2018年03月27日

春霞(故郷の春の俳句十句)


春霞(故郷の春の俳句十句)

harukasumiiii12345.JPG

hataske12345.JPG

roubokuuu1233.JPG


老木に紅梅映えて農家かな

春うらら孫と畑や里の山

春の日や畑を前に語りあう

春光の川面にきらめき朝の里

春の川流れのはやし子供の声

鳥飛びて流れのはやし草萌ゆる

鳥とまり川面光りて芽吹きかな

川の岸子供あそぶや猫柳

山脈のつづきて遠く春霞

春霞家々離れ隠されぬ


今日は春霞だった,湿り気がでてきて霞になる,のどかな日だった,あそこの老木は記念物に指定されるような木である。紅梅が映えているのもいい
老木は何か田舎的なのである。

孫と畑を耕やしている,それはのどかな風景である。でもその近くの知っている人の畑には延々と問題が起きている,それでその負担を自分がさせられている
今度は小屋に置いた道具が盗まれたとまた負担させられる,今月だけで額も大きい
金だけが費やされるのが現実なのである。
畑を趣味でしていたらかえって相当な金がかかってしまうのである。

流れが早い,そこに鳥が飛び,子供の遊ぶ声がする,それが何かめずらしいともなる
第一今は子供も川で遊んでいないし見かけないからだ
見かけるのは老人だけなのである。
避難区域にった小高とかでも30パーセントが帰っても老人がほとんどなのである。
そういう街になると異常だともなる
老木があって紅梅があって犬ふぐりとかたんぽぽとか花が咲く
それは人間でも子供から老人と世代でも平均して住んでいるのが調和しているのである。老木ばかりだったらそういう世界は自然にもないのである。

故郷とはこうしてやはりこういう景色がある所である。四季があるところである。
季節の変化がありそれで感じるものがある
真野川の岸辺は散歩するのには一番いい場所である。
そういう場所は田舎ではどこでもある,原町だって大きくても新田川がある
ただ相馬市の宇多川は細い,川でも何かもうひとつものたりないのである。
新田川はそれなりに浅瀬でも瀬音がして気持ちいい川なのである。
浪江では川が二つあるからもっといいのである。
あそこの岸にも桜が咲く,それで人がそこに住んでいないのは悲しいとなる

つまり人が住んでいないとなるとそこはどうなるのか?
自然も死んでしまうともなる,人が住んでいて自然も映える,人が住んで生活する中に自然も息づくということがある
それが人が住んでいないとなると何か自然でも空洞のようになる
孫と畑を耕しているのをみればわかる,その時自然と人間は調和しているのである。





石神村の紙漉きの歴史 (天明の飢饉の時移住した越中などの人が伝えた)


石神村の紙漉きの歴史

(天明の飢饉の時移住した越中などの人が伝えた)

kaede123.jpg

japanesecolours.jpg
この抽象画が和風であり和紙に見える


この地が手漉き和紙の里になったのは、天明の飢饉に農民の窮乏を救うため、加賀藩から土佐流の紙漉き職人を呼んだのが始まりとされる。明治33年(1900)には76戸を数え、同35年には紙漉き技術を伝える伝習所も設けられたほどである。恵まれた気候、風土により原料となる楮や黄蜀葵も、自家栽培し余力を二本松の上川崎へ売るほどであったと言われる


いの町紙の博物館について

石神村に嫁いだ女性の家は紙漉きしていた家だった,その家は古い家である。
その紙漉きの技術は加賀藩から土佐流の紙漉き職人を呼んだことがはじまりだという
これも興味深い歴史である。
現実に自分は越前和紙の里に行ったしその土佐の町の紙の博物館にも行っている
越前和紙ではそこで実際に紙漉きをしていたし誰でも紙漉きを試すことができる

土佐の紙漉きが古いから越前に職人を呼んではじめた,だから土佐と越前が結びつく,
それも自分はその二つに実際に行っていたことをふりかえるとずいぶんあちこち旅していた結果だったことをつくづく感じる
そんなに旅している人はいないと思う,それで歴史がたどれるとなる

越中の移民などは農民として来たのでありそうした技術をもたらした人達とは思わなかった,ただ宗教も真宗ももたらしたように何らか移民は文化をもたらすのである
天明の飢饉の時相馬藩では三分の一に人口が激減した,その穴埋めを移民がしてくれた
その時紙漉きの技術が伝わったことは知らなかった
ともかく相馬藩では越中などからの移民が本当に多いのである。
祖先をたどれば越中からの移民だとわかるので交流もある

