2018年01月25日

医療介護は負担しきれなくなる (手厚すぎるからいいようでも負担が増えてもたない)


医療介護は負担しきれなくなる

(手厚すぎるからいいようでも負担が増えてもたない)


その人は今度は78才の兄が埼玉で脳出血で手術するから電車賃を要求する
前も親戚が死んだら要求する,何かその人の親戚のために金を払わせられる
何も金をはらわなくてもいいじゃないかとなるから自分が悪いとなる
自分にも払う理由があるからだとなる
その女性は二回離婚しているし極貧であり知的障害者の子供をもっている
ただ知的障害者でも仕事しているから軽いとなる
その人自体がそもそも人の世話をできない状態なのである。

でも埼玉の福祉の人が手術に立ち会う人がいるからなってくれということで連絡がありわざわざその福祉の人が車で迎えに来るという,ただ帰りの電車賃もないから金をくれとなる,そうして常に一万と二万が出てゆく
そんなことしなくてもいいというのはわかる,その女性は会話力があるから払うことになる,その人の不孝は容姿が悪い,若いときだったら近づきたくない,でも老人になってからは違う,容姿よりその女性に会話力があるから払うとなる
容姿はだめでも今になるとその会話力で得しているとなる

ただ別に自分はその兄弟とかと何の関係もないし義理もないのである。
でも福祉の人が来るということでその人は常に金はない
それで払わざるをえなくなる,帰りは上野から普通列車でいわき市まで来るという
それも上野まで福祉の人が送ってくれという
そこまでしてくれるのか,そうなると福祉に金も手間かかるなと思った

その兄は身寄りもないから福祉の世話になることになった,また呼ばれるのではないかと聞いたら今回だけだという,普通は別に福祉の人だけが手術の立会人になることができるそれにしてもわざわざ埼玉から迎えに来ることは手間であり金もかかる
そういうことで負担になると思う
何か今や高齢化社会ではいたりつくせりの医療とか介護は限界にきている
それは数は多すぎるのと負担になるからだ

ここでも社会の負担,税金が払われる,そして手術の負担,それからまた介護の負担となる,生かすのはいいにしてもそれが自分も直接わずかでも負担したことになる
今や犬猫を自治体で殺処分しないと決めたが大量の引き取り手のない犬猫が保護されてもう対処しきれなくなっている,殺処分は残酷だからかわいそうだからとなったのだがこれもまたかわいそうだからだけでは野良の犬猫問題が解決できない
それは人間にも通じているのだ
つまり数が多くなるともう医療でも介護でも負担はできない,限界が来る
かわいそうだというだけでは犬猫でも人間でも対処しきれなくなっているのだ

ただ身寄りがない人が手術したり入院すると本当は怖い,それを自分は経験している
生活保護の人が手術しなくていいの手術されて病院の収入になっていた事件があった
つまり病院とかは無機質な非情な場でありそこにいる医者でも看護師でも実際は情はなく怖い存在なことを知った
それだけではない人間は弱者になったとき本当に怖い,そこにつけいり虐待もあるし
金をとることもある,老人は弱者化したらそうされやいのである。
情なき世界ではそうなるのである。

それで西部邁が癌になり入院したら病院から出れなくなるから自殺したという気持ちがわかる,入院することは刑務所に入ると同じなのである。最後は延命治療とかされて生き地獄になる,病院という場は怖い場所なのである。
そこに人間の情が通わない場所だからそうなっているともなる
病院でも何も病気になったら診てもらい家に帰るとか一時的入院ならいい,病院で死ぬということが怖いものがある
ただそれでも家族が通ってくる短いものならいい,自分の母親は一カ月くらいで別に苦しまずに百才で死んだからである。病院でも一カ月くらいで死ぬのはいいとなるのかもしれない。ただそれでもそこは怖い場所である

そもそも老人の場合は直らないということが多い,寿命だということが多い
それを引き延ばしても胃ろうとかしても苦しいだけだとなる
でも医者にしてみればそうせざるをえないのである。その人を生かしていいのかもうこれで終わりにしていいのか,安楽死させていいのかということがわからないからである。
だから西部邁は妻に二年前に死なれたとかあり介護されたくない,入院するのは嫌だとなったのかもしれない,でも息子もいるし他に娘もいたのかめんどうみる人はいたのであるそれでなぜ自殺したとのか理解しにくいのである。
ただ元気な内に死にたいという願望があった,そしてそのように死んだ
その死をどう考えるかはいろいろである。
都築詠一氏の死は自殺ではない,プログを死ぬ一週間前くらいまで書いていてそれですぐに死んだことには驚いた,最後のメッセージを託していたプログだったのである。
その死は自殺でもない,最後の力をふりしぼりプログを遺言として死んだともなる

nishibeee123.JPG
スポーツ日本


病院から出られなくなる

病院で死にたくない

こうここで書いているからそれは自分も経験しているからわかるのである。
それが自殺の原因だったということがわかる,それは本当に切実な問題なのである。

最初は車両点検で30分遅れその後は風で運休?


