2017年09月04日

インターネットはプログは重要なものはログをとって読む (リンク先のログはとっておくー「心に青雲」のログが死亡してなくなる)


インターネットはプログは重要なものはログをとって読む

(リンク先のログはとっておくー「心に青雲」のログが死亡してなくなる)


インターネットをどう利用していいのか?その著作権とかリンクとか何かなのか良くわからないのである。
「心の青雲」の都築氏が死んで考えた,ログが二カ月分残っていたものがあった
でもたったの二カ月分だけだった

自分のリンクしたログは残っていない,どこにあるのかもわからない
もうリンクはたどれないのである。

だからインターネットは特にリンクをはったりしたらそのログは記録しておくべきだったそうすればこの文にリンクを張り書いたとなり死んでわかるからである。
こういうことはインターネットも高齢化社会になると起きてくる

ただグーグルとか他の機関でログをとっている場合がある,つまり本と違って電子空間は膨大な記録を保存するのは簡単なのである。
本だったらかさばるし国会図書館でも保存でときなくなっているのである。
本ももう膨大なものであり保存すること自体不可能になっているのだ
ただ電子空間なら膨大なログを保存できるのである。
書斎もいらなくなるのである。

ともかくインターネットはどう利用していいのかわからない面がまだまだある
まさか「心の青雲」都築氏が死ぬとは思わなかったからである。
ただ17年も透析していたとなるとそこから死もありうるのかと想像する
でもそれを知らなければ透析でも元気にしていられるのかと思ってしまう

ともかくインターネットの電子空間ではログをとることが不可欠である。
突然消えることもあるからだ
ただ何かそれも容易でない面がある,めんどうになるのである。
ただグーグルとか東京大学とかではホームページとかプログでもログを巡回して集めているみたいだ,どこかにそうした機関があり記録されているかもしれない
図書館に本を集めるより技術があるなら簡単にできるからだと思う
それはどんなに膨大でもできる,それが電子空間の記録(ログ)なのである。

つまり技術がある所ではプログでも日付順でそっくり残せる
するとそれは本と同じになるのである。
ただ十年二十年とかなるとどうなるのかわからない,記録が呼び出せなくなるかもしれないからだ

ともかく「心に青雲」の都築氏のプログが内容があったからログをとり再検討すべきものだった,幅広い分野に批評できるものがあった
文学とかの分野でもっとその批評を書いてもらいたかったのである。
批評家として優れたものをもっていた,それがわからなくなったのは残念である。

記録というのは人間で大事である。
なぜなら自分で書いたものでもこんなことを書いていたのかと発見している不思議があるつまり人間はとにかく忘れやすいのである。だからその都度書いたものでも忘れる
何でもメモしておけというとき忘れるからである。

人間は最後は記憶や記憶がその一生になる,認知症になるとまさに記憶に生きるのでありそれが人生だとなってしまうのである。
だから記録がない記憶が消えることは一つの死を意味しているかもしれない
記憶が残り記録が残れば何かを過去を知る,墓でもそうである。
一行からでも何かその人の過去を知るということがあるが記録も記憶も消えたらその人はこの世にあったこともわからなくなる
直接接しなければ本とか記録からしか知り得ようがなくなるからだ

とにかく「心に青雲」の都築氏の死はインターネットの中での大きな事件だったかもしれない,こうなることは予想しなったからである。
だからインターネットの利用方法がまだ成熟しいないということがこれでもわかったである。

何か不思議なのは死んで一カ月にもならないとすると生々しいしまだ生きているのかともなる,何かまだプログに書き込みするのかとも思ってしまう不思議がある
何かインターネット上では死んだという実感がわかないのである。
電子空間の中での死となるとそれはまた普通の死とは違う,でも現代的死でもあるのかもしれない,毎日数年間も読んでいたらやはりその死の感じ方は違う
何かまだプログから発信している,書き込まれている感覚になっているのだ。

人間の歴史は公平と平等の追及 (人間には裁く力がないー核で国は守れない)


人間の歴史は公平と平等の追及

(人間には裁く力がないー核で国は守れない)


平等に権利を得た。公平に権利を与えた。

インターネットのキーワードの検索でこのことが出ていた
平等とは何か,男女の差があっても平等にしろとか能力の差があっても平等にしろとか
生れた出自で生まれつきの家がらに関係なく平等に扱いとか人種で差別するな平等にしろとか平等にしろというとききりなくある

平等の語源は仏教の教理そのものを象徴する語で,全ての衆生はみな均しく悟りに至る資格を備えている,

ヒンズー教ではカーストのよう差別があり釈迦はその差別を廃して衆生が仏の前に平等だとなる,悟ることができるとされる
宇治の平等院とか平等寺とか四国の遍路などにあるのもそのためである。
日本では平等という概念は仏教からはじまっていた,漢字化されたなかには仏教から入ったものが多いのである。
女性は汚れたもので成仏しないとか何か差別されていた,ただ仏教では女性も悟れる,仏の前では平等だとされた,仏教によって平等の権利を得たとなる

