2017年09月06日

「心の青雲」都築氏死亡の波紋 (インターネット利用はどうすべきなのか)


「心の青雲」都築氏死亡の波紋

(インターネット利用はどうすべきなのか)

交際相手に殺されたキャバ嬢のTwitterは、死ぬ2時間後まで元気な書き込みがされていた突然の死の後、アカウントはスパム業者にのっとられ、宣伝ツイートを延々垂れ流すbotになってしまった。

家が廃墟になった後、管理なしできれいなままにするのが不可能なのと同じ。
インターネット空間に放置されたサイトは消えないまま、第三者や悪意のあるプログラムによって、踏み荒らされてしまう。

「心の青雲」都築氏のログはグーグルとかで残されている,それは日本の機関ではない,アメリカである。すでにこういうことでインターネットは国際的なのである
国際機関で世界の情報を作品を残しているのである。

ただ都築氏が死んだときどうなるのか?そのプログをそっくり自分のサイトに転載する人もでてくる,そして宣伝で稼いだりする人もでてくるかもしれない,管理する人がいなくななればそうなる,管理する人がいれば訴えられるからだ

まず死亡したからといって商業利用る人は許可がいる,著作権を受け継いだ人がいてその人の許可がいる,ただではインターネットはそもそせ商業利用していない
ただ実はグーグルとかでは宣伝に利用して利益をあげているのである
それはインターネットを作っているのが検索させているのがグーグルとかの会社だからである。

ただ出版だってこれも商業利用であり取り次ぎから出版社から印刷会社から書店からとかかわって出していた,だからそこではコストがかかりすぎるから簡単には本は出せないのである。それでどうしても大衆向きの本が出されるようになる
硬い本は売れないからだ,週刊誌などみればわかるだろう。
一時はスクープもあっだか最近は芸能ゴシップとか他つまらないものとなった
そもそも文化と商業利用はなじまないのである。

インターネットの特徴は商業利用もあるが無償でできるということが違っていた
コストがほとんどかからないのである。手間はかかっても金はかからないのである。
本は古本でも金が関係している,インターネットは無料で読めることが違っていた
だから出版社とかから出せないものでも出せる

都築氏はマスコミとか出版社でもそうしたものを嫌っていたのである。
ただ彼自身は何か出版社とかで作家の手助け,編集をしていたみたいである。
どういう仕事をしていたのかわかりにくい,そもそも家が裕福だとすると
金に困ることがない身分だった,最後にプログで自分の思いのたけを表現したのである。

本としては残らないにしてもログは残っている,それは本なのか?
死んでそれを勝手に利用できるのか?
例えばプログに勝手に転載できるのかという問題もある
旧プログを転載していたのは許可があったからだろう。
今は許可する本人が死んでいるのだから困惑してしまうのである。

死後50年著作権が消滅しないというのは著作権を受け継いだ親族などが商業利用して金にするとき問題になるのだろう。
インターネットはもともと無料で読めたものだからこれもまたどうなるのか?
ログとしてあるのだから読みたい人は読めるのである。

自分の文に引用するときは二三行であり主が自分にならねばならいとしてある
それも著者が死ぬとどうなるのか?勝手に全文を転載する人もでてくる
それをとがめる人もいないとなる,本人は死んだのだからそうなる

著作権というのは何かわかりにくい,自分の抽象画もインターネットの画像をソフトで変化させて作っている,これもまた著作権からすると何なのだろうとなる
インターネットにはこうしていろいろわからないことが多すぎるのである。
それは今までにないものだからそうなっているのである。

ともかくログが残っているので再検討することが可能になった
その全容を編集することも可能なのである。でもそれは著作権違反になるからできないともなる
でも本人が死亡しているということでどうなるのかともなる
インターネットではルールも確立していないのである。

談論サロン天寿道(掲示板より) (立ち歩くことによって人間になったー「心の青雲」の認識論)


談論サロン天寿道(掲示板より)

(立ち歩くことによって人間になったー「心の青雲」の認識論)

gakudouuu111.jpg
木を降りることになりますが、サルは本来の足も手になってしまっているので、歩くのは得意ではありませんので極めて危険です。そこで木からあまり離れたところには行けませんが、この木に登ったり下りたりの繰り返しの中で、認識的には木の上にあやふやに認識と降りてのしっかりとした認識の繰り返しの中で、天空のあやふやの像と地上のはっきりとした像との交互的相互転化の繰り返しによって、その中で、空間的な像が時間的な像へと量質転化していくという発展があって、

この人間の見方も面白いと思った,前に歩くことの効用を書いた
人間は猿のように木に留まっていたら人間にはならなかった

人間は大地に立ち歩くことによって人間になった

立つこと歩けることが人間の認識と精神を作ったとなる
動物を見れば四つ足であり立つことはない,ただ歩いてはいる,しかし立って歩くのとは違う。動物は常に下を見て餌を探すために歩いている

人間は立ち歩くのは上を見るためである。上には実際は天であり銀河であり餌となるものがないのである。でも人間は天を仰ぐのである。天なる所にいる神を仰ぐのである。

そして立つということは人間を人間たらしめたというとき木をみればわかる
木は立っているのである,すると人間は立つことによって木と同化する
木の上にぶら下がっていたらそういう認識は生れない
大地の上に木のように人間は立つのである。木は最も人間に親しいものとなるのはそのためである。

英語でもstandからunderstandとかは理解する,認識するとなっているからだ
そして立つことから人間の自然への認識がはじまった,まず木の上にぶらさがったり四つんばいの状態では認識は生れない,ただ日々餌を探すということに終始しているだけになる,立つことは天を仰ぎ星を見ることにも通じている
そして立つことによって木への認識が生れた結果神殿も生れたとなる

