2017年09月16日

病気とブログと私 (心に青雲の都築氏の病気との戦いそして死)


病気とブログと私

(心に青雲の都築氏の病気との戦いそして死)

//kokoroniseiun.seesaa.net:80/archives/201112-1.html

ここに都築氏の病気の姿勢が書いてあった。


私は平成14(2002)年11月に腎不全で入院し、人工透析を受けなければ死ぬと言われて、とうとう障害者の仲間入りをしてしまった。

なにも社会に恩返しもせず、ただボケ老人となって週3回、病院のベッドに寝そべってカネをかけてもらうというのはみっともない。なかには完全にボケ、植物化しているのに、家族の「生きているだけでも…」というわがまま、もしくは生きていさえすれば年金をもらえることを狙いに、意味のない透析をさせられている者もいる。

返す刀でというか、私はブログでしきりに弱者の甘えを叱った。不妊症の女性が人工授精に走ることや、鬱病、ボケ老人、被災地の避難所で昼寝している怠け者などを叱った。
 それに対して、お前は健常者だから他人の痛みがわからないのだと、猛烈な罵倒を浴びることとなった。

 私だって障害者なんだ、弱者なんだとは言わなかった。



この姿勢には感心する,人間はどんな人でも病気には弱いのである。
自分も自分の病気と介護で苦しんだことをプログに書いた
都築氏からはそうした苦しみが伝わってこない,プログを読む限りそういう弱さを感じない,吐露していない,だから何か病気なのかと読んでいた
ただプログからだけではその人のことはわかりにくい

そもそも人工透析でそんなに生きられるのかということが理解できない
2002年からはじまり2017で死んだとかなる
30年も透析していた人もいるから驚きである。
要するに他人の病気というのも理解しにくいのである。
自分の病気なども何の理解もされなかった,ただその病気をいいことに責められたたげなのである。
人間は他人の苦しみを理解することはむずかしい

都築氏の感心するのは死ぬ直前までそういう病気の苦しさをプログではみせなかった
そして体の調子が悪いと書き込みがなくなって一カ月くらいで死んだのである。
寝たきりになり介護状態にもなっていない,死ぬ直前までプログに書くことに情熱を注いでいたのである。
それは意味あることだった,透析で金を使わせてもらい生かしてもらっているからという負い目がありそれで何か社会に役立つことをしてたいとそうしていたのである。

だから他人の介護と老いとか病気に厳しいから批判があった
自分が病気になのにそういう人達に同情しなかったからである。
現実に最後まで強気だったしそういう同情も要求していない,俺はこうして病気で苦しみながらプログを書いているんだよとか同情をかうようなことをしていないのである。
自分などは延々と書いていたのである。別にそれで同情されたこともないけどそうだった

死んでから思うのはそういうふうに苦しいものとして読んでいなかった
今思うと必死になって書いていたのかとなりそのことで書いたことの重みが残った
もっと日本文化面でも展開することがあった,それだけの多様なことに造詣が深かった
日本文化を追及しているのでそのことに共感していた

なぜこういうことがプログで起きたのか?
それはインターネットはプログは生放送なのである。
本とはできあっがものであり性質が違っているのである。
刻々自分の生きている,感じていることを書いているのである。
だからそうして日々書いていることは日々生きていることを伝えていたのである。
それが突然中止となったとき死んでいたのである。
本だったら有名な人でも日々は出していない,一年に一回とかだろう。
本は一冊で完成されたものとして書いてあるし死んでもそのように読んでいる

プログは毎日書いている,それは本とは違って日々の生きているその人の鼓動が伝わるようなものになっている
ただそうして他人のプログを毎日読んでいるのはわずかである。
自分は三人しか毎日読んでいない,第一それだけのものを書ける人はプログを書く人ではまれである。
だから熱心にアジ演説をしていた人が急に倒れて死んだという感じになったのである。
だから今でも死んだように思えないのである

ただインターネットは今までとは違いそういう人もでてくる。軽いメデアとも違い命をかけて書いている人もいるということに気づいた
それは日々の生放送なのである。
ただ都築氏の場合,他だったら癌のことをプログに書いているがそれは苦しみを書く,そういう病気のことはほとんど書いていない,文章からそういうものが全然感じられなかったのである。
だから死んでみてそこが一番不思議だった,自分は直接つきあいがないからわからないこともあった
でもプログを読んでいた人がみんなつきあいがあるわけではない,ただプログからしかその人のことはわからないのである。