人間の歴史をたどれば平等と公平を求める歴史だともなる
そのための闘争だったともなる,フランス革命で貴族階級が倒されたのもそうであり
それは庶民からすると平等ではないとして庶民が反乱を起こしたからである。
人間は必ず何らかの格差が生れる,金持ちと貧乏人が生れる
それが平等でないとなる

でも平等を追及しすぎる個々の個性の差や能力の差や様々な差を認めない,悪平等になる何の能力もないのに努力もしないのに平等を求める
そのことが不平等になる,平等を求めすぎるとかえって公平でなくなる
それが現代では極端化して男女平等をもとめてかえって女性が苦しんでいるのである。
そもそも女性には男性に伍して働く能力がないのである。
それを平等にして働けとなれば女性が苦しむ,女性の能力は別なものに生来あるからだ
平等をあまりに追及してかえってそのために女性の能力を発揮できないとなっている

例えば四角,三角,丸,とかあるとしてみんな平等で同じだとするときただ一つとか二つとか数で数える,するとその形の個性は失われるのである。
平等というときこうして数字的に還元することが多い
どんな人でも一票の権利があるというときもそうである。一人が二票をもつことはできない,そうしたら不平等となるからである。
これも一見いいようでも悪いものともなる,老人が一票もつのも若い人が一票もつものもみんな一票だとなる,そこで老人が多いのだからシルバー民主主主義になり社会がゆがめられる,平等なようで不平等にもなっている弊害がある。

suujiiiiiukeiii1.jpg

公平というときはまた違った意味がある
スポーツだと何かルールを決めてしている,そのルールを守らないで勝つことは公平でないフェアではないとなる
例えば格闘技で体重制になったのは体重差があればフェアでとなるからである。
大きいものはどうしても小さいものに勝つ,柔道では大きなものを小さなものが倒すということがあったが確率的にはどうしても大きなものが有利になるから体重制にした

でも国際関係とかになると大きな国がアメリカのような国が小さな国をふみにじる,中国でもそうである。その差が大きすぎるから対等の戦いができないのである。
だから北朝鮮がまるで巨人のアメリカと対等に核で戦っている
核があるが故にかえってフェアになっている,アメリカだけが核を使い小国は使っていけないのかとなる,それはフェアではないとなるからだ
何でも大国の言いなりになる,力でそうなったら公平な世界はなくなる
神がシオンで裁くというとき公平に裁くということである。
世界規模になると裁くことは神しかできないからである。

平等には何か現代では問題が多いが公平は求められる,国だって貧乏な国が一挙に豊かな国になる権利があるというのも問題である。国でもやはりその国が成り立つ歴史があり
その長い歴史で形成されてきたからである。
家でもやはり富める家があるとしたらやはりその先祖が努力してきてその子孫が繁栄しているともなる,それを否定すると社会の調和は乱されるのである。

その大きな過ちの思想がマルクス主義にあった,資本家がすべて悪く階級が悪いとなり
暴力革命になり平等を追及したがそれが悪平等になったからである。
結局共産主義革命は大きな不平等を作り出した,ソビエト連邦でも中国でも共産党一党支配となり幹部が今度は貴族となったからである。
平等を求めて不平等になったのである。それはかえって公平でないとなった
公平を求めるのがいいのだけど平等を求めすぎると人間社会は混乱するのである。

「平等じゃない」「公平ではない」というのは違っている
北朝鮮が核をもってアメリカに対抗するのはアメリカが公平ではないからである。
アメリカだけ一国が莫大な核を保有しているのは公平ではない
小国でも核をもてば平等であり対等になるとなる
アメリカは強大な力があり公平に国に対処しない,力あるものが公平さを与える
ところが警察を見ればわかるように警察自体が職務質問でもなんであれ力がありすぎるから公平を与えない,そして逆らうこともできないのである。
そもそもアメリカが世界の警察だというとき警察とにているのである。
なんでも力で通すことができるとなるからだ

ただ「平等じやない」というとき弊害がありそれが共産主義のような過ちや民主主義でも弊害がある,「公平じゃない」というときは警察があっていいとしてもそこに公平が与えられないと不満になる,大きな権力をもつものに対して要求している
アメリカは世界の警察とされたとき公平でないから世界の反発を受けたのである。
力があってもそれだけですべてが通るわけではない,世界は力だけでは支配できないのである。
ただ国々を公平に治めることなどはできない,そこに世界の政治とかなる法律でも通用しないのである。それはまた神しかできないともなる
国と関係なくそもそも公平に人間は犯罪でも何でも裁く力がないからである。
そこに人間の限界があり