紙漉きは古くから大きな産業だった,ただ冬に紙漉きをするので紙漉きは女性でもしたくないものだったのである。
石神に嫁いだ女性は農家だったとしても何にも農家のことはしない農作業もしない
夫は会社員であり農家の生まれでも農業はしていない
だから何か農家がどういうものなのかもわからない
サラリーマンの家庭なのである。農家では今はそういう人が多いのである。
純粋の農家は少ないのである。この辺では梨農家とか花栽培している農家とかは現金収入があるのでやっていけるが他はむずかしいからだ

ともかく石神の紙漉きは明治までつづいて有名だったのは意外だった
技術を伝える伝習所までもうけられていたということでもそうである。
それだけ紙漉きが盛んだったのである。
それが越中などの移民の歴史と重なり一つの郷土史として見逃せないものであった
でもそういう技術も絶えて語る人すらいなくなるのも淋しいとなる

インターネットだとこうして貴重な情報が見いだされる場合がある
図書館で何か検索するということ調べることはめんどうなのである。
今は時間がないからしていない,これで興味をもったのはやはり越前和紙の里に行って実際に紙漉きのまねごとをしたことや土佐のいの町の紙の博物館に実際に行ったことであるこれもかなり前になるがいかに自分が旅していたかということに我ながら感心するともなる

晩秋に越前和紙の里たずぬ

あしらいぬ越前和紙に楓かな

いの町や蓮華の咲きて和紙の里

posted by 老鶯 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

fortuneとは(財産を得るのは運なのか)


fortuneとは(財産を得るのは運なのか)

運、幸運にもこと、幸運、果報、繁栄、成功、出世、運勢、(将来の)運命、富

富とか財産を得たいというのは誰でも思っている,ではどうして富が得られるのか?
毎日勤勉にこつこつ働いて貯蓄してゆくことが正道だとなるのが普通である。
金が富が棚からぼた餅のように落ちてくるなど期待するなとなる
こつこつ働いてこそ富は得られるのだ,そうすべきでありただ何もしないでなまけていて富は得られない,そう普通には言われる

一方でなぜここでfortuneが財産が運なのかとなる,運の作用で富が得られということも人間社会がはじまってからあった
例えば株式投資などでも運の作用が確かにある,あらゆることを考慮して投資できないからである。そこに思わぬリスクがありそれが予測できないのである。
いくらチャートを見ていても例外的に動くこともあるからだ
だからこれも運が関係しているのかとなる,その時代の影響もある
常に世界情勢でも動いているからその変化の中で経済が株でも影響されるからである。
そうしたものを全部をみぬいて投資することは不可能だとなるからである。
そこで運だともなってしまう。

自分は全く働いて金が得てえない,ただ親の財産があり暮らしてきただけである。
ただその暮らしは最低限のものである。旅をしたとしても金も最低しか使っていない
何か贅沢などしていない,だから自分で百万の金を使ったことがないから今でも使えないのである。そうして金を使わないものは大金が入っても使えないのである。
そういう習慣が身についているからそうなる

運というのはどこでも作用している,親の影響も大きく親によってその将来も左右される生まれた親によって大きな差が生まれるからこれも運だとなる
そういう星の下に生まれたとなり運だともなる
だから人間には宿命論が生まれる,そういう定めに生まれるカルマがありそうなったのだとなる

ただ一方で人間の運は決まっていない,どんな親に生まれたとしてもそれですべてが決まる訳でもないとかある,そして人間を作るのは生まれつきで天分で決まっているかとなればそうでもないのである。
その人生も必ずしも親によって決められるものでもない
天才とかはたしかに例外的にいたとしても人間の人生を決めるのはその人であり親でもないし環境でもないことがある
ただその人の人生がどういうふうに展開するかは本人でもわからないし他者でもわからないのである。

事業をはじめて失敗したのは時代だとか運がなかったとか言うがそもそもその事業の計画がずさんすぎたということがある,でも成功すると確信していた
失敗したら運が悪かった時代が悪かったとか言い訳するのも自分勝手だともなる
すべてがそうして運でもないし生まれつきでもないし親によって決まる訳でもない
投資でもそうである。何も知らないで銀行にまかせたのが悪いということがあったからだそれは運でもない経験もないのに銀行がプロだと思いまかせたことに失敗があった
だからそれは運ではない予測できたことだから自己責任だとなる

