2018年02月28日

最上川、日本海沿いの旅情の秋の短歌連作


最上川、日本海沿いの旅情の秋の短歌連作




最上川流るる水に春日かな

松江にて茶町とあわれ秋柳


石の橋かかりてあわれ遠きかな左沢(あてらさわ)の町春の灯ともりぬ

最上川流れくねりて滔々と春日輝き写りけるかな


最上川流れくねりて滔々と流れゆくかな春の日写りぬ

虫の音や旅人の影ここにあれはるか流るる最上川かな

幽遠に白糸の滝下る川紅葉に映えて夕べ淋しも

最上川船着場かな大石田実り豊かに昔栄いぬ

最上川下りて酒田や秋のくれ栄し昔しのび泊まりぬ

酒田なれ灯ともりあわれ旅の宿木の灯台や秋の夕暮

佐渡島遠くもあわれ岩あらわ雨に打たるる野菊の花かな

波の音の心にしみぬ古き岩月のいでにつあわれ深まる

月まるく海にい出にき夕日没る湊々のもの寂びあわれ

船とまる小さき漁港日本海家々あわれ秋の陽没りぬ

佐渡島遠くもあわれ岩あらわ雨に打たるる野菊の花かな

佐渡島流される人の跡とあれ枯野に海やあわれ深まる

船泊まる小さき漁港日本海家々あわれ秋の陽没りぬ

旅人の遠く来たりぬ秋の雨山越え暮れぬ関所をあとに

旅人のいづこさまよふ山越えて関所のあれや秋の夕ぐれ

隠岐の島ここより遠き松江かな我は行かじも秋の夕ぐれ

旅終えて我が影なおもさまようや今宵いづこに泊まる宿かな

陽炎のゆらめく中に山頭火埃の道を歩む影見ゆ

松江と常夜塔

また最近旅をふりかえる,印象に残るのはやはり自転車で旅したことである。電車で旅したさともありそれも思い出してこの短歌連作になった
思い出す旅も不思議なのである。
この思い出す旅をするにはやはり歩くとか自転車とかでないとできない
電車の旅ではできない,峠を越えたとか何かそうした体に記憶できないのである。
風でも雨でも感じないとまず旅にはならないからだ,車は風でも雨でも自然をシャットアウトするから旅にならないのである。
だから現代から旅は消えたし旅人もいないのである。
旅人が存在したのは山頭火までだったのである。

最上川は水量が日本で一番豊かだろう,だから船運があった,日本ではあれだけの水が豊かに流れている川はない,必ず浅瀬になり船でゆくことはむずかしい
でも最上川でもそういう場所があり船を曳くところがありそれを仕事にしていた村があった,最上川で気持ちがいいのはあれだけの水が流れていることなのである。
中国でもヨーロッパでも大河があり船の運行があったし今でもある
日本にはあっても短い距離である,最上川は長い距離だから日本ではそういう川はほとんどないのである。

最上川から日本海に出る,日本海は太平洋側とは全然違った趣になる
海から太陽が出て海に沈むからまるで変わった感覚になる

初めに生んだのが淡路島、
次に生んだのが四国、
三番目に生んだのが隠岐。
そして九州、壱岐、対馬、佐渡と生み、
ついに本州を生みました。
この八つの島を大八島国といいます

なぜ島がこれほど入っているのか?隠岐も入り佐渡島も入っている,ということ海人族が日本本土に島伝いに渡ってきたことを示唆している
佐渡島まで入っているのは日本海は航海しやすいからである。日本海側の歴史が古いのである。そうでなければこれだけの島を神話に記さないだろう。
本州が一番最後に生んだというのもそうである。

いづれにしろ旅をふりかえると不思議である。何かまださまよっている感覚になる
それだけ旅をしたということもある,記憶に残るのは自転車の旅だった
さまよっている感覚になるというときやはりそれは歩くか自転車の旅である
電車の旅ではさまよっているとはならないからである。
そして記憶が定かでないからそのさまよった場所があいまいとなるのである。

現代はいろいろなものを得たのだが旅はなくなり旅人はいない
それで皮肉なのは今ほど旅をしている時代はないとなっている
でもその旅は観光旅行とかグルメ旅行とかなっていて本当の旅ではない
旅人はいないのである。時々確かに国道を歩いて旅している人がいても
それが外から見て旅人に見えないのである
その姿は車の喧騒に消されて旅人は旅人でありえないのである。
江戸時代は庶民でも普通に旅人にもなっていたのである。
それは歩いていたから自ずと旅人となっていたのである。