そもそも神殿の柱は木を模したものだからである。木が実際に人間になっているのもあるからだ。立つことにより木の認識が生れ神殿が生れたともなる
列柱というときそれは森の木が列を成していることだからである。

心に青雲の都築氏の弁証論などはわかりにくい,ただこうした立つこと歩くことから認識論を展開するとわかりやすいのである。
自分は常に田舎で木とか石とか森とか山とかと同化することで詩を書いたりしてきた
だから自分の思考は自然の像と常に結びついているのである。

ところが東京とか横浜であれだけの大都会になるとそうした自然の像がないのである。
像で考えろというときその像たるものがないのである。
そこに「心の青雲の都築氏の認識論が深まらなかった結果なのだろう。

哲学があるとする宗教でも詩が必要なのである。そうして総合的なものとして学問でも芸術でも何でも結ばれるときルネサンスが生れたのである。
そういうことで都築氏は何か理解しにくかったのだが社会性とか歴史の中での芸術を見ていた,芸術でも社会と切り離せずあるというのは本当である。

例えば絵画は建築の一部としてあり荘厳なカテドラルは一つの総合的なものとして結実である。ヨーロッパの社会歴史と不可分なものとして生れた,だから絵は絵とか音楽は音楽とか単体では存在し得ないものだった,そこに荘厳な文化が形成されたのである。
文化とは俳句とか短歌という一部分のことではない,全体のことだからである。
その全体が興隆するものが現代にはない,社会が無数のパーツ化していることでそうした荘厳な文化が形成されないのである。

いづれにしろどうしても東京であれ横浜であれ認識論を深めてもそこに自然というバックグランドがないとき人間はいくら努力しても偉大にはなれないのである。
つまり巨大な都会の中で混沌の中で一機械の部品となり歯車としてしか生きることができないのである。高層ビルを見ても認識が深まることがないからである。

でも人工的なものでもヨーロッパには日本と違って建築が人間に威厳を与えていたのである。駅まで立派なローマ風のアーチの建築になっていてそれでラファエロの「アティネィの学堂」の絵のように威厳が与えられていた,だからそういう感覚は日本ではもてないのである。そこにはヨーロッパの社会と歴史が一体化して結実したものとして荘厳なものが華開いたのである。
「心の青雲」都築氏はそういうことが語りたかったのだろう。
ただそれを展開するには不十分であったのはバッググランドとしての自然の中に生きていなかったからだともなる
ただ批評家として優れたものがあったとしても文芸批評でも十分な展開はできないなかった

ここでわからないのは

空間的な像が時間的な像へと量質転化していくという発展があって

空間的なものが時間的なものへ質量転化するとは何なのか?

動物には時間がないという,歴史もないのである。
ところが人間と木と同化するときアイディンティティ化するとき木に年輪があり時間とともに成長する,大地に根を張り時間軸としてその土地に根を下ろすのである。
大地に根を下ろすことによってその土地は一体化して認識を深化させるのである。
それが都会だとしにくい,だから文化は田舎から生れる
都会化したとしても神殿の柱は木でありゴシック建築はゲルマンの森を象ったものとして造られたということでもそうである。

ただピラミッドとかアーチの建築には精神性が何かしら備わっている,それは技術的なものとしてだけ見るのではない,機能的なのもから建築が発展したとしても精神性が備わるだからラファエロのアテネの学堂は建築と人間が一体化した荘厳なものを表現したのである。



この引用もまた問題あるかもしれない,これの著作者は誰なのか?
ニックネームだとわからないからまた著作権の問題がでてくる
掲示板だとまたわかりにくくなる
ただ「心の青雲」は死んだので引用しやすくなった
生きていたら攻撃されるし許可も必要だしできないのである。
天寿堂さんからはコメントがあったし都築氏と親しいということで
この発言は都築氏なのかとも思う

「心に青雲」都築詠一氏の部をはじめました

ここにまとめることにしました

2017年09月07日

死後にひびく言葉 (「心の青雲ー都築詠一氏へ献げる詩)


死後にひびく言葉

(「心の青雲ー都築詠一氏へ献げる詩)

(君のからだ,日常振る舞いは極上のものか,死んだら君は極上のものとなる)
ホイットマン(草の葉)
  

死後にその人の
重い言葉がひびきわたる
崇高なる峯のように
荒々しい山嶽のように
そそり立つ巌のように
不浄を拒否して
そは天に聳え立つ
風雪を帯びて厳しく
烈風はその高峰に唸る
氷河にも閉ざされて
銀河をちりばめる
崇高なるもの目指せしもの
そはその途上に倒れぬ
高潔な死者の霊はそこに宿る
しかし死後その言葉は
荘重にひびきわたる
硬質な鋼鉄のような文体
その言葉を受けるものは誰か
その厳しさには人は耐えかねる
それは天上よりの声となりしや
死後にその言葉は重くひびきわたる

死んだら極上のものになるといってもみんなそうとは限らない,その人が生きたものが極上だったら極上になるん,生と死は切り離せないのである。
ただ死ぬとその人を客観的に見れる,生きている内はその人の欠陥などの方を指摘する
でも死ぬと人間は美化され祭り上げられたりもする
過去が江戸時代でもみんないいものではないが過去を理想化し美化しやすいのである。

「心に青雲」の都築氏はプログでしかしらない,ただずいぶん長く読んでいた
旧プログ時代からも読んでいたとする長い
するとそれだけ毎日読んでいたらその人の思想とか何かに染まる
何か文章に独特の張りがあった,やはりプログで表現するものと本とかで表現するものが違っていたためだろう。その文体が過去の伝統的なものと現代的なものがミックスされたということもあるだろう。
インターネットだと生放送のようにもなり話し言葉になりやすい面があるからだ

