2018年05月01日

駅から相馬市まで歩く人


駅から相馬市まで歩く人


今日は駅から相馬市まで歩くという人がいた,前にもいた,年配の人であり今日は暑いから楽でないと見た
旅行すると今は便利になりすぎている,だからかえって旅しても何か後で思い出してし記憶に残ることがなくなる
六号線を行くと早いが歴史のことがわからなくなる

日立木から松並木を通って相馬市に入れば相馬に来たなと思うだろう
六号線だとそういう感覚がなくなる,旅はそれだけ便利になりすぎて通りすぎるだけになったのである。

七ヶ宿街道を自転車で行ったときの思い出は残っている
芒の原の道を行き鏡清水で夕暮れになっていた,上山に暗いなかを走っていた
その時旅情を感じたのである。あそこに電車で行っては旅情はあまり感じないのである。鉄道と街道はまるで違ったものだからである。
鏡清水に来るともう上山の城は近いなと感じる,だからここで姫が化粧するために顔を写したというのがリアルなのである。
七ヶ宿となると今は鉄道も通らないし辺鄙であるからかえって当時を偲ぶことができる

七ヶ宿の旅(俳句、短歌-自作)


七ヶ宿街道
鏡清水

今日相馬市まで歩いた人はインターネットでプリントしたものをもっていた
おそらくそれが出ていたのはこのサイトだろう
ここは良くできているからだ,ここまで詳細に見るのは地元でもしていないからだ
旅の問題としてそこがどういうところかわかりにくいのである。
本は二冊ももったりしたら厚いとしたらもてない
第一その場に詳しい情報はないし調べられない,今はスマホをもっているから調べやすいが
それでもその場の情報を得るのはむずかしいと思う
検索すること自体めんどうになるからだ,旅は急いでいるしゆっくり検索できないのである。

百街道一歩の道中記

ともかく歴史を偲ぶなら昔の街道を行くことだがそれが今はなかなかできないのである。車で来た人などただ通りすぎるだけになってしまう

後は福島市から来た夫婦である,福島市から来る人も仙台についで多い,その人は松川浦を見に行った
連休だから観光目的の人が増える,駅では無人駅でもあり案内することがありそこで全とした会話が成り立つのが面白いとなる

それからゴミが落ちていたので拾ったりしてホーム内のごみ箱に投げた
あそこにごみ箱があるのを知らない人がいる,気づかないのである。
喫煙所になっている所には今回はボール箱のようなものを置いていった人がいた
それはかなりゴミであったからごみ箱に投げた
仕事といってもそんなところである。
でも自分は毎日一回は駅によって見て回り案内したりしている

ともかく駅の役割には外来の客を旅人を迎えることがある
駅(うまや)は厩(うまや)ともあり馬が休む場所であり旅人も休む場所だった
旅人を迎え見送る場なのである。
鉄道の駅も迎え見送る場である
ただ常磐高速でもそういう場になっていない,ただ車が休息によるというだけでありそこで迎えたり見送ったりすることはないのである。

駅を出て街道歩む旅人を我が見送りぬ夏の夕ぐれ

駅から鉄道で見送るのと駅から歩いて行く人を見送るのは感覚的に違う
あの人は街道を歩いて行くのだなとイメージする,相馬市までは15キロであり遠いのである。
だから常に街道では迎えたり見送ったりする人がいたのである。
そこに出会いもあったし分かれもあった,それが街道を行くことだった
駅にはその感覚がまだ残っているが歩いて旅する人を迎えたり見送ったりするのは違うのである。

ローソンのコーヒーを手渡しする是非 (AI化機械化合理化効率化でかえって逆に情が求められる)


ローソンのコーヒーを手渡しする是非

(AI化機械化合理化効率化でかえって逆に情が求められる)

「コーヒー手渡しやってる暇ない」コンビニ人手不足で店員の仕事量増加、やりがいも乏しく

これもわかる,手渡ししているだけで仕事量がふえる,人手不足だからそんなことする必要ないとなる,客も望んでいないとなる
要するに自動販売機の方がいい,コンビニなど店員はいらない自動販売すればいい
人はいらないとなり実際にその実験が中国でもしている

この手渡しをローソンがこだわった理由はわかる,自動販売機ではなくそこに人間の情を通わそうとしたのである。
人間が直接渡せばそこに人間の情が伝えられると思ったのである。
しかしそうなると手間になるからゆきづまることもわかる
ただ現代社会が何でも便利なものを求めて情がなくなっている社会である。
逆に人間は今情を求めている,情というのは目に見えないし効率的ではないのだ
でも人間はみんな経済的効率だけで動くものではない,人間は合理的理由だけで動くものではない,そういうものを極力省いてゆくと社会に人間がいなくなる
そこはロボットと自動販売機しかなくなる

 鈴が音(ね)の 早馬(はゆま)駅家(うまや)の 堤井(つつみい)の 水を給(たま)へな 妹が直手(ただて)よ 」 巻14の3439 作者未詳

 これも直手(ただて)で手で水をすくって与えたから手から人間の情が伝わるとなる生々しいものを感じる,人間からは必ず情が伝わるのである。
まず茶碗でもない,茶碗で水を与えれば情がただてのようには伝わらないとなる
そこに物が介在してくるからである。
これは万葉時代だからこそありえたことである。

ただ2000年前からすでに人間は道具を使うと人間性が失われるということは指摘されていた,道具を使うことによってそこに直接人間の手を使わないから人間が本来もっているものが失われる
例えは人間が本当に通じ合うには言葉があったとしても文章があったとしても直接話あわないと十分に相手に伝わらない,だからソクラテスでもキリストでも文章として残してはいない,後の人が文章として残していたのである。
直接語ることしかしなかったのである。文章にして伝えることを拒否したのである。

だから何かを伝えるときそこに道具が介在すると通じあうことがむずかしくなる
特に情的なものが省かれるのである。
いろいろ文明の利器として電話であれ最近はインターネットからスマホともうそこには直接人間同士があって話し合うということがなくなる
その時そこに情が通じ合わなくなる,その点が実は現代社会で一番問題であり危険なものとなる,ネットだけで知りあって女性が殺されたとか恐ろしい事件も起きている
ラインとかで言葉だけのやりとりでそうなったのである。
パソコン通信のとき文章でコミニケーションするのに違和感を感じた
ついていけないことがあったのはそれはパソコンを通じてしていたからである。
文章だけで話すことははじめてしていることだったからである。