ともかくずいぶん自分も旅したけどそれも10年間はしていない,つまり旅は終わったともなる,それだけの気力もなくなったとなる
でも自分の人生をふりかえると旅だったともなる
仕事もしていないし残ったのは旅の記憶だとなる

人生というものは60以降になり必ずふりかえりその人生が何であったのかわかる
会社に一生勤めた人はそれが人生だったのである。
それが何であれそうである。だからもう一度病気になった人は仲間と一緒に働きたいと思ったのはわかる,その人は倉庫係とかで働いていたのである。
たから常々に言っているけど何であれそれが外から見た無益であれ無駄であれ何に時間を費やしたかが人生だったとなる
人生も最後になればただ記憶をたどることが生きることにもなるからだ
そして最後に人間は最も印象に残ったことを記憶を語りつづける
戦争を経験した人は認知症になって千回もそのことを語りつづけた
それで嫌になったがそれが人生で一番印象に残っていたからそうなったのである。

あしなたは最後に何を語るのか?

その語ったことが人生だったともなる

陽炎のゆらめく中に山頭火埃の道を歩む影見ゆ

山頭火は最後の旅人だった,あそこまで旅できるエネルギーがあったことは驚きである。旅に憑かれた人だったのである。ただ作品的には俳句でも深いものがない
その時々のものを簡単に俳句にしたという感じである。
でもあれだけの旅をした旅人であった最後の人だったとなる
芭蕉は旅を深い哲学的な人生論にまで昇華した,それと比べると山頭火はそうはなっていないが最後の旅人だったのてある。なぜならまだ歩いて旅していたからである。

ある時社会の光景から消えてゆくものがある,江戸時代から明治時代になったときそうである。鉄道ができればどうしても歩く旅自体が消えてゆく,でも明治から戦前までは歩いて旅していた人が結構いる,文人でもいる
戦後はその旅人が消えたのである。車時代になったらもう旅人である余地もなくなったのである。
観光旅行している人は無数にいる,でも旅人ではない,旅人はいないのである。
バイクでも車でも旅していてもその人たちが旅人には見えないのである。
何か通過してゆく物体ののように見えてしまうのである。
だから一見文明化して便利になったとしても実際はいろいろな今まであったものを失っているのである。
それは人間として生きることをつまらなくしているのである。
旅人など無用のものでありそんなものいなくてもいいともいえる
でも何かそれが社会でも人間としてつまらないものにしている
ただ現代で旅しようとする時,かなりの演出をしなければならない,労力もかかるのである。江戸時代なら歩いているのだから何も演出しなくても旅していたのである。

ふりかえると自分は以前として旅していて全国をさまよっているという感覚になる
でも十年とか二十年とか三十年とか過ぎる記憶も定かでなくなっくる
でも何かまださまよい旅しているのである。
人間は様々な場所に住んでいる,旅をしてその様々な場所を思い出す
左沢(あてらさわ)というのは印象に残っている
あの石の橋とか何か遠い場所に思えた,それが記憶の中に浮かんでくる
山形県ではあそこが印象に残っている、あそこには電車で行ったのである。
そこは秋ではなく春だったのである。
でも前に書いていたからその記録から記憶をたどる旅をしているのである。


東北-新潟県(旅の思い出)

なぜ老後の資産形成に投資が不可欠とかすすめるのか? (9割は損しているのに・・・)


なぜ老後の資産形成に投資が不可欠とかすすめるのか?

(9割は損しているのに・・・)

雑誌でも老後の資産形成には投資が必要だと良く書いてある
それは理論的にも納得いくように書いてある
だから何か自分もそれを読んだり目にしたりしてそういうものなのかとなり
投資信託を買った

でも9割も損しているのになぜすすめているのか?