何か近寄りがたい厳しさが文から感じた,人間も簡単に近寄れるような人,語れる人だとたいしたことがないともなる,彼はマスコミでも何かバーに出入りする文人仲間でも
そういう人と相互浸透するから交わらないと言っていた
A型で潔癖症だったともなるがそもそもマスコミでも何か商業主義の場だから汚れる
そこでは出版社でもそうだがもうけるために適当な大衆受けする人を作り上げるのである芥川賞なんかそうである。そういう世界を相互浸透するからと嫌っていた
結局そういう世界を拒否するとき孤高となり社会から隔絶してしまう
でもまた逆にしきりに社会性を言っていたのはアウトサイダーとは違っていた
その辺が良くわからないことがあった

いづれにしろ死んだということでその人のことを語り安くなることは確かである。
生きていたらとても語れないからだ,現代では70才の死は早いとなる
ただすでにその年で死んでいる人は結構近くにもいる
自分もすでにそうして死は真近なのである。
タグ:都築詠一

土手 の道でで同級生と昔話する (病気から見違えるほど回復していた)


土手 の道でで同級生と昔話する

(病気から見違えるほど回復していた)


今日土手で自転車に乗っている脳出血で一命をとりとめたきいた同級生とあった
その人は只野という人で南北朝時代,霊山から逃れてきた人を先祖にもつ古い家だったのである。
鹿島には只野性が本当に多い,それはその時逃れてきた武士の子孫なのである。
ただなぜ鹿島の街内だったというのが謎だった,というのは街内は新しい人が入ってきているのが多いからだ。
ただ鹿島でももともと鹿島村だったのである。でもその規模が大きいのである。
そこは平地が広がっていたからそうなる,それで橲原田(じさばら)とうい地名が鹿島町誌に残っている,今はない。
橲原の人が土地を求めて開いたからその名がついた,なにかこれもわかりにくい,
右田の人が橲原に肥料として草刈る場を所有していた
するとそこに右田という地名がついてもおかしくないのである。
ここに橲原田(じさばら)となった理由はわからない。

その同級生は例えば駅前の自転車屋が実は自分の家を間借りしてはじめたという,それは今自転車屋をしている人の父親である。だからその子供のときを知っているという。
ゆして不思議なのはそこに開業医があった,それを知っている人はもうかなり少ない
それをなぜ自分が知っていたかというと母親からそこで幼児の時注射してその傷跡が今でも太股に大きく火傷のようにして残っているからである。
だから医者は下手の人にかかるとひどいことになる
その頃はおそらく医療の技術は遅れていたからである。
つまり医者で一生の傷を負う命取りにもなるということである。

何かその頃町医者が多かった,それは今のように大きな病院がないからである。5軒以上はあった,内科であり歯医者も多かった,それだけ子供が多い時代であり繁盛した。
その時は主に子供とか若い人が医者にかかっていたのである。
今のように老人ばかりがかかっていたのではないのである。
そういう時代の差があった
自分の姉は保健婦だったから医者とはかかわっていたのである。

その人は相馬高校を出て東北学院に電車で通っていた,東北学院はこの辺ではポピュラーな大学である。ただ東北大学とかなると雲泥の差がある。
この辺がまぎらわしいのである。京都大学と京都産業大学とかなると雲泥の差があるのと同じである。
その時大学に出る人はクラスで4,5人だった,その人は兄は東京の法政大学に入ったので
地元の東北学院に入ったという
ただあの人は故郷を出て生活をした経験はないみたいだ,東北学院に通ったとしても故郷を出たとはいえない,自分は大学は東京だから同じ程度の大学でも違っていた
その相違は自分にとって郷里を出て一人生活することはやはり精神的自立することになったからである。故郷を一度も出ないものは何か精神的自立をしにくいように思う。
ただあの人もともとコミニケーション能力があった,そういう性格は変わらない
自分には社会性とかコミニケーション能力が欠けていたのである。
こうして他人と話するようになったのは60代以降強いられてそうなったのである。

自分にとって大学に入ったことは勉強することではない,勉強は嫌いだったし学校にはなじめない性格だった,ただだから家を出ること故郷を出ることが自分の望みだったのである。今でも故郷を出るという志向が自分にはある
あの時代は東北大学に入る人が4,5人でもいた
原町高校と相馬高校でもいたが今は全くいない,それだけ高校生の数が減ったからであるあの時は人が多いからその中に優秀なものも出たとういことである。

ともかくあの人も郷土史を勉強している,あれだけ古い家の生まれだから当然家には一番興味をもつからである。何か古いもの,お宝が残っているらしいがそれがいつの時代のものかはわからないらしい。
郷土史とかはおばあちゃんとかおじいさんとかの話を聞いて興味をもつということを前に書いた。
その人の父親は戦争の空襲のことをノートに書いていたという,鹿島でも爆撃されて死んだ人がいたのか?そのノートに記してあったという,原町の被害は大きかった
飛行場もあり相馬農業学校は爆撃で燃えた,その近くに母の実家があり母から防空壕に逃げた話を聞いている,防空壕の蓋が飛行機が飛んできて舞い上がったとかあるから相当に低空飛行したのかもしれない,そうなったのは相馬農業高校が近くにあったからである。その実家も今はない,墓だけが残っている