現代では生身の人間と直接あって通じ合わせることは少なくなった,ただ今でもヤクルトとか地銀の営業の人が来ることは直接人と接して商談でもするから違っているなと感じた生身の人間が来るからインターネットで話すのとは違う,そこに地銀の強みがあった
日頃から地元の客を一軒一軒回って信用を築いているからである。
だから逆にそうして対面的営業をしていると悪いこともしにくいとういことがある
投資信託は詐欺的商品であり何か銀行も今苦しくて銀行では確実に手数料とれて客は損してもかまわないものを売りつけているとなり信用できなくなった
これも電話とかインターネットとかでのやりとりだと人間と直接会わないからそういうこともなかったかもしれない。

ともかく現代社会は合理化効率化を極限まですすめてゆく,すると社会はどうなるのか?
街に出るとスーパーまで自動販売になりコンビニでもそうでありもう人がいないのである駅はすでにそうなっている所が多い
駅でボランティアのまねごとのようなことをして感じたことは自動化できるがそこには情がない場となる,人はただ駅を通過するだけの人でありそれを監視カメラが見ているとなる
もともとJRでは人へのサービスはしない会社である。機械を動かし時間どおりに事故なく人を運ぶということだけに働いている会社である。
だから合理化効率化をすすめるために駅は無人化して自動化している,すでに半分は無人駅になっているのだ

そのことで自分は駅で案内のボランティアをして無人駅ではたりないものがあると実感した,そこに人間の手が加わらないと確かにそれほど困ることはないかもしれない,自動化はできる,でもそこに欠けるものがある
そこに人間の情がなくなるのである。だから何か無味乾燥になり駅に来てもそこに人間がいない,ロボットがいるだけだとなる,でももう人間はいらない,スマホを乗客も見ているだけだとなる
そこに会話もなくなる,そして情というとき情報とは情に報(むく)えることが情報だったのである。

旅でも旅情があるとか情緒があるとういことを自分は追及してきた
それは旅だけではない,あらゆる面で情なき社会が現代であるからである。
便利で効率的で合理的なことはいいことである。経済的にそれを追及することはやむをえない,でも人間はそれだけで成り立たないのだ
そこに人間の人間たる所以がある,人間は情を求めている,情は愛にもなる
家で母親が料理してくれるのとただ惣菜でも買って食べているのとは同じものを食べていても違ったものとして感じる,家庭料理にはお袋の味があるから違っているのである。
今はそれすらなくただ買うだけになってしまった
そういう根本的な所でも情が失っているのである。
それがいかに社会に影響しているのか?
人間社会ら情がなくなるときどうなるのか?それは愛がなくなることにも通じている
もう殺伐とした社会になる,情がないから弱い人を見ても同情などしない
そういう社会生活を日々しているとそれが習慣になるからである。
現代社会は確かに便利である,でも殺伐としている
人間を人間と見ていない,ただの物ののようにしか見ていない,情ある人間とも見ていないのである

そういう社会は本当は恐ろしいものとして現象として現れる,戦争でも人間は物ののようにしか見ないからナチスでもあれだけの大量殺戮になったし原子爆弾でも落された
そこまで情ある人間ができるのか?原発事故でもそうである。
科学技術の発展は道具の発展は2000年前に老子が予言していたような現実を作り出したのである。情のない非情な社会である
それは文明社会が日々そうして非情な社会で生活することが習慣としているからである。まわりが自動販売機でありそこに人間がいない社会となったらそこで情をはぐくむことは不可能である。それは学校時代から起きていたことでもある
人間はある面でロボットのように生産されているからである。
社会のロボットのように教育され訓練されているともなる

なぜ江戸時代に人々がいい顔していたのか?江戸時代は今と違ってあるゆる面で旅するにしても旅は道ゆきであり旅は道連れであり旅でも情を伝えあうものだったのである。
何するにしても情がなくては成り立たない社会だったのである。
確かにそこでは便利ではない,逆に不便だから歩いて旅していたから情がはぐくまれていたのである。
だからつくづく人間は何が幸福かわからない,便利でいいなと思っていたらそれが不孝の原因にもなっていたのである。

ただローソンの問題はどっちがいいとかは簡単に言えない,それはローソンでも会社側でも客の側でもそんなめんどうなことをしなくてもいいとなるからだ
ただヤクルトでもそうだがあれも人が直接わたすことにより情が伝わることで逆に成功していたのである。だからすべてを便利にするにしてもこれからの商売でも情が大事になることがある
特にAI化するとき残る仕事はそうした情を重んじる仕事なのである。
人間と直接向き合う仕事なのである。だから医者とか看護師でも介護士でも直接人と向き合う仕事はなくならないとしている,それはコーヒーでも直接手渡しする
そういうことがかえって重んじられる社会になる
ここではコーヒーを手渡してくれたから高くてもいいとかなる
そこに価値を認める人もででくる,むしろその価値が情の価値が高くなる社会になる
機械化合理化効率化をすすめてゆき最後に不合理な効率的ではない情が価値が高くなるというのも逆説である。
人間社会はそうして矛盾したものであり不合理なものして効率的ではないものとして価値がある,それが人間だということを現実社会で生きて知るのである。





posted by 老鶯 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年05月02日

資本主義が有効に働く場 ( エコノミストの記事より考える)

資本主義が有効に働く場

( エコノミストの記事より考える)


dollerr123.JPG

カンボジアではアンコールワットでバイクで案内する若者いる
そのバイクは借りている,中国人がそのバイクを所有していて貸している
つまりこの時日本人でも資本があれば経営できる
金の力がこういう後進国では大きく働く
何か商売をはじめるためにも資本が必要とするからだ
インドでは腎臓を売って商売をはじめる資金としたとかある
そういう後進国では資金がないのである。
資本がないのである。

自分の家でも店をはじめるとき資金がなかった,それを借りるのに大変な苦労した
それはわずかな金だったがそうだった,その時は戦後の焼け野原で何もない時代だから物を置けば売れていたのである。
立派な店を作ることもない,自作して店を作っていた
資金はそれぼと必要なかった
インドではバラックの店があったり屋台なども資本がいらない商売なのである。
江戸時代などは棒ふりであり資金はかからないのである。

そのとき工場でも中小企業が東京でも景気が良かった
それで人手だたりなくて集団就職の中卒を使っていたのである。
こういう時代も資本さえあれば商売ができたのである。
でもその時でも銀行は金を貸さなかったのである。
そして今銀行は金を貸すことができない
金は銀行にオーバーバンキングされている
それで投資信託と詐欺的商品を客に売りつけている
これも資本主義が投資先がなくなってゆきづまっていることなのである。

