2018年10月24日

認知症がアイコンタクトで劇的に改善 (NHK試してガッテン−私も最初にそうして落ち着かせた)


認知症がアイコンタクトで劇的に改善

(NHK試してガッテン−私も最初にそうして落ち着かせた)

私の姉の場合は最初に暴力になった、その前に同じものを何度も買い物していたし金を払うことができなくなっていたので近くの店屋で気づいていたのである
でも家では気づかなかった
気づいたのはなにか知らなけど激しい暴力になった
親戚の人が来た時歪んだ顔になっていた、それで病気に気づいた
意外と認知症は軽い内は気づきにくいのである

それからせん妄になり幻覚を見るようになった
何か人が来ているとか言ってそれが誰なのかと何度もしつこくたずねる
それはかなりひどいせん妄だったのである
だから何になっかのか最初とまどった、どう対処していいかもわからなかった
それでインタ−ネットで調べたら

目を見て落ち着かせろ!

そう書いてあったのでそうした、そして落ち着かせるためにお茶などを出して飲ませたのである
私は相手と視線を合わせて見て落ち着かせたのである
でも精神錯乱になっのかと怖かった、暴れたりもしたから怖かった
それで三人家族だったが一人は相手を見ることができなくなった
目を見ることができなくなった、怖くてできなかったのである
そうなったらもう一緒にいられない、相手が暴力になるからだ
性格的に姉は大の男も恐れない、大の男が怖がっていたのである
そういう人だから暴力になったりてしたら自分でも最初は怖かった
ものすごく気の強い性格の女性だったからである

ただ私は60年間も一緒に生活していたし自分は特に特別に世話になったから介護することは無理することなく自然な状態でなった
ただ最初は何になったのかわからず怖かった
精神錯乱になったのかと怖かったのである
でもそれから一人で家で介護するようになってなれてきて認知症という病気を理解するようになった、それで安心して落ち着いてきて症状が安定して騒ぐこともなくなった

認知症は誰か一番親しい人が愛する人がつききりになり世話しないと症状が安定しない
だから相当な愛情がないとできないともなる、ただ症状はみんな違っている
姉の場合は死ぬ直前まで意思疎通ができていた、ただ意識不明になって一か月間は死んだと同じだった、もう植物人間となり何の反応もなくなったからである

認知症の人の視界が狭くなっているというのはそうなのか?
ただそれだけではない、目を合わせて落ち着かせることが大事なのことは確かである
それを最初にしたから良かった
結局人間は突然に起きることに対処できないのである
津波でもそうだし何かの事件とか病気でも突然になると対処できないのである
今回のNHKの認知症対策で目を見るということは本当に大事である
目からは信頼とか愛情とかの眼に見えない光が放たれているかもしれない
何か嘘ついたりやましいことがあると目をまともに見れないことがあるし
何かその人となりが目に現れることもある、目がおかしくなっているかもしれない
だから人間にとって目は大事なのである

いづれにしろ認知症の介護している人は必ずうつ病になる
精神を病んでいる人の介護している時必ず介護する人もおかしくなるのである
正常なものが失われるのである
なぜなら正常でない人と常時一緒にいれば当然そうなってくるのである
自分自身は実際は介護することでも嫌だった、強いられてしかたなくしていたともなる
ただ自分の場合は特殊な家庭の事情で介護をするのも無理があったにしろ一番世話になったから何か自然と介護に努力したのである、恩返しのために自然とそうなったのである
でも普通は認知症の介護はそんなに手厚くできない

どんなに親しい愛情があっても嫌になるからである
私の場合は二年間であり短いからできたともなる、これがさらに長引いたらもうもたなくなっていた、なぜならもう一人も介護状態にすぐになったからである
二人の介護になることと自分が病気になったことでももうどうにもならなくなっていた
でもなんとか恩返ししてのりきったのである
でももうぎりぎりの限界だったのである
なぜなら自分も手術したり入院して病気になって介護していたからである
その時助けるものはいない、ただ責められるだけだったのである
介護は誰か一人に負わされるのである、みんなしたくないからそうなる
それは兄弟がいてもそうなりやすいのである

