自然には裏表がない、動物でもなんでもありのままであり天性のままである
そこに無邪気さがある、ただ他の生物を食べるとういことで残酷だとも見るがそれは腹が減っているからであり命をつなぐためにそうしているだけなのである
腹を満たせばそれ以上は望まないのである

この陰謀論を原発事故にあてはめても同じだった
原発村を形成したのは安全神話を形成したのは現代の支配層でありエスタブリッシュメントだったからである
政治家、官僚(検察)、マスコミ、科学技術者とか現代の支配層だったのである
だから原発マフィアとかとも呼ばれるようになった
あの時はあいつらはオウムだったということも言う人もいた
東電にはそれだけの利権の場、金のなる木であり天下りの場であったからだ
その恩恵は地元にもあった、地元でも金になるとして積極的に誘致したからである

ただ戦争となる時死ぬということが普通にあるからいくら利益になる金になるといっても簡単には参加できない、でも日本だったら戦前は国が一番大事であり国を強くして欧米列強と並ぶということが悲願となっていたから国のために犠牲になることでも国のためにということが優先であり戦争に参加したとなる
だからアメリカのようにウオール街とか大金持ちが陰でもうけるためにだけ戦争を起こしたのかとなるとそうは見えない
第一天皇の富のことを言うけどそれはロックフェラーとかロスチャイルドと大金持ちと比べると微々たるものなのである
日本がは国王なる天皇が外国のように贅沢していない、質素なのである
ただ本当に日本でも戦争を国民が望んだのかは疑問である
庶民は赤紙一枚で有無を言わさず戦地に送られたから戦争がなんのためのなかなど理解して行っていないからである
強引に権力者によって戦地に有無を言わさずほうりこまれたのである

ともかく戦争とは人間にとって最大の悪であり罪として現れたものである
それは確かなのである、そこに勝者も敗者もないのである
その原因はいろいろあるにしてもそれは人間の罪の結果が最大限に戦争で現れたものだとなる
だから人類が最後にハルマゲドンで苛烈な世界戦争滅びるというときそれは人間の罪の総決算としてそうなるのである、勝者も罰せられるのである
アメリカが正義でもないし勝者であってもまた罰せられる
戦争に勝者はいない、ただ膨大な戦死者を産み勝者にも敗者にもただ地獄を作りだしたということだけである、その戦争を利用してもうけたとなるとそれこそその人たちは悪魔でありサタンだったというのもわかる
なぜなら膨大な人たちの命を犠牲にしたからである

そんなふうにして金儲けしたとしたらそれがどうなるのか?
神は罰せずにはおかない、いづれ目に見えてその恐ろしい罰が下されるとなる 
そういう暗黒がこの世から消えないという時まさにこの世が滅びなければならない理由だともなるのである
つまりこの世はサタンに支配されているということなのである
それが必ずしもロスチャイルドとかユダヤ人とか大金持ちとかでもない、それはあるにしてもそれだけで世界を動かせるのか?
となるとサタンがこの世に介在して支配しているとしか言いようがないのである
サタンによって人は金であれ何であれ人間の欲を餌にして操作しているとなるのだ


続きを読む
posted by 老鶯 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2019年01月09日

デジタル情報とアナログ情報の相違 (デジタル化した情報だけでは真実はわからない)


デジタル情報とアナログ情報の相違

(デジタル化した情報だけでは真実はわからない)

spacetime111.jpg


数値を、長さ・回転角・電流などの連続的に変化する物理量で示すこと。⇔デジタル。

デジタルが「バラバラ」であることに対し、アナログは「並べると似ている、関連がある」という意味を持ち、連続性がポイントになります。

デジタルが「バラバラ」であることに対し、アナログは「並べると似ている、関連がある」という意味を持ち、連続性がポイントになります。

アナログ」は、元々
「類比」や「類似」を意味する
「analogy(アナロジー)」を由来とします。

「類比」は「比較すること」
「類似」は「似ていること」という意味です。

 つまり、
長針と短針を比較することによって、
曖昧ながらも時間を表しているということですね。

このように、アナログの語源を調べると、
数値は正確に一致している必要はなく、
曖昧でよいということが分かるかと思います。


デジタルというのは一部を切リとったものとある、分割して見るというのもある
アナログは連続的に変化する物理量とかなる
科学は苦手だがやはり思考するとなると科学的思考が自ずと生じてくる
文系はアナログ思考なのかもしれない、文系は全体に注目するからである
だからどこまでも分割して原子とかにつきあたる、そういうふうにどこまでも部分化して究極の原子とかになることが苦手だとかなる、思考できないともなる

この図で証明するとカレンダーで日にちを見ている時一か月のカレンダーを見ている時
一週間でもいい、必ずその日だけを切り取って見ていないのである
一週間がある、4日だとすると必ずその前後を時間として見ている
今日は四日だなというときその前の三日とか二日とかを見ているしその後の6日七日でもみている、日にちを連続したものとして見ている、時間を連続したものとして見ている
時計でも同じである、デジタルだと今の時間を一分一秒として正確に切り取って見ているでもアナログ時計になると24時間を見ている、24時間の中で今どこの位置にあるのかを見ている、だからアナログが類比や比較して見るから起きているというのもわかる

