2018年12月14日

福島市から来た遺品整理の会社の人と会う (ひとものがたりの会社である)


 福島市から来た遺品整理の会社の人と会う

 (ひとものがたりの会社である)


 今日駅であったのは遺品整理をする「ひとものがたり」という会社だった
 遺品整理というとテレビで話題になった
 それが福島市にあったのが意外だった
 仕事するために駅まできていた
 そして駅に着いた人を車に乗せて去った
 斎藤商店の車も来ていた
 それは廃品処理の会社であり自分も行ったことがある
 市で委託して廃品を処理している

 時代によって仕事が生まれる、老人が増えるとまた一人暮らしとかが増えるとこういう仕事が生まれる、田舎だと親戚がいて孤独死などはあまりないと思うが孤立した一人暮らしが増えている
 それは自分自身がそうだったのである
 ゴミ屋敷清掃なども請け負っている
 人間一人が死ぬということはめんどうなのである
 いろいろな処理があるからだ
 それで死者が増えれば高齢化でまた時代で一人暮らしが増えるとこんな商売も生れる

 第一駅前が葬儀屋になっていることでもわかる、もともとはそこは駅前の農協のスーパーだったのである、その時は駅前にまだ人が集まっていたからそうなった
 農協の仕事でも今や介護とか葬儀とかなっている

 何か駅前に葬儀屋があるのはあまりいい感じがしない
 それが何か暗くしているという感じにもなる
 しかし時代でありどうにもならない、少子高齢化でそうなっているのだ
 ただ新地駅前は温泉ができるとか施設もできる
 大きなビルも建設しているからあそこでは駅中心に人が集まる
 山下駅でも駅前にキクチスーパーができたから前とは違って人が駅に集まる

 原町駅は前に立派な図書館ができたが今になるとそれは失敗だったともなる
 やはり人が集まるもの、スーパーなどができると良かったのである
 駅からイオンス―パーに行くのが遠いからである
 前はヨークベニマルがあったがなくなったのも駅に人が集まらないとなる

 ともかく駅は意外と人が交差する場であり活きた情報を得る場でもあった
 こういうことは常磐高速ではできない、話しかけることもできないからである
 どういう人が来ているのかわからないのである
 駅では人が少ないから話かけることができる
 だから世の中の流れをここで知る、活きた今の情報を知る場だということを知った
 インタ−ネットとかスマホだけではわからないことがある
 別にインタ−ネットで調べれば出ていたが直接そういう人に接して話を聞くのとはまた違うからだ

冬の暮(故郷俳句十句) (景観は歴史的に長い時間で作られたものだから貴重だか意識されなかった)


冬の暮(故郷俳句十句)

(景観は歴史的に長い時間で作られたものだから貴重だか意識されなかった)


隣り合い住みて長しも冬紅葉

点々と農家の古りぬ冬き暮

質実な暮らしつづきぬ冬の暮

松ありぬ一軒一軒や冬の暮

なお立ちぬ家の跡に松冬の暮

老木のここに朽ちなむ冬の菊

陽の没るや冬田に農家五本松

一本の木のここに動かず冬の暮

天明の碑近くにあれや冬の暮

なお空家大原にあり冬の暮

大原に凍み大根や農家古る

干し柿に紙漉きの里水清し

小山田に忘らる道標冬の暮

街道の祠に松や冬の暮

代々や相馬六万石冬の暮 

景観を見る時それが当たり前の風景に見ている、田んぼに点々と農家があることなど田舎では当たり前の風景だから気にも留めない
でもその景観というのは人間のくらしとともに作られてきたものだった
そもそも田んぼの景観は米を作る暮らしがあり作られてきた
農家があるということはそこに暮らしていける実り生業があったからである

そして人間とは長くそこに住んでいないとその土地のことがわからない
長く住むというとき田舎だったら農家だったら何代もつづいて生活している
そこに農家の重みが生まれている、それで農家の人が三代つづかないと仲間に入れないというのもそれは人間の関係でも長い時間の中で作られるからである
つまり歴史的に重みが生まれのは長い時間そこにありつづけたからである

そういう景観が失われたことは大損失だったが第一そういう風景は当たり前のものとして見ていたから貴重だとも思わなかったのである
むしろ農家などはもう農業だけで暮らしている人はまれになった
だから親が農業をやりたくないのだから子供でもやらないとなったのである

