2018年12月30日

冬深む(年終わる)


冬深む(年終わる

housekofun1.jpg

近江高島市の家形石棺



我が家を継ぎて一人や冬深む

姉語る柱に寄りて冬深む

集めたる蔵書を読むや冬深む

冬深む村に一つの石重し

この石の位置の変わらず冬深む

ふるさとに死者を思うや冬深む

根は深く大地に張りて冬深む

ものみなの静まる時に雪のふる

事もなく今年終わりぬ山眠る

寂けさややがて雪ふり年暮れぬ 
                                          

石造り家型古墳の重々し北風唸りここに生く人



家型石棺重々しかも
ここに生きにし家族なれ
ここにいつまでもあれと
その石棺の重しかな
家族は離れがたくも
ここにあらむと石棺に収まる
落葉を踏みて我がたずね
ここに冬は深まりぬ




今年も終わりになった、家族がみんな死んで一人家に残されたのが自分である
やはりまだ継続して家族でも家でも行きてく、生きるというとき活きることなのである
何かしら活かされることなのである、家でもやがて跡継ぐものがいなくなれば活きることがなくなる、廃墟となるのである

姉は良く柱のことを言っていた、それは近くの橲原(じさばら)の木を同級生の人が木こりをしていて提供してもらって家を建てたといつも自慢していたのである
だからその柱によると何かそれが姉のようにもなる
実際に家族はその家という建物に住んでも柱となって支えたとなる
だから家とはやはり人がいて人がいなくなっても以前として人を思っている
そこに家の重みがある、だから家がそういう思いでとかがつまったものだから老人は愛着があり離れられないとなるのだ
それず避難区域に帰ったのは老人が多いのである

それで近江の琵琶湖畔の高島町の家型古墳はその人間の家を象徴していたのである
どっしりと重みがありここに家族が生きていたという証になる
人間はやはり家族があって人間として生きていたともなる
家族の紐帯が一番強いからである
その他は現代では特に金の関係でしかなくなったからである

ずっと言っていることだが変わらないということに深さを意味を追求する
それがやはり人間として自然だともなる、確かに旅ばかりしていた自分はそういうことはなかったが今になると変わらないものが貴重に見える
変わらないものがある時それで心も安定する
それだけこの辺は変わりすぎたからである
もう老人は変化に弱い、認知症になったらもう今まであるものしか理解できない
それで認知症は謎なのだけどこれは老人一般の心性でありそれが極端化した病気だともなる

老人の心性は過去に生きる、どうしても新しい人とか新しいことになじめないのである
今まであったものを深めることに向いているのである
だから新しい知識でも技術でも新しく起こることに適応できないのである
今まで付き合っている人ならいいが新しく付き合うことがむずかしくなる
だから離婚とかするのは時間の相当な損失ではないか?
他人が親しくなるのは相当に時間がかかる、だから長く一緒にいてまた別れてまた親しくなるというのは時間のロスが大きいとなる、時間が貴重なことが老人になるとわかるからである
時間はもうとりもどせないからである


とにかく今年も終わった、今年をふりかえると何も苦しみがない事もない一年だった
そういう年は介護してからなくなっていた、絶えず何かで煩わされて苦しんでいたからである
ただ家族がいたときは30年間は平穏な日々だったことも不思議である
こういう恵まれた生を送れた人もまれかもしれない、それは特殊な家庭環境でそうなったのである、普通はありえないことである
ただその楽したこと恵まれたことがカルマとなり塗炭の苦しみとなったのである

楽することも実はカルマになっていたのである、人間は楽では終わらない
様々な災難が起きたのもそのためである、なぜなら人間は何かしらみんな苦しんでいるからそうなる、楽することを許されないのである
だからどんな人でもどこかで苦しみが与えられるのである
そして楽している人は苦しみを知らない世間のことを知らないから余計に苦しむのであるそれでお嬢さんで育った姉妹が土地持ちだったのに餓死したのもそのためである
世間のことを知らずに苦しむこともなかったからそうなったのである

俳句でも短歌でもなぜ私が十句と十首で出しているのか?
それはこれは短いから一句一首となるとそれだけでは鑑賞しにくいからである
だから十句とか一連のものとして読めばそれが詩のようになっているし現実にそこから詩にもしているのである
インタ−ネットだと自由に表現できるからいい、他では雑誌でも何でも何かの会に入ってもできないのである
ただ反応はないから淋しいとはなる、やはり同好のものが切磋琢磨するということも必要だからである