川を認識するときとても一部を切り取っては見れない、上流から下流とあり長いからである、そしてその中で川は激流にる所もありゆるやかに流れる所もあり河口のように広々と流れる所もあり多様なのである
川を認識するのにはそれだけ長いものとして見る必要がある
例えば川のような認識になると本は川とにている、始めがあり終わりがある
それは一つの川なのである、一方でインターネッがトデジタルだというときリンクして読む、一部分をリンクして切り取りつなぎ合わせたりする
本のようには読まないのである、一つの川のようには読まないのである

空間でもそうである、一部分で空間を認識することは絶対にできない、一つの場は大きな空間へ広がり大きな空間の中にしか存在しえないのである
土地とかは全体の中にありだからこそ私有には適さないのである
ここは自分の土地だから自分の思うようにするとしても山でも森でも大地でも連続してつながり一体化したものだからそういう私的所有を明治以降過度に認めた結果、山は無数に所有が分割されて山全体を公共のために利用できなくなったのである
飯館村でも放射性物質の処理場にするというとき現実にフレコンバックから雨で放射性物質が流れた、放射性物質は森から泥となって流れ川に流れてくるから南相馬市でも関係しているから勝手にしてもらっては困るのである
そういうことはいくらでもある、土地はつながっていてデジタル化一部分切り取って利用することはできないからである

道を例にとれば道を一部分きりとることはできない、道は連続していることに意味があるからだ、価値があるからだ、連続的に全体的に認識することがデジタル情報だとしにくいのである、でも実際は情報というのはどうしてもその現場に立つこともできないからデジタル化する、切り取った情報になり誤解を生むのである
それはニュースでもテレビ放送でもそうである、写真でも動画でもその場に立つことができないから写真でも動画でも現実を見ているとは認識しているとはならない
それはあくまでも一部分のデジタル情報なのである
その現場に立てば大きな空間があり様々なものを認識する、それを総合的に見るのが人間なのである、だからデジタル情報で人は誤った認識をして情報を曲解するのである
それはグローバル化して世界的にそうなったのである、本当に世界を理解することがニュースでもデジタル的に切り取った情報ではできないからである
そこに誤解が生まれそれで誤った情報に洗脳されているというのは確かなのである
それで世界の人たちがメデアによって操作されているというのもわかる
それは常に一部分でありデジタルなもの切り取ったものだからそうなるのである

現代はデジタル社会である、でも一部分を切り取った情報だとそこに真実が見えなくなるインタ−ネットがきりとった部分の集合であり全体が見えなくなる
一方でキーワードで検索するとすぐに目的のものが出てくるので便利なのである
インタ−ネットは長文が嫌われるのはデジタル情報として見るからである
2チャンネルとかでも極端に短いレスポンスでありそれはそれなりのコミ二ケーションなのだけど部分化した情報になる、川の一部分を切り取ったような情報になる
一方本は一つの川のようにな情報であり流れがありそこで主張するものがある
インタ−ネットはだから何かその人の主張があっても断片的に見られる
無数の断片化した情報になる、ただリンクしたり目的のものを探すのには便利なのである
ただプログはデジタルではない、アナログ的な要素がある、なぜならその人の主張を延々と書くことができるからである、するとこの人はこういうことを言いたいのだとわかる
前に書いたことでもその続きを延々と書くことができるからである
補足することがいくらでもできるからだ、本は一回出版したらそのままであり補足したり書き加えることができないからである、本は一冊一冊で完成しているのである
でも人間の知識には個々人でも完成することがないのである

とにかく人間の存在感がデジタルではなくなる、人間の存在はその土地と結びついているのである、今は土地と切り離されて人間を認識している  
何かが起きるというとき事件でもtake placeなのである、場所が深く関係しているのである、だから地域でも世界でも地理が深く関係している、地政学が大事になる
例えば中国でも介護問題が起きている、それで日本人の人が指導に行っていた、そこで老人ホームに働きに来ていたのは内モンゴルとかの人たちだったのである、内モンゴルとなると辺鄙な地方であり出稼ぎに来ていたのである
これも地理がわからないと理解しにくいのである、なぜ青森の老人ホームに南相馬市の人が引き取られたのか?
それも青森だと冬は仕事がないし女性でも介護での仕事で収入になるということでそうなった
介護関係はどこも人手不足だが青森だったらそういう仕事でも収入にしたいという人達がいるからそうなったのである

それで不思議なのは深野(ふこうの)の人が二三行自分のプログにコメントしたときこの人は深野に住んでいる、それも実名だったから確かに住んでいる実在の人だと認識したのである
深野はすぐ隣だからいつも行っている場所である
深野という土地にその人は実在して住んでいるということでその人のことはほとんどわからないにしてもその土地に根付いて実在しているということで存在感をもつ
それは空間的にそうであり時間的にもそうだったのである
時間的にその人はその土地に代々住んでいる人だからである
ここにずっと前らか住んでいてまたこれからも住んでいるということを時間的に継続したものとしてその存在がありそれでその人はデジタル空間で一時的なものではなく永続的に存在すると認識したのである、別にその人のことについては何も知らなくてもその土地に根付いた生活しているということで存在感を示したのである
万葉集でも地名が重要であり地名からその人なりを認識していた
その土地と離れて人でも認識できないということがあったからだ
そこに万葉集の原始性がありアイディンティティがあったからだ