だから都築氏のインターネット上でのプログで書き続けた死というのは今までにはありえない死だったともなる
今までインターネットは架空のことだとか重いものと感じていない人が多かった
今や命をかけて書いている人もいるという時代にもなったのかとなる
日々の生放送として伝えることができるということが今までのメデアと違っている
ただインターネット上でプログを書きつづけて死んだということが今でも何かその意味がのみこめないのである。

いい自転車に乗っている人がいた (駅はいろいろ人がきて休んだりする場所でもある)


いい自転車に乗っている人がいた

(駅はいろいろ人がきて休んだりする場所でもある)


「これは外国製だな」
「フランス制か」
「自転車はヨーロッパがいいですよ,本場ですから」
「でもシマノはやはりこのロードにも使われているな」
「シマノはたいだい使われている」
「自分もドイツ製の折り畳み自転車買ったけど
これどこで買ったの?」
「相馬市だよ」
「どこの店?」
「相馬市に外国製の自転車買える所あるんだ,原町に佐藤自転車屋あるけど,あそこでは外国製の自転車売っているよ,いつも試乗して買ってくると言っていた」


あのロードはいくらくらいしているのか?値段は言わなかったが30万以上しているかもしれない,相馬市でも高いロードに乗る人がいる,この前きたのは仙台からかもしれん,
自転車はまず高い自転車は確実にいいのである。それは間違いないのである。
いい材料も使っているからそうなる。高いものを買って損することはないのである。
自分も25万でヤマハの電動自転車のロードを買ったがいいものであり損したとは思わないのである。
その人は電車できたのではなく駅に休むために来たらしい
駅は何か街の中心でありランドマークとしてくる人がいる
そういう機能がある,ここには道の駅はないからだ

あといたのは病気になっているとか生活保護受けている老人だった
前も事業に失敗した人も病気で生活保護だったらしい,何か外から来る人はそういう人が多い,落ちこぼれた人が多い,
第一履歴書も書かなくても働けるのはこうした建築関係とか除染でもそうだがそういう人である。

もう一人はいわきナンバーの人であり双葉とか大熊とか浪江辺りの人である。
原町から待っている人が来た,車で乗って去った
いわきナンバーの人達も相当来ているのがこの辺である。

ともかく駅は警察に通報されたり嫌な目にあったがいろいろな人の出入りがある場所なのである。
今まで駅は電車に乗るだけの場所だとして利用していたのである。
駅で話したことないのである。
ふらっとちょっと寄ってもいろいろな人がいるのである。
相馬市から来る人が結構いた,厚生病院に相馬市から来た女性もいた,それはなぜか?
この女性もなんらかの関係で相馬市にいても鹿島の病院に来る必要があった
この人もやはり大熊や双葉や浪江などから移住してきた人なのである。
そううい人がこの辺では多いから当然いても不思議ではないのである。

今日は駅内に原町の駅員が来てビラ張りをしていた。駅は人の出入りが多いか宣伝の場にもなる,あれは結構目立つだろう,インターネットだと宣伝してもなかなかわかりにくいのである。使わない人もいるから宣伝効果があるとも言えない

ともかく駅は電車に乗るだけではないその他に人が集まる休む場にもなっている
毎日ジュースを飲みに来る老人がいる,あの人は毎日何もしない,何か生き生きしていない,人間は目を見るとそれがわかるみたいだ,何もしないと生きがいがないと目が死んでくる,とろんとしている
自分の家族で認知症になったのも退職してから生きがいをあるものを見いださずなまけるばかりだっからである。それが実際は老後で怖いことのなのである。
だんだん心も死んだような状態になり認知症になる度合いが強くなるから怖いのである。これは明らかに高齢化社会の大きなテーマとなっている
その準備は退職してからでは遅い,老人になったからといってすぐに何かできるわけではない,今まで積み重ねたことしかできないからだ
パソコンだって自分ができるのは今まで20年とかしているからである。
でも実際はパソコンのことは良くまだわからないしめんどうなのである。
自分は機械が苦手だからである。

ともかくふらっと駅によりそこに誰かがいて話したりするのは気張らしである。
社会にはそうした場所も必要なのである。小さな街だってどういう人が住んでいるのかもわからない,それが多少でもわかるし外からの人も来て生の情報を得ることもある
実際原町でも相馬市でもわからないことが多いからだ
外国製の自転車を売っている所があるというのもわからなかったからである。
近くでも意外とわからないことが多いのである。

南相馬市の萱浜はカイハマでありアイヌ語地名か? (真野の萱原の歌は萱浜(カイハマ)のことか?