つまり東南アジアがそれもタイとかでなくてベトナムとかカンボジアとかラオスとかでは資本主義が有効に働く,前は中国だったが今は中国でも飽和状態になる
人件費も高くなっているから中国で会社を作って生産しても安いとはならないからだ
ただ東南アジアでは今度は中国の進出があり日本人企業は進出する度合いが低い
経済でも中国人が支配している,その一つの例がカンボジアでバイクを貸して観光でもうけている中国人なのである。
カンボジア人がすればいいのだがバイクを買う金が資本がないから中国人が経営者になりバイクを借りて賃金をもらうほかないのである。
ここに資本主義の生々しい姿が如実に現れている

アメリカの企業進出は下降していて中国の力が拡大している,それでアメリカの影響力は弱まっている,日本の企業進出も低下している,そうういなかで南沙諸島が中国の基地になる,アメリカの影響力は後退しているのだ
世界を見るときこうして経済の分野から見るとわかりやすい
たからアメリカは経済的にも後退しているしトランプの自国経済主義になり世界から孤立する,とういうよりアジアでも中国に押されて進出する力がなくなっているのだ

ただ右寄りの論客は中国経済は危機でありまもなく破産するとか盛んに言っている
でもこれもわからない,アメリカの衰退は確かである
移民も減少しているし経済が縮小しているのだ

いづれにしろ資本主義がゆきづまるというときもう資本が有効に働く場がなくなっているアフリカが最後のフロンティアとしているがそこでは中国が支配している,アメリカではないのである。
そこでドルの価値は低下してゆく,かといって人民元がドルのような貨幣になるとはならない,中国経済はそれだけ安定しているものではないからである。
世界が今や三国志のようにEUのユーロー圏と中国の人民元圏とドル圏に分かれる
ドルが突出して世界マネーになる時代は終わった
それで円高になる,一ドルが80円とかにまたなるとか指摘している
世界が三国志のように三分割して平衡を保つ,平和を保つのもいいのかもしれない
アメリカが今までは突出していたからである。
それが成されるのは経済で均衡するからそうなる

ともかく今は資金があっても逆になにか事業を起すにしてもむずかしい,成功しない時代である。新興国のように投資先があるのならいいがない
腹が満たされれば何に金を使うかとなると内装がいいレストランとか他に付加価値を求める,あそこは景色がいいレストランだから行くかともなる
食べるだけではない価値が求められる
おそらく人の求める価値が多様化するがそれが豊かさになる
それで裁縫ではAI化しても個々人のオーダーメードになるから裁縫にたづさわる人は生き残るというのもそのためである。
つまり個々人で求めるのが価値が違ってくるからそうなるのである。
一律に大量生産して同じものを求める時代は貧乏な時代であり豊かな時代は個々人でも求める価値が違ってくるのである。
そういうものに対処しないと商売も成り立たなくなる時代になる

posted by 老鶯 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

鹿島駅とセディティの記録 (セディティでナンを食べる)


鹿島駅とセディティの記録

(セディティでナンを食べる)

stnimotu1.JPG
東京から来て浜でキャンプした人

kusakkk11.JPG

除草している人

駅では重い荷物をもった人がいて弁当を食べていた,右田の浜か海老浜でキャンプした
津浪の前は右田浜にキャンプ場が実際にあったが今となにもない
あの荷物をもって浜まで行ったから体力がある,40代なのか50代なのかわからない
体が大きいのである。東京から来た人だった
それ意外はは何者かわからない,話を聞きたいができなかった

駅ではあと除草剤をまいていた,前にもしていた,今回はコンクリートの割れ目に除草剤をまいていた,聞いたらこれはJRでしている
商工会に委託してはいないのである。商工会で草むしりとか除草はしていないのである。商工会の観光会の人がしているのでありその人たちはJRから委託されているから金をもらってしている
ただごみ箱のゴミをなげるくらしかしていないのである。

次に行ったのが常磐高速のセディティである。
出店がでていてナンとカレーの店だった
ナンは良くインドでも外国旅行でも食べた,このパンは好きである。
アジアではご飯と同じである。
カレーと一緒で500円だった,福島市と仙台市ではナンを出すレストランがある
仙台市では食べたことがある,福島市ではない
でも仙台市にはすでに一年も行っていない,自分は遠くに外出しなくなった
介護十念して旅もしていないのである。それでも二三回はその間に行った
その店をしていたのはインド人だった
カレーはインドのものであり日本のカレーとは違っている,本場のカレーである。
今はいろいろなものを食べるのが楽しみである

なにかこんなことを書いているのは何の意味があるのだろうか?
それは記録することに意味があるかもしれない
新地のガス会社の人と駅で話したのは三年前かと思ったら2017年のはじめのほうだった
それを読んであれ三年前頃だったと思ったがそうではなかった
プログは日にちが記されているから記録するのにいいのである。
プログの大きな価値は記録することにもある
まず自分の書いたことを何でも忘れているのである。
つくづく人間ほど忘れやすいものない
もう一年前でも忘れているのである。

記録が価値あるものとなるのはやはり日付が明確なものなのである。
郷土史研究で良く古い碑とか墓の年号を調べる,江戸時代の年号であれば価値があるのだがそれが例えば


1805年文化2年乙丑  
1818年文政1年戊寅4月22日改元 
1830年天保1年庚寅12月10日改元 
1847年弘化4年丁未  
1848年嘉永1

こんなふうに短い間に元号が変わる,すると文政が先で文化が後の時代だとみているときが普通にあるのだ,これは大正を明治より先にしない,それが江戸時代では時代の後先がわからなくなるのである。
明治大正昭和は時代的に区分されるが平成となると何か今一つ時代区分が明確でなくなるそこに何か特徴がないからかもしれない,天明というと飢饉があった時代だからイメージしやすいのである。

個人的な記録でも人生でもどういう時代を生きてきたのか?それがわからなくなるのである。

記録となると江戸時代の記録なら何でもただ記録しただけで貴重になる
記録は年月がたつと貴重になる場合がある

この駅の記録でももし今日重い荷物をもって駅で弁当を食べていた人がこの写真をみると自分がここにいたということを確認できて驚くかもしれない
なぜなら本人自体忘れるからである。
自分もどこの駅にいたのか覚えていないのである。これだけ旅しても駅のことを覚えていないのである。

ただこういう記録を読んでも他の人は興味を覚えないかもしれない,でも歴史の記録となるかもしれない,なにかつまらないことでもそれが後で意味を帯びてくるかこがあるかもしれない,親は大正生まれだったけど記録したのはわずかでありそれで死んだからわからなくなった,それがもったいなかったなとなる
自分の生きたことをもっと記録でも残していれば親のことをふりかえることができたからである。
今はプログとかで膨大な記録をしている,写真でもしている
でも今の時点ではそれが重要なものとして見ない
ありすぎてもいるし見ないのである。

セディティのナンとカレーの店

kareeenann1.JPG

セディティは駅とは全然違う

警備員が10人いた!