姉の場合は自分が留守にしていたとき不安になり近くの人のところに行っていた
そのことはあとでわかった、その人だけは親切な正直で本当に今時めずらしい人だったのである、NHKのテレビでも放送していたが少しの間でもいなくなると認知症の人は不安になる、それは捨てられたのではないかということで不安になるのである
だからもうどこにも出れない、いつも一緒にいるほかなくなる
そこでそうしていると丁度精神病院の中に一緒にいつもいて病棟から出れないという感覚になるのである、息ぬきもできないのである、それでうつ病になる
それはオウムとかカルト教団とかに仲間といつもいるような状態とにているのだ
閉鎖された空間でそこだけの世界にとじこもる、すると洗脳されて異常が異常だと気づかなくなるのである

家族の介護は病院で医者とか看護師とか介護士が介護するのと違うのは四六時中常に一緒にいなければならない、それで精神が消耗するのである
自分の場合それでも二年間だった、でもうつ病になった
だから認知症の介護はつらいと思う、NHKに出てきた人は私の姉より症状が重い人がいたから介護するのはもう自由時間もない、完全に縛れるのである
そしていつ終わるのかわからないのが辛いのである
実際十年とかもあるし自分の場合は二人で約十年だった、それで精神が消耗してしまったのである

ただ特殊な家族であり世話になったということがあり懸命に介護した
男だからうまくできなかったがそういう気持ちはあったからである
だから気持ちがない愛情がない人が認知症の介護することは至難だとなる
そんなにみんな聖人でもないし一人にの人間にそんなに付き切りにもなれない
それは施設でもそういうことはできない、でも親しくなった人がつづけて介護するのが認知症では症状を落ち着かせる効果がある
でも現実的にはそこまでしていたらとてももたないだろう

介護の負担は認知症でもそうだし普通の介護でも負担が重すぎることがある
ただ私の場合は特殊な事情で気持ちはあったのでなんとかできたとはなる
でもそういう気持ちをもつことができない施設とかではそんな手厚い介護は無理だとなるそして十年とか長い場合があるとその間は何もできない、その負担をも大きすぎるのである
ただ私の場合は介護して恩返しできて良かったと思う、だから遺影に手を合わせて供養できるとなる
介護のむずかしいのはそれは死後も影響してくることなのである
恨んで死んだりしたら何か手を合わせて供養できなくなる
お前は冷たい奴だったなとか死者に診られるからだ
そういう人を知っている、娘を恨んで死んでいったのである
その娘は信じられない非情な人になっていた

でも母親は介護されることもなくあっけなく死んだのである
もし介護状態になったら地獄だったとなる、そういう状態になっている人を知っている
その娘の実の親がそうっないたのである、認知症になっていたからである
実の親でも事情があって親とも思っていない、ただ金があるから施設に入れておくだけなのである
だから人間は本当に最後にならないとその真実もわからない
最後は親でも悲惨な状態になる人がいる、子から捨てられるのである
青森の施設にここからやられた人などはそうかもしれない、老後には最後には人間は恐怖にもなる、もうこれだけ老人になると姥捨て山に捨てるというのもしかたがないという時代にもなるからだ、中国では数が多いからすでに親をめんどうみれないと捨てる
そして自殺している人が増えていることでもわかる
一人っ子政策で親をめんどうみる人もいない、そして施設にすら入れない国でもめんどうみないとなれば死ぬほかないとなっているのだ、日本でも特養などは順番待ちでいつは入れるかわからないのである
高齢化社会の暗黒面である、認知症になる人が8百万人とういのも本当に悪夢である


世界中のどこも、経験したことがない社会「認知症800万人時代」この国に何が起きるのか 
65歳以上の4人にひとり、80歳以上は2人にひとり  

明治維新は薩摩長州のクーデーターだった? (歴史の評価のむずかしさ)


明治維新は薩摩長州のクーデーターだった?

