2018年02月19日

南相馬市は若い世代が流出,老人が増え,生活保護が増える (国からの補助金も三年後に打ち切られ財政難に)



南相馬市は若い世代が流出,老人が増え,生活保護が増える

(国からの補助金も三年後に打ち切られ財政難に)


知人の母と息子が住んでいた家は息子が40くらいでありいわきの方に正社員として建築関係で仕事していたが仕事がないとなりその息子は決断した
東京に仕事探しに行きアパートを七万で借りて帰ってこないという
東京だと仕事がないということがない,建築関係でもそうである。
そして七万の家賃でも今は建築関係は人手不足だからやっていけると踏んだのだろう。

この状況からみてこの辺は意外と復興関係の仕事も減り仕事がない状態になっているのかその人は前はここで除染の仕事をしていた,それも終わった
まだ外部から来ている人がいるが大分少なくなっているだろう
統計的にも一段落して復興関係の仕事はもう減ってゆくだけである。

仙台のユニットバスの会社がまた家のリホームをしないかときた
その会社は百万でユニットバスを作った,ガス屋に聞くとこれは二〇〇百万かかると言っていた,確かにそれだけの仕事であり安いと思った
地元で知っている人に頼んだら三百万はかかっていた
その人の知っている大工でも仕事してもらったが何かいいかげんだった
だからあてにならないと思い頼んだのである。
この辺は何か家でもほとんど大手の住宅会社が建てている

仙台でも震災関係の仕事がなくなったからこちらの方に進出してきたとなる
つまり仕事がないということが仙台周辺でも起きているのだろう。
大きな仕事もなくなっている

そうなるとこの辺では若い世代の流出が震災直後から問題になっていた
原発避難区域ではそうなって若い世代が帰ってこないとなった
だからその知っている人の息子もそうなったのである。
その人は別に原発事故のために地元にいられなくなったとかではない
ここで仕事がないということで東京に出て帰らないという
それはここで仕事がないし生活できないと決断したのである。

まだ40くらいだからそれができた,50代とか60代になると東京とかに出て働くのもむずかしいとも思う
自分はもともと田舎志向だから東京などにごみごみした所にゆきたくないとなる
介護十年でもう東京には10年以上行っていない,そして仙台にも去年は一回しか行っていないのである。
旅ばかりしていたがここ十年は近間を回っているだけなのである。

この辺で人手不足というとき介護とか看護師とか飲食関係とかが深刻であり建築関係の仕事はなくなっている
ただそうして若い世代が流出してゆくことはここには老人ばかり増えて働き手が減少するすでに他の県より市よりこの辺は高齢化率が10パーセントくらい高くなっている
それがさらに増えてくる,南相馬市だと小高は老人の街となりそれを補佐するのは容易でなくなる,だから立派な老人ホームがあっても介護士がいなくて運営できなくている
親が住んでいても子供たちはその親を見捨てて流出したから帰ってこないのである。
親は帰ってくるというけど一旦流出したら別な土地で暮らし始めたら仕事をはじめたら簡単には帰れなくなったのである。
それで妻まで子供の方に移り住んで老人が一人小高とか復興住宅とかでも浪江の老人が残される結果になったのである。
つまり浪江の人が南相馬市にも住んでいるから実質の老人はさらに多くなっているのだ

あと三年後に国からの援助もなくなるとか補償金もすでにもらえないとかなり苦しくなる本当にこの辺は危機的状態になるかもしれない,ただそういう危機感はない
人間はそうなってみないと何でもリアルに感じないのである。
そして個々人でも介護でも病気でも自分がそうならないかぎり他人事なのである。
でも市全体が疲弊したら必ず個々人にもその影響がでてくる
だから後三年後というのはこの辺では具体的にその影響が現れてきて苦しみ感じる人々が増えてくる、生活保護だって増えれば財政負担が増えるし老人は病気になりやすいし介護になりやすいからそれが負担になる

posted by 老鶯 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

経済のための社会か社会のための経済か? (仲間となりうるものは誰なのか?)


経済のための社会か社会のための経済か?

(仲間となりうるものは誰なのか?)

人手不足で低賃金の理由(宮台真司)

ここで社会(仲間)のための経済のための社会の議論


この問いかけは興味深い,でも仲間とは何かなのか仲間からcompanyに発展した,仲間から会社に成ったことは理解できる
会社は今でもそこでともに働くのだから強い仲間意識をもっている
だからこそ会社人間となり企業戦士となり高度成長時代があった
仲間意識というとき江戸時代なら会社がないのだから身分社会だから身分によって仲間意識をもっていた,侍は侍で農民は農民で職人は職人で住み分けられて仲間意識をもっていた

そもそも仲間というとき一番親密なものは家族である。ただ家族からではなく仲間とか友達は家族意外のもとの仲間関係である。家族はそもそも仲間という意識から成り立っていないからである。
他人との関係で仲間意識が形成される,その仲間意識がどうして培われたのか?
それは友は共でありもともと共にする,共同して働くとかから起きている言葉である。
共同して働くことが友となり仲間となることを意識させたのである。
だから働くというとき端を楽にするということで働くとなった,それは家族が仲間が労働していて苦労していることを見て自分も手伝ってやろうという意識が生まれた
だから仲間意識は協同して働くことから起きてくる