自分の家のことも二代くらいだが一人になって昔をふりかえる
家で店をしたとき姉が古い自転車で農家に野菜を買いに行ったことが思い出される
それは役場に出勤する前でありその野菜を積むにも相当な力が入る,女性では簡単にできないのである。その量も多いからだ,でも姉は力持ちだからできたのである。
その野菜を売っていたのが母だったのである。
何か必ず家々にはこうした物語が残っているのである。
一軒一軒の家が郷土史なのである。この辺ではどうしても原発とかかわることが郷土史になってしまった,原発の恩恵を受けていたことが多いのである。
だからあまり東電を批判できないとなっているのである。

その同級生は本当に二年前にあったときよりすっかり回復していたのは驚いた
一時間以上立って話しているのに疲れたとも言わない,二年前だったら立っていられないだろう。二年間の間に相当回復したのである。
もともと脳は損傷しなかったからそれが良かったのである。
そして脳出血は時間との勝負であり早く治療して南相馬市は前に新しく脳出血センターができたように副委員長が専門的に優れているから若い研修生も習いに集まるほどである。そういうことで幸運が重なりあんなに回復したのかもしれない

いづれにしろ団塊の世代も年でてある。昔を語る人となった,まず自転車屋の前に開業医院があったことを知っている人はほとんどいない,自分は母親から太股の傷のことで聞いてその医者のことを思い出したのである。
注射によって傷が広がったのである。
その医者によってつけられた傷だったのである。
それを恨みに思うももうその医者は5とっくの昔に消えているのである。
ただなんらか昔のことが傷として体に残っている人はいるかもしれない
そういうことは長い一生の間にはある

その人はおくさんもいるし子供がいるから娘は千葉にいて常磐高速でしょっちゅう行っているという,世話する人がいるから病気になっても良かった,今はのんびり庭の手入れをしたり自転車に乗ったり車を運転して楽しんでいる
それにしてもあんなに回復することは驚きである。
やはり脳がやられないから良かったのである。脳がやられると体が麻痺するからである。
やはり近くの同級生は隠れ脳梗塞があるということを言っていてそれがずっとあとにまた脳梗塞になり脚に麻痺がきてびっこになりやっと歩いて買物していた
車があるから買物もできている,まだ車は運転できているのである。
近くでもあれでは買物もできなくなる,一人暮らしだけど一週間に一回くらい弟が世話している,その人も最近母親も死んだので一人暮らしなのである。

団塊の世代は過去をふりかえる時代になった,その歩んだ人生は違っている
その人は普通に勤めて結婚して子供をもうけていたから変わったものではない
最近インターネットだけで知ったプログを最後まで書き続けた人も死んだが同じ世代である。その人は透析を17年間もしていたというからこれも驚きである。
必ず60代から病気がでてくる,そして死ぬ人も出てくる
タグ:団塊の世代
posted by 老鶯 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

2017年09月08日

水墨画

水墨画


forestmoonn1.jpg

forestlake111.jpg

mmmmmbbbbmm1122.jpg

forestwayinthedepth.jpg

vallliiiyyyyyy123.jpg


タグ:水墨画

ソバナの花-月(小池の墓地)


ソバナの花-月(小池の墓地)

koikebochiii111.jpg

秋の雲ホールにねらい定かな

にぎわいぬパ-クゴルフ場秋の蝉

夕月や数羽の鷺の巣に帰る

虫の音や大き家に我が一人かな


月澄みて今日ものぞくや我が部屋をものしずかにして文を書くかな

小池なる墓地にあわれや草むしてソバナの花あまたうなだる


今年はなんか天候が変だった,梅雨が長引いた8月末までつづいたようになり最近晴れた感じは秋なのだが夏のような気もする,今日は残暑のような気もした
パークゴルフ場はにぎわっている:そこで鳴いているのは秋の蝉なのか夏なのかわからない,蝉といえば夏だからである。

ソバナの花といえば墓地にあっていた,死者は何も言わない,ソバナの花がそこにうなだれ咲いている,小池に行ったのはコモドインの食堂に行ったのである。
小池ではあの墓地が目立つ,あとは古墳くらいである。
自転車だと結構遠い感覚にもなる
土地土地に感じるものが違う,だからそうした部落がなくなったりした田舎の魅力は半減するだろう。

月がものを書く自分の部屋をのぞいている,やはり月は秋である。
虫の音が大きな家に一人いる自分に向かって鳴く
その声に耳を澄ます,何か一人くらいならなんとか世話できる
家に来ているのは一人だけだからである。
それもいろいろ問題がある
今日も今も窓には月がでている,満月である。 

2017年09月10日

飯館村の道の駅,までい館オープン (久しぶりに飯館村を回る)



飯館村の道の駅,までい館オープン


(久しぶりに飯館村を回る)


natugikuuu11.jpg
higannbana1.jpg
sobananohh1.jpg

fuyouuuu111.jpg

turihana.jpg

hatoooo12345.JPG

山鳩は飯館村にあって良かったが男女の像は都会的であっていなかった


夏菊や明るさ満ちて遠出かな

黒揚羽とまる朱きや彼岸花

黒揚羽日影の長く舞いてゆく

黒揚羽舞いて隠りぬ森深し

道の駅人々休み芙蓉かな



峠越え森の中にそ石一つ苔むし静か秋の日さしぬ

秋の蝉鳴くもあむれも飯館に帰る家や夕暮れぬかも

森深み秋の蝉鳴く余韻かなその声聞きつ夕暮れぬかも

石一つ草に埋もれて奥の道野菊咲きそめ人知らじかな

この辺り人の住まじも草うもる石の一つに野菊咲きそむ

道遠く我が迷えるや秋の陽の山の間に没り我がひきかえしぬ

飯館は実りもなしに荒れ果てぬいつ帰らむや秋の日暮れぬ

草埋る石一つ

人の汚き息のかからじ
しんとして人も通らぬ
奥の山の道の辺に
草に埋もれて石一つ
人知らずありぬ
野菊数輪はやも咲くかな
その花けがれなきかも
その石に向かいて咲きぬ
人住まずなりしも
花は変わらずここに咲くかな

stonekiku111.jpg


飯館村へ一年半ぶりとかに行った気がする,それより今年は7月ころから自分は病気になっていた,熱中症にもなり暑くて体が弱り遠出できなかった
今日は秋めいて涼しいのででかけた,まだ夏のような感じもして夏菊が栃窪に咲いていたとき気持ちよかった,そして飯館村をまわりひさしぶりに旅の気分を味わった