(歴史の評価のむずかしさ)

 明治維新が何なのかわかりにくのはなぜなのか?また歴史がわかりにくのはなぜなのか?
 もう直接話を聞いたりすることができない、すると何が事実なのか事実でないのかもわからないから司馬遼太郎の小説でもNHKのドラマでも事実だと見ている人が多いのである
それは相当に美化されたものであり事実ではない、でもその事実を知るのはめんどうになるから学者ではないから庶民はしないし他の人もめんどうだからしない
ただ娯楽として見ているのが面白いとなるだけである

事実としての歴史を知るのは直接親とか祖父母とかから聞いたとき生々しいものとして知る、だから郷土史でもおじいちゃんとかおばあちゃんから聞いた話からはじまると書いたそれが一番昔を知ることでありまた歴史を知ることになる
だから家族がみんな死んでつくづくそのことを思う

父親は明治生まれで葛尾村から出て双葉の新山で酒屋の丁稚奉公になった
母親は原町紡績で糸取りしていてあとで東京で女中になった
次に姉は従軍看護婦になってシンガポール、マレーシアのジョホールバルで4年間従軍看護婦で辛酸をなめた、それで死ぬ寸前までそのことを語って死んだ
次は兄は集団就職であとは交通事故で死んだ
このことはまさに自分が歴史として背負うものになった
これもまさに明治からの日本の歴史だったのである
こういうのはわかりやすいし身近だし別に明治維新が何だったとか考える必要もない
重い事実なのである、そうして苦労して生きたということが重い歴史の事実となっていたのである

では明治維新とは何なのか?
なぜこうして国レベルの歴史になると理解しにくいのか?
直接話を聞くこともできない、するとまず何のためだったのか?
そのことが問題になる、人間はまず何か行動を起こすのに理由がある、動機がある
その動機が何だったのか?それが問題になる
私の父親が酒屋の丁稚になったのは山では暮らせないから貧乏だからそうなった
母が糸取りになったものその頃絹織物が国の産業となっていた貧乏な時代だったからである、兄が集団就職になったのも貧乏な時代だからそうなった
つまり動機は貧乏だから苦しくてもそういうところで働くほかないからであった
それはわかりやすいし今でもそういうことがあるから理解できるのである
それでみんな国民が貧しい時代は豊かになりたいということで働くとなる
ただ姉の場合は急に一枚の赤紙が来て戦争に招集されたのである
その時なぜ戦争に行くのかも考える余裕もなく戦争に行かされたのである
その動機もなにもない、ただ強制されたのである
だから戦争とかなるとまたなぜしなければならなかったのか理解しにくくなる
それは明治維新とか国レベルの歴史となると理解しにくくなる

それで一体どうしてまず徳川幕府を薩摩と長州の侍が倒そうとしたのか?
それは単なるクーデーターであり別にその後に起きたこととは関係していない
四民平等とか廃藩置県とかは望んでいなかったのである
だからこそ西郷が西南戦争になり士族を残すために戦ったことでもわかる
目的は幕府を倒し政権をとる戦いであった、大義名分はなかったからクーデーターだったとなる、ただその後の展開で思わぬ方向に行ったのである
侍がなくすということを目的にしていなかったのである
その動機は徳川幕府を倒してその代わりになるということが目的だったからクーデーター論が生まれる

何か革命のビジョンとかがあったわけでもないとなる 
その指導的役割を果たしたの侍でも下級武士でありその時そういう恵まれていない人たちは何か時代が変わるという時上昇志向が起こり徳川幕府を倒すことで役職にありつくとか何か人間の欲を刺激されて参加したとかにもなる
それは戦国時代のような権力闘争だったともなる
最初はそうでも予期せぬものに展開した、それが評価されるようになったのである
第一侍だったものが侍を否定することがありえない、そういう革命はありえない
既得権者が既得権を否定することはありえないからだ
結果的にはやはり明治維新後は薩摩と長州閥が政権をとり主要な役についたことで腐敗したことでもわかる、薩摩長州による政権奪取だったとなる
そうなると革命ではなかったというのもわかる

ただその後に予期せぬ展開となりそれが革命として評価されたとなる
殿様とか侍がなくなったからである、四民平等になったからである
ただではそれで農民とか庶民の生活が劇的に変わったかというとならない
かえって農民は地租とか金銭で払うようになり確実に計算されてごまかせないとかで苦しむようになった、何ら庶民の生活は変わらなかったのである
ただ産業革命が起きて工業化して紡績工場とかが作られ情勢の働く場所とかはできた
鉄道も普及したとかあり庶民の生活が変わった
それは西欧化したことで変わった、それが庶民の生活を変えさせたとは言える
ただ政権は徳川から薩摩長州に移ったというだけであり政治的な支配は変わらない侍が支配していたともなる
それで実際の行政では幕臣がになったというときもそうである
実際に行政をになうものがいないからそうなったのである