人間の存在はなぜ現代では空虚になっているのか?何か数字の一つのようになっているのか?それは土地と結びつかないからではないか?
ただ人間は数値的存在となっているのは土地から切り離されてしまったからではないか?東京とか大都会になると高層ビルに住んでいたら土地など関係なくなるからである 、だから都会では人間の存在感はないが田舎だと存在感がある
特に農家には存在感を感じるのである、その土地に長く根を下ろして生活してきたという感じになるからである
ただ都会だけではない、何かその人が田舎に住んでいても地方に住んでいても実在感がないのはやはり遠くになるとその土地を認識できない、例えば福島県でも広いから会津になると山国であり別な世界になる
そうなるとその土地のことがイメージしにくくなる、深野というときすぐ近くでいつも行っている所だから認識したのである


2019謹賀新年(千両と山鳩と松の内)


2019謹賀新年(千両と山鳩と松の内)

kinganewpp1.jpg


kitaizumi111.jpg

北泉の延命地蔵に江戸時代の碑があり正月と記されている
ただここは津波の被害で村自体が消滅するような状態になった
だから祭りも途絶えることがある




新年を北風受けて走るかな

風受けて赤さを増しぬ寒椿

舞い上がる木の葉や街の辻走る

峰二つ大原に望み冬深む

千両に山鳩来たる松の内

我が家や千両百両栄えけり


新しい自転車でypj-xcで小高い山道を行った、風も吹いていたが今度の風を受けても走れる、何か半分がバイクになっているからだ
それで北風でも向かって走れる、悪路も行ける優れものである
今までは風が吹くと外に行きたく無いし行けなかった
これだと行けるなと思い行った

北風はここでは毎日吹くのだから外に出れないと困るのである
冬でもやはり外の風を受けることが自然と一体になることである
だから椿に北風が吹きつけてさらに赤く感じたのである
それは実際に北風を自分が受けて走っていたからである

大原には二つ並ぶ峰が見える、あれは二つ峰となる、対なす峰であり夫婦峰とかにもなる人間でもやはり夫婦でも家族でも二つが一体になると強さを発揮する
私の家は特殊だったけど最後は一つになったという感じである
それは死んでからだともなる、twined peaceという感じになる

正月気分というとき一月は松の内となり小正月とかあり正月なのである
それは農業で生活していたときのものであり農業が縮小するとそうした伝統が失われたのである、農業は自然と密接に関係しているからそうなった
正月でなくてても松が立っている間は農民は休んだ、それで松が立っている内は休むから松の内となった、一斉に農民は作業して休むからそうなった

今日聞いた話ではクボタでは農機具を販売するが収穫の時期の秋は忙しい、何かと修理とかも頼まれたり忙しいが冬は農民も休むから暇になるから長くも休みを取れるとか言っていた、それは農民の生活のリズムに合わせているからそうなるのである
農業社会だったらみんなそうなるのである

千両とか万両とか十両でもにているから区別しにくい、ただ縁起物であり新年にふさわしいものなのである
正月は農民の文化であり農民の生活が衰退すると正月の祭りも喪失してゆくのである
ただ季節感は変わらずあるが生活そのものが農民社会でなくなるとどうしても正月というのがすたれたものになる
正月とは特別なものであり神社にも正月と印した江戸時代の古碑がある、それは正月に記念するものとして奉納したとなる

千両と山鳩と松は正月にふさわしい、山鳩は平和であり千両は金運だとなる、松と末永くとか長寿を示してもいる
今年はどうなるのか?去年も自分にとっては平和だった、平和がもどったという感じになった、今年もそうあってほしいとなる
日本も暗いことが多いがいい年であることを願う
我が家は自分の代で終わりにしても栄えた家だったのである
そうなったのは父と姉と母がいてその栄えを作ったのである
自分はただ受け継いだだけだからである

hhhhappynewyear1.jpg

花幸園芸店の作品(南相馬市鹿島区)
はなこうえんげいてん

これは傑作なのだけど近くの花屋の人は思っていない
著作権のことも知らない、でも忙しくて最近はフラワーアレンジメントはしていない
人間は家事から何から色々なことはできないのである
フラワーアレンジメントも結構暇でないとできないと思った
また金もかかるしいろいろなことで使うから最近はしていないのである




クボタの社員が若いヤンキー風の女性を採用する相談 (人手不足になっているからか?)


クボタの社員が若いヤンキー風の女性を採用する相談

(人手不足になっているからか?)

喫茶店でしきりにクボタの中年くらいの社員が若い女性を相手に仕事の説明をしていた
部品でも100くらいからの納入がありその手続きのことをパソコンですることを説明していた、会社ごとに伝票とか違ってくるからめんどうになると言っていた

その女性は髪が長いからヤンキー風である、焼肉屋とかで働いていたと言っていた
だから継続して夜も働きたいとか言っていた

ではなぜこの女性がクボタに応募したのだろうか?