でも何か私がしていることは一人で雑誌を作っている、編集者になって雑誌を作っているだから多様なことを書いている、雑誌も多様なことを書いている
それとにている、ただ一人でしているということが違っているのである
書くことはいくらでもある、評論でも創作でもいくらでもある
それができるのがインタ−ネットだったのである
インタ−ネットはどうしても情報の発信者になりやすいのである
それは簡単にできるからである、今思っていることを経験したことを即座に発表できることが強みなのである





家作り部屋作り手作りが必ず必要 (整理は自分でしかできない)


家作り部屋作り手作りが必ず必要

(整理は自分でしかできない)


年末だから整理に苦しんでいる

●料理するものの整理

●本の整理

●着るものの整理

●道具類の整理

●金銭の整理

●パソコンのログの整理

●家の中のものの配置を変える

一人で家のことを全部やることは本当に大変だと介護から今度は一人暮らしになっても思った
でもこういうものは家族がいればいいが人にまかせられないものだった
なぜなら自分の使い勝手のいいようにしないと不便になるからだ
そこにどうしても自分なりの工夫が必要になる
本棚でもある程度手作りするほかない、パソコンの脇に柱と柱の間に棚を作るとそこで本をすぐにとれるからいいとかなる
それはその人とその人なりの工夫が必要になるから手作りになるのである
いくら買えるとしてもその人によって使い勝手は違ってくるからだ
それは本人しかわからないことだからである

本の整理には一番苦しんでいる、本は厚いし重いがさばることが問題なのである
でも本には内容のあるものが多いから本を読むことはインタ−ネットで調べるのとは違ったものになる、何かそこから深い意味をくみとれるのである
ただ本を読むということは拾い読みでも読む力があるとその人なりに解釈して読めるのである
いくら本があっても本があるというだけで積ん読で終わることが多いからである

人間は整理しないと脳の働きも悪くなる、家というのは知的仕事をする仕事場になっているとき使い勝手をいいようにしないと頭も混乱するのである
ただ本の整理は分類はなかなかしにくい、それは本が厚いので一冊を読むことが負担になるからだ
でも学問は本はできるだけ多く読む、多読しないとそれなりの独自の見解は出せないのである、つまりビッグデーターが必要なのである
だから速読が必要になる、さーと目を通してその趣旨を理解するのである
ただそれでも独自のその人なりの解釈をしないと身につかないのである

インタ−ネットでも10年くらいはホームページで時事問題の深層とか書いてきた
それがログとして残っているからそこからまた発展できるから何かその時々のことは記録していた方がいいとなる
何でもいいから感想を書いておくと後で読み返すときまた新たに付け加えることができるこんなこと考えていたのかとこんな詩を作っていたのかと新鮮にもなる
つまり人間は常に自分のことすら忘れるのである
だからなんでもとにかく記録しておけというのは正解である
写真でもなんでもいいから記録して後でふりかえり思考を深めてゆくのである

とにかくこれだけのことを一人でする、整理すること自体が大きな仕事になっている
今まで書いたものを整理するのもかなりの時間がかかる
自分自身書いてきたものでも記録したものでも何かそんなことあったの書いていたのとかなっているからだ
まず料理は料理するもの材料をそろえるだけでめんどうである
料理と文章を書くのはにている、いろいろな材料がありそれをうまく料理することだからである、それは過去に経験したことを書いたり記録したものをまた利用する
料理でもそうした前に作ったことを覚えていて料理を作る
でも料理でも新しいものを作るのは容易ではない、そんなに人間がいろいろなことができないのである

年の瀬や切りなく整理に追わるかな

ともかく今年も後一日だ、コンビニで雑煮を買ってきた、雑煮もめんどうで作れない
なにか正月料理も容易できない、千円のお節料理でも買うかとなる
一人で何でもやることには限界がある、そんな時間が持てないのである


偽情報でイラク戦争に (情報は権力によって操作される、原発も同じだった)