わたしの腕は国々の民をさばく。

シオンは裁きをとおして贖われ(イザヤ)

国々を裁くとなると神しかできないのである。そういう思想があるのは聖書だけである。だから世界史に神の裁きが現れるともなる
つまりあれだけ強大なアメリカでも中国でも力によって世界を思いのままにはできないのである。

そもそも本当に人間は国でも軍事力で守れるのかという疑問がある。
日本も核をもつべきだという主張が強い
でもアメリカがあれだけの莫大な核をもっているのに北朝鮮のような小国におびえているのとはなぜなのか?
それは核だけで軍事力だけで国は守れないからでないか?
聖書でもそう書いてある
かえって力ではなく公平を追及したものが神に守られるともなる
力だけで押し通すことは警察に反発が強いのは公平を与えない,力で押し通すことができるとなるからだ。それで警察に対する反発が大きいのである。
アメリカが力が強大だから反発も大きくなるのである。

馬を支えとする者は。彼らは戦車の数が多く/騎兵の数がおびただしいことを頼りとし/イスラエルの聖なる方を仰がず/主を尋ね求めようとしない。 

戦車や馬、強大な軍隊を共に引き出し/彼らを倒して再び立つことを許さず/灯心のように消え去らせた方。 (イザヤ)

この馬とは今では軍事力である,飛行機であり戦艦であり戦車でありありとあらゆる兵器である。そして核である。
しかしそれで国が守れるのだろうか,9条を唱えて守れるのかというのもある
神が守ってくれのかという疑問もある。
でも実際にアメリカは馬を莫大な兵器を核をもっていても北朝鮮のような小国におびえているのはなぜなのか?馬では核では守れないからではないか?
アメリカは公平ではないとうことで実際は世界から責められる
そのことこそがアメリカが世界を敵にまわして恐怖におとしいれられている
それが北朝鮮のような小国におびえる原因ではないか?
馬があれば兵器があれば国が安全だとか守れるとは限らないのである。
そこに何か世界史でも神の力が働いているのかとなる

最近日本の戦争が見直される,武田邦彦氏などの歴史観だと日本はアメリカに対して正義でもって戦いその犠牲になったのだという,ところがアジアでは中国でも朝鮮半島でも
そういう歴史観はない,日本は侵略国なのである。
それはアメリカの歴史観と共有しているのである。
なぜならその侵略者たる日本を成敗したのがアメリカなのだからアメリカは救世主みたいなものになっているのだ。
一方で矛盾しているのは北朝鮮である。北朝鮮とかつての日本は同じなのである。
鬼畜米英としていた日本と同じなのである。
もし北朝鮮がアメリカに殲滅されれば日本と同じ結果になるのである。

北朝鮮の問題はこうして何か過去の戦争の歴史とかアジアの歴史とかアメリカと日本の戦争とかとかかわっている,アメリカと北朝鮮だけの問題ではないのである。
日本の戦争がその犠牲が何であったのかとか北朝鮮によって問われているのである。
もし今度は中国でもアメリカと対立すれば同じようになる
日本が見直され共同の歴史観をもつことになる,アメリカと戦うアジアの同盟国として
歴史観を共有することになるのである。
それが中国と朝鮮半島にはないのである。

つまりアメリカの属国化から解放されても次は中国の属国化の道しかないのである。
それはでにチベットとかウイスラム教徒のウィグル族とかの弾圧になっているから
日本も同じ運命にされる
あくまでも中国中心の中華帝国の再興でありそれが中国の歴史観であり日本はそれに隷属するだけだとなる,それはアメリカに隷属されたと同じなのである。
アジアは共通の歴史観を共有できないのである。
日本は中国に戦争のことで謝罪すべきだとしかないからである。

日本がアメリカに戦争で勝っていたらそうしたアジアの共有の世界観歴史を作っていかもしれない,それがアメリカによって壊滅させられたのである。
次に台頭するのは中国の中華帝国の世界観の歴史である。
だから靖国に礼拝する日本人を中国は絶対に許さないしかえってアメリカと歴史観を共有しているのである。
北朝鮮はアメリカと対抗している国である。そしたらかつての日本と同じでありそれは奇妙だけど北朝鮮は日本を韓国と同じように敵対しているけど共通の歴史観を世界観をもつことになるのである。
北朝鮮問題は過去の歴史を写す鏡でありアジアの焦点としてある国である。
それはアジア全体の問題なのである。
posted by 老鶯 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

アメリカでも中国でも強いから何でもできる (そこに正義もなにもない,力の論理があるだけ)


アメリカでも中国でも強いから何でもできる

(そこに正義もなにもない,力の論理があるだけ)

力があるものは力のないものに無理難題を言っていい
なぜ日本を脅迫したのか日本が強いから
中国は南沙諸島を支配するのか,強いからできる
弱いものはそれで怒り戦争になった