最初は車両点検で30分遅れその後は風で運休?

kashimassss1234.JPG

12 時45分で運休になる

trainsnoww1.JPG

sumahoooo111.JPG

今日はまた改札口のスマホ用の自動改札機を直す人がいた,この前も直していたのである乗車証明書のも直していた。
何か駅というのはこうした点検が本当に多い,結構故障するものだと思った
これはソフトの不具合が起きたためである。

今日は電車が遅れた,そこで一時間以上駅にいた,5人くらい乗る人がいて案内した
遅れるときがわからなちなり困る,どれくらい遅れるのか?
それが問題になる,でも原町駅にインターホンで問い合わせて良くわからないとなる
時間は正確にはわからない
最初は車両点検のために遅れると電光板にテロップが流れた
だから風のためではなかった,30分遅れで電車がきて車両に雪ついていたから雪のために車両点検になったのだろう。

その次運行停止になったのは運休になったのは風のためだろう
車両点検では運行停止にならないからだ
車両の点検が終われば正常どおりになる
でも風の場合は一日吹いているので運休になる
風がやむまで運休になると長くなるから困るのである。
急いでいる人は原町からバスで行ったりした
まだ仙台までのバスは出ているからだ

いづれにしろこの遅れのために長く駅にいた,今日は寒いから暖房もないから待っているのは辛い
新地駅はエアコンがあるからこういうときは恵まれているとなる

以前として仙台行きと原町行きがわかりにくく聞く人がいる,それからタクシーの案内がドアをあけた所にあるのでほとんどの人がわからない,そのことをタクシーの運転手には言った,それが一番聞かれるからである。
この前は小池のコモドインに泊まる人に聞かれた,コモドインに泊まる人はそれなりにいる

その後は運休になっていた,やはり風の影響だろう。この運休は風が吹くとあるから困るのである。

清水建設の下請け企業の除染作業員およそ100人が「危険手当」付きで野球応援・ この企業は105億円を売り上げ、役員に43億円もの報酬


清水建設の下請け企業の除染作業員およそ100人が「危険手当」付きで野球応援・
この企業は105億円を売り上げ、役員に43億円もの報酬


国の除染事業を請け負った清水建設の下請け企業の除染作業員およそ100人が「危険手当」付きで野球応援・この企業は105億円を売り上げ、役員に43億円もの報酬 FNNの取材で明らかに・国が民間企業同士の取引内容を精査できれば、除染費用を大幅に減らせる可能性がある 



震災利権を 
暴力団とかおいしくいただいてるもんな

国と自治体の除染費用は、東京電力に請求することになっていて、税金や電気料金が当てられる可能性がある。

連帯だの絆だの反対しづらいお題目を唱えて 
無理矢理に増税しといて 
草野球の応援に使われるてるとかありえん 
役員報酬も異常すぎる 
国会で必ず取り上げるべき問題だな

清水建設の名前は出るのに、問題の下請け企業の名前は出さない 
福島の会社だから忖度かい? 

原発作っては補助金で儲け 
原発壊れては補償金で儲け 
除染作業ではピンハネで儲ける 
それが福島県民

この会社の清水建設への依存度がかなり高いなら、清水の人間の関与なしにこの利益率や役員報酬はあり得ないな。 
当然、そっちへ金の一部が還元されているのだろう。 
清水建設だけでなく除染事業を管轄している国の関係者も絡んでいるのかもしれんが。 
そうだとしても利益率の異常な高さは何だかなあ? 
利益をもっと圧縮して何らかの経費名目で清水や国の関係者に還元する方がありそうだが。
43億円役員報酬の行き先を精査するととんでもないことになるよ 
国税局が動いてるだろうから政治家とゼネコン関係者の吊るし上げは時間の問題 
楽しみにしてたらいい

105億の売上で、役員報酬43億、利益が56億で残り6億。 
100人以上の除染作業員がいるようだが、仮に従業員100人として、6億全部を人件費にあてたとしての一人当たりの人件費600万。

半分近くが役員報酬って 
全員天下りだろう 
あんたら絶対バチ当たるよ


莫大な除染費用がどこに流れたのか?それは地元だったら下請けの会社でありその役員だった,官僚とかにも流れたし自治体職員にも流れたのかもしれない
第一こんな大きな金が役員に流れていたことの驚きだけど建築関係では普通にあるらしいだから地方で景気がいいときは豪邸が建っているのは建築関係だというのはわかる
現実にこの辺でもそういう人を知っているからである。

そして除染している作業員には回らない,上でピンハネされるからである。
その除染作業をしていた人を知っている,それが清水建設だったのである。
清水建設はいろいろと問題起こしていたのである。
建築関係には必ず暴力団が入ってくる,それで暴力団の組員らしい人が「おいしい仕事」だと言っていたのはそのことである。
芸能関係と暴力団,スポーツ界と暴力団,ゼネコンや建築土木関係と暴力団,自民党と暴力団・・・・なんかこの辺が必ず関係している
原発でもあそこで働かせられるのは暴力団が手配している
それですでに10人くらい現実に死んでいる,それも公表された分である。

役員報酬というとき官僚の天下りでもそうだがこんな高額になるのか?
時代劇で小判が積まれるのとにているのか?そういう構図は変わらないのか?
そして作業員には10分の一くらいしか金はやらないとかなっている

これは地元の人も怒るべきだ!

