2017年07月13日

姉の死はいいものではなかった(死ぬ前の形相の恐怖) 10年間書いたプログをふりかえる


姉の死はいいものではなかった(死ぬ前の形相の恐怖)

10年間書いたプログをふりかえる


@ 集まった自分の身内に対しても、険しく猛々しい目つきで睨む。
A 手で空をつかんで、もがき苦しむ。
B 筋道の通った思考を失う。
C 恐怖のあまり、涙を流して泣き叫ぶ。
D 大小便が垂れ流しとなる。
E 苦しみのあまり、目を固く閉じてしまう。
F 苦しみのあまり、手で顔面を覆って悶絶する。
G 異常な食欲が出て、狂ったように飲み食らう。
H 身体や口から腐敗臭が漂い出る。
I 恐怖のあまり、手足を震わせて怖れおののく。
J 鼻筋が曲がって、凄まじい形相となる。
K 白目を剥きだしてしまう。
L 目が血走って真っ赤に変色する。
M 顔面を伏せて、苦しみ、うめく。
N 苦しみのあまり、身体を屈めて悶絶する。
(守護国界主陀羅尼経)

そもそも認知症になるとB筋道の通った思考を失う、ただ認知症でも時々正気になる、姉は意識不明になったときこのような状態になったとしても自分では意識がなくなりわからなくなっていた
とても正直なところいい死に方ではなかった
でも意識不明になる前は普通のように見えたし正気にももどった、普通に陽気な性格だから笑っていたという、それも不思議なことだった
ただ意識不明になった一月はこんな状態だった
でも本人は意識がないのだから苦しいというのがわからなかったかもしれない

この項目で10くらいあてはまっている、とても成仏の相ではない

ある人は死ぬとき恐ろしい形相で

スシもってこい

こういったという、これも餓鬼の状態になった、何か死ぬとき以上に食欲とか性欲でもでてくることがある、最後の欲がその体の奥から噴出するのである。
つまり人間の欲というのはそれだけ強いものである。食と性の欲は死ぬまでもあるとなるこれは個人差が大きいが一般的にみんなそうなっているのだ
欲を断つことは一番むずかしいのである。

ともかく姉は悶絶して目が赤くなったりこれと同じ状態だった、でも意識不明なのだから苦しいとしても自分で意識していたかどうかわからないのである。
そして一カ月で死んだからである。
姉は業が深かったのか?普通の人間であり家には貢献した人だった
自分には一番良くしてくれたのである。

ただ確率的に一般的にこういう状態で死ぬ人が多いはずである。死とはこの世との欲とか一切のものを断ち切ることだから容易なことではないのだ
肉体が消失すること骨と灰となること自体がそうである。
だから生から死への変化は最も人間にとって恐怖なのである。
だからこういう変化があっても不思議ではないし一般的に死者を見ていればこうなっているだろう。

母の場合は2時間くらい留守にしているとき死んでいた、どういうふうに死んだかもわからないが第一2時間前は普通だったのだからそんなに苦しむこともなかったろう
もともとおとなしい性格であり穏やかに死んだとなる
姉は気性はものすごく激しいからその死に方も普通ではなかったともなる
母はいつも眠るように死にたいということを言っていた
それだけはかなえられたとなる、百歳まで生きた人は老衰で死ぬのであり枯れるように死んでゆく、その他の人はやはりこうした状態で死ぬのが多いだろう。
医者や看護師は死を見ているから確率的にもこういう状態で死ぬのが多いだろう
これはカルト宗教団体に入ってもいても同じである。
むしろこういう死に方の方が多い、祈っても無駄である。
そもそも根本的に誤った信仰であり根本的に欲は断ち切れないからである。
要するに宗教は人に恐怖を与えるものとしてある
その恐怖が故にカルト宗教団体から離脱できないのである。
宗教に呪縛されてしまうのである。それは幹部でも同じだからである。

母は別に信仰もなにもないし性格がおとなしいからそれが極端になると異常にもなる、
その人の性格は老いると極端化する、それが死のときも継続している
母の死に顔は安らかであった、でも姉の死に顔死んだときは安らかである
死んだときはやはり人間から肉の欲望が消えるから安らかになるのではないか?
死ぬ前の一カ月とかが苦しいのである、肉体が生きていれば苦しむからである。

いづれにしろ前に書いたものをまた再検討して考察を深めるのがいい
ただプログは記録しにくい、だからプログはもう一度再検討してまとめる必要がある。
ともかくインターネットは記録が消えることが最大の恐怖であり
今回のように書き込みが一つのバソコンでできなくなるとかそういう外部からの操作もされるから怖い、安心がないのである。

臨終の相にこだわる疑問

統計では70パーセントが安らかだったという、それは死後のことであ死ぬ前には苦しんでいるのではないか?
死ねば肉の欲が消えるから安らかなのである。死人は何か欲望することがないからだ
死人はだから害がないのである。
死ぬまでが問題でありその時は一般的に誰しもこのような状態になるのが多いのではないか?
肉体が消失して骨と灰になるとことはあまりにも変化が大きい
だからこそこれだけ苦しみやっと死んで安らかになる

一つのパソコンからさくらのフログに書き込めなくなった謎 (記録したものが消される恐怖)


一つのパソコンからさくらのフログに書き込めなくなった謎

(記録したものが消される恐怖)

パソコンを三台使っている、中古二台と新しいwin10である、でも中古のソニーのハソコンからさくらのフログに書き込めなくなった、記事一覧の記録したものも出てこない
ただインターネット上では記事は普通に出ている
他の機能は正常である。

記事一覧が見れないのと書き込みができない!