村とか今でも協同して除草をしている,今より前は必ず協同しないと農民は成り立たないだから街内から離れて農家のあるところに住んでいる人は農家がありつきあいがめんどうだから嫌だといっているのもわかる
その人は農民ではなくトラック運転手だったり電気工だったり会社員になっていたからである。農民と協同する立場にないからそうなった
その人にとって共同しているのは会社だったのである。
ただ今は退職しているからその会社とは関係ないけどその農家のいる所に住んでいるから付き合いが嫌だと言っているのである。

ただこの仲間というのを深く考えると何なのか?
仲間内では協同しても仲間意外の人とは協同しないということがある
一つの村では協同しても他の村とは協同とはならない,利害で対立することがある
水争いとか木材資源の争いとかあった,そこで武士が加勢して戦争にもなった
ある仲間ができればその仲間内では協力するが外に対しては仲間でないから対立して戦争になる
そういうのも人間の歴史だった,部族同士では猿族とか犬族とかトーテムで形成されて仲間意識が作られた,でもその他の部族のトーテムとは争うことになる
仲間意識は必ずそうして仲間同士では協力するがその外に対しては協力しない敵対する
それで日本の村では閉鎖的でありよそ者を受け入れないのである。

この仲間意識の形成は仲間内では仲間と認めて協同するのである。
例えば今の会社だってそうである。同じ会社なら協同する関係で仲間である。
まず会社のために働くことは仲間のために働くことになる
地銀などでもまず自分たちの会社のために働くことが至上命令になる
どうしても利益をあげねばならない,だから手数料のとれる投資信託をすすめるのである顧客の利益も計ることは計るが会社の利益が会社の仲間の利益のために収益をあげることノルマが課せられている
顧客は損しても仲間(company)は損してはならないのである。
それはどこの会社でも同じだが会社意外の人をただ金儲けの対象としているとき自分たちがもうければいいとなるとき顧客から見離されることがある
顧客ともなんらか協同関係がないと協力してくれない,金はあずけないとなるからだ

そういう問題はいろんな場面で起きている,病院でも患者を仲間とみるのか?
ただ金をとれる人としてみるとそこでいらない薬を与えたりまた極端にるなといらない手術をして保険の点数を稼ぎもうける,病院にも医者にもそういうことはあり問題になる
患者をただ金をとるたげのものと見ればそうなる,仲間とみればそうはならない
その差は大きいとなる,例えば患者が友人だったりすればそういうことはしないからである。

要するにその人を仲間とみるか見ないかでその待遇も相当に違ったものとなる
ベトナム人が出稼ぎにくる,ただ安く使えるからと働かせる
でもベトナム人でも日本に来ればそれ相応の生活をしたいとなるのが人情である
それで盗むことや犯罪が多くなるのである。

ベトナム人は仲間ではない,働く道具である

そういうふうに見ている,これは経営者と雇う人と雇われる人の間でも起きている
雇う人が雇われる人をどう見ているのか?
ただ安くこき使い収入をあげれば会社の人達にとってもうけとなると見ているのか?
それは非正規と正社員の間でもあった,非正規は会社員で正社員でないから仲間ではないとかなる
仲間と認めるものと認めないもので待遇は相当に変わってしまうのである。

日本人は仲間だが外国人は仲間ではないから安く使ってもいい,日本人のような扱いにしなくてもいいというのも仲間と認めないからである。
ただ外国人でもスキルがある人は待遇が良くなるし日本人より良くなる
それは日本人にとって会社にとって利益になるからである。
ではたいして利益にならないベトナム人は最低辺でこきつかいばいいともなる
それは外国人でなくても日本人内部でも起きていることである。
だから誰を仲間とするかという問題も複雑なのである。

ただ現在のグローバル経済,資本主義は経済のために社会がある,社会が仲間意識だとすると経済が優先される,仲間のために経済が金が回っていない
そもそも誰か知らない人のために地球の裏側の人のために働いていれば物でも売り買いしていれどはそうなるのである。
例え外国から物が入っていいとしてもそれで仲間意識はもたないのである。
仲間意識は狭い範囲でしかもてない,福島県でも仲間意識をもっているのかというと広すぎるからもちにくい,それが全国になるとさらにもちにくいのである。
第一仲間意識をもったのは日本だったら村という狭い地域だったからである。

それで地元を良くするために地元で買い物しろ地元の商店で買いというとき地元は仲間なのだから仲間のために買いとなる
それからユニットバスを仙台の業者に頼んだら百万でできた,ガス屋では二百万かかると言っていた,ただ家に来ている人は建築関係者を知っていてそこに頼むべきだとしきりに言っていた,その人には庭作りなどをしてもらったからである。
それは地元の人は仲間のなのだから仲間のために仕事させろ金を使いということなのである。地元が豊かにならなければそこに住んでいる人も豊かにならない
そして病気になったり何かあったら地元の人に助けてもらうのだからそうしろ,仲間なのだからそうすべきだとなる
でもその人に頼めば三〇〇百万はかかった,その人の知っている大工はあとからあとから金を請求してきたからである。
仲間だからといって経済のためだけではせない,社会=地元とするとき地元のためだけに仲間のためにだけにすると経済の原理と反することになる
損害も受けるから金が三倍もかけて地元の人に頼むのかともなる
こういう問題も広域化したグローバル化した社会の問題である。
地銀に証券会社の人が出向して株や投資信託をすすめるのもそうである。
それは地銀の枠をこえたグローバル経済の中に組み込まれるからそうなる