事務をしたいということは言っていた、でも何かクボタとなると大きな会社でありその社員になるにはふさわしく感じなかった
実際に髪が長いとしきりにその説明する社員は言っていた
制服がありそれを着てもらうからだとか注意したのは

「じいちゃんばあちゃんの印象を悪くする」

つまりここでわかることは農業しているのは60以上のじいちゃんとかばあちゃんが多いということである、実際に本当に農業しているのはそうなっている
するとヤンキー風の女性は好まれないから何回もそのことを言っていたのだ
第一そういう人は面接で落とされるはずである

でもなぜ採用しようとして仕事の説明を丁寧にしていたのか?

それはやはり人手不足になっているからではないか?

もう人を選んでいられないとも見た、特に若い人は少ないからである
その女性は事務員には向いていないとも見たからである

休みのことで農繁期があり秋の刈り入れ時期は忙しくなる、修理なども頼まれる
でも冬になると暇になるから休暇を取りやすいとか言っていたのはやはり農業だそういうリズムになるからだ
あとはハワイとか観光旅行にも会社で行うとか言っていた
つまり何かクボタの社員の方がなんとか説得して若い女性に働いてもらいたいという感じなのである
それはやはり人手不足になっているなのか見た
その女性は事務員には向いていないと見たからである、でもパソコンの操作などはできるから採用しようとしたのか?

人手不足はいろいろ深刻になっている、広島の災害地で復興できないのは大工が少なく修理ができないとテレビで放送していた
地元の大工は今や本当に少ない、ただ大東建託のようなのはすぐに外から来て組み立てるだけだから建てることができる
でも修理となると大工でないとできないのである

この辺でなぜ見て南相馬市から青森の老人ホームに移されるのか?
それは青森ではもともと仕事のない所であり女性も仕事がないから介護で働く人が多いからである、仕事がもともとないから介護が仕事になる
福島県では施設があって空き部屋があっても入所を断っているのは介護する人がいないからである

ともかくいたるところで人手不足は深刻になっているから外国人労働者を入れる新しい法律も作ったのである
ただ外国人労働者を入れることは国と国の国際問題になりやっかいなのである
でも人手を会社でどうして確保するのか、誰でもいいというわけではない
でも働く人の質はどこでも介護でも低下してくる
でもニートとかでも今なら働けるのではないか?
それだけ人手不足になると選ぶ方でもその質をどうのこうの言っていられないからである

ともかくどうも焼肉屋で働くのとクボタの事務員となるのはかなり違ったものになるのでは、確かに焼肉屋でも勘定していたし会計していたとか言う
でもクボタの仕事となると高度になるように見えた
百社もの部品の納入とかの事務になると結構大変な作業になると見たからである
ただパソコンでもそうしたことはわかりやすくなっているからとは説明していた
自動化をどこでもしているからである
ただ一千万とかの納入があるとか金の責任が生まれるからそこは注意していた

仕事はこうして何か経験しないとわからないのである、だからこういう仕事をすればこなせば一段上の収入のいい仕事につける、この女性は男性と暮らしている、男性も仕事しているのである、だから焼き肉店で夜も働いているとなると結構収入になるとはなる
ただまたそれだけ働かねばならないともなる

posted by 老鶯 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2019年01月10日

花の映える飯館村(詩) (原発事故で一番被害を受けた無惨になった村)


花の映える飯館村(詩)

(原発事故で一番被害を受けた無惨になった村)



iidatevvvvff1.jpg

広々と各々庭のあり
夏の日に花は映えぬ
とりどりに小さな花々も
明るく大きな花も伸びやかに咲く
秋の日は芙蓉がゆったりと咲く
時の流れはゆるやかに花々は
それぞれの色と形もて
存分に与えらた個性を示す
天より神はその花を見る
そこにつつましい暮らしがある
山菜を食べるまでいな暮らしがある
もうとこちらで牛が鳴き
あちらで牛がもうと鳴く
森に囲まれ小鳥の鳴く声のひびく
その音色は澄んでひびきわたる
それぞれの家は森に囲まれている
人々の家も暮らしも隠されし村
ただ花が日がな映えて咲く村
花と花は争わず互いに認め合い咲く
道の辺の一本の木に秋の日のさして
かなた安達太良の山に陽は没りぬ
秋の蝉ここに静かに鳴きひびき生を終える
その命はここに尽きて幸いなりと・・・
今悲しもその村は荒れ人は去りにき
ただ残れる一本の木に我はよる
村人のここに還る日を待ちにつつ
墓に眠る先祖もまた帰るのを待っている
美しき村よ蘇えれ!
安住の地を回復せよ
そこに人は心身ともに養われるべし



飯館村の不思議は何か南相馬市方面から行くと標高が高いのである、だから自転車だと坂を上るのに苦労した
歩くほかないのである、電動自転車だと楽ではあったがそれでも坂がきついのである
ここに花の詩を書いたけど何か不思議なのだけど飯館村では花が自然のままに咲いているという感じになる
またここでは書いていないけど草むら深く咲く野の花がありそれはまだ誰の目にもふれていないという高山植物のようにな感じになっていた、なぜ花が映えるのか?

