2018年12月15日

JR仙台病院で癌検査に行く人 (この辺は仙台の病院に行く人が多い)


JR仙台病院で癌検査に行く人

(この辺は仙台の病院に行く人が多い)


JRの仙台の病院に癌検査に行くという、これはJRの専用ではない、一般の人も利用できる、農協ともにている、鹿島の厚生病院は農協の出資でできた
デイサービスの施設でもそうである、農協の組合員は優遇されることがある
農協では介護事業と葬儀事業をしている

仙台の病院に行く人は多いなと最近思った、知り合いの人は糖尿病があり白内障の手術をした、めんどうだから仙台の病院で手術をしてもらうことになった
それだけいい医者がいるということなのだろう

知っている女性は腰が悪いと仙台に行きまたその医者の案内で東京に行った
いい写真がとれる機械があるとかで行った
そして二回目は何か腰を楽にするものをつけるためにそれを取りにまた行った
その人は金がないのでまた自分が援助を強いられた

ともかく仙台に行く人は多い、病気はこの辺では困る、いい医者がそんなにいない
だからむずかしい病気になると福島の医大でありあとは仙台になるのだ
仙台からも医者が診にきているからだ
癌などはめんどうだからそうなる、設備も必要だからである

脳の詳細な写真をとれる機械は福島市と郡山に二台しかないとされる
この辺で認知症の脳の写真をとったが何もわからないものだった

でも三万とられた!

それは写真をとっても何もわからないのに金をとるために写真をとっただけである
一割負担だとすると写真をとるだけで30万するからである
その収入が大きい、こうして医療費用は膨大な無駄がある
最近無駄な薬を出さないと政府でも抑制しているのも当然だとなる
それが税金としてはねかえってきて国民の負担となるからだ
でも病院とか医師は機械に金がかかるとなればどうしても金をとらねばやっていけないから無駄でも金をとることをする
そして実際に新しいいいき機械がないと患者も来ないとか大きな都市では競争も激しいからである

その女性とは結構いろいろ話した、別にはじめてあった人である
畑のことを話したので興味をもった、それを書いた
駅は意外とナマの情報を得られる所だと思った
人間はまず自分の住んでいる場所について街でも身近なことを知らないのである
何するにしてもまず知ることなのである
相手のことでも相手を知らなければ理解しえないからである

ただそういう相手をしるとか市町村のことを知るというのは結構むずかしいのである
近くだからわかるようでわからない、人の動向も住んでいる土地のことがわかならいのである、その知らないことからいろいろな問題が起きてくる
その最たるものが津波や原発事故だったのである

もっと土地のことを知っていれば津波でもある程度さけられて被害が少なくななった可能性があった、原発事故でも地元の人がもっと知る努力をしていればこうはならなかった
ただ原発の場合は立ち入ることも聞くこともできないから知らされないのだからどうにもならなかったのである
現代複雑な社会であり知ることが知識が膨大であり多すぎるから処理しきれないのであるそして迷路に陥ってゆく、小さな一万の町に住んでいてもその土地のことでも人のことでもいろいろとわからないのである

そして知らないことが致命的なものとなる
それが津波であれ原発事故であれ甚大な被害に通じるから知らないことが怖いのである

母の命日〈冬紅葉忌ー三周忌)


母の命日〈冬紅葉忌ー三周忌)

menichiii123.jpg


冬紅葉小菊をさしぬ命日に

ふさわしき母の命日師走かな

掃除して母の命日冬紅葉

忙しく母の命日過ぎにけり


干し柿を母の命日にささげけり貧しき昔の暮らし思いぬ

朝静か庭に一二枚木の葉散る石の黙して下の部屋かな


母の命日が15日だと思っていたが12日であり過ぎていた
それをプログで調べてわかった、人間は本当に忘れやすい
だからプログは記録しておくので後で役に立つ
こんなこと書いていたのかと自分の書いていたことも忘れているからだ

母は大正生まれでその一生は苦労の連続だったし不運だった
たいだい戦前生まれとかなると苦労している、貧乏である
だから何か趣味などがない人も多い、ただ働く働かせられたとなる
それで趣味もなかった、何か利益になることしか金になることしか価値がないとしていただから一円の金にこだわって金を使っていない
その金も盗まれたが認知症になり笑っていたのも不思議だとなる

百歳まで生きたのが不思議である、体は細いし体力もないのによく生きられたと思う
なぜ百歳まで生きたのですかと聞かれると「無理をしなかったからです」と答えた
そもそも母は無理ができない体力がないからできないのだ
それは自分とにている、体力がないから無理ができないのである
体力がある人は無理ができるのである
ただ長生きとなると体力がある人が長生きとはならない、無理がたたって早死にの場合がある、だから体力と長生きは必ずしも関係していないのである

ともかく家事を93歳ころまでしていた、一時90度に体が曲がったがそれでも手押し車をおして買い物したり普通に生活できたし料理もしていたのである
その体が曲がった時相当に悲観して自殺しようとしたりした
それでもその後は体が曲がっても普通に生活できたのである
それも介護されるのではなく家事を普通にしていたのである

