2017年12月16日

人間の不可解 (有能でも成功しない-神が関与しているためか?)


人間の不可解

(有能でも成功しない-神が関与しているためか?)

人間はそもそも不可解である。普通だったら有能な人間が成功するはずなのである。みんな有能なことを望んでいる,有能になるために努力している
では世の中で本当に有能な人が成功しているかとなるとしない
かえって有能すぎて失敗している人もいる

一人親方だった人は有能である。大工でも優秀である。庭仕事もできる,あの人はなんでもできる,体力も柔道の有段者のように強い,しゃべるのもうまい,だから人と接するのがうまいから営業で成功するから事業したら成功する
その他いろんなアルバイトもできる,焼き芋売りとかもしたとか何でもできるのである。だから自分は感心して見ていたのである。

でもこの人はあらゆる面で有能すぎていろいろなものに手を出しすぎていたのである。
ブラックなものにも手を出していた,そういう方面でも有能だったのである。
とにかく交渉力もあるから何でもできる,でもなんでもできることがいろいろなことをしすぎることでブラックなことにも平気で手を出す
ただもうければいいというだけになる,それだけ有能だったらブラックなものに手を出す必要もないのにさらに金儲けのためにやる
原発が建つとなると景気良くなると賛成していたのである。
その人は金儲けのことしか見ていない,だからいくら有能でもその人は有能なのかともなる

器用貧乏の特徴

なんでもそつなくこなす,対応力がある,でも一つのことを守り通すことなどができない何でもできるから手を出さなくてもいいものまでする,能力がありすぎてそうなっ,ているのも皮肉である。

有能だというとき時と所によっても違ってくる,戦場では戦争がうまい人を平気で殺すような人が有能とされる,それは非日常の現場でありそういう所で力を発揮する人はまた有能なのかともなる
人間はあらゆる面で有能な人はいない,人間が有能だというとき何かに限定して有能なのである。事業を起こした人は電気関係では有能だった
でも自ら事業を起こしたとき失敗した,経営とかまた別な能力が必要だからである。
経営は商売人になることでもある,経営と機械関係に詳しいとかは別な能力なのである。でも理系で電気関係で有能だから経営もできると自分では思って失敗した

何かそうして人間の有能さは神のような万能ではない,ある一分野でしか有能になれない天才だってそうである。生まれつき恵まれた天分をもって生まれてきたからといってそれが社会で有能にされるとは限らないのである。
なんかそれだけ天才であっても十分に能力が発揮されなかったなともなる
例えば英雄だってまず平和な時代だったらいくら有能でもその能力を発揮できない
そういう場を与えられない限り発揮できないのである。

家康が天下をとったのは別に家康が有能というわけではなかった,天才だったのは信長と秀吉だった,家康は平凡だったとされる,ただ長生きしたことと運が作用してそうなったといわれる,信長は本能寺の変で死に秀吉も死んで残されたのが家康だけだったからだと言われる,そういう運に恵まれていたからだともなる
武田信玄も病気で死んだとかいろいろ家康の時代になるまでにあって最終的に家康が天下を治めたとなる
家康が別に特別の天才でもなかったのにそうなったのである。

人間有能であることにこしたことはない,みんな有能になりたいのである。体力で強くありたいのである。自分も無能だから体力もないから有能でありたいと願って来たのであるただ人間は何か強いと思ってももろいなとつくづく思った
一人の身内は本当に女性でも男が恐れるほど強かった,でも認知症になり信じられない弱者と化してあえなく死んだ,これも信じられない死だった
最後の言葉は「俺は優秀だった」と言って死んだのも悲惨だった

人間は例えどんなに有能であっても無能化される恐怖を感じたのである。
人間が有能だというとき原発を作ってそれを運営した人達は科学者であり今の世の中では一番優秀なエリート集団だったのである。
でも事故で無能化されたのである。
そもそも人間の有能さとは賢さとは何なのか?それ自体が疑問になる
人間は賢いから原子力を作り核兵器を作った,でも核戦争で滅びたとなると最高に馬鹿だった愚かだったのが人間だったとなる

人間は神から離れて絶対に賢くも有能にもなれない宿命がある

全能の神なら賢くなれる,有能になれが人間はなれない,いくら有能だと思っても極一部のことで有能にすぎないのである。
そして何でもできる器用な人も器用貧乏とかなる,なんでもできるからとブラックなことにも手を出すのは疑問なのである。なぜならそんなことしなくてもその人は有能なのだから稼ぐことができるからである。
ただその人は金をもうけることしか考えていないのである。
そんなことみんなそうではないといえばそうなる,でも何が欠けていたのか?
肝心なモラルが欠けていたのかもしれない,いくら有能だってモラルが欠けていたらそれは人間として大きなものを欠けることになる
核を発明して原発を作り核兵器を作る有能さがあるがそれで人を殺すのにつかったら科学者は有能だったのかとなる,人類は核戦争によって滅亡させるからである。