飯館村の道の駅はすばらしい,ただあそこだけが飯館では復興した感じである。
近くのきれいな住宅は子供も一緒に住めるように作ったと聞いたが住んでいたのは老人だけなのである。それは小高とか原発避難区域とにている。
若い人たちは帰らないから子供も帰らないのである。
学校がまだ開校できないのか通っても外から通うし飯館に住まないのである。

つまりどこでも立派な建物は作る,肝心のその建物を運営する人がいないのである。
飯館村には立派な建物が老人ホームでもできている,ではそこに働く人がいるのかとなると不足しているのだ。そもそも肝心の人が帰らないし住まないのだから復興はないのである。

道の駅のまでい館は立派である。釣り花とか芙蓉が咲いていた,芙蓉は前にも飯館村で書いたがあった花である。おおらかにゆったりと山中に咲くということであっていた
飯館で常に感じたことは花が他に咲くより何か本来の野生の美しさをもって咲いていた
それはいつも不思議に思ったことである。
それは森が深いと草深いとか何か原始性が残っているためである。
雰囲気が他と違うのである。

彫刻として山鳩をあしらったのは良かった,森が深い飯館村には山鳩が塒(ねぐら)となりあっていた。ただ男女の像は何か都会的であっていなかった。
やはり都会人が作ったものだかそうなったのか,何か木とか花とかをイメージしたものが良かった。こういうのはそこに住んでいる人が作るのが理想的だしそうでなくても
そうしたことを聞いて相談して作るべきではあった
その土地柄にあったものはなかなか外部の人にはわからないことがあるからだ。
ただあの釣り花とか芙蓉を飾ったのはあっていたのである。


それで今回感じたのは道に迷ってずいぶん遠くに行ったなと見たら草に埋もれた石があった,そこにすでに野菊が数輪咲きそめていた,それが他で見るより何か汚れなくきれいに見える,その辺りの雰囲気がそうさせているのである。
それはいつも感じていたことでありまた発見したのである。
ただそこに人が住んでいないということは奇妙なのである。
一応家々があるから人が住んでいないとも見えないのである。
わずかだが帰っている人はいる
でも荒れ果てた荒野にもどっている

そして人間は村でも人が住まなくなるなるとどうなるのか?
例えば秋の蝉が鳴いている,それは人が住んでいてその声がひびくとき人にひびいているのである。
では人が住まなかったらどうなるのか?それは原始の森にもどりそこにひびくことになる
でもその声を人の住まない森で聞くのとは感じが違ってくる
秋の蝉というときやがてはもう聞こえなくる消えてゆく蝉をイメージする
それは人間でもそうイメージしているからである。
人が住まなくなればそのようにイメージできなくなるのである。

ただ道がつづいていて人がまれではあるが通る,でもまだ除染の人とか家の解体工事とか仕事している人がいるが人は住んでいないから変なのである。
ただ人がまれでも通ることで死んだとはならない,完全に原始状態にもどったとはならない,だからこそ草に埋もれた石を詩にした,詩にすること絵にすることそれは人間化しているからである。

そしてもうこの年になると自分は旅してきたが遂に伝説化してくる,自分は何かその草に埋もれた石となってそこに埋もれてゆく感じになる
旅路の果てに遂には遠い奥の道の人もまれにしか通らぬ,草に埋もれた石となる
それが自分にふさわしいとつくづく思った

ともかく久しぶりに旅の気分を味わった,日差しが弱くなったのとやはり秋なので風が涼しいからそれほど体は疲れなかった,まだ行けるのかとも思ったがあとでまた疲れた
旅は道に迷うがそれが旅なのである。気ままに別れ道があったらどっちに行こうかとか行くのが旅である。車だと旅にはなりにくい,別れ道といっても何か歩いたり自転車で行くのとは違う,前に阿武隈高原の魅力は道にあるということを書いた
道が延々とつづいている,それも山の中でありそれが魅力なのである。
浜通りになるとそういヴ魅力に欠ける,やはり山の中ということでその魅力が生れていたのである。だからまた飯館から川俣とか三春とか行ってみたいとなった
そうなると一日では行けない,体力的にはかなり苦しくなった。

阿武隈高原の魅力は道にある
posted by 老鶯 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村

2017年09月11日

戦後引揚者の歴史は見逃せない (飯館村の大倉の木戸木は最も辺鄙な開拓者が入った土地)


戦後引揚者の歴史は見逃せない

(飯館村の大倉の木戸木は最も辺鄙な開拓者が入った土地)

kidokiiiii2346789.jpg
真野ダムから木戸木に入る

kjokiii1.jpg

kidokiiiii234.jpg

hannshouuu1111112.JPG

木戸木にあった半鐘 -ここはそれなりに一部落を形成していた 



飯館村の大倉から七曲がりの坂を上ったおりた所に共栄橋とかありおそらく十軒くらい家があったかもしれない,今でも家五六軒残っている
ここは草野まで行くにもまた七曲がりの坂を上らねばならない
本当に閉鎖された最も交通不便な土地である。
地名として木戸木となっている