90パーセントは投資で損している

まずこういう見出しが書いてあれば普通は投資はしない
そういうことを書いていないし何かめんどうな投資や株のことは書いてある
まず知るべきは

90パーセントは投資で損している

このことはyoutubeでも言っている人がいる,これは自分が適当に言っているのではない統計的真実なのである。
だからどうしてこんなに雑誌でも株や投資のことが宣伝されるのかわからない
それは投資する方ではなく投資させる方の宣伝だとなる
証券会社や銀行の宣伝のために何か投資が老後の資産形成には不可欠だとなる

「利子がつかないですから投資で増やすほかないでしょう」

こういわれると知らない人はそうかなとなる,投資になにか甘い期待をもつのである。
それは人生百年とか言われるようになり老後の資金がたりなくなったからである。
そこでどうしても穴埋めするための資金が必要になる
その不安につけこまれて投資の話が雑誌でも常に宣伝される

ところがまず自覚すべきことは90パーセントの人は投資で損している
この厳格な事実を知るべきなのである。
でも雑誌などでもいろいろな投資のことを書いてある
ここが一番肝心なことだけで書いていないのである。

老後の資産形成に投資は欠かせない

でも90パーセントは損しているとは書いていないのである。

これもなぜそうなっているのか?それが良くわからないのである。

原発の時も原発は安全だとなって危険だということすら口に出せなかった
「安全神話」が作られていたからだ

原発は安全だ

原発は安全だ

原発は安全だ

原発は安全だ

原発は安全だ

・・・・・・

原発は危険


こういうふうになっていればまず原発は安全だということしか目にしない,書店でも原発の危険性を指摘していた本も出されていたがそれは冗談だとかSF的なストーリーに見られていた注目されなかったのである。

人間は何か権力をもつものがそうして洗脳しているのではないか?

老後の資産形成には投資が不可欠だ

そのことがすりこまれる,すると証券会社や銀行にとって都合いいからである。
もちろん株や投資ではリスクは常に言っているから原発とは違う
でもそのリスクの伝え方が十分ではないのである。

投資で90パーセントは損している

このことが最も大事なことなのだからそのことを見出しとして雑誌でも出すべきだが出ていない,youtubeとかには出ているからわかりやすかったのである。

この社会のわからないのは事業をしても成功しているのは20人に一人である。
そうしたら簡単に事業などできないとなる
失敗したらどん底に落されるからである。それでも事業をする人はいる
投資も同じなのである。ものすごく成功率が低いのである
投資の場合は損失が大きくなる


老後の資産形成には投資が不可欠だ

老後の資産形成には投資が不可欠だ

老後の資産形成には投資が不可欠だ

老後の資産形成には投資が不可欠だ

投資で90パーセントは損している



投資で90パーセントは損している

投資で90パーセントは損している

投資で90パーセントは損している

投資で90パーセントは損している

老後の資産形成には投資が不可欠

何かこのように洗脳されているのである。最初に頭の中が老後の資産形成には投資が不可欠だというのが先入観として入る,そして投資で90パーセントは損しているということが見逃される
そして何か甘い期待を抱いていてるのである。自分もそうだった

もし最初に投資は90パーセント損しているという事実を指摘していればこうはならないのである。
それと投資にもいろいろあり投資信託もありその仕組みが複雑だからいろいろあってその中で成功するものがあると錯覚するのである
投資全体では90パーセントは損しているのである。
この情報こそ一番重要なものでありそこから投資する人はすればいいとなるが
余りにも甘い期待でしている,それは投資が複雑だから理解できないからである。
やはり何か現代とは心理学が生まれたように人間の心理を利用するのが多いと思う
それは社会が見えない複雑すぎて情報も膨大であり投資すべきだという人とするべきではないという人に必ず分かれるからである。
この薬は効くという人と危険だという人もあり食べ物でもいろいろな情報が出る
そして遂には情報パニックになっているのが現代だからである。
その判断の根拠をどこに置くかわからなくなるからである。

問題は投資をすすめたい人達が証券会社や銀行である。
その人たちは金をもっているから宣伝するから操作される
それは原発でも国家権力と一体となり原発神話が作られたのと同じである。
それでインターネットのyoutubeの情報などは意外と中立であり的を得ているなと思った
要するにyoutubeの解説がわかりやすいということにあった
雑誌とか文章になるとわかりにくくなる,youtubeの特徴は浅い知識でもわかりやすいのである。
だから人間社会がこれだけ複雑でもわかりやすく説明されればわかることはある
だからyoutubeの情報はそうした投資でも権力をもつものに抵抗できるメデアだと思った
ただ最近見始めたので遅かったとなる
情報はいろいろあってもやはり人間は体験しないものは理解しにくい
そして痛みを負ったとき本当に理解するのである。

posted by 老鶯 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題