2018年05月07日

金とカルマ (金は責任でありカルマとなる)

金とカルマ

(金は責任でありカルマとなる)

金にまつわる話は一番多い,それだけ金無しでは生きていけない時代だからである
金の怖いのはなんでも金が入ればいい,得ればいいとなっていることである。
その金がどうして得られたのか?そこでカルマになっているのだ
これも奇妙なんだけどある人が三百万円で墓を頼むといって死んだ
それを頼まれた人は責任が生じていたのである。
自分も関係していたが金はもらっていない,でも金で頼まれた人は墓を守っていかねばならない,それも結構めんどうなのである。
別に墓を捨ててもいいがそれも何か後味悪くなるだろう

その原因は金をもらって責任が生じていたためなのである。
もし自分と折半していれば責任は半分になっていたから楽だとなっていたかしれない
ただその人は子供がいるからその子供が墓を守るということで三〇〇百万円もらった
でももう孫の世代になると祖父母に直接あったり知らないとなりいづれ墓も捨てられるかもしれない
だからそもそも三〇〇百万円で墓は維持できない
それより金で墓は維持できないものなのだろう。何か家系の継続がないと維持できない
そして今代々つづく家は減っているから余計にできないのである。
ただ金はこのうよに常に責任が付属してカルマとなっているのである。

金はみんななんでもいいからもらえばいいと多くもらえばいいと思っているのだ
だから別に不正しても盗んでも得ようとする,盗むにしても金持ちから金を盗んでいいのだという泥棒にも三部の理が働いているから罪の意識などもないとなる
でも何かもらってはいけない金というのがあり怖いものが金にはなる
ある人が不孝で死んで入ってきた金を権利もないのにもらうことは一見いいようでも後でカルマとなり災いとなる
弁護士に不孝があり相談してそれだけで百万も要求されて払った
でも別に払う必要もなかったのである。
そんな法律がそもそもないし相談しただけでそんな金をとるとしたらその弁護士は悪徳弁護士だったとなる,その金は何か悪いものとしてその弁護士に将来左右するかもしれないすでに何十年も過ぎたから実際にしているかもしれないのだ

ともかくみんな金になればいい,金になることならなんでもいいとなる
それだけ金が必要な時代だからそれを否定できない,実はそういうふうに金がなくてもいいやというのはある程度金を持っている人なのである。
余裕があるから金があるからなくてもいいやとなっているのである。
そうでないと金に余裕ない人はどんな由来の金でもほしがるのである。

この辺でも原発の補償金でもめたけどこれもみんなただ高くもらえばいいとしか考えない絶対にこれでいいなど満足しない,もっと欲しいもらって当然の権利だなって要求する
でもその権利があるにしてもそれを要求できるのは避難者になった人達だけであり他の人はほとんどもらえなかったのである。
原発がある市町村は前々から何かと補償があり財政的にも潤っていた
お前らは前から優遇されていた金をもらっていたとなる
実はそれは責任でありカルマとなっていたのである。
そういうことを金をもらっているときは考えなかったのである。
その金は責任がありカルマとなり今それが現れているのである。
だから外部からはあいつらは原発あるときも金になり原発事故後も金になる勝ち組なんだと見られているのである。

金というときみんな金持ちはいいとおもっている,誰も金が欲しい,金があればと常に思っている,ではその金には責任がありカルマとなる
貧乏だけがカルマではない,金持ちに責任がありカルマがある
なぜなら中国のようにまわりが飢えて死んでいるとき贅沢していた福王は殺されて鍋でにられて食べられたからである。
その金をまわりの納得いくように使えないそうなる
巨額な金をもっていてもそれをためておくだけならその金は奪われる,強盗などが入ってきて奪われ殺されることも普通にある
だから金をもつときそれを有効に使い活かされないものは巨額の金をもつ責任が果たせないのだからもつべきではないとなる,ただ小金もちとかは別である。

金にはなんらかの責任が必ず生じている,そこで陶器を市で売っていた人は言う
金もらうと文句が来るから嫌だとでも文句が言われてこそそれを参考にしていいものを作ればいいとも言っていた
ボランティアだったら金をもらわないから責任もないのである。
だから適当であり時間を守らなくても休んでもいいとなると誰もそういう人に責任ある仕事はまかせられないのである。
ただ補助的な仕事をやらせるとなるだけである。でも金をもらえれば少額でも責任が生まれるのである。金を払う方から何かと注文と文句を言われる
でもボランティアだったらそんな文句も何も言われないのである。
その辺の兼ね合いがむずかしいのである。

金は金でありどんな経過を経て得ても金は金だという人もいる
でももしその金が不正で得たものや盗難された金だとか事故などで死んだ人の金を勝手に使ったりしたら何か災いが生まれる,現実に生まれている
金にはそうした責任とかカルマがある,どんな金も金だとはならないのである。
ただそれがわからないこともある,でも結果として何か金を不正にためて強盗か入って殺されたという金持ちもいるかもしれない
それはただの偶然ではなくそういうカルマを背負っていたがそれを自覚できないで金をもっていためかもしれない,そういうことはありうる
そこに金の怖さがある、金には責任とカルマがつきまとっているのだ

金は金だ,悪い金も良い金もない,同じ金だという思想は間違っている
ただ何か現代の資本主義は金の流れは明確ではない,誰かが操作して莫大な金が吸い上げられている,それが株式市場だとなるのはあまりにも規模が大きいからそうなっいる
それは何か悪魔的なのである。
数パーセントの人に金が流れているとかなるともうこうした金融資本主義は成り立たなくなる,その金は悪魔的となり自ずから崩壊してゆくとなる

金を人間がもっているモラルも通用しなくなりただ悪魔的に金が世界を支配する
そこで陰謀論が生まれてくる,誰かが金を操作して世界の金を吸いあげている
それがユダヤ人だとかイルミナティだとか陰謀論になる
そういうことを言われること自体もう資本主義は限界にきているとなる
やはりモラルが通用しなくなると誰も信用しなくなるからだ
だから今度はそのシステム自体が崩壊することになる
それはいかさま博打とにているのだ、サイコロの目に細工して不正にギャンブルでもうけているとなり誰ももうそのギャンブルに賭けたりしなくなるのである。
posted by 老鶯 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題