これには驚いた,車を誘導する人がいたり他にもこれだけいたことには驚いた
給料はどこで払っているのか?高速の収入で払っているとなるのか?
この差は大きい,駅は無人駅だからである。
それだけ人の出入りが本当に多いのである
一日数千人単位になるのか?まずひっきりなしに人が来ているのである。

2018年05月03日

時代の変化についていけない (人間は急激に変化することに弱いー ただ変化に対応するものだけが生き残る)


時代の変化についていけない

(人間は急激に変化することに弱いー
ただ変化に対応するものだけが生き残る)

ここ十年の変化は一身上でもあまりにも激しかった,人間は突然来ることに弱いのである一身上では家族が認知症になったときあまりのショックだった
それは徐々になったのではないからである。
突然暴力になって発狂したような状態になったからである。
この時の衝撃はあまりにも大きかった
それから介護になり二人の介護で看取るまで四苦八苦してきた
そのことをプログに書いてきた

その間に津浪があり原発事故がありまわりでも信じられない大変化に見舞われたのである自分は津浪の被害もないし原発事故で避難することもなかった
でもそのまわりい変化も信じられないことだったのである。
人間は激変するとそれにもう対応できない,ただ茫然としているだけになる
津浪でも逃げられずに死んだのは急激なことに人間は弱いからである。

●家族が認知症になる
●犯罪にあう
●親戚が借金して責められる
●自分の病気で二回入院

こういうふうに四苦八苦してきた,同情は一切なかった,ただ金を欲しいという人だけであり大金も失った
こういうことは予期せぬことであり対応できなかった,それも自分のカルマだった
しかしなんとか乗り越えて今になると楽になった
でも最近の失敗は銀行で投資したことだった
よゆうの金でしていてもこの失敗も大きかった

automticfax.JPG


地銀を信用していたのである。銀行というのが堅実な信用できるものだと思ったいたのである。
ところが銀行はマイナス金利とかいろいろ岐路にたたされて苦しんでいた
だからもうなりふりかまわなくなる,自分を苦しめた人も金で苦しんでいるからなりふりかまわなくなる,かえって相手が弱っているとき好都合になるのである。
それでその弱みにつけこまれて脅迫されるうよな状態になったのである。

明治以降の社会の変化は江戸時代と比べるとあまりにも大きかった
江戸時代だと代々家業を継ぐのが多い,職人ですら十代以上つづいているとかある
そういう社会は変化しないのである。だから精神的に安定しているのである。
そこで飢饉とかありやはり人間社会には何か激変がある
ただ江戸時代は戦国時代が終わりそうした激変はそれほどなかったとみる
もちろん災害はあったが暮らしの基本が変わらないから変化が少なかった時代である。

明治以降の変化は激しかった,そして変化は急激に来る,例えば戦争がはじまると赤紙一枚で招集されて戦地に送られた,これもショックである。
考える暇もなく戦地に送られたのである。これも突然のことなのである。
突然に運命的なことが起きる,ベフートベンの運命である
悪いことは突然に起きてくるのである。
その変化に対応できないのである。

銀行でも営業の人がきてFXのような為替の売買をした,これもいちいち買うと手数料がとられる,売り買いするにも書類を書くからめんどうなのである。
ただ奇妙なのだけどこれはもうけは少ないにしろもうかったのである。
この為替差益でもうけるのはわかりやすいのである。
投資信託の仕組みは素人にはわからないから銀行などの言いなりになるだけである
人間はわからないものには手を出すなというのは心得として知るべきだったとなる
投資について銀行はプロでもなんでもない,銀行は素人と変わりないのである。
だからリーマンショックのときからもっていた株を上がったのに売り投資信託に回したのである。

なぜそうしたか?

銀行にとっては投資信託が手数料で稼げるからである。それが営業のノルマになっているからそうなった,銀行の利益と営業員の利益になるからそうしたのである。
顧客の利益は二の次三の次なのである。
ただそれを知ったのも遅かったとなる,これも銀行が変わったということに対応できなかったのである。

ここに出したように別に銀行に頼まなくてもFXでもうける仕組みがある,それはAIが判断するのである。いちいち営業の銀行員が書類を書いては手数料とられることもない,AIが自動化して判断して売買するのである。
この方が確実にもうかるとなる,つまり銀行とか証券はAI化しやすい分野だったのである人間の判断だったら銀行では手数料が確実にとれる投資信託をすすめる
でもAIの判断の方が銀行より優れているのである。

すると今求められているのはITの技術者だとなり一億円でも払うからと人材獲得に躍起となっているのである。
つまり時代によって求められる人材も能力も違ったものになる
だから今いいとしても技術が進歩して変化すると役に立たなくなるのである。
そういうことは常に起きてくる

AI化で人間の知的仕事もなくなる,失業者が増えるというときもそうである。
静岡の大井川の川越の人足が鉄道ができて失業したときお茶作りをはじめて転職に成功したとかそういうことは常にあったからめずらしくないのである。
でも現代の変化の速度は早すぎるのである。
例えば退職者が高齢化で何もすることがない,居場所がないというときもそうである。
会社一筋に働くことしかしていないとそうなる
でも退職したからと地域にとけこむとか簡単にボランティアすらできない
ボランティアにもやはり何かしらの適格性が必要になる
そういうものを見つけることは容易ではないのである。
遊ぶにしても人間は日頃そうしたものをしていないとできないのである。
要するにここでも急激に変化したことに対応できないから問題になるのである。

だから強いものではなく変化に対応できるのものが生き残るというダーウィンの言葉が活きることになる
若い人が有利なのは最先端のものにふれてそれに適合できるからである。
その変化のスピードが速いときすぐにまた古くさいものとなってしまい取り残されるのである。
まず誰でも百歳まで生きる人生など想定できない,すると金銭的にも困る人々がでてくるもうそれだけ生きる金はがないとなる,政府でもないとなるからだ
こういう変化が常に世の中にはありそれで対応できないのである。
津浪ではそのために死んだ人が多数いたということである。
こんな津浪にとても対応できないということで死んだのである。
変化に対応できないことは死にもいたることになる