飯館でも長泥とか比曽とか佐須とかあるけどそれらは比曽とか佐須は焼畑地名である
そのことは何を意味しているのか?焼き畑していたということはそれだけ古くから人が入っていたということであり人が住んだのは実際は相当に古いのである。
飯館村は縄文時代でも浜通りより古いとかあり山の幸があり暮らしていたとなる

飯館村は新しいようで意外と古い時代から人が住んでいたのである。それは縄文時代にさかのぼる。大倉村というときこれも相当に古い,大倉の葉山ごもりという祭りも古い。
真野ダムができる前に集落がダムの底にあった,その時から自分は行っている

ただ山村でも誤解しやすいのがそういう古い村があるのだが戦後に戦争からの引揚者が土地を求めてどこにでも入ってきたのである。
戦争から引き上げても街は焼け野原になっているし何も仕事かない,どうして食べていこうとなれば農業しかない,それで開墾に入った歴史がある
それは街から近い鹿島なら今菅野漬け物屋の倉庫がある所にも戦後引揚者が開墾に入っていて自分はその家に子供の時行っていたから知っている,家で店をはじめて卵を買いに行っていたのである。その時真野川をわたる橋は土橋であり時代劇にでてくるような危険な橋だった,ゆれるし怖い橋だったのである。

卵は自転車で運び糠に入れていたのだが必ず割れていたのである。
そもそもなぜあんな近くに開墾に入ったのかというのがわからないがとにくか農業するために土地を求めて入ってきたのである。
その人は父親が双葉の新山と酒作りしていた仲間だったのである。
その生活は実際は貧困のどん底だった,子供のときだから良くわからなかったが戦後十年は何度も書いているが日本全体がどん底だったのである。
自分の家は店をはじめて早めに豊かになったが山村が豊かになるのは遅れたのである。

それより不思議なのは大倉からさらに七曲がりの道を延々と上る,そしてそこにわずかに開けた土地がある,そこで田んぼがある,そこからまた草野に行く道はさらにもっときつい七曲がりの道なのである。
そして最近できたのが別な道である。そこはまっすぐなので車も通りやすいのである。
今は道になっているがそこは森におおわれて小川にそって隠された細い道があった
そこは神秘的な場所だったのである。人がまだ踏み行ったことがないような神秘的な場所であり春になると大石がありその脇にキクザキイチゲが残雪のように咲いていた
そこはまず人はほとんど通らないのである。
そこはまた山の陰になっていて何かそれで神秘的な場所だったのである。
飯館というときあそこは一番神秘的に感じていたが舗装された道になって失われたのである。

ともかくあそこには人が住んだのは戦後である。共栄橋というのは戦後開墾に入った人達が住み名付けたのである。そういう場所は日本中いたるところにあるのだ。


全国で21万1千戸が開拓地に入植し、105万6千戸の既存農家が開拓地に農地を取得した。開墾施行面積は、44万9千haであった。しかし、開拓地の営農は困難を極め、開拓を諦め離村した者も多く、21万1千戸の入植者のうち開拓行政終了時点で入植を継続している戸数は9万3千戸と、半分以下に減っていた

戦後開拓地のうちには、大規模な国営開拓により、酪農等のモデル的な大規模営農が成立した地域[1]がある他、入植者の努力により畜産や果樹・蔬菜などの産地形成に成功した地域[2]もあるが、一方で営農条件の悪い地域も多く、特に山間部の小規模開拓地においては、開拓行政に基づく手厚い営農指導にもかかわらず、土壌や気候等の劣悪な環境の下営農基盤を確立できず、全戸離村に至った開拓地も多い

この戦後引揚者の問題は戦後の大きな歴史である,なぜなら今の山村であれ街の近くの農地でもそうした引揚者が開墾に入っているからその影響が大きかったのである。
もともと古い村があってもそのあとに開墾に入ってきた人達が必ず村には混じっているからである
相馬藩では天明の飢饉で三分の一に人口が減ったが越中からの移民で穴埋めできたのともにている,相馬藩ではそうしした越中からの移民などはやはり耕作には適していない土地を開墾するほかなかったらかである。それで苦しいので加賀泣きという言葉が残っているのである。

21万1千戸の入植者のうち開拓行政終了時点で入植を継続している戸数は9万3千戸と、半分以下に減っていた

これほど厳しかったのである。

これでもわかるようになぜ大倉村でもそこから七曲がりの道を越えたわずかな土地を開墾して暮らしたのか?あんなところでどうして暮らしたのか?
炭焼きなどで煮炊きはできた,清水が流れているから利用した,全くそこは自給自足しないかぎり生きていけいなのである。田んぼで米をとれたとしても土地が狭いからわずかなのである。
ただ戦前から戦後は木材の需要が多いから大倉のばあちゃんが俺は相馬の女学校出たんだよと言っていた,山持ちで金持ちになっている人が山にはいた,なぜなら木材は日本のものをみんな利用していた時代だったからである。
なんか自分はそうしたそこに暮らしている人に興味をもたなかった
自分は森に覆われた小川が流れている原始のままの自然状態に惹かれていたのである。

でもそこに人が住んでいて暮らしがあった,それは地形的に隔絶されていたのである。
でも十軒くらい家があった,自分が行ったとき車で帰ってきて家にいた人が見えた
何か半鐘などもあった,だから開拓村として一部落を形成していたのである。
でも交通が不便だから大倉に草野に出るだけで大変な労力が必要だった
車がないのだから徒歩なのか馬なのかそこは地形的に閉ざされているのである。
飯館村でも他は古い村であり昔から生活していたのである。

