2018年12月21日

撮り鉄、乗り鉄、描き鉄・・・・ 〈思い出の駅の物語)


撮り鉄、乗り鉄、描き鉄・・・・

〈思い出の駅の物語)

stpic55.jpg

stpic33.jpg

NHKのおはよう福島で放送していたのは描き鉄であった
駅の絵を鉛筆で描いていた、女川駅とか新地駅は津波で流されたが新しくなる前の駅を描いていた
鹿島駅でもよく撮り鉄がくる、そこでなんで行き先の案内板を写真に撮ってゆくのか?
これを東京からわざわざ撮りにきた人が今日いた
若い人である、前にもこの案内板は撮りに来た人がいた
そして駅舎とこの鹿島駅という表示を取ってゆく
これはと撮り鉄では人気なのである
相当に古いものだかららしい。

それでNHKのおはよう福島で描き鉄の鉄道の駅とかの展覧会を地下道でしていた
駅には確かにいろいろな思い入れがある人がいる

stpic1.jpg

だからこれはわかる、私自身は撮り鉄ではない、乗り鉄である、乗るのを楽しむ
それで日本の路線は私鉄をのぞいてほとんど乗ったのである
鉄道は絵になる、風景になる、自然とマッチするのが自転車と同じように魅力があるのである、それより鉄道は歴史が古いから何か駅でもそこには人間の情がしみこんでいるのである

それぞれの物語があるというとき駅で良くあうのは東京から実家に帰省する人である

「もう私の父親は92歳ですよ、もういつ死ぬかわかりません、私は高校出て東京に憧れて出たんです」
「自分も東京に憧れて出た口です、ただ大学で遊んだだけだから集団就職とはあまりにも違ったものでした、中卒の集団就職の人たちは苦労しましたから・・・・」

この女性の世代は高校出た人である、だから60代になるのだろう
団塊の世代は中卒が三分の一いたのである
高卒までこの土地にいた人ととは良くあう、集団就職で中卒で東京に行ったという人とは意外と会っていないのである
その時は東京に憧れるというとき女性でもそうであり東京は特別な憧れの都会だったのである、だから田舎を脱出して東京に行きたいというという人が多かったのである

田舎なる駅舎の寒し一時を話して別る東京にさる女(ひと)

良く駅ではぽつんと待っている人がいる、駅は誰いなくて淋しいわとか地元の女性が一人待っていた、そうやはり感じていたのである
駅は出会いと別れの場所でありそれは歴史が明治から始まっているから古いのである
だから何か人間の情が駅にはしみこんでいるのだ

そして不思議に駅で別れてあの人は東京に去った、その去る余韻があり東京でどういう暮らしをしているのかなとも想像する、去ってもその人のことを思うのである
別にその女性にはじめてあった人であってもそうなのである

カルマは公正に配分される (原発事故も同じだった)




自分がいろいろと苦しみ意識したのは意識させられたのはカルマでるある
そもそもカルマといっても苦しみがないと意識されないのである
カルマは苦しみとなったとき意識される
それが原発事故と関係があるのか?
やっぱりここにあった
何かカルマが公正に配分されたことである

双葉と大熊とか原発で一番恩恵を得た地域は一番被害があった、住めなくなった
その隣の浪江町も悲惨であり人が帰らないし崩壊した感じになる
その隣の小高は浪江よりましでもやはり帰ったのはほとんど老人であり被害が大きかったつまり原発があった場所から距離に比例して被害の大小があった

そして小高は東北電力で原発を建てる工事をはじめようとしていたとき事故が起きた
それを知っている人は意外に少なかった、私自身も知らなかった
小高に原発できたら原町でも相馬市でも30キロ以内になるから危機感をもってもいいはずだが知らない人が多かったのである
その危機感を伝えるものもマスコミでもいなかったのである
ただ原発を作るかどうかは小高町だったら小高町だけで決められるという恐ろしさを自覚した      

例えば極端になると双葉と大熊の土地の所有者が東電にその土地を売りあとは漁業組合から漁業権を買えばできたのである
現実にそうなっていた、そして県の許可が得れば作れたというからあまりにも誰も原発に恐怖感もなにももっていなかったのである
小高の腕のいい大工さんでも小高は景気が良くなるよ、原発が建つからなと喜んでいたのである、その人も全く利益のことしか考えていない、これはみんなこの辺の人はそうだったのである

そして県庁のある福島市など30キロからはずっとはずれているから関係ないと思っていた自分も30キロからはずれているから遠いから関係ないと思っていたのである
でも福島市はこの辺より放射線量が高かったのである、郡山市とか白河市まで影響したのである、これもカルマだったなとつくづく思う
県庁で知事が勝手に双葉大熊の土地所有者から土地を買い原発の許可を与えたということである、その責任は重く結果的にカルマがそこにも重く配分されたのである
そして補償金はもらえないから余計にそうだったとなる
ただ飯館村は例外でありとばっちりを受けた
事故とか事件があると必ず関係ない人でもとばっちりを受けるからだ
だからカルマは一人の人間だけにとどまらない、周りにとばっちりがゆく、それで回りも苦しむのである
ただその分補償金は高くもらえたからそれでかえって喜んでいる人たちもいた
被害がカルマの苦しみがあったが今回は30キロ内は補償金もらえたということでカルマが軽くされた
でも南相馬市などは30キロで区切られてその心は分断されて復興しにくくなったのである

カルマは家族でも必ず配分される、一人にとどまらない、誰かが借金で苦しむ、病気で苦しむ、何かで苦しむと家族全員が苦しむ、一人にとどまらないのである
親戚でもそのカルマが回ってくるから怖いのである
それは苦しみとなって現れないと意識されないのである
でも原発事故でカルマは公正に配分されたともみる
ただ今回は補償金がありそれでそまカルマは軽くされたことは確かである
でもこれから原発のリスクがこれだけ大きいことを知った、それを知っていて原発を誘致するとなくとそれだけの覚悟が必要になる、補償金はもうこんなには払えないとなる
それであまりにも原発の安全にコストがかかりすぎると外国への輸出は日本では中止したのである

ともかく家族の介護で苦しんだ自分のことを書いた、これも自分一人が良くされたから
カルマが自分一人にのしかかり自分一人が四苦八苦して援助されることもなかった
それもまたカルマだった、双葉大熊はそれだけのカルマを作っていたからまたそこはもう住めなくなったともなる
カルマは公正に配分されるともなった、だから何らか苦しみとなった時人はカルマを自覚する、でも苦しみがないと自覚しないのである
でもいつか必ずカルマは現れる、なぜこんなに苦しむのだろうという時やはりその人のカルマが現れたためである、それは必ずいつか現れる、おそらく人類の罪もいづれカルマとなって現れというとき滅びるというときもそうなのだろう
カルマが積もり積もって最後に滅びるほかなくなるということである

posted by 老鶯 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連