なんらかで人間は自己責任があることは確かである。でもまたそこには運がある
その運がわからないのである。
この辺で確かに原発事故などで被害があったがそれで大金を得た人もいた,それも運だった,一方で津浪で無惨に死んだ人もいる,それも運だったのかとなる
死ぬ人と死なない人がいたからである。
海岸に住んでいた人は運が悪かったとなるのか?
それより原発事故も運が悪かったから不可抗力だったとなるのか?
津浪は予測できなかったとしているが実際は予測していたが備えをしなかったとなると運ではない
それで東電には責任があったと賠償が請求される

ただ間一髪で助かったのは運が良かったなとか常にある,それはやはり何かしら運が関係しているのか?
つまり人間にはどうしても不可抗力なのもがあり予測できないことがある
だからこそ運で決まるともなる,様々な要素があって株が決まってくるからもうどんな人も予測できないからである。
だから運だとなってしまう,ギャンブルももうかるのも損するのも運だとなる

運がなければどんなにこつこつ努力しても金持ちにもなれないし才能ある人間にはなれないともなる,もともと天分がなければ才能はありえないともなる
もしでも人間が生んですべてが決まるとしたら努力もしなくなるだろう
どうせ努力しても無駄だとなってしまうからである。
ただ努力をしつづけるのはやはり運だけでは人生は作れない,富も幸運ももたらされないから努力するのである。なんらか精進しなければ何も成せないということはある
物作りでも日本人は精進して励むからこそ品質がいいものを作る

人間は運だけに頼っても富は得られない,また努力だけでも幸運は富も得られないことは確かである。ただ運は常に人間社会では左右していることも確かである。
なぜなら天候というのも必ず左右している,桶狭間で信長が勝ったのは天候のせいだんたとか他にもモンゴルの船が台風で沈んだのも天候のせいだったとかなると運がそこに左右したとなるからだ
でも人間は信長でも運を呼びこむということで決断したことで勝利を得たとういこともある、運が左右しても座して待っているだけでは運は開けない
果断に決断して運が開ける,人が英雄となったときは時代の影響がある
そこにも運が左右している,明治維新でもあえなく死んだ人が多い,英雄として残っているのはわずかだとなるからだ

世代的にも運不運がある,まず戦争の時に生まれたらもう最悪である。3百万人が死んだ
そうなるともう死ぬ他ない,死ぬのが人生だとなってしまう
つくづく団塊の世代などは戦争の後に生まれたから幸運だったとなる
高度成長時代も運が良かったともなる,そういう時代であり環境があり団塊の世代は恵まれていたとされる
どんなことしても時代の影響がありまねがれないからである。

正直この世では運というとき神の采配が神が運命に加担している,それは聖書の世界ではそうである。何か事を成すことは人の力ではない神が加担して介入して事が成されたとしている,とすると運を作るのは神だとなるからだ
そうなると宿命論になるがただ宿命によって人間が決まる訳ではない
努力でも精進することでもまたはこつこつ働くことでも研究することでも積み重ねることで人間が天才でも成し得ないこと成す場合もあるからだ

人間の社会が不可解だというとき不可抗力なものがあり未来がわからないのである。
それで運だとなる,でも何も求めないものは何も得られないのである。
求めなさい,さらば与えられるだろうとなる
求めるということは人間の意志であり運ではないのである。運とは何もしないで何かを得るとういことだからである。
何も求めないものは何も得られないのである。それは運ではない,求道心がないものがそもそも悟りとか信仰にいたるわけがないのである。

ただなんらか人生でも歴史でも神の介入がある,そこで歴史を解きあかすことも人間にはできないし人生にもできないのである。
いろいろ言っても将来のことが未来は神の手中にあるとなる
未来をにぎっているのは神であり人間にはないとなる
それは神が万能だからそうなっているのである。
人間はいくら科学技術を発展させても駆使してもそれで社会が良くなるということではない,現実に原発事故などがあり不孝にしたからである。
神のみが最終的に人間の運命をにぎっていることは否定できないのである。
これはいくら人間が努力しても無駄だとなる
神のみが一瞬にして世界も滅ぼすことができなるからである。
神の御意にかなわないとしたら世界を一瞬で滅ぼす,そのことは予言されているからだ