偽情報でイラク戦争に

(情報は権力によって操作される、原発も同じだった)

iraq1.jpg

iraq22.jpg

iraq2233.jpg

  • 報道特集TBS


イラク戦争は何だったのかと今ふりかえる、そしたら報道特集で大量殺戮の化学兵器は実際はなかった、でも一人の詐欺師のイラク人の情報を信じてそれで戦争になったと分析している
一人の人間に詐欺師の情報を信じて戦争になり多大の犠牲を出した
そこには何の正当性もない、ただ権力によってごり押しされた戦争だった
強いものが力でもって制圧したとっちめたというだけである
その時私は人道的立場から戦争に反対した、それをホームページに書いたが別に反応はない、読む人は少ないからである、ここ三年くらい津波原発事故がありアクセスが増えたのである、それまでアクセスは相当に少ないから誰も目にとめないというだけだった

あの戦争は9・11のアメリカのテロがありその犠牲が大きかったのでスケープゴートを求めてイラクが別にアルカイダとかテロとは関係なかったがどうしてもその怒りがおさまらずイラクにそき怒りが向けられたのである
別に大量殺戮の化学兵器はなかったのである
それも一人の詐欺師の言ったことくらいで後は何の証拠もなかったのである

ではなぜ戦争が起こされたのか?

9・11のテロの怒りがイラクに向かった  

もともとイラクをアメリカはたたきたかった

イラクがアメリカを攻撃するので憎かった

そのために戦争する理由が必要であり大量殺戮の化学兵器を製造しているとこじつけて戦争を起こしたのである
その確かな証拠は何もなかったのである
情報はこうして権力あるものによって操作されそれが真実かどうかもわからなくてもいいのである

まずイラクをたたけ!

イラクが憎い!

それがあって戦争するための情報を探していたとなる、だから偽情報でもいい、フェイクニュースでもいいのである
それは感情が先にありその感情をあおる、国民は冷静になっていないからだ
テロの無惨な惨劇で理性を失っていたからである
だから人間は感情的になることが危険なのである
テレビとか映像は生々しいから感情的になり怒りとか憎しみとかをあおるメデアである
例えば犯罪でもテレビに出ただけでそれで罰せられると同じである
裁判で決まらないのにテレビで疑いの段階でもあいつは悪い奴だという印象を与えてそれが消せなくなるのである
それで油まみれの海鳥をアメリカの放送局が映し出してそれが世界の人達が見て怒りになった、その映像効果は抜群だったのである
だからテレビとか映像のインパクトは大きい、今でもそうである
マスコミが裁判官のようなっているのである
それは大勢の人が見るからそうなる、その影響が大きいのである
インタ−ネットで放送しても見る人が少なければ影響も少ないのである

これと同じようなことが佐藤 栄佐久知事が賄賂とかで逮捕されたことにもあった
福島原発でプルサーマルの危険性を指摘して情報公開を東電に求めたが拒否された
それで一時原発は危険だと停止されたのである
それに政府とか東電が怒り「佐藤 栄佐久」憎しとなった
それに検察も加担したともされる
原発には強力な権力がかかわり反対できないのである
アメリカの圧力もあり反対できない、それは沖縄の基地問題とかでも同じである
別に佐藤 栄佐久知事は原発に反対だったわけではない、ただ安全性を追求して情報公開を求めたができなかったのである
それが正しいとしても政府とか東電は感情的になり佐藤 栄佐久憎しとなって情報でもでっちあげて賄賂問題で逮捕したともなる

その虚実は詳しくわからないにしろここにも同じ構図がある
権力をもてばそれが暴力でも法律でも曲げて行使できるから危険になる
権力は歴史でもそうである、歴史が勝者の歴史だというときもそうである
勝者が正義であり敗者は悪者とされるのである
日本が戦争に負けて悪者にされることでもそうである
アメリカはこのように力をもっているから権力を暴力として軍事力で行使できる
そこにアメリカの危険性があった
だから中国が台頭して困ることもあるがアメリカが抜きんでて世界を牛耳ることも危険なのである、中国も問題にしてもアメリカの横暴を抑制するものとはなる
それでイランが今イラクと同じような状態にあるという

でもイランをイラクのように簡単に攻撃できない
世界情勢が変わっているからだ、中国が台頭しているからそれが抑制力となるからだ
世界でも一党独裁に一国独裁になることは権力が力があるものが支配するとなり正義はそこになくなるからである
そこにアメリカの国是とする民主主義を追求しているそのこと自体を否定することになる何の証拠もないのにただ力でももって戦争して殺戮して決めるとなるからだ
ただ力が正義となるだけだからである

chijii123.jpg







続きを読む
posted by 老鶯 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層