人間はなぜそんな不便な土地にあえて住んだのか?それは住む所がない生活する場がないから住んだのである。
田から前にも書いたがそういう時代と比べると飯館村でも原発事故で避難区域になった所は確かに無惨なのだけどその当時の開墾者比べればましだともなる
贅沢しすぎてもうそんな極貧の生活などしたくないのである。
隣の街に行けば今まで通りの贅沢な暮らしができる,補償金もたんまりもらったらそこで暮らした方がいいとなるからだ
その時代の差があまりにも大きい,だから越中の移民を見習いとか戦後の開拓者を見習いといってもそんなことをあえてする人は誰もいないとなる
その時そういう生活するほかない,強いられた時代だったのである。

とにかく飯館村は本当に広い,木戸木というところは自転車でまず大倉まで上り次にまた長いまがりくねった坂を上り出る,そこからまた七曲がりの道を上ってゆくから閉ざされた秘境だともなる
戦前でも何かこうした閉ざされた秘境のような所に住んでいた人は多い
なぜなら農業とか山林でも林業とかなればそうなる
福島県の檜枝岐は秘境というけど近くにそうした秘境があり人は自給自足を基本にして生活していたきである。
つまり秘境はいたるところにあった,それがあまりにも便利になり車でどこにでも行けるとなったとき秘境は日本から消えたのである。
自分としてはだからそういう社会はつまらないともなる
ただ飯館村は広いからまだ未知の場所がある,今回草に埋もれ石も発見したことでもわかる
道は未知への世界いざなう,それが飯館村とか阿武隈高原にある,いく筋もの道が山間に通じているからである。そこを自転車で行くとき未知(道)への旅をしているのである。
サイクリングだったら飯館の阿武隈高原を行くのが楽しいと思う
六号線とかなると車だらけであり嫌になるからだ。

いづれにしろずいぶんなの辺を自分は自転車で走った,それで今回久しぶりで遠くに行ったのである。十年間は介護で遠くに行けなかった,そのうち体力がなくなり行けなくなった,でも今回は前に気ままに阿武隈高原の道を自転車で行ったことを思い出したのである
posted by 老鶯 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村

2017年09月12日

都築詠一氏の芸術論などの再検討 (習うから技を創りだす・・・)


都築詠一氏の芸術論などの再検討

(習うから技を創りだす・・・)


人類はこのスポーツでも藝術でもなんでも技の創出は「創る」と「使う」が意識されずに要するに習えばよし、努力すればよし、繰り返せばよし、としてなされてきた。
//kokoroniseiun.seesaa.net:80/article/435441083.html

都築氏は天才ではない,普通の人である。人間が模範にできるのは天才ではない,天才は異常なエネルギーが生来与えられた人である。
天才は努力なしで会得する,武道でもそうである。宮本武蔵などももともと天才だったのである。武道家になるために生まれついていたのである。
そういう人はスポーツ界でも芸術分野でも仕事の分野でも医療界でもいるだろう。
何か仕事をさせるとできる人とできない人がいる,それは大工などでもそうである。
でも最初からその人ができる人とは限らない,仕事をしているうちに内なる才能が目覚めることもある,だから学問だけでは人間はものにはならない

手術がうまい人はもともと手先が器用でないとできないとされている
だからいくら一流の大学を出てもものになる人ならない人がいるのである。
それはどの分野でもそうであり農業だってそうなのである。
農業で成功するのも相当にむずかしいから成功する人と失敗する人がある。
料理の分野でもそうである。個々人でも料理を創り出すことはむずかしい
介護してから長い間料理しても一つも自分の料理を創りだすことができないのである。
そういう人はまさに天職としてその仕事についたとなる

ともかく天才的な人はいる,そういう人は模範にできない,そういう人は努力なしでなれるからである。普通の人は努力するほかないのである。
都築氏は武道にしても空手でも努力して会得していった人である。
もともと虚弱だったというのもそうである。すると虚弱でも強いものになれるという南郷派の教えに共感したというのもわかる
そして毎日裸足で歩いていたとか絶えず鍛練していたのである。
強くなるために涙ぐましい努力をしていたとなる

ただ技を創出するとなるとよほどの人でないとできない,なぜなら武道でも型を覚えることでありその型を覚えるだけで精一杯なのである。
そこから型を一歩踏み出して新しい技を形を作り出すことは至難なのである。
だから良く古い武道を伝える家で模範演技の形を演じるけどそれは代々伝えられたものであり新しい型を作り出していないのである。
それはあらゆる分野でも伝統芸でもいえる,華道でも今はフラワーアレンジメントとなったように今までもの華道と違ったものとなっている
新しいものを取り入れるようになる,和洋折衷になるのである。

でも基本的に習えばよし,努力すればらし,繰り返せばよしというのがある
技を「創る」となると実際はその形を習うだけで精一杯でありそれを越えてまた新たな技を作り出すことは並大抵のことではないのである。
自分のパソコンのソフトを使っての抽象画は技を創りだしたものかとなる
それは自分でも不思議だったのである。その評価はやはりアメリカの人が定期的に見ていることである程度は評価されているとなる
ただ著作権違反になるかもしれないこともありわからない面がある

都築氏で興味をもったのは陰謀論などではなくこうした芸術とか人生とかを語る時であるただどうしてもプログは時事問題が日々のことを書くから入ってくるのである。
だから時事問題について書いたものも多いのである
ただ時事問題について書いたものは後世に残らないかもしれない
なぜなら次々に事件は起きるし時事問題は限りなくある
そして事実は無数にあるというときその事実をとても検証などできないのである。
歴史が事実だというときでも事実は無数にあるからそれをいちいち知ることも取り上げることもできないのである。