南相馬市の萱浜はカイハマでありアイヌ語地名か?

(真野の萱原の歌は萱浜(カイハマ)のことか?

kayaharaaa111.jpg


●東北地名に残るアイヌ語地名

アイヌとエミシの先祖は、後期旧石器時代あるいは縄文時代において、かなり近縁な種類の人々であったと思っています。

そして、同じ「蝦夷」でも中世以降の北海道人は「エミシ」ではなく「エゾ」であり、「エゾ」の子孫はアイヌだと思います。「エミシ」と「エゾ」は違います。


 この本では、東北地方でドングリの総称を「シダミ」と呼んできたと記している。そう言えば、岩手や青森には「豆シトギ」という餅状のお菓子がある。大豆を素材とする甘味としては宮城・山形の「ずんだ」よりも洗練されているとの評価もあるが、この「シトギ」は「シダミ」と語感が似ているが何か関連があるのだろうか?

 アイヌ料理にも「シトギ」という餅料理があるが、こちらは、大和語の借用と言われている。



アイヌ語のオタ(砂)オル(多い)からタルに変化して「垂る」の字をあて「垂れ」とよみかえたものか。

- 比内
φ 佐比内。比の沢
A 小比内
圃火沢
φ 猿飛来
. 檎(ひ) (沢) (内)
. 檎(ひ)の沢
。檎(ひのき)(沢)
{F 槍木(ひのき) (内)
~ (沢)

福島県以南の分布は以北との聞に断絶があるようでもあり,あるいは北関東にまたがる分布は文字通りの「ひのき」の意かもしれ
ない。しかし・南の分布も「沢」地名であり,文字の構成も北の分布と共通している。

これがアイヌ語地名に由来している,秋田県と青森県に多い,檜(ひのき)は木のことではない,檜枝岐(ひのえまた)もそうである。


●南相馬市のアイヌ語地名?

最近江垂について書いた,江垂(えたり)はタルがアイヌ語のオタ(砂浜)がなまったものだという指摘,それはその地形からしてあっている
江垂は海に面して砂浜のあったところだとなる
それは津浪で六号線の江垂りまで来ていたから具体的にわかった
そして桜田山の下に縄文人の遺跡がありそこから魚の骨や鹿の骨などが発見された
つまりちょうどその江垂から砂浜になった奥でありそこに住居があったとなる
位置的にあっているからだ

shidokeeee1111.JPG

そして原町の海岸に雫(しどけ)とある,これはシダミでありそれがシドキとなった,アイヌ語から来ている,それは食料だったのである。
東北地方にはアイヌ語が地名として残されているというとき蝦夷とはアイヌなのかとなるそれは学問的にもわからないのである。
わかっていることは漁労とか狩猟とか採集であ生活形態が同じなのである。
それは縄文人もそうである。つまり人間を分類する場合人種ではなく生活形態で分ける
羊を飼う遊牧民と農耕民でもそうである。それは人種より差が大きいのである。
だから遊牧民と農耕民は互いに理解できなものとなり争いとなる
それが万里長城を作ったのである。

だから日本でも蝦夷とかアイヌとかあれば稲作をする,米を食べる人達との生活形態の相違で区別されていたのである。蝦夷とはアイヌのように漁労,狩猟,採集を生業としている人達のことである。
だから同じ日本民族と同化させようとしたとき稲作を普及させたのである。
だから原町に雫(しどけ)とあるときそれは採集を生業とするからそういう地名となったのかとなる。
蝦夷(エミシ:エソ)は海岸を中心に生活していたからエのつく地名が多いとなる
海老でも(エヒ)でありエは海の意味だとなるからだ
そういう地名はだから一番古い,縄文時代にも通じる地名だともなる

●真野の草原(かやはら)と萱浜(カイハマ)の謎

この謎は深い,北海道は北加伊道が北海道となった,加伊はそこに育ったものとか住んでいるものとかなる,カイとはアイヌ語でありアイヌの人達はカイとも呼ばれていたのである。
原町の萱浜(かやはま)は前はカイハマだった,そのカイは甲斐の国にこじつけられて地名伝説が生れた,その地名伝説はたいがいあとから来た人がこじつけてつくられたものなのである。
カイとはアイヌ語なのである,そしてなぜカイがカヤとなったのか?
それはやはりなまったからだとなる

