2017年12月24日

情報化社会は説明が大事になる (でも説明責任は果たされず情報は無料だと思っている)


情報化社会は説明が大事になる

(でも説明責任は果たされず情報は無料だと思っている)


作業員とか使う丸形の大きなストーブ買って石油入れるのに二回失敗した,石油があふれて大量にこぼした,手で押すものだったが石油がとまらなく出てきたのである。
上から押すものでありそれがこんな危険なことになるとは思わなかった

缶で入れるのと手で押したりして入れるので安全性に問題があった
ただそんなこと売る方では何の説明もない,第一今は商品が多すぎて売っているほうでも知らないのである。
買ってる方が買って使った方が知っている
それでアマゾンのレビューが役立つのである。

ともかく説明責任というのがある,なぜなら今回のように石油入れるのにも缶とは違うのだから危険があったからである。ただそんなこと売る方では考慮しない
売れればいいとしかないのである。
それも買う方の自己責任なのである。
レンジでもそうだった,3万していろいろな機能があるようでもそれは使いないものだった,説明責任を果たしていなかったのである。

ただ通販でも失敗はあるが量販店でも普通の店でも買い物には失敗がつきものである。
ソニーの小型のビデオカメラはyoutube で説明していたが不良品だったのである。
それで4万は損した,ソニーで不良品を出すとは思っていなかったからだ

何でも説明責任がある,どこでもそうである。医者でも手術するとか治療するのでも説明責任がある,そしてわかったことは現代のような複雑な社会では何でも知りえることはない,わからないことが多すぎるのである。
だから専門家の時代となり消費者は無力化されている

原発だってほとんど地元の人に説明されていない,最初から「安全神話」を作り出されて地元の人達はそれに従っただけである。そもそも放射能のことを説明されてもわからないからだ,危険性もなんにも説明されていなのに契約されたとなる
地元では金になればいいとなり許可したのである。

要するに複雑な現代社会は説明することが逆に多すぎるということがある
銀行でも投資信託などで老人にリスクの高い商品をうりつけたと訴えられた
その商品について良く説明されていないとしてその高齢者の息子に訴えられた
そうした証券とかは説明されてもわからないから簡単にだまされる

投資信託なども理解するのにむずかしいのである。ただそれでも説明することが大事になる,現代とはいかに説明能力を磨くかということもある
つまりむずかしいものでもわかりやすく説明するという能力が大事になる
法律だってむずかしく言われると専門用語を使われるとわからなくなる
でもわかりやすく説明する方法はある,すると素人でもある程度はわかることはあるのだ
だからそもそもそも80才の高齢者に知識がない人に投資信託とか外国の債権とか保険をすすめること自体間違っていた
でも今厳しいノルマが銀行員に課せられていてそうなったと内部告発された
銀行にしてももうける方法がなくなり追い詰められていた,そのしわ寄せが若い銀行員に押しつけられたのである。
そして説明責任を果たしていないと訴えられる,それは訴訟になると訴えた方が勝つというのもそうなのか?それが法律違反になるのか?
そうなると売る方も慎重さを要求される

つくづく今の社会は説明ということが大事な社会である。その説明とは情報社会だから余計にそうなっている,情報を自由に流通していて判断ができる
説明されていて判断ができる,説明ということ自体,情報社会だということなのである。情報があってその情報を説明する,わかりやすく説明する,それが主な仕事ともなるのが情報社会である。
銀行などは証券とか株とかは情報なのである。絶えず様々な情報によって左右される世界である。インサイダー取引とかありまさに特別な情報を得たりすると大儲けすることができるのが株の世界だからである。

いかに説明能力を説明責任を果たすか?それはどこでも求められている
今回買った盆栽のような手のこんだものも水やりはどうだ,日にあてるのはどうだとかどうしてこれが作れたのかとか,いろいろ説明すべきことがあったが聞いたのは一部だったそしてやはり焼き物を売っていた人もいろいろ聞かれるという,それに答えるとまた買ってくれるとかいう,つまり情報社会とはそうして何でも説明能力が必要とされているのである。
説明すること自体に価値が生まれ社会である。
みんな商品を買えば売ればいいと思っているが商品についての説明が大事になる
そこに実は価値が生まれている社会なのである。

パソコンなどまず買っても使いこなせないからその使い方を教える方にかえって時間と金がかかる,それでそれを商売にする,パソコンでも今や使い方は金を払っているしそれもうなづける,使い方に金を払うというのは何か抵抗があるが情報社会とはそうした説明してくれることに金を払う時代だという認識が必要である。
まずソフトなども使い方がめんどうで簡単に使いこなせないのである。
ただ使いこなせると芸術家でなくてもそのスキルで自分がしている抽象画などができるのが情報社会なのである。自分は全く絵の能力かないのに絵を描いているという不思議があったからだ

だから商売としては別に本当は小さな小売店でも今は電器店でも高齢化社会になると使用するのが複雑になる,でも量販店では説明してくれない,すると親切に説明してくれる,使い方を教えてくれる街の電器店でも商売できるとかにもなる,そういうことでなんとか維持している店もある
ただ情報化社会がどういうものかわからないから品物は買ってもそれに対しての説明とか使い方を教えないしそれに消費者も金を払うという意識がないのである。
ただこれだけ複雑な社会になるとどうしてももう個々人では対応できないのである。
それで自己責任にされるのは無理なのである。
ただ情報に金を払うという意識が未だにないことが問題なのである。
みんな情報がただと思っている,インターネットだとまたそういう意識がある
最先端のインターネットでも情報に対して無料だということになった
情報化社会とは情報に価値が生まれそれが利益となる社会なのである。
それが過渡期であり理解されていないのである。
タグ:説明責任