ただ景観というのは当たり前にあったものではない、それは長い時間の中で作られてきたのである、そこに人間の営みが暮らしがあり生業があった
景観は簡単に作れないものだった、でも人は景観を大事にしない
景観は努力しないでもそこにあるものとみているからである

結局価値というのが何かというとき人間は全体の価値を見ない、木を見て森を見ないのである
それが津波とかで右田の松原が根こそぎなくなるとか原発避難区域で町ごと人が消えて
空家と化して田んぼが草ぼうぼうとなりその跡にソーラーパネルとかになりまるで変り景観が失われた
それはイメージできないものだった、景観はやはり田舎だったら田んぼがあり畑があり森がありとか変わらないものだと思っていたからである
ただ右田の松原などは人工的な松原であったから根こそぎ消失した

原発訴訟で生業を返せというときこうした代々つづいたものが消失したことの損失であるそれは取り返せないものとなった時その貴重さに気づいた
やはり人間の営みは代々つづいていると歴史があると重みが生まれる
それは一代では築かれないものである
そして何か農家を見ると質実だなと感じる、そういう風景がまた人間の心に知らず影響しているのである

都会ではビルの谷間に生活していればそれも心に影響してくる
都会の人がみんな疲れた顔になるのは当然なのである
田舎だと大地に根を張った木のように強化される、ただそうはいっても今は田舎でも実際は勤めているのは会社であり専業農家はまれである
農業だけで生活している人はまれなのである
田んぼの中に家があるから農業で暮らしているとはならない
ただ風景がそういうふうに見えるだけなのである

でももし戦前とか江戸時代にその風景を見たら感動するだろう
石神とかでは紙漉きをしていた、そういう暮らしがあったことが心にしみるものとなる
紙漉きは冬にするから厳しいのである、でもそういう暮らしがあることがその景観が心にしみるものとなる
今でも大根を干していたり干し柿を見ると冬の暮らしを感じる
都会ではもうそういう風景はないしどこも都会的になっている
田舎でも一見農家のように見えてもそうでもない、ただ蔵があると古い家であり農家だったのかとか見る、でもその蔵は農家として仕事するためのものでもないし飾りのように今はあるだけなのである

ともかく家とかその土地に重みが生まれのはやはり何代とかつづいて暮らしているとそうなる
それで自分の家は二代だから重みが生まれない、それでも自分は二代目だということで一応重みが生まれる、それじ死んだ親のことを書いたのである
明日は母の命日である、母は大正生まれであり干し柿が好きだったということはそれくらいしか食べるものがなかったから好物になったのである
今は干し柿など子供でも食べないだろう、いろいろ果物がありすぎるからである

でも江戸時代に憧れる惹かれるのは素朴で質実なものがあったからだとなる
ただそれはイメージの世界になっているからであり現実はまるで違った貧乏の苦しみを生きていたとなるのである
田舎の冬はとにかくいい、都会は季節感がないのである、だから俳句なども季語も活きてこないのである

故郷の大地に根付き
静かに長くもあれな
樹々は隣り合い黙して
そこに落ち着き根を張る
そこに自ずと連帯が生まれる
ともにここにある
ともに長くここにある故の
深い絆が自ずと生まれる

こういうことになる、そういう田舎の生活を奪ったのが原発だったのである
ただ地元の人でも金を第一にしていた、強欲になっていた
家でも車でもなんでも欲しい欲しいとなっていた
借金しても豪華な家を建てて車でもいい車を買い、とにかく現代では欲が限りなく増大するのである、もう切がなくなる
そして故郷にすら住めなくなったのである
そもそもその土地に故郷でも住むということが最低条件である
住めないということは最悪なのである

ただ人間は当たり前にあることを意識しないのである
それを失ってみてはじめて意識するのである
それで生業を返せと東電とか政府に訴訟を起こしているがそもそもその生業を大事にしていたかというとそうではない、ただ金が欲しいということで原発を誘致して
その後も補償金をもっとよこせと金しかなくなった
そして補償金を一億円でももらったら故郷を出て外に家を建てて帰ってこなくなったのである、それも勝手だなとも思う
それだから確かにその損失を理解できるのだがそこに暮らしている人はそういう田舎の暮らしを別に大事にしていなかったのである
むしろ都会的な贅沢な暮らしを求めていたのである
それはどこでも同じだとなるが何かこの辺ではそういうことが実際にあり意識させられたのである