それは高原であり森につつまれていて人家も森に隠されている、するとそこで目立つの花になるのである
一軒一軒が広い庭があるし森につつまれているからである、人影もまばらであり自然の中に隠された感じになる
すると人の暮らしを隠せというヘシオドスの言うことがわかる
都会のように人の暮らしがむきだしになり人と家で埋め尽くされた所がどれだけ醜くなっているか比べれば一目瞭然だからである

ただ人の暮らしを隠せというとき飯館村だってそうである、そこに住んでいる人たちも実際はどこでもそうだが醜いのである
田舎の人間が素朴だという時代はとっくに終わっているし前からでも田舎の人間は田舎の人間特有のいやらしさがある
もうそれで嫌にもなるのである、しつこく蛇のようにからみつき噂にした干渉したりするからである
人間はどこでもそうなのである、ただ飯館村はそうした人でも暮らしでも隠されているからただその村の人と関係しないと花だけでも見て帰っていたからそこがこのように見えたのである  

いづれにしろ飯館村は悲惨であり愕然とする、田んぼの土ははがされむきだしになり放射性物質のフレコンバックがいたるところに積まれている
だからあんなに土をはぎとったのは問題だった、除染にしても何かやり方があった、だから下の土と入れ替えるということもそうだったなと思う、たが科学的知識がないからわからない
でもあまりにも無惨の景観になってしまったのである

そして事故後は補償金で村は二分されたのは南相馬市と同じである、前のまでいな村とで一体になるということはない
その補償金が大着すぎたからまたそうなったのである、までいな暮らしより一億円もらって外で新しい家を建てて豊かな暮らしをした方がいいとなったのである、それだけ今は金の力が大きいのである
もしそんな金をもらわなっかたらやむをえないとして質素でもまでいな暮らしで満足する他なかったからである
その時外から来る人は一時的にいるとしたらいい村だとして帰ってゆくのである

でもそこに住んでいる人には不満が大きいのである、スーパーが小さいのがあったとしても貧弱だった
歯医者もなにもないのである、馬券売り場を作ったがそこでもめた、娯楽がないからそうなった
パチンコ屋もなかったからだ、ただ飯館村は原発とは関係ない村だと思っていた
それでも原発で働いていた人がいたということは意外だった
それだけ原発は金になるからそうなったのである

いづれにしろ花が映えるというとき庭が広々としているからそうなった、そして贅沢なのは一軒一軒森につつまれていたからである
それは都会のごみごみした密集した家と比べればわかる、そこにどんな豪邸を建ててもそれが豊かだとは言えない
だからこういう原発と関係のなかった村を破壊した罪が一番大きかったとなる
極端に言えば東京などは価値がないからなくなってもいい、でもこういう自然の中にある村は神がよしとして天から見ていた
そこに天から神の眼は注がれていたのである
だから原発事故の罪の重さはまさに飯館村にその罪の重さを示したのである


posted by 老鶯 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村

車社会と鉄道の相違の考察 (マイホームとかマイカーの時代へ)


車社会と鉄道の相違の考察

(マイホームとかマイカーの時代へ)

自家用自動車を「マイカー」という言葉で呼んでいるがこの言葉ほど自動車に対する日本社会のとらえ方を象徴したものはない
他人にどのような迷惑を及ぼそうと自らの利益だけを追う
飽くことをことを知らない物質的欲望がそのままこの「マイカー」という言葉にあらわされている
「自動車の社会的費用」宇沢弘文

戦前と戦後を比べると何が変わったのか?
戦後十年から二十年はまだ車が普及していない、だからその時それほど車の影響はなかったし主要な交通機関は鉄道とかバスだった、特に鉄道が国鉄だったから鉄道が輸送の中心だった

車の問題は社会全体も人間そのものの人格すら変えてしまったほどに影響が大きかったのである、街路が消滅して街の活気が失われた、車の問題は車一台がしめる面積が意外と気づかないかもしれない大きいのである
だから駐車場が必要でありその面積を確保するのが問題になる
駅前にはそうした面積を確保できないのである
車は駐車する場所の確保に一番困っているからである
すでに日本全体でも土地の面積は道路と駐車場で二十パーセント以上占められているのである
だから車は今までの街の中に商店が密集して駐車できないことが一番問題になり郊外の大型店に移り街は寂びれてしまった、シャッター通りになったのである

車は歩行者や自転車からすると常に危険なものだが車にとってみると自転車とか歩行者は目障りになる、突然横切ったりするからである
それで自転車で行くと必ず自分はどなられることが多い
自転車は脇を通り車の邪魔をするなということである、それより歩行者とか自転車は邪魔だとなっているのだ、自転車専用道路は日本にはほとんどないからである
歩道を行くのだがそこは段差が必ずあって走りにくいのである
だからマウンテンバイク型のがいいとなる

車が社会そのものも変えたしそれだけではない人間の人格まで影響したのである
「キレル」人間を大量生産したからである、老人がキレルというけど車を運転する人はみんな突然後ろからスピードを出して目障りな歩行者や自転車をどなりつけて猛スピートで走り去ってゆく、キレルのが車なのである
機械が社会を変えただけではない、人間の人格まで変えたことが深刻な問題なのである
ただ便利なものとして何でも日本人は受け入れたのである
技術の危険性は原発でもそうだが考慮していないのである
便利ならいいとなっているからだ