そして真野の草原という万葉集の歌は草原という地名が真野郷にはない,これが最大の謎だった,でもカイが萱浜(かやはま)になったように草原(カヤハラ)も同じだとなると
そもそもこの辺にカイというアイヌの人達が住んでいたのかともなる

説としては

●カヤはカイでありアイヌ語である(有力)

●草原(かやはら)-萱が繁っていた

●伽耶(かや)国に由来している

●ツノガノアラシト系の渡来人の系統に由来する

まず草原(かやはら)というとき真野郷内に地名がないということが最大の謎であった
でも真野郷の隣にカイ浜があり萱浜(カヤハマ)になっている
それは近辺に雫(しどけ)でもアイヌ語系統の地名がある,とするとすぐ隣のだから真野の草原(かやはら)とは広い地域としてあり萱浜(カイハマ)も入っていたとなる
そう解釈すると地名が確かにあり説得力がでてくる
ただ石巻には真野という地名がありその中に萱原(カヤハラ)があり一致している
致命的には一致している,ただ発掘物とか最近の研究ではどうしてもこの辺が真野の草原の地域だとされる,石巻の真野の萱原だとすると遠すぎるのである。
ヤマトから進出した人たらは渡来系のツノガノアラシト系などは末続とか小高の角部内(つのべない)とかありこのナイは小さな川の意味があるからツノベとナイというもともとあったナイとアイヌ語の川という地名が合体したのかもしれない

このツノガノアラシト系に津神社(つのみや)神社が海岸線に多い,これはツノミヤでありツノガノアラシト系の神社だった,それは青森の津軽(ツガル)もツノガノアラシト系であり青森と交流も福島県であった
そしてアイヌ語圏は北海道から東北地方にありその境目がこの辺だった
つまり真野の草原(かやはら)の地点だったのである。
ヤマトの勢力圏に入るのとアイヌ語圏との境目が真野の草原(かやはら)の地点だったのである。
海老が車輪梅の南限の地としてあった,それは自然境界であり歴史的境界ともなり一致していたのである。そういうことは自然境界と歴史的境界が一致することがある
ライン川はローマ帝国とゲルマン民族を分ける境界であり自然的境界であり歴史的境界となっていたのともにている

そして確かに伽耶国というのはなじみがない,でも笠女郎(かさのいらつめ)は前にも考察したけど吉備の出身でありそこは伽耶国と深い因縁があり歴史的にもその証拠がの残されているのである。
笠というのは笠とはなんの関係もなく加佐という韓国の地名だったのである。
笠と名のつくのは韓国系統の名なのである。
埼玉の稲荷山鉄剣に記されていた名に加差披余(かさはよ)がいる,これは笠になった,笠原氏なのである。それは明らかに吉備の国の笠に通じて真野の草原の万葉集の歌を残した笠女朗に通じている,笠女朗は笠系統の人でありそれは渡来人系統にもつながる女性だったのである。何か遊行女婦(うかれめ)のうような女性ではない
古代にあれだけの歌をそういう女性が残せるわけがないのである。
相当に教養がないと残せな歌だったからである。
なぜ古代に渡来人がこんなに関係していたのかとなると産鉄族として鉄を作る技術集団だったからである。だから一方でカヤは鉄と関係していたともされる
海岸沿いに砂鉄があり鉄作りしていたことは遺跡からも明確であるからだ。
そして笠女朗というのは吉備の出身でありここは伽耶国の人が移住した地域であり吉備は真金吹く・・・の歌で有名なように鉄の生産が盛んな所だったのである。
そして吉備は会津とも深い関係があったから福島県全体に深い関係があった

ただこの四つの説でどれが有力かとなるとなかなか判定しにくい,伽耶国といってもこれまた何かまだ証明するにはむずかしい,有力となるのはやはりこの辺一体にアイヌ語地名が残されているというときやはりアイヌ語のカイが有力になる
つまりこの辺全体の地名からその共通性があるからだ
ただ問題は真野郷からはずれているがすぐ隣なのだから辻褄はあうのである。
そこは桜井古墳もあり泉官衙(かんが)跡泉廃寺跡もあり真野郷として一体であったのかもしれない

いづれにしろアイヌ語だとするとそれは今北海道にいるアイヌのことかとなるとこれも研究者の間では明確にされない,今いるアイヌとは別だとされている
その謎は解明されていないのである。

posted by 老鶯 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)