人間は有能であることが無能に通じている
人間は強いことは弱さに通じている

人間はいくら有能になろうとしてもなれない,有能だと思ってもそれが無能に通じている認知症になれば人間は無能化される恐怖をまざまざと見たからである。
いくら体が強くても病気になれば全くはかなく死んでゆく
人間はどんなことをしても絶対的に有能な人間になりえない,超人を唱えてもニーチェは無能人間になった,つまりなんらかで人間の奢りは神によって砕かれる運命にあるのだ
人間は神なしでは有能になれないのである。
人間はいかにもろいものか様々な死を見ていたら実感するからだ

そういうことは聖書で説かれている

『旧約聖書』「コヘレトの言葉(伝道の書)」(9・11)に見られることば。「足の速い者が競争に、強い者が戦いに必ずしも勝つとは言えない」。まじめな人が報われるとは、限らない。善人が、幸福をつかめるとは限らない。知恵のある者が、勝利をつかむとは限らない。

見よ、主、万軍の主は/エルサレムとユダから/ささえとなり、頼みとなるもの――すべてささえとなるパン、すべてささえとなる水――を取り去られる。

 すなわち勇士と軍人、裁判官と預言者、占い師と長老、 五十人の長と身分の高い人、議官と巧みな魔術師、老練なまじない師を取り去られる。 わたしはわらべを立てて彼らの君とし、みどりごに彼らを治めさせる。 

あなたを導く者は/かえって、あなたを迷わせ、あなたの行くべき道を混乱させる。 (イザヤ)

だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする 者は高くされるであろう。
( 箴言16)
高ぶりは滅びにさきだち、誇る心は倒れにさきだつ 。 ダニエル
高ぶり歩む者は低くされる。

これは何を意味しているのか?現代に合わせればやはりこの言葉を活きている

すなわち勇士と軍人、裁判官と預言者、占い師と長老、 
 五十人の長と身分の高い人、議官と巧みな魔術師、老練なまじない師を取り去られる。 わたしはわらべを立てて彼らの君とし、みどりごに彼らを治めさせる。

 なぜこんなことが言われるのか?要するに上に立つものは有能とされてもあてにならない有能だからこそあてにならない,軍人とか裁判官とか予言者でも偽りの予言者がいる
身分の高い人はあてにならない,その人たちが民を守ってはくれない
今は政治家などは自分のことは考えても民のことは考えない
偽りの予言者はカルト教団なども取り去られる,現代なら科学者もこの中に入ってくる
科学者が今の世の中では一番有能とされているからだ

そしてみどりごに治めさせる

これはなんなのだろうか?みどりごにどんな能力があるのかとなる
神が指導者にしたのはみどりごだということである,それは最も無能なものなのである。その意味するものはなになのか?
人間はいくら有能でも有能でありえない,だから人間が有能だと思うとき無能にされるのである。みどりごは何の有能さもない,無能だから治められるともなる逆説がある
みどゃごは高ぶることはない,この世で高き地位あるものは卑くくされる
だから意外とこの世で地位ある者は天国に行けないという逆説がまたある
天国にはこの世で卑くくされた者がいるとなるのである。

こういうことは老子とか荘子の思想にもあった,無用の用というとき有能なものを否定していたのである。無用の中にこそ用があるという逆説である。
だから老子は政治を否定したアナキーになったのである。
人を治めようとする有能なものがかえって害になる,かえって治めない方がいいというときその逆説を語っているのである。
だからここには東洋思想との共通性がある。そもそも宗教は東洋から生まれた
イスラエルまでは東洋なのである。アジアなのである。
宗教の淵源はアジアにあるから共通性があるとなる
インドの思想でもなぜ座禅とかするのか,無用者になっているのか?
禅宗では大愚とか愚かなることを悟りのように見るのも不思議だとなる
禅宗とかでもヨーロッパのキリスト教から見ると理解しがたいものになる
ヨーロッパのキリスト教だと修道院から資本主義が生まれたというとき常に勤勉なもの働くものとしての思想があったからである。
瞑想があったとしてもそれはアジアのものでありヨーロッパでは勤勉に神のために働くという思想になったのである。

ともかく人間はどんなに有能だと思っても無能化する,どんなに体でも何でも強いと思っても弱者化する,それは国でも同じである。アメリカが大国が強いとは限らない
いつも大国が強いものが勝つとは限らない,だからそこに世界史にも神が関与していると聖書では見ている
国も栄枯盛衰がありいつまでも栄えた国はないからである。