必死で変化に対応しなければ銀行でももうつぶれるのである。
そういうことは別に今だけでなく常に言われてきたのである。
「世の中は三日見ぬまの桜かな」である,三日でも大きな変化がある
この辺ではそうだった,新しい家が何百軒も建ちまるで変わってしまったのである。
こんなに変化することが想像もできなかったのである。
海岸の松原はなくなりソーラーパネル風力発電になったのである。
風景自体がこんなに変わることが信じられないとなるのである。


タグ:時代の変化
posted by 老鶯 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

summer mountain and sunny beam


summer mountain and sunny beam

mmmmmmttt11123344.jpg

mmmmmmttt111233.jpg

mountainredddd123.jpg

sankakummmm1234.jpg

windroll1.jpg

netandfish.jpg

It looks like a net and fish


抽象画は必ず具象画と結びついている,なにかわからないものでもこれは山に見えたり川に見えたりしている,そう見ることで抽象画でも納得するのである。
人間は何かわからないと不安になる,これが山であり川であり花であるというとき安心するのである。
抽象画は本当に何なのかわからないものがある,するとこれは何なのだとなる
森の抽象画を大量に作ったがそれはあくまでも森として見る
しかし全く抽象画だと何を示しているのかわからないものがある
でも価値が高く認められているものがある
その判断をどうしてしているのだろうともなる

今回のは山に見えるし夏の暑い日差しにも見える,赤がそうさせているのである。
これもただ変形させたものなのである。
ゼロから無から作り出したものではない,インターネット上にあるものを変形させただけなのである。


Abstract paintings are always associated with concrete paintings, even if they do not understand, this is visible in the mountains or in the river, so it is convincing even in abstract painting by seeing that.
People feel uneasy if they do not understand something, they feel secure when this is a mountain, a river and a flower.
There is something the abstract painting does not know really, so what is this

I made a large amount of abstract paintings of the forest but it seems as a forest only
But there is something that I do not know what it shows as abstract painting at all
But there are things that are highly valued
I wonder how they are doing that judgment

This time it looks like a mountain and it looks like hot summer sunlight, red is doing it.
This is also just deformed.
It just transformed what is on the Internet, not from zero to none.

トイレの燕の巣を掃除した人 (駅はみんながかかわる場)


トイレの燕の巣を掃除した人

(駅はみんながかかわる場)


近くの人がトイレの燕の巣を掃除していた,あそこは市で建てたものであり障害者団体の人達が毎日掃除しているのである。
でも今回は近くの人が掃除していた、去年は駅舎の中に巣を作って汚れた
その時原町から来た駅員が苦労していたのである。
やはり今頃になると必ず燕の巣の問題が起きるのだと思った

駅は地区の人も相当かかわっている,花壇の手入れなどしているし前の自転車屋ではプラタンの花に水やりをしている,駅内の掃除はJRに頼まれた商工会の観光部の婦人がしている,このようにすでにいろいろな人達がかかわっているのである
駅は公共的空間であり人が交わる場所だからそうなっている

駅の特徴は外部の人がくるから外部の人とも交わる場所なのである。
それが駅の特徴である。外部の人を招く場ともなっている
つまりはじめてくる人だと駅に第一印象をもつ場だとなる
ただ外部でも意外と鹿島出身の人達もくる
外に出た人達である。だから親戚がいて来るのである。
そういう人達はまた違っている

今日駅であったのは自転車で知り合った変な人である,知的障害者なのかしらんがニートであり仕事をしていない,そういう人も今はどこにでもいる
ただあれはこの辺では目立つ人である。
その一人は兄であり後から弟が来た
その兄もなにか弟とにた感じである。
なんでも鮎川まで牡蠣の仕事で行った,それで交通費をとられて金にならないと騒いでいた
電車で仙台まで行きそれから石巻で行きそこから鮎川までバスで行くという
三時間以上かかってしまう距離である。鮎川までも遠いのである。

なぜそんなところまで働きに行っているのか
この辺には仕事ないんだよなという
でもそんなところまで仕事に行くだろうか?
その人はやはりまずコンビニなどで働けない人である。人と接してはとても働けないのである。そういう人は東京に出て建築の仕事をしている人もそうである。
あの人も仕事がないと東京に行ったのである。
何か仕事がこの辺ではなくなってきているのだろうか?そうなっているのだろう
もともといい仕事はなかった所である

一番いいのは東電の仕事だったのである。
あれはほとんど仕事しなくても金になる
まず現場に行ったら放射能が危険なので5分も仕事できない,すぐに交代であり休む時間の方が多いのである。それで休んで寝てばかりいたとか言う人がいた
意外ときついようで楽なのである,それで金は二倍とか三倍になる
だからこの辺では東電で働いた経験のある人が実に多いのである
それだけ金になる仕事だったのである。
そうして東電の影響が大きかったのである。
田舎の問題はまともな仕事が少ないということである。
農業とか漁業では金にならないということで漁業者は漁業権を売り渡して補償金で暮らしていたことが事故後にわかったのである。
それも結局金になる仕事がなければそうなってしまうのである。
そこに危険でも原発が建てられた事情があったのである。
いくら農業がどうだと言っても現実問題としては金が欲しいからそうなったのである。
原発はそれだけ金になる場だったのである。

あの人たちは参考にできない,スマホを弟が使っているし知的障害者とも違う,ただ知的障害者でも器用にゲームをしたりスマホを使いこなしている人がいる
だからどうなっているのかわからない,あの人達はなんらか問題があり福祉の対象になっていて金はもらっているのだろう。
ただそんなところまで仕事に行ったのは父親が死んだとかなり行かされたのである。

とえく駅はみんながかかわる場所だから意外とその街のことも情報も集まる場である。
みんながかかわるということはみんなの駅となりみんなが良くしようとすることで街も良くなる,何かそうした場が今は街でもない
やはりみんなが街を良くしようとすると街は良くなる
そういう意識が大事なのである。そういう意識がまずないと街は良くならない
ただ何かするにも人間は動機が大事である。
自分は鉄道の旅が長いから鉄道がマニアではないにしろ好きなのである。
それで鉄道会社に世話になってるから恩返しだともなる
そういう動機があってしているのである。
まずボランティアになると金もらえないのだから何か動機がないとできないとなる