ただ彼の芸術論と人生論とかはそれは人間の普遍的な問題だから後々まで残るということがある。それを残されたログから再検討してゆく価値はある
都築氏の全貌はまだわかりにくい,ただ死んだことで検討しやすくはなったのである
タグ:芸術論

2017年09月13日

失われる文化の多様性 (交通,科学技術の発達で一様化される社会)


失われる文化の多様性

(交通,科学技術の発達で一様化される社会)


多様性とか文化とかはどうして作られるのか?
その基本は地理と地形とかがベースになる
相馬藩内で多様な場所に住んでいるのである。
その住んでいる場所で気持ちが変わる

大倉村でも戦後開墾に入った木戸木は大倉村から七曲がりの坂を上りまた草野に行くのにも七曲がりの坂を上る,大倉に店が一軒あったからそこまで買物に行くのにも半日かかりになってしまうだろう。車がなかったらそうなる
今になるとなぜそんな所に住んでいたのだろうとなる,それは戦後は働く場所がないのでやむなくそんな不便極まりない所に住んだのである。

あのような場所に住んでいると人間はどんな気持ちになるのか?
そこには確かに何度も行っているけど住むとなるとまた違う。
まさに秘境なのである。ただ日本は地形が複雑でありこうした辺鄙な所に住んでいる人がいくらでもいる,日本の多様性は日本の風土から作られたとなる

相馬藩では飯館村は一番特殊な地理的環境にあった,高原の村であり夏でも涼しい,そして森におおわれた村である。それでいつもそこは花が他より美しく咲くのである。
その環境が花を美しくさせていたのである。
その土地土地に独特の気がある。その気が飯館村では違っていた
それが原発事故でだいしなしにされたのである。

人間はそもそも多様な地域に住み生活していた,世界的にみればさらに多様な風土に住んでいる,草原で遊牧生活するもきもいるし砂漠でも人は生活している
多様な風土で暮らしていることに文化の多様性が生れる
その多様性があって人間の生活は文化が形成されて人間を豊かにしていった

ところが交通とか科学技術が発達すると鉄道とかでも世界を均質化するのである。空間の均質化が起こる,その土地土地の個性的なものが均質化してゆく
沿線には同じような街,銀座通りとか東京のまねをしたようなものができる
江戸時代だったら村でもみんな違っていた,それは他の村と交流もないとういことで個性的になっていた。
鉄道が通ると均質化してみんな同じようになってしまうのである。

そして国自体が無個性化してゆく,国は日本などでは戦争に負けた結果,常に否定されてきたのである。国家とは悪いものだとすりこまれてきた,だからアナーキーになっている無国籍だとかしきりに言うのがかっこいいとなったのである。
それは世界的兆候なのである。第一グローバル社会といのうは国家の障壁をとりはらうことを目指しているからだ,
国家より多国籍企業のように国家を越えて活動することを望むだから国家を否定するようになる,
資本主義社会でも共産主義社会でも国家は否定されているのである。
マルキシズムの思想には国家と民族は否定されるからその文化も否定される
それは資本主義でもグローバル社会でも同じなのである。

そして移民も受け入れて多様性を受け入れるとなったがその反動がきている。
移民の国,アメリカですらトランプがでてきてそうなっている
文化はcultureはその土地土地をcultivateすることによって作られてきた
例えばワインなどでも土地の名前がつけられたものがある,日本酒でもそうである。
その土地土地によってその土地で耕したものたcultivateしたものから生れてくる
別に文化というとき芸術というのではない,全体のことだからである。
ただその時相馬藩内とか狭い所でも多様性が失われるのである。
相馬藩内と三春藩内では家の作りまで違っていた,それは文化が違っていたことなのである。

だから少子高齢化で限界集落が増えて消滅してゆくことはそうした多様性が失われる
でもその多様性がありえたのは貧しくてもその土地に根付いた自給自足の生活がありえたからだったのである。
そこに便利な生活になったとき,交通も発達したとき,電気なしで車無しで生活できないというときそうした地域の生活は失われる
そのインフラ維持するだけで100倍のコストがかかるとかなるからである。
その負担は都会の人が東京の人が払うとなると不満が生れる

そんな限界集落などいらないとなるのである。
そしてコンパクトシティにしろとなる
それだとインフラでも福祉でもやりやすいからである。
飯館村辺りだと一軒一軒離れていると回るだけで時間がかかるからである。
現実に原発事故で避難区域になった町や村はそうならざるをえない
農業とか林業していた周辺地域には人は住めず町の中心に人が集まって住む

飯館村だと草野辺りが中心となり周辺の広大な地域は元の森にもどってしまうのかとなる
日本では狭い国土でも風土が多様性に富んでいる,沖縄と北海道は別世界にもなる
相馬藩内でも飯館村は別世界のようになっていたのである。
だから日本は意外と中国などを旅するより変化に富んでいるからあきないということがある,どこまでも平坦な土地がつづき大きな川が流れているだけの風景は飽きるのである。
ともかくその土地土地の風土とか文化があることによって世界は豊かなものになる
それが失われるとき世界は文化的には貧しいものとなる

熊の湯に蝦夷竜胆や羅臼かな

熊の湯というのは羅臼にある露天風呂である。 蝦夷竜胆というのが羅臼に咲いていた,それは普通の竜胆より大きいのである。
蝦夷とつく名が多いからいかにも北海道らしいとなる
その土地土地ににあった花が咲くというのも文化なのである。
都会というときどこも均質化しているからかえってつまらないとなる
京都とか奈良とかは歴史がある故に違っているが他は何かにたものが多くなっているからである。均質化して多様性が失われる