人間が不可解だというときそこに人間だけでは解きあかせないものが必ずあるからだ
それは科学的なものでも人体でも何でも科学者が解きあかしたわけではない
常に不可解なものが残る,塩分が悪い高血圧になるというのもその説も嘘だったとかなる個々の人生でも不可解なのである。自分なども危険な所で死んでいたかもしれない
でも生きていたのは神の関与があったからだったとのかともなる
それでも死んでいる人は死んでいる,それはなぜだろうとなる
ふういう不可解は個々人ではいくらでもあり解明されないのである。
神の関与があるとするときそれとは結局神しかわからないかそうなる
来世のこともわからない,それは神のみぞ知るとなるからである。

冬薔薇五句 (芸術も修行者として真善美を追及する)


冬薔薇五句

(芸術も修行者として真善美を追及する)
winterroseeee11_FotoSketcher.jpg


塵つかず一輪静か冬薔薇

冬薔薇ことに美し籠もるかな

冬薔薇今日も散らずや石に映ゆ

冬薔薇黄色にほのか赤み帯ぶ

冬薔薇待つ人あれや田舎駅


冬の日や墓を並べてここに終ゆ故郷あわれ我も眠らむ

薔薇は夏の季語であっても春にも咲くし秋にも咲いているし冬にも咲いている
意外と秋の薔薇もおもむきがありいい,冬薔薇はさらに季節で花が凍るような美しさがある,空気が澄んで塵もつかないとなる
芸術は俳句でも似たような類似俳句がある

白菊の目に立て見る塵もなし 芭蕉

これとにているのが塵つかずになる,知らずと覚えていて参考にして俳句は作られる
これまで作った薔薇の句だけをまとめると一つの薔薇の連作の作品となる
ただプログではどこに書いたのかもわからなくなる
だからそれをまとめようとしているのだかめんどうになる

自分はここ何年かも家のあとかたづけに追われている,片づけても片づけても片づかないのである。本を整理して片づけるのも容易ではない,本もなかなか捨てられないのはまた参考にして利用すると思うと捨てられないのである。

いづれにしろ俳句とか芸術でも一つの修行にもなる,芸術にもいろいろあるが本来は身を清めるための修行の要素がある,純な自然を見るには心も純なものを保たなければならないからである。
それは宗教にもなる,でも今の宗教はそういう場ではない,この世ではかえって汚れた場所になっているのだ。

金でも大きな金を賽銭に投げるのは欲深いやつだ

1000円賽銭入れるから神様お願い
2000円,3000円,一万にして福を与えてくれ

宝くじをねらうようにして願いをかける,神様は銀行でもない,利子つけて金を返してくれるわけではない,実はその金は放蕩する宮司とかくだらない人に入っていたのである。

要するにカルト教団でも神社でも人間の欲にまみれたところなのである。
そんなところで宗教を追及しているのは暴力団に入って宗教を追及しているのと変わりないのである。人間の様々な欲望が肥大化して集まる場所が宗教の場になってしまったのである。またそういう人を受け入れるからこそ選挙の票にもつながるのである。
まず人間の欲を否定したら人は集まらないからである。
それで面白いのはやはり大都会の神社が賽銭が多くなるのはまさにねそうである。
人が多いからそれだけ欲望もふくれあがり賽銭が集まるのである。
だから都会の宗教は経済と政治しかないのである。

本来なら山に籠もり節制して身を清め修行するのが宗教だったからである。
今の宗教にはそういうものがほとんど一切ない,ただ欲望の無限の追及しかないのであるそれは神社でも仏教でも同じである。
だからそんなところに行くのは世俗の欲深いやつでありそういう所に交わる人もまた汚れるし汚れているからそういう場に行くのである。
そんなところにもし心を清めるとしたら行かないからである。
賽銭にはこの世の欲がこびりついているのである。
その賽銭もただ今回の富岡八幡神社の事件のように放蕩して消尽されたとなる
そんなところに賽銭を投げる人も同類だともなってしまうのである。

墓を並べて眠る場はやはり因縁深い場だったのか?ふるさとはやはりそうなるのか?
自分もあの墓地に墓に眠るのかともなる
冬の日はやはりしんみりとして墓も鎮まる
毎日自分は自分の家の墓地の前を通っているから供養していることになるのだ
故郷から離れたいと思っていたが故郷は因縁深いから離れられない宿命にもある
ただこの辺では原発事故で避難して故郷さえ失った人が多いのである。
タグ:冬薔薇