ただ正直高速のセディティは警備員が十人もいる,この差は本当に大きい
それだけあそこは人の出入りがあるということなのだ
だから商売にもなる,駅はそれで無人駅になる
でも何か駅は人間的な場所でありかえって人が少ないから案内したり何か人間的交流できる場だなと思った
駅でも大きな駅だとできない,すでに原町のような駅は専門に掃除する人もいる
だからあういう場所ではなかなか人間的交流はできない
ただ人が通りすぎるとういだけになりやすいのである。

タグ:駅の役割

2018年05月04日

藤の花(亘理から50キロ歩いて来た67歳の人)


藤の花(亘理から50キロ歩いて来た67歳の人)


今日六号線を歩いていた人は亘理から歩いてきた,その人は大船渡の吉浜から歩いてきたのである。約500キロ歩いたという
その人は67歳である。この年でこれだけ歩くのは相当な体力がある
自分はこれだけ旅しても歩いた旅を経験していないのである。
だから歩く旅がどういうものかわからない,自転車ではしても歩くのはまた違っているからだ
ただ歩く旅は国道沿いを歩くからそこは歩く人が主役ではない,車が主役なのである。
それはどこでもそうだが特に国道はそうなる
どうしても遠くから来るとわかりやすい道を行くことになるから国道になる
そして国道沿いにはコンビニとかあり休める所があるからいい,それは昔の茶店になるからだ
まずほんとうき旅は未知の世界へ旅することだがそれは今ありえないのである。
自分は阿武隈高原を自転車で気ままに旅するときそうだった
どっちの未知を行こうかなと分かれ道を自由に選んで走っていたのである。

今日はこの旅人小島田から坂になっている所の脇道を案内して一緒にずっと歩いた
その人とは話ができた,何かそうしてかかわることを嫌がる人が多い
でもなんとかその人とは話ができて1キロくらい一緒に歩み話したのである。
その人は神戸の人であった
みちのくの旅は大船渡の吉浜からはじまっている,一日平均50キロは歩いている
500キロとすると10日間歩いたのかとなる
江戸時代でも約40、50キロ歩いたとなるからスピードとしてはそのくらい歩いたのかとなる,ただ今は道がいいからそのくらいは歩める
でもつくづく体力の差がある,その人の足を見たら太いのである。
その人はマラソンもやっていて日頃歩く旅をしているからできたという
継続していたからできたという,日頃していれば歩く旅もできるとういことかもしれないでも自分は50キロ自転車で走っただけでも相当に疲れる

自転車の旅だと途中で休むことができるし栄養もとることができるからつづけられる
登山はそれができないから苦しくなる
自分は旅してきたから旅する人に興味がある
でも車とかバイクはだめである。早すぎるからである。そういう人とは話もできなかった自転車の旅の人だと話ができるのである。

とにかくその人は自分は旅しているのではないが一キロを同伴した,そして藤の花がそちこに咲いている
その人はみちのくには桜が散って八重桜の時来て今は藤の花になった
それで芭蕉の句を思い出した

 草臥れて宿かるころや藤の花

まさにこれだった,歩いているからこそこの句ができたのであり奥の細道でも歩いたからこそできたのである。だから本当は歩いて旅しないと芭蕉の奥の細道は鑑賞できないのである。
ただもう奥の細道を偲ぶ道はない,一つだけ白河の関所跡は当時の面影を残している
小暗い森を出ると白河の関所跡に出るからである
あとは国道になるからそうした面影を偲ぶものがなくなる

みちのくの旅路やあわれ桜散り八重桜のあと藤の花咲く

桜は散っていたが八重桜になり今は藤が盛りである。その季節の変化があったが10日間ではそれほど感じない,季節の変化を感じるには相当に長い旅をしないと無理である。
でも八重桜が咲き藤の花が咲くという変化があった

50キロ歩く旅人夏の鳥

歩ききて原町宿や藤の花

原町に草鞋をぬぐや藤の花


原町宿はあった,原町は宿場町でもあった,その絵も残っている
あるいた旅ならこうなるのである。車とかバイクとではこうはならないのである。
歩いてきて疲れて草鞋をぬぎ宿をとるところに人間的なものが生まれるのである。
人間が旅しているのであり車や電車でも何か機械が旅しているとはならないのである。
現代は便利になりすぎて旅も失われたのである。
草履をのぐというときいかにも歩いて旅したときの言葉なのである。
そこにはその当時だけにありえたものでありその言葉の意味をくみとれないのである。
一日歩いてやっと休める宿だなとなるからだ
迎える方もそうしうて歩いてきた人をもてなすのにはそれなりのもてなし方があるとなる車で来る人にはそうした苦労がないからもてなすにしても違うものになるのである。
だから現代には旅人はいないのである。それも淋しいことなのである。

その人は原町に泊まり神戸に帰る,いろいろな所をその人は歩いて旅している
それができるのもやはり体力があるからである。
自分は何か体力がなくなった,だから旅はしていない,遠くにも行かない,仙台にも一年行っていないのである。
介護十年していたときからそうなのである。
でもこれだけ旅したから旅人に興味があり旅をふりかえるのである。


歩くことは基本的な人間の行為-細道を旅人と歩んで) (都築詠一氏は歩いて鍛練して認識を深めた)


歩くことは基本的な人間の行為-細道を旅人と歩んで)

(都築詠一氏は歩いて鍛練して認識を深めた)


小島田から坂を上るところの脇の道は細い,そこを旅人二人歩いた,話ながら歩いた
そこで八重桜を見て今藤の花をみていると歩きながら語った
別にその人は風流とか俳句とか作る人ではないだろう
でも何かそのことだけでも花を見ていたのだと感じた

旅人の行くや道の辺に夏の蝶

旅人と歩きつつ話し夏燕


その道は細いから道の辺の草むらに夏の蝶,揚羽がとまっていた
歩く旅人がその時絵になるのだ,歩く旅人は浮世絵にも描かれたようにそれだけで絵になっているのだ,そんな当たり前のことが現代から消えたのである。
こういう風に感じたのももし六号線の坂を上っていたら感じないのである。
そこは細道ではないからだ,奥の細道というように江戸時代はみんな細道だから人が歩き自然を感じ道連れにになり人情を感じる旅になっていたのだ

旅人が消えたというときみんな車が主役になったからである。
車が国道を流れてゆくだけでありそこに人は主役になっていないのてある。
車に人がいるとも思えないのである。車という機械だけが流れてゆくようにしか見えないのである。車という物体が流れてゆく,通りすぎてゆくだけなのである。
こういう風景が日常風景になったとき人間はそれが当たり前となり何も感じないのである
旅というのは歩きながら自然と共感して一体になることでもある
雲水とかいて修行者もそうして歩いたのである。