実際人格を変えるということは本当に危険だし住みにくくなる、人間同士の関係もギスギスする、そこにはもう人間としての情は通わなくなる
第一車に乗っている人は歩行者のように歩かないからその人すら認識できないのである
ただ通り過ぎてふっとばしってゆくだけである
そこには人間と人間の情が通わないのである
例えば馬とか牛とかに農業で仕事でじかに接していると相手も動物だから情が通うのである、だから馬には名前をつけて人間のように呼ぶ、それは今はペットになっている
つまり情がない社会でペットはその代償となっている

車の問題はいろいろあるがやはり戦後の社会そのものを人間の人格まで変えてしまったのである、それは確かに世界共通の現象なのである
このマイカーということとマイホームというのも共通している
その私的な所有と空間の私的な占有とマイ・・・となるとき他者を排除するものとなる
それは公共性が喪失したものとなる
プライベートとかもそうである、プライベートは奪うとういことであり、本来共有のものを奪うとういことなのである
明治からでも私的所有過度に認めて山が入会権として共有だったのにそれも無数に分割されていちいち私有している所有者の許可が必要となり山を共同で管理するできなくなったのである

戦前は異常に国家優先の社会だった、でもそれは公共的なものとして全体としての共同の意識をもっていた、それが過剰になっていた
でも戦後は逆に私的なものだけを追求するようになったのである
そこに共有するとか共同するとか公共的なものを追求することが喪失した
そして金だけを求めてマイ・・・となり他者とか公共的なものとか全体とかへの意識が希薄化したのである、それは明治から私的所有を過度に認めてからもそうなっていた
でも国家という共同意識はありそれが過度になって戦争にまでなったということはある
それが極端に戦後は私的なものを追求するようになったのである

マイホームとか核家族とかでもそうだった、マイホームに象徴されるのは自分の家族のみの利益を求める世界である、核家族となるとまさに家族でも夫婦単位の家族であり昔のように大家族ではない、国家というものを極端に戦争に負けて否定するようになったのである、だから日本では愛国心も薄れただ自分だけの私的な利益だけを追求して家族でもマイホームという核家族単位の幸福を追求してきたのである
それは他者を車のように排除してマイカーでありマイホームになったのである
日本がではつくづく戦後は公共的なもの大きな共同体的なもの価値は追求されなかったのである

こういうことがこの辺で起きた原発事故でもあった、簡単に町でも村でも避難区域になりゴートタウンになった
それはそうさせられたとしても何かこんな簡単にそこに長年住んでいた町や村が崩壊するのかということが信じられなかった
それも結局私的所有とかマイホームマイカーの時代になったからなのかとも思う
自分の家族さえ良ければいいとかマイカーとなるとマイカーを家にしている人もいるからそのままマイカーで補償金をもらえば他に移ればいいともなるからだ、市町村に住んでいてもそのつながりは希薄になっていたのである
市町村全体のことを考える人はいない、ただマイホームマイカーなのである、他は知らないとなっていたともなるからだ


鉄道にはひかれる原因はそうしたものが失われたからである
鉄道には車両の中でも共有する空間であり車のように排除する空間ではない、みんなで共有するものとしてある
駅でもそこは広場的な出会いと別れの共有して情を通う場を提供しているのである
高速道路のSAにはそういうことがないのは車だと直接家まで行くから家で出会いと別れがあるから他人は関係なくなるのである
駅だとそこで共有の空間であり他人も一緒にそこでかかわるのである
だから一緒に見送ったり出迎えたりしているのである

人間というのが社会というのが機械とか技術によってどれだけ変わるかを考慮していないそれが人格まで変えてしまうとういことが考慮していない
でも便利なものはやめられない、その便利さによって恩恵も大きいからである
ただ人格まで影響すると人間は無情なロボットだらけになってしまったのかともなる
つまり無情非情化した人間となりそういう人たちの中で暮らすことは地獄だともなる
現実に今の人に情はなくなる、そうなると病院とか介護とかの分野では情が大事になるけど人間はロボットのように処理される
だから病院とか介護施設とかは怖いなと経験してつくづく思ったのである

宗教とかはもともと情の世界を人間の根本としてとらえてきた、愛とか慈悲とかそうだろう、でもこうして機械技術が発展すると情のない人間にとりかこまれて生活することになる、そして金が突出して力をもつ世界となり人間を人間とみない、金になるかならないかしか付き合う判断がないのである
それで自分が介護とか病気になり苦しんでいる時一切同情がない
ただこいつから弱っているから金をとればいいしかなくなっていたのである

確かに便利さでは格段に進歩したのだが人格とか人間の情という面では衰退した
江戸時代は逆に技術がないから病気になったら直す術もなくあきらめていた
ただみんな他人でも長屋に住んでいたら家族のようにして情をかけたのである
だから現代は確かに機械や技術の進歩で病気も直せるし栄養もとれる
ただ逆に情がない社会になっている
それで江戸時代が今に比べると全部悪いとはならないのである
技術がない社会としても情で補っていたのである