人間死ぬとその後いろいろ死んだ人のことを回想する、回想する時その人だけではないその時代とかも回想する、一つの身近な活きた歴史を回想する
だから郷土史は祖父母から聞くことから親から聞くことからはじまると書いたのである
それが一番身近で在りそれがそもそも歴史となったのである
その後に残された人が死んだ人のストリーをヒストリーをたどるからである

何かいろいろ語ることがあるが姉のことでも一緒に供養のために本でも冊子でも作ろうとしているがなかなか手間でできないのである
このインタ−ネットとかプログはその時々書いているから書けるのである
これを本にまとめようとするとき手間になるのである
家事を全部しているとなかなか他のこともしにくいのである

母の好物は干し柿であったがこれくらいしか戦前だと果物でも食べていないからそうなった、でも戦後は食べ物では贅沢したのである
戦後十年くらいで死んだ人は贅沢はできなかった
父は最後にサシミを食いたいといって死んだ、でも病気で食べれなかったのである
今は貧乏人でも食べる物は贅沢しているのである

母にふさわしいのは冬紅葉である、それで冬紅葉忌にしたのである

畑にカリウムをまいてセシウムが減った (個人的に畑で野菜を作る老人)


畑にカリウムをまいてセシウムが減った

(個人的に畑で野菜を作る老人)


稲作に多量のカリウムを投入すればセシウムが入らないから
効果的も子どもの理科の実験程度の知恵に過ぎない。
毎年同じ事を次は私費で継続出来ますかと問ったら誰も出来ないだろう。
今の国の米価では作っても赤字。

カリウムがセシウム吸収を抑制するのは事実だが、
だからといってセシウムが消えるわけではなく必ず作物に吸収されてゆく



駅であった畑で野菜を作っている老人が女性であるがしきりにカリウムを畑にまいてセシウムが減ったと言っていた
その女性は大阪に娘がいて作った野菜を送るのだが放射能のことでいらないと言われたので放射線のことを講習会などで勉強したという
確かにカリウムは効果があってセシウムの放射線量が減っている
でもそれにもいろいろな意見があり何が効果的なのかわからないし実験中なのである
ただ放射線量が減ったことは確かだから効果があったとなる
それはセシウムの放射線量だげである

ここのサイトの説明で大根でも上半部は放射線量が高く下半分は低くい
それで表土を削る除染をした、今でもそのために飯館村では表土が削られた無惨な状態になっているのである
表土には栄養分がありそれで回復しないのである
何か花でも肥料をやらないと栄養分がなくなり花が咲かなくなる
それは野菜でも米でも同じだとなる

放射線量は部落単位だとか計って市場に出している、でも個人的にしている人は計ってはいない、知っている人は放射線のことを何も知らない、心配もしていない
ただ地元の野菜売り場には出していない
なんでも常磐高速の売り場に地元の野菜を置くようになったら六号線の売り場は売れなくなったという
それもわかる、あそこは人の出入りが本当に多いからである
そしてお土産でも品物が多いから買い物にはいいとなるからだ

その人は農業について結構詳しい、誰かに指導されたのかと聞いたらテレビを見たりと独学だという、その人は牛糞を発酵させて肥料にしている

牛の糞による堆肥と言うと何だか臭いが気になりそうですが、牛糞堆肥は臭いはほとんどありません。これは発酵という過程を経ていることによります。牛糞堆肥を作るのは一般的には3か月から6か月ほどという長い期間が必要になります。


知っている人は角田まで鶏糞を買いに行っている、それは臭いのが難点である
その人は農業に詳しいようでそうでもなかった
農業は奥が深い、実験の繰り返しでなんとかコツがわかる
つまりもこれも長年の経験でしか会得できないのである
何か私は化学とかなるとまた苦手である、ただ農業には興味がある
でも実際に野菜などを作ったことはない、花は庭に植えていたがなぜかた土が悪いのか
一年くらいで花も咲かなくなるのである
花の手入れだけでも手間なのである
家事から何からあらゆることはできない、ただ人の話を聞くにも少しでも経験していると話を合わせられるのである

いづれにしろ放射線量を減らすとしてもやっかいである
何が本当に鉱かるのかわからないということである、農業に詳しい学者すらわからない、なぜなら実験中だからそうなる、この辺は放射線量を調べる実験場にもなったのである