なぜなら除染は本当に効果あるのか?それも疑問だった,なぜこれほど除染はおいしいのか?それは建築物を建てるとその資材とかいろいろかかるのが目に見える
除染は何しているのかも良く外から見てわからないのである。
そこで手抜きしても全くわからない,放射線量を計るがそれもいいかげんなのかもしれない。現実に大成建設が設置したモニタリングポストの下は土をとっているから低いが回りは倍以上あった,そういう不正みたいなことが行われていた
だから飯館村では比較的まだ高い,でも0.7となればその倍と見なければならない,すると高いとなる,何か放射線量は数字でありまたごまかしやすいのである。
今溜池の除染をしている,これも回りから雨降れば泥が流れてまたたまるのだからどれだけ効果あるのか疑問なのである。

その除染の費用はどこに流れたのか?ゼネンコであり暴力団であり地元の建築土木関係であり地元には恩恵がなかったともなる,除染したというがその効果が疑問だからである。そして役員に億の金が回っていたというのも驚きである。
除染も実際は効果もないしずさんだがその金もずさんに使われていたのである。

そもそも原発は何か莫大な金がかかっていた,それができたのは国民の税金だから湯水が湧くように使われた,東電に要求しても後は国に東電が要求して国が支払っていた,
その国の金とは国民の税金なのである。
この構図は確かに自民党だとゼネコンの結びつきが前からあったからだというのもわかるだから今度市長になった門馬氏は自民党と公明党である。するとそうした不正を見逃すということもあるのか?
そこに確かに今回の選挙の問題があった。ただ自分は地方自治にはそうした国の政党より身近なその土地に根ざした問題の解決にとりくむべきだと思っていた
それで桜井市長がそうしたところに政治力を発揮できなかったのと思い不満だった

前にも書いたけど小高と鹿島の対立は補償金問題にあった,ある程度不満がないように配分すればこんな深刻な対立にはならなかった
実際に清水建設とか地元の会社にそうした巨額な除染費用が流れたからだ

地元の会社はその金を役員に回すのではなく地元に回せ!

お前らだけがうまい汁を吸うのか?

億の金が入って笑っているのか?

地元の人はこれは怒るべきである。それは原発が建ったときからあった
それで船主は事故前も多額の補償金を東電から特に船主はもらっていた
それで原発御殿が建っていたのだ,それで回りの人はうらやましくねたんでいたのであるそれで津浪が来て罰があたったとかその近くの回りの人が言っていたのである。

いづれにしろ桜井市長はこうした南相馬市内の対立に手を打てなかった,それが南相馬市の一番の問題だった,今回起きた問題もそうである。
それは自民党が政権にあるからだともなるのか?
やはり南相馬市長が政治力かないからでありいくら野党系でも市長にあれば権限があるからできたともなる,それで選挙に敗れたということもある

地元だと金にうるさい,田舎だと本当に金にうるさい,するとこうして除染でおおもうけした人への風当たりは強くなる,なぜなら地元に住んでいるからそうなる
それが船主が今は針のむしろに座るようなことになってしまった
あいつらだけが原発事故前もいい目をしてその後はいい目をして真っ先に立派な家を建てたとかなる,その不満は本当に大きいのである。
だから今回のことでも地元の人の不満はその会社に向けられるし経営者に向けられる
そういうことは地元では怖いのである。
東京に社長がいる場合はどんな暮らしをしているかわからない,そういう社長が東北サッシでも駅に来て社員が迎えにくる,そういう場合は地元に住んでいるからねたみの対象になりにくいのである。
地元に住んでいるとそうはいかないのである。

ともかく莫大な除染費用は地元に回らず復興の役にもたたなかった,除染は多少は効果があってもその莫大な金をもっと地元のために利用した方が良かったからである。
この辺は相馬市でも人口がへり相馬市と南相馬市は事業を継続できない人が多く
廃業が多い52市町村に入っている
だからあと3年して国からの支援もなくなる

その時どうなるのか?それが恐怖である。全体的に衰退して市町村すら維持できない状態になるかもしれない,すでに浪江町とか飯館村は復興がむずかしい
南相馬市はなんとかもちこたえても厳しい状態になる
地銀も経営が苦しく廃止になる,地元の会社の後ろ楯になるものもなくなる
その時この辺はどうなるのか?
そういうとき一会社が除染でおおうもけして役員がその金を懐に入れていたとなると地元の人は許さないだろう。それで地元に住むということはそういう怨嗟の目の中に生きることになるから苦しくなるのである。
第一補償金問題でもそうだった,小高でもなぜあんなに優遇されているのかと鹿島の人は延々と言っていたからである。
小高には当然補償されていいものがあった,ただ問題はそうして田舎では不平等になることが許されないのである。
ただ本当の問題は莫大な除染費用などがそうして地元の復興に使われなかった
みんなゼネコンとか暴力団とかに吸い上げられて復興には使われなかったのである。


タグ:除染
posted by 老鶯 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連