そして私自身は情がある社会がいいともなる、情ある人に看取られて死んだら幸福だとなる、病院は情がないからみんな嫌がるのである、確かに技術は進歩しているが情はないのである、医者にも看護師にも希薄である
だから時代時代でいい面と悪い面がでてくるとつくづく思う
それで江戸時代がすべて悪いとはならないのである
現代は江戸時代のいい点が失われたからこそ江戸時代を良く見えるということである

2019年01月11日

列車見張員がレ‐ルを点検 (2019仕事始め)


列車見張員がレ‐ルを点検

(2019仕事始め)

trainkeep14.jpg

railwaykeep1.jpg

railkeep2.jpg

raiwajr33.jpg

列車見張員とは列車が来るのを工事している時見張っている
電車来る前に工事をやめる、何かこれで遅れて事故にあって死んでいる人もいる
それは必ずしも電車は定期運航していないからである
事故があったり風で遅れたり正確に時刻を決められないからである

たしかにうちの警備会社
列車見張りの手当てが500円つくので
昼だと9500円夜勤だと1万500円
昼夜働いて2万円
この現場は日曜休みなので6日間×2万円=週給12万円
一ヶ月だと50万円近く稼げるわけです

でも毎回昼夜やると家に帰れないんで
これはさすがに極端な計算です

普通の警備員よりは金になる仕事のようである、でもトイレに行けないとかになると困ると思った

ただ今日来た人は大工さんが使う水平機のようなものをレールに置いて計っていた、ちょっと高くするとか低くするとか言っていたからである
レールの点検作業をしていたのである、こういうこともしている

鉄道というといろいろな仕事がある、駅関係もあるし鉄道だとその他常に保守管理の仕事があり毎日のように来ているからだ
ただ現代の仕事はわかりにくい、でもそこで定点観測していると何か見えてくるものがある
それは別に鉄道だけではない、毎日仕事している所で定点観測しているとその仕事が他者にわかりやすいことがある
それがインタ−ネットではしやすいのである
福島県の新聞でも二つあるにしてもそうした細部は報告されないのである
本当におおざっぱなものしか報告されない
まず福島県だって広いからである、そこに情報環境が変わったのだけど大きなものは対応できないのである

それでこうした細部をインタ−ネットだと報告できる、その細部から見えてくるものがある、駅ウオッチャー、鉄道ウオッチャーになっているのが自分である
何かそういう人も必要なのかもしれない、ただどこでもそういうことはしにくい
内部情報は公開されないからである
でもインタ−ネットだと個々人が放送できる、全国にもできることが強みなのである

今年もテーマとして報告することがあるのか?
マイカーとマイホームのことを批判したけどマイステーションとかマイタウンとかなるとは私的なものではない、そこを自分のものとして共有するものであり私の駅でありまたみんなの駅なのである、ただ先にマイステーションになるしマイタウンになるのである
私の駅だから私の街だからそれにかかわり知ると良くしたいとかなるのである

ただ何もしなくてもまず人間は相手のことでも知ることが先なのである
知らないことにはどうにもならないのである
知るということはその人を理解することであり仕事でも知ることはその仕事を理解して相手を理解することなのである
つまり現代は相手の仕事でも何でも知らないことが多すぎるからである
また知り得ようがないからである
記者とか報道関係はそういうことを伝える人だったのである
それをプライベートでも目立たなくても無料でもやれるようになったのがインタ−ネットだったのである

2019年01月12日

冬日没る(大原の二つ峰)


冬日没る(大原の二つ峰)

                      
イノシシの猛進するや年明けぬ

冬日没る大原に見ゆ二つ峰

一本のすぐなる松の隠されて今日我がよりて冬の日暮れぬ

twinedmmmm123.jpg

twinedpeak11.jpg
クリック拡大

実際に見たのとは違う、もっと明確に二つの峰が高く見えるのである
やはり写真と現物は違うのである

matufuyu1.jpg

林の中にあった一本の松
これもこんなふうではなかった、もっと太い松だった

人間と自然の関係は何なのか?それは自然があるとしてそれを人間化することなのであるだから名前をつけること自体人間化したものなのである
名前がないとそれは自然のままだとなる

human identified mountain

human identified tree

human identified stone

とかなる、それで真野川上流の隠された石を老子石と名付けたのである
名付けることはまた意味をもたせることなのである

ただまだどこでも名前が付けられない山がいくらでもある、それはそこで生活している人でも認識していないのである
だから時代が変わりそこに生きる人がいてまた新しく自然が identifiedされるのである
そういう作業をしてきたのが自分だったとなる

要するにこの二つ峰に人間を見ているのである、人間を投影しているのである
それは夫婦に見えたり兄弟姉妹に見えたり祖父母に見えたりしてそういう名前がつく
人間化した山になるのである

これはtwined mountains でありtwined peaceともなる
それは常に人間には争いがある、だからこうして二つの峰が一体化している
夫婦でも離婚とか家族でも争いがある二つの峰が一体化して平和がある
それが自分自身の家族にも言えたからここに自分自身の感情が投影されてアイディンティティ化されているのである