力があるものが力のないものを勝手にやっつけてはいけない
力のないものは誇りをもって戦ったのが日本

武田邦彦

世界史的にみれば強いものが勝ち強いものが歴史を作る,それは日本でも世界でも同じである。
そして強いものは正義を主張したとしても強い者の正義でありその力によって強い者が正義とされるだけである。力の論理でそうなっているだけなのである。
正義とかはもともとそういうものではない,公平なこととか何か別な基準である。
それで法律が生れた,でも国際法になるとそうした国内で成立する法律は通用しないのである。
ただ力のあるものが正義になってしまう。
それはアメリカだけではない,中国が南沙諸島が中国のものだといえば中国のものになるそれは何かの基準でそうなっているのではない,強いから強いものがこれは俺のものだといえばそうなってしまうのである。
国内法だったらある程度はいくら強くても勝手にできないものがある。
国際政治ではそういうものが通用しないのである。

アメリカは世界で一番強い国だからアメリカの言い分が正義になる
あの国が気にくわなからやっつけてやろうとなるだけで戦争をしかけて国をつぶすこともできる
それは強大な力をもっているからそうなるのである。
それは警察の権力とにているのだ,警察も一番権力をもっている,だから理不尽なのことでも通りやすい,例えは警察が不法侵入していても罰せられなかった
それでボランティアで街の防犯係をしている人がその警官に逆に職務質問したのである。警察は悪いことをしても隠されることが多いのである。
警察の上に公安委員会があるとしもやはり警察と一体なのだから警察権力で仲間なのである。
だから警察に対抗することはできない,それで行政も警察に脅迫されていたのである。

そしてこうして国家権力が介入してくると小さな田舎の町などの平和が乱されることを駅の自分の職務質問のことで書いた,ただあやしいというだけで職務質問にきて自分のことを説明してもあやしいと通報があればまた来る,自分のことを説明しないというのであるこういうことは警察には非常に多いのである。
それはなぜなのかというと警察が権力をもっているから強いからだとなるのだ
強いものが正義だとなる,いくら法律を楯にしても警察権力と戦うことは簡単にできないのである。強いものが正義だとなるからだ

これは国際政治ではただ強いものが正義であり弱いものは何もできないとなる
アメリカは世界に力があるから介入して世界の平和を乱したのである。イラクなど別に攻撃する理由もなかったけど難癖をつけて攻撃したのである。そしてその周辺の平和を乱したのである。シリアの紛争がそうである。
それはアメリカのイラク攻撃に由来しているのである。

ただアメリカでも中国でもロシアでも強いものが何でも通るとなるのか?
そうはならない,アメリカが一番強いとしてもその力も衰える
すると世界から反撃されてくる,いくら核兵器を北朝鮮の千倍ももっていても
北朝鮮を恐れている,そして世界からのテロにも恐れる
アメリカが世界から反撃ささればとても自国も守れなくなるのである。

国内でもそうだが人間社会は権力だけで力だけでは治めらない,もしそうしたとしても反発が大きくなる,警察でも横暴なことばかりしていたら住民から信頼を失いその権力も剥奪される
自分が経験したように田舎だとなるべく争わないようにするのがいいのであり警察が介入するとかえって平和が乱されるのである。
アメリカは世界に力でも介入しすぎたのである。
力で何でもできる,通るとして介入した結果がかえって平和が乱されたのである。

アジアのことはアジアで解決しろとなっていたらアメリカが介入しなかったら別な解決方法が生れていたかもしれない,それがアメリカが介入したことによって多大の犠牲が生れアジア自体の平和が乱されたのである。
この世は力あるものが必ずしも勝つとは限らない,それは聖書でしつこく言っていることである。聖書では弱いものが神の力で勝つ物語でもあったからである

それが今アメリカの力が衰えるときアメリカが世界から反撃に恐怖となっているのだ。
日本に原爆を落としたこともカルマとなり北朝鮮のような小国におびえている
アメリカは意外と弱いなと見てしまうのである。
そこに中国の台頭もあるがアメリカは世界からの反撃をくらっているのかもしれない
相当に世界で理不尽なことをした報いを受けつつあるのかもしれない
だからアメリカは世界から後退して自国にとじこもり移民も受け入れない
白人優位主義を唱えて昔のエスタブリッシュメントに帰り保守化してゆく
それはアメリカの国力の衰退につながってゆく,アメリカの活力がなくなってくるのである。
アメリカはすでに国内でも人種問題などで衰退国家になってゆく
そして世界からの反撃に核の攻撃に恐れとじこむるだけだとなる
それは日本にも大きな影響がある,もうアメリカは頼りにならないというときどうするのかということが具体的につきつけられるからである。
posted by 老鶯 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層