人間は今やその基本である歩くとういことをしない,奪われたのである。
だから旅人もいない,ただ車という機械だけが流れすぎてゆくだけの無味乾燥なものとなっている
ただそんなことをとりたてて取り上げる人もいないのである。
そんなことを言うのはもう異常なこの世から離れた世捨て人でもあるとかなる
それだけ人間は人間の基本である,歩くということ,それがなくなったのである。
原始時代から人間は歩くことが基本としてあった,そもそも人間は二本足立った,歩くことで人間になったとされる

木を降りることになりますが、サルは本来の足も手になってしまっているので、歩くのは得意ではありませんので極めて危険です。そこで木からあまり離れたところには行けませんが、この木に登ったり下りたりの繰り返しの中で、認識的には木の上にあやふやに認識と降りてのしっかりとした認識の繰り返しの中で、天空のあやふやの像と地上のはっきりとした像との交互的相互転化の繰り返しによって、その中で、空間的な像が時間的な像へと量質転化していくという発展があって、(心の青雲ー都築詠一氏)

談論サロン天寿道(掲示板より) (立ち歩くことによって人間になったー「心の青雲」の認識論)

心の青雲の著者の都築詠一氏が死んだがそのことを哲学的に追及した,この掲示板にそのことがでている,哲学的になってむずかしいが人間の認識の基礎は歩くことによって培われたとなる
それで歩くことがなくなったとき人間はどうなるのか?人間の認識は浅薄なものとなる
大地から離れたものとなる,しっかりと大地を歩むことにより人間は大地と一体となるのだ,その基本が失われた時人間は自然を認識できないともなるのだ
この辺はもっと考察する必要がある

ここでは人間が歩いて旅するということで人間を見直す人間の認識の根源に還るとなるとおおげさだがそういうことが実際にあると思う
人間の思考が認識が現代人は深まらないのは歩かないからである。
都築詠一氏は重い荷物をもって歩くことを基礎にして空手に精進したのである。
今や歩くことはこのように自らに課さないとできないのである。
彼自身もこのように歩いて精進していた,それで日本兵が長い距離を歩けた体力と精神力に感心していたのである。
またその時は車のない時代だから歩く力があったとなる
心の青雲の都築詠一氏については最近書いていなかった,ただ歩くことによって日々鍛練していたのである。

ともかく自分自身が今回の経験が不思議だった,共に歩く経験をしていないからである
自転車と歩くのとはまた違うからである。歩く方が認識が深まることはまちがいない
歩いたからこそ道の辺の夏の蝶を見たりして心にとどめるのである。
自転車だと通りすぎてしまうということもある
歩くことただ歩くことが今や人間回復の道である。
歩いて自然でもまわりを認識することが人間回復なのである。
これも都会だとあまりにも雑音が多すぎるから深い認識ができないのである。
歩く禅というのもあるから無心になり歩くということが修行でもある
それで山頭火が歩いて旅して俳句を作った

原町に今日泊まれる旅人や明日またたたむ夏の星かな

夏になると旅人が増える,自転車の旅人もふえる,ただ鉄道はまだこの辺はいわきまではつながっていない,だから六号線をずっといわきまでは歩くことができないのである。
途中は放射線量が高いので六号線は歩いては通れない,あと二年後には開通する
その時浪江とか小高でも人が前よりは帰っているし道がつながるし鉄道もつながるとなる日本後となると震災から9年とかなるから長かかったなとなる

なんか自分は旅していないが歩く旅人が来て自分も旅している感覚になった
つまり歩く旅人とは共感するのである。


2018年05月05日

時間は何かをなし遂げるためにある? (時間は年齢と反比例して貴重になる)


時間は何かをなし遂げるためにある?

(時間は年齢と反比例して貴重になる)


自分の銭(カネ)を分けてやりたがる者は見当たらないが、
生活(時間)となると誰も彼もが、なんと多くの人々に分け与えていることか。
財産(カネ)を守ることは吝嗇(けち)であっても、
時間を投げ捨てる段になると、貪欲であることが唯一の美徳である場合なのに、
たちまちにして、最大の浪費家と変わる。

セネカ

人間にとって時間とは何か?それは謎である。人間は時間と空間の中に生きていることは確かである。
人間はそれぞれの地域で生きる,その地域の空間はみんな違っているのである。
例えば海側に住む人間と山側に住む人間の空間は違っているのである。
福島県だとハマ、ナカ、アイヅになる
この空間は相当に違っている,なぜならハマは浜通りは冬はほとんど雪がふらない
でも会津は冬は雪に閉ざされてしまうからである。この差は大きいのである。
そこに培われる感覚は相当に違ったものになる
海は人間を解放的にするが山は閉ざされた感覚になるからである。
そういう空間感覚のアイディンティティは地球が広いからどこでもある

そしてその空間でもその空間をアイディンティティ化することは時間がかかるのである。まずその土地のことを深く知るには絶えず耕すことが必要になる
それは現実の生活で農業などするとその土地を耕すことが必要になる
その土地のまさに土や気候のことを知らないと農業にならないのである。
それはもう一代だけではできない,だから農家だと三代ではじめて農家となり仲間となるというときそれだけその土地のことを知るのがむずかしいからである。
農業は工業とは違うからそうなっている

これを何か芸術にしてもそうである。だからこそcultureはcultivateになる
その土地を深く耕していかないといいものはできない,そのためには時間がかかる
その土地を知るには例えば老木のようにならないとわからないことがある
それだけ時間がかかるのである。
相馬地域でも狭いにしろ複雑な地形なのでありそこに魅力がある
自分はそうしてその地形から詩とか書いてきた
だから自分が一番興味をもっているのは地形なのである。地理なのである。
それは世界まで自由に旅したことによっても地理に一番興味をもっているのである。

では不思議なのは時間というのは別に地理のようにそれぞれの特徴があるわけではない
数学的には世界中一時間は一時間の長さなのである。
でも時代的に時間の感覚は相当に違っている,現代文明の時間は一秒単位で時計に刻まれる時間なのである。だから心臓に悪く感じる,何か時間に切迫されるのである。
現代に生きていればそういう時間感覚から誰も逃れられないのである。
その時間感覚から逃れるのにはタイムマシンで江戸時代とかにもどるほかないのである。その時時間の区分はおおざっぱであり時間の感覚はまるで違ったものとなるからだ