大津皇子の遺体が二上山に移し葬られる時、姉の大伯皇女(おおくのひめみこ)が哀しみ悼んで詠んだ歌が2首ある。

うつそみの 人にある我れや明日よりは 二上山を 弟背(いろせ)と我が見む

@「現世の人である私は、明日から二上山をわが弟の君であると見て偲ぶだろう」

この山は見れば大きい山はいかにも姉であり小さい山は弟に見えるのである

はるけくも飛鳥に来たり二上山我が望みて秋の陽没りぬ

これは確かに飛鳥から見えたのである、結構奈良では目立つ山だったのである
あの時は名古屋から奈良まで自転車で行ったから遠かった
ただあの山は飛鳥からも見えたのである

寺内から深野の方向に行く所の山道をマウンテンバイクで上った
そしたらイノシシがものすごい勢いで走った、二頭いた
小型ではあった、丸森は大きなイノシシを見た、あれは怖かった
丸森辺りだと森が深いからあのような大きなイノシシがいるのかとなる

とにかくイノシシ年であり年男になっているのが自分である
だから最後の猛進の年になるのか?正直旅行とかはしたくなくなった
疲れるのである、近間ならいいが遠くとか人ごみに入るから嫌になる
やはり老後は旅より家でゆっくりしたいとなる、だから老後は家が大事になると思った
家が過ごしやすいとか田舎いいとなる

ただこの辺の山は土とるためにいたるところ山が削られているのである
それが景観を悪くしているのである、それだけの工事がこの辺であったためである
それからソーラーパネルも増えすぎたのである
ただマウンテンバイクで行けるところが近間であると面白いとはなる
飯館にはそうした道がありバイクで行けるとかあったから行ってもいいが疲れるとなる
ただ今度の電動のマウンテンバイクでは行動範囲が広がったことは確かである


2019謹賀新年(霊前に献ぐ花)


2019謹賀新年(霊前に献ぐ花)

kinganewyyy345.jpg



姉が死んでから8年、母が死んでから3年すぎた、月日が過ぎるのは早い
ただ不思議なのは死んでからも家族は家族であり60年間一緒にいた記憶は消えない
むしろ人間の不思議は何か?

人間は死んでから本当の力を発揮する

これを何か家族が死んで感じているのである
人間は死んだら終わりだとか思っていた、動物なら死んで終わりである
人間は逆である、人間は死んでから本当の力を発揮する
むしろいきている内は人間の価値はわからないのだ
評価もできない、今有名でもそれもうたかたのように消えるからである
死んでからいつまでもなんであれ話題にされる人は本当に価値ある人なのである
それは別に有名人とか偉人でなくてもそうである

人間は死んでからその本当の価値を知るのである
そもそもなぜキリストが死んでも2000年過ぎても忘れられないのか?
そのことだけでもわかる、キリストが死んだときこそその後に最も力を発揮したのである
でも死んですぐに忘れ去られるのはその人に何かしら残すものがなかったからだともなるそれは巨万の財産を残したとしても必ずしもそれで後世に影響を与えるとはならない
私的なことを延々と語るのもなんだがやはり自分の家を築いたのは姉と母であり
そこに功績があり今の自分があるとなるから語るのである
それは金銭的な面だけではない、自分を支えてくれた人だったとなるからだ

それで紅白の餅を献げ花を挿したのである

葉牡丹に白菊黄菊千両や新年祝う霊前なるかな

最近フラワーアレンジメントはしていない、その余裕がないのである、家事に追われるのである、だから今になると自分のように恵まれた人はいなかったなとつくづく思う
その恵まれすぎた結果として塗炭の苦しみを受けたのである
全部家のことでもしなければならなくったからである
花の不思議は花は争うことがないどんな花でも一つの壺に争わず映えるのである
かえってその個性を互いに際立たせるのである
花は調和している、自然も調和している、コスモスを形成する
ただ人間だけが不調和な存在なのである
いろいろ努力しても常に不調和になるのである、科学技術でも調和ある世界は乱されるのである、だから人間の努力とは何なのかとなる 

キリストが言うように

野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった

これは人間の労働を否定しているのである、人間は労働を賛美しすぎるのである
労働はケースバイケースで必要である、でもそれを全面的に肯定はできないのである
結局膨大なの労働の結果として生まれたの何なのか?
東京の怪物都市だったともなるからだ、そこに全く美がないからである

人間の力は決して個人からだけでは発揮できない
そこには様々な力が加えられて付加されて力を発揮する

●神の力
●土地の力
●家の力

この三つは明確である、他にもあるとしてもこれはわかりやすいのである
この三つの力があって個人でも力を発揮できるのである

人間はつくづく経験してみないとわからないのである
人間が家族が死ぬということはどういうことなのか?
それが家族がみんな死んで自覚できたのである
かえって死んでから家族の意味とか先祖の意味とかを理解できるようになる
生きている内はそういうものが頭で考えているだけであり実感しないからである

今年はどういう年になるのか?
何か自分自身も回復してきたとかなるし回りはどうなのか?
震災以後8年だから回復してもいいが実際はしていない、結局回復は復興は長い目で見ないとできない、それだけ被害は大きすぎたからである