薩摩長州連合とはただクーデーター連合でありそこに坂本竜馬がかかわったとしてもそれほど評価できるものなのか?そうなってしまうのである
徳川政権に変わり薩摩長州が政権をとるというだけのことである
長州は徳川幕府に恨みがありそこで恨みも晴らすとかなるとそれは革命ではない
ただ侍の藩同士の戦国時代の争いとにたものにもなる
ただ結果として予期せぬ方向に展開してそれが革命として評価されたとなる
昨夜のテレビ放送ではそういう説明でありそういう評価が今は起きていることは確かである、何か異常に明治維新が革命としてもてはやされた時代は終わった
高邁な理想をかかげた革命のように見させるものがあったが実は政権をとるだけのクーデーターにすぎなかった,とてもそうした革命のビジョンなどもてなかった

そして対外的にはアジア侵略思想が吉田松陰によって唱えられ朝鮮半島への進出が画策されたのも明治維新であった、それが後の太平洋戦争にもつながっていたのである
要するにトインビー流に言えば西欧文明の応戦があり日本はその挑戦を受けて改革したとなる、その後もロシアとかアメリカとの戦争があり世界史の舞台に登場したのである
そして敗戦となり焼野原となり高度成長時代をへて復興したとなる
それからまた経済の衰退と国の縮小時代になってきたとなる
明治維新から150年過ぎたけどこれから変革の時代だといっても明治維新や戦争の敗戦とかのような劇的なことは起こらないように思う
縮小化する日本とか衰退する日本とか内向する日本とかなる

おそらく日本はまた江戸時代のようなものに回帰する、海外の文明を文化をとりいれたあとに平安時代のような国風文化が起きたような時代に変わる
世界的にもITとかの普及は情報の変革であり物を供給したり消費したりするのとは違った精神革命になる
戦後の焼け野原になったときは何もなくなった
その時から物質的には窮乏していたから豊かになることが目的となった
とにかく三種の神器であるテレビとか洗濯機とか掃除機が異常に欲しいという時代であり
またマイホームとかも車が欲しいとかみんな企業戦士となり懸命に働いた時代でありその見返りもあった時代である
でも一応それが満たされると今度は精神面の充実を目指す時代となる
ただ今のカルト宗教は実は創価でもそうだが高度成長と同じように物欲を世俗の欲を御利益として認めて増えたから戦後に会員も増大した
それは戦後の物欲の時代にマッチしたカルト宗教だったのである
でも本来の宗教は内面的な心の問題として追求するから哲学とかとも深くかかわる
芸術とも深くかかわる、それで国風文化になるのである
豊かになれば物欲から精神的充実した世界を探求するようになる
それがIT時代とマッチするのである、だから変革といっても明治維新や敗戦の時のような劇的なものにはならない、静かな革命にもなる

いづれにしろ明治維新は何だったのか?その答えも一つではない
ただ今までのような明治維新の英雄の過度な礼賛はなくなるしそうなっている
それは外国の圧力で成されたものであり薩摩長州が革命のビジョンなどもっていない
ただ政権奪取を狙ったものでありそれが評価できるのか?
外交でも世界戦略でもアジア侵略の根は明治維新にあった、それが後の太平洋戦争の敗北に通じていたのである、ただ太平洋戦争となると姉が従軍看護婦でシンガポールとかで辛酸をなめたからまた一方的に否定するとはならない
その苦労を無為にできないのである、それは私的なものになるがまた公的なものとしての歴史にもなるからだ
国レベルの歴史となると理解がむずかしい、未だにまた太平洋戦争が何だったのか?
なぜ戦争になったのかそれも日本人が明確にしていない
その責任も明確にしていない、それは原発事故ともにている

それは政府と官僚と御用学者とマスコミとかが「安全神話」を作りそれが一挙に崩壊したそれは敗戦ともにている、日本は神国だから負けないという思想ともにていたからである天皇は神だから負けないとして戦争になったからである
その犠牲が3百万人の死だったからである
そして人間は必ず戦争でも起こしたらその責任は必ずとらされる
上の人がとらなくても下の人がとらされる、その責任から逃れることができないのである戦国時代は侍だけが互いに争い責任をとっていたが今度は国民全体が戦争に巻き込まれて責任をとらされたのである