時間とは何なのか?人間の時間とは何なのか?それはいろいろある
人間はまず時間によってしか何かを理解したり深く物事を考えることができないのである何かを深く知るには時間が必要になる,そもそも人生そのものが時間によって理解が深まるからだ,若い人はどうしても経験がないから浅薄な考えしかない,深い思想をもてないのである。爆発的行動力があっても深い思想によって行動することはできないのである。ただ若者は若者の成すべきことがあり時間が与えられているのである。

時間というのはただ過ぎてゆく時間としてとらえると何の意味もないだろう
時間とは何かを理解する会得する何かを成すために与えられているのである。
そして時間は限られているのである。
そして若いときの時間があり壮年の時間があり老年の時間がある
それはその時々に成す時間が与えられている,そして若いときすべきことをしないともう二度とできない,激しい運動とかきついことはもう年になるとできないのである。
老人になって何かを新しく学ぶこともできないのである。

時間とは何なのか?それは何かを理解して何かを成すべきものとして与えられている
その時間はそれぞさ限られている,例えば語学を習得する時間,楽器を習得する時間,
旅をして見聞を広める時間,登山して自然を体得する時間,思想を深める読書する時間,芸術を鑑賞する時間,農業を習得する時間,・・・・このように何かを会得して理解して習得する時間として与えられている
その中には時間は浪費される,人間にはいろいろな欲望がありさまたげられ時間は浪費されるのが常である。その時若いときもっと勉強していればなとみんな後悔しているのである。
そしてこれだけ本でも情報がある時代にはもうそうしたくだらないものに時間を費やしていると貴重な時間を失うのである。
次から次へと人は自分を売り込む時代である。くだらない小説など読んでいたらそれだけで何も残らない
しかし商業主義社会ではそうしたくだらないもの金のためにうりこむ,出版社でもそうである。
そういうものにみんな貴重な時間が奪い取られているのである。
それで老人になり後悔するが時すでに遅しとなるのである。
この世にはそうしてくだらないものが多すぎるからそれに紛れ貴重な時間を失うのである。

人間は時間によってしか理解できないものだと老人になるとつくづく思った
それは自然でも人間でもそうである。自然のものは気長であり悠長である
木が育つにも50年とかかかる,するともうその木の成長を見るのは一代ではできないのである。そういうふうに自然とともに生活していたときは人間は江戸時代あたりは時間の感覚が違っていたのである。
だから自分が石とか木をテーマにするときそうである。その土地のことでも長く住んでいないとわからないのである。時間によってしか会得できないのである。
人間は普通凡人ならまず年取らない限り賢明な聡明な人間になれない,
自分はもともと凡人だったから特にそうだった,何か聡明になれない,賢くなれなかったでもやはり年になれば物事でも人間でも理解が深まる
それを我ながら最近は自覚しているのも不思議である。
凡人でも老人になると賢者のようになるというとき何かあきらめとかついてそうなる
欲望にふりまわされていたがそれがなくなると自ずと聡明になるということもある

ただ老人でも時間を無駄にした人は何も身についていないのである。
何かをするために会得するために時間があるというとき楽器でも会得するに相当な時間が必要なのである。語学でもそうである。そうして有益なことに時間を使っていないとたちまち時間は飛んでゆき,「少年老いやすく学なりがたし」となっているのである。

時間はまた年齢に反比例して貴重になる,子供のとき時間が無限に長く感じられる,そこでは死ぬということは考えないのである。
若いときも退屈をもてあますのである。ただ何かを好きになり夢中になればそういうことはない,要するに何をしても何をしなくても時間はすぎてゆくのである。
人生はだから何に時間を費やしたかで決まる,ゲームに没頭した人はゲームが意味あるないにしろゲーム人生だったしギャンブルに費やしたものはギャンブル人生だったとなるのである。
そして遂に最後の時間がくる,その時一番時間が貴重になる
ぞうだろう,これが最後の一時間だとなればもうその時間は何十億円より貴重なものになる,いくら金があっても金はその時無用となり,何の役にも立たない
なぜなら死ねば時間がなくなるからである。その時時間の貴重さが一番現れるのである。

時間は二十代までは長く感じられるしこの時の時間が人間の基礎を作るから大事であった特に求道というとき最も命が盛んなときしかできない,老人になってからはできない
個々にも相当な誤算があることがわかる
求道などいつでもできると思っているができない,一番生命が盛んなときしかできないのである。だから若き時神を覚えろとなる,なぜなら若いときに人生の基礎を作るからである。若いとき曲がった方向に行くと一生曲がった方向に行くことになるかもしれない
それは簡単に是正できないから怖いのである
若いときは過ちをを必ず犯すけどそれも是正できない,それで後で後悔してもどうにもならない怖さがある,つまりその時そんなことたいしたことではないとみんな思っているし自分も思っていた,でもそれが後で後悔しても時間がもどらないから怖いことになるのである。その罪は払拭できない,刑罰になるならないではない心に刻まれるから怖いのである。
まずカルト教団などに入っていてそのまま人生送ったら人生を棒にふることになる
ただそういう人はありふれている

人生を棒にふる

そういう人であふれているのも現実である。その時はわからないのである。
人生をふりかえりわかるのである。でもその時はもう手遅れであり遅いのである
そこに人生の厳粛さがある,一回失敗したからまたやればいいとはならないのである。
それよりできないのてある。老人になって後悔してももう一度やり直すことができないのである。ここが人間の最大の盲点だったのである。
だから青春時代に30前までに人間の基礎ができて固まってその延長が人生だともなってしまう,自分の場合はそうだった,30代以降は遊びだったのである。
これも問題であり失敗だったともなる,何か社会性が欠如して60歳で親の介護になり四苦八苦したことを書いてきたが社会性かないためにそうなったのである。
ただ人間はどんな人でもあらゆることに通じることはできない,何か欠けているのである社会経験でも多様でありとても一人ではいろいろなことは経験できないからである。

ともかく若いときは時間の貴重さがわからないのである。時間など無限になると思ってしまうのである。ただ高齢化は長生きだからそれで何かを成すには理解を深めるにはいい時代なのである。それだけ時間が伸びることは人生百年ともなれば二回も人生があるとういことにもなるし何か才能がなくても積み重ねればそれなりの専門性を身につけうるし一角の人物になりうる時代でもある
第一50歳で何か成功する,文学の分野で成功するとかしなくてもいい,もう70からでもいいともなる,その時成熟したものが創作しうるのである。
老人になると人間はやはり賢明になり聡明に凡人でもなるからである。