ともかく飯館村でも野菜を作って孫にくれようとしたらいらないと言われたとありそれは悲しいとなる、それで今日聞いた女性も娘にその孫にも食べさせてやりたいだできない
それでなんとか放射線量を減らす勉強していたのである
この農業の被害も原発事故ではあまりにも大きいものだったのである

posted by 老鶯 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

相馬藩内の花の短歌 (狭い地域でもそれぞれ個性がある


相馬藩内の花の短歌  

(狭い地域でもそれぞれ個性がある

fujinohanasoma11.jpg

tukimisouuuu123.jpg

haramachicity111.jpg

centerrail11.jpg

odakakoubaii11.jpg


iidatesobana1123.jpg

相馬市の城跡あわれ藤の花夕闇の中に灯のともるかも

真野川の岸を歩めば草深く月見草咲き夕暮れにけり

原町の線路にそいてひまわりや電車の音の昼にひびきぬ

飯館にソバナの花のあまたかな草深くして家々静まる

飯館に芙蓉の花のおおらかに咲きて隠さる家々なるかな

小高の城跡に立ち海望む紅梅しだれ古りにけるかな

なみなみと青々とのぞむ海村上城跡かもめ飛びゆく

海望み船の行くかな山により桜の咲きて風に散るかな

相馬焼ここに伝えて柿なりぬ大堀の里ありしときかな

高瀬川激ち流れて春の日やさらに上へとのぼりゆくかな

高瀬川そそりし岩や紅葉して色の一際赤くなりしも


その場所にあった花がある、ただこれは外から来ただけではわからない、ある場所に長く住んでいないとわからないものがある
相馬市と原町の区別がつきにくいが相馬市は城下町であり何かしんみりとしているのである
入母屋作りに公共の建物が統一しているのも城下町作りとしては良かった
ただそれに反対する人もいた

相馬市が藤の花だというときあそこに古い藤の木がありそこにたたずむとやがて街が暮れて静かに灯がともる、それがなんともいいのである
それは相馬市がそれほど繁華でない街だからそうなっているのだ
相馬市の街は駅前通りがあっても駅前から発展したのではない
城のある所から街作りしたからそのままなのである
原町は街道が街としてあっても駅前通りが発展した
それは原町が機関区になっていて物資を運んだからである
原町は新しい街として明治以降作られたのである
だからひまわりが似合っているとなる
原町の線路の脇に高い大きなひまわりが咲いていた、今は咲いていたが今は咲いていないともかく相馬市と原町の感覚は相当に違っているのだ

次に小高だと相馬氏が最初に城を築いたところであり枝垂れ桜が咲いていた
そこから海が見えたのである、意外と海が近いのである
この辺では海が近くても海が見えない、でもちょっと高台に立つと海が見えるのである
小高は海が近かった、津波が駅のすぐそばまで来たことには驚いた
その下の水道官から駅を越えて津波によって泥が運ばれたのである

そのことでもともとは駅前は海でありそこには中世に鎌倉時代辺りに港があり蔵院とかがあって相当な船が出入りしていたのだ
そこは港だったのである、それほど海が近い所だったのである
だからそこが海になった時驚いた、それは八沢浦でもそうでありそこも港があった
中世から船運があったのはそうした入り江があったからである
それが失われてわからなかったが津波でその入り江が再現されたのである

相馬藩内でもそれぞれに土地の特徴がある、そこに変化があってあきないとなる
浪江になると前は高瀬川の上流に大堀があり相馬焼の陶工の村があった
そこは高瀬川渓谷に入る所であり場所が良かった
それは原発事故で失われた、それも大きな痛手だった
浪江はほとんど人が住んでいないから悲惨である
ただ別に高瀬川がなくなったということではない
以前としてそこは風光明媚な所なのである

飯館村は森に包まれた静かな隠された村だった
それが原発事故で人が住まない土地になった
田んぼの表土がけずられて無惨である、あとは放射性物質の廃棄場がいたるところにある草野はソーラーパネルが敷き詰められて変わり果てた
素朴な村という感じもなくなった、それより人が住んでいないのである
飯館村の特徴は一軒一軒が離れてあり森につつまれてあった
そこは広いから牛を飼うには良かった、放牧できるからである
今何軒かはじめている、牛の餌は買えばいいとなるから意外と農業よりはいいのかもしれない、農業となると土に頼るから土が汚染されたらどうにもならないからである

人間は場所が変わると心も変わる、飯館村に行ったときは特に変わる
何か花まで草深く咲き純なものが自然のままに隠されて人知れず咲いているとなる
ただ残念なのは原発事故前に大倉から入り峠を越えた所に人の手が入らない森がありそこに清流が流れていた、そこは神秘な場所であり秘境だった
それが道ができて喪失した、秘境というのは今でもある
それはなかなか外から来てはわからていのである、丸森にもあった、そこに行くには道が悪いから簡単には行けない、そこを行ったら道に迷い深い森から出れなくなった恐怖を味わった、それだけ丸森は森が深いのである、飯館も70パーセントが森なのである

それが放射性物質で汚染されたからどうにもならない
ただ森は森として依然としてある、ただこの森に放射性物質が循環して消えないから困るのである
もし森とかでも色が変わったりしたり枯れたりしたらそのショックが大きくもう住めないとなっていたことは確かである、水でも汚れたりしたら住めない
以前として水は澄んでいる、でも魚は放射能で汚染されているのである
それが放射能被害の不思議なのところだった

いづれにしろこの辺は元の状態にもどらない、それは三陸とか他でも津波の被害にあった所は復興していない、それだけ甚大な被害だったのである
8年になろうとしていても復興はしていないのである