地元を優先しろ,仲間を優先しろ

これが常に言われるがそうするとこういうい問題も起きてくるのである。

ただ仲間意識というのは会社だけではない宗教によっても作られる
カルト教団でもそこに所属して仲間意識をもつことはもつ,だから宗教の対立も同じ宗教だと仲間意識をもつがそうでないと深刻なの対立になるのである。
人間の対立はそもそもそうして仲間意識をもつ故に他の仲間意識をもつ人達と争いになる国があれば日本国意外の人とは仲間意識をもちにくいしそれは世界共通である。
グローバル経済は資本主義はただ経済の原理しかない,仲間など関係ないという世界である。これも一見いいようで失敗したのは人間はそうした経済だけの無機質的な物だけのやりとりのつながりに価値と意味を見いだせないからである。
イギリスはイギリスに生きてきたもののものであり外国人のものではないとかなる
外国人は仲間として認められないから移民はもういらないとなるのが世界で起きてきたのである。

つまり経済の原理だけで人手がたりないから人間を部品のようにもってくることはできない,まず仲間として認めないと人間は機械ではないのだから不満になるのである。
人間は必ずしも働く動機が経済利益の原理だけで働いているのではない
仲間のために働いているということがある,仲間と認めるから働くということがある
だからグローバル経済はそうした人間的なものを無視しているから失敗になるしそういう世界に人間は耐えられないのである。
だから経済のための社会はゆきづまり人間のための経済へと変換する
世界的市場でやりとりするのは無理だとなる

一円でも円高になれば百億もトヨタとかで損する世界は異常なのである。
そんな世界に人間はもう対応できない,それより内需型で安定している方がいいとなる
国内の仲間中心の経済がいいとなる,それは世界中で起きているのである。
アメリカだったら一体この国は誰のものなのか?
肝心のこの国を作った子孫なのに貧困化している,移民に職も奪われている
移民は仲間ではない,一時的に金を稼ぐだけの人達にすぎない,国が危機になっても協同しない奴らだとなる

現実に日本人でも韓国でも中国人でも日本で働く人は実は中国韓国の工作員であり何か緊急自体になったとき戦争などが起きれば日本で中国のために働くように法律まである
つまり中国人は中国人は仲間だけど日本人は仲間ではないとなる
だからスキルをもった優秀な人達でもそういう人こそ実は内部資料とか日本の中枢部に入るから危険だとなる
つまりその人たちは日本人ではないから日本のために尽くすわけではない,何かあったら戦争のようになったら危険分子となる
だからいくらスキルがあってもそういう人を安易に受け入れていいのかという警戒するのもわかる

だからここで問題になっているのは仲間とは何なのか?
日本だったら戦争のとき生死をともにしたから仲間である。
生死をともるするともなると強固な仲間意識をもつ
でも敵対するものは仲間ではないから殺しても平気だとなる
つまり仲間意識を強固にもつことはその外のものに対しては排他的になり殺してもいいともなる
それは別に国内でも起きている,カルト教団でもある団体組織に所属すれはその中では仲間意識を強固にもつが外に対して容易に敵対関係になる
そしてその組織や団体を批判するとその団体組織ぐるみでその人に対して攻撃する
それは宗教を誹謗するからだとかなるがそれだけではない,その団体組織内で強固な従属仲間意識をもつからそうなるのである。

いづれにしろグローバル経済は人間的なものから逸脱した経済の原理のみから成り立つからそれに人間は耐えられない,世界的にそんな経済で一体化することはない
むしろ一握りのものの利益のために働かせられているというだけになり崩壊する
そこに仲間などいないのである。金の道具としての人間がいるだけだからである。
金の奴隷として使える人間であり仲間のためになど関係ないからである。
それは金をくれと自分の家に来た人がそうである。
自分の家のために自分など仲間でもなんでもない,金をとれるものとしてしか見ていない近くに住んでいてもそうだった,そこでは完全に人間関係は断絶しているのである。
相手は金をとるものでありそれしか意味がないのである。
たとえ金持ちでも何か人間として交流がありうるからである。仲間意識だってつくりえるそれも一切ない,金あるものから金を奪えばいいとういだけの関係になる
だから金あるものから盗めばいい殺しても盗めばいいとしかならない
現代のグローバル経済は田舎でもその中に組み入れられているからそうなる
金のために経済のための社会であり他人であり仲間のための社会では経済ではないのである。そうなると仲間はいないのだから弱肉強食の社会となる
それは地獄にいるとなる,特に家族がいないものはそうなる







posted by 老鶯 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題