他のパソコン二台は正常である。さくらのレンタルサーバーが問題ではない
するとパソコン自体の問題でそうなったのか?
こんなことがあるのか?
ウィルスなのか、外部から操作されたのか?
第一書き込みだけができない、一覧が表示できないのはなぜなのか?

その原因は不可解である、後の二台のハソコンは正常だからである。
やはりパソコンは三台くらい必要である。
それからプログはさくらのフログでも保証していない
何かあってもとりあわない、責任をもっていない
だからフログは複数持たないと安全ではないとなる

さくらのレンタルサーバーの問題ではないから聞いても無駄である。
ただなぜそうなったのか?
もしパソコン自体の不具合だとするとパソコンも危険だとなる

とにかくインターネットでもパソコンでもプログでも何か安心がない
一瞬に消えることも経験している
だから保存して書類として本に記録するのが一番安全だとなる
今そういう作業をしている




事業の経営の成功と失敗 (戦争や原発も国家事業としての経営に失敗した)


 事業の経営の成功と失敗


 (戦争や原発も国家事業としての経営に失敗した)


何のために新規事業へ取り組むのか。それによって社会がどう良くなるのか。といった事業理念・ミッションをメンバーへ繰り返し語りかける

なぜなの人はそんな事業を起こしたのか?それもよくわからない、ただ技術者であり資格をもっていて自分はできるという自信をもっていた
だから独立してもやれると思っていた。
しかし会社で技術者として働くのと自ら会社を経営する事業を起すとなると全然違った世界になる、ただその人は頭がいいとされ頭が良かったから成功すると思ったのである。

事業というとき経営というときマネジメントというときそれは国家レベルでもそうだし技術を究めるのとはかなり違う世界である。
国家とか今なら企業でもグローバルに展開するから世界的に影響するものとなる
だから事業理念とかミッションとかが問題になる
その事業はもう国家を越えてさえ影響するものとなるからだ

それが戦争とか原発経営でも起きていたのである。
事業理念とかミッションとかが原発にもあった、それは電気を供給することそれは現代の社会に不可欠だからである。これに反対するものはいないのである。
ではなぜ戦争でも原発でも失敗して多大な犠牲を産む結果となったのか?

戦争とか国民が3百万人も死ぬとかになると一番大事なのは事業理念であり、ミッションになる、死ぬための動機が最大の眼目になる、企業だと利益優先だけどでも死ぬとなると動機がそれ以上に大事になる、だから戦争になると必ず神頼みとか宗教がかかわってくる国家が一つの神聖なものとなるとき国家のために死ぬことは英霊となり国の守り神とされる、そして天皇が国の神となり天皇のために死ぬことは英霊とされるとなり納得する
死んだら靖国で会おうというときそういう動機づけがあって死ぬことができた
ただ企業なら利益を上げればいいというだけでは死ぬまでの動機をもつことができない

そういうことはカルト宗教団体でも起きている、それもすでに会社を運営すると同じである。ただ違うのは宗教を利用するとき日本の戦争と同じく選挙でも信心のための戦いになり一票をとることは成仏することだとまでなる
それは間違っていても動機づけになっているのがカルト宗教団体である。
選挙で票を得る方にすると好都合だとなる
でもそんなことで戦争でも英霊になるとか成仏するとかを保証はできないものである。
それでもイスラム国などでもカルトととなりアラーのために自爆してそれで天国に行けると信じる、それがカルト宗教でもある
そんなこと誰も保証できない、神すら保証しなくてもそう信じる者があれば動機になる

原発はやはり国家的経営の一環として事業が起されていたのである。
原発は核武装に備えるために国家防衛の見地からも必要として作られた
またアメリカの戦略としても押しつけられたという面があった
アメリカとは同盟国だから当然だとなる、もう一つはアメリカが古い型のマーク1を売って利益をあげるということもあった
武器でも明治維新のときでも古い型のものが売られるのである。
ロシア製のものなどが出回るのもそのためである。
原発はとても一企業ではいかに大きくても運営できない代物だったのである。

そして原発が戦争のときのように神がかりにまでなっていた
「安全神話」が国家と東電とか官僚とかマスコミと一体となり作られたからである。
戦争のときも天皇は神であり日本は神国であり負けないというときやはり神話が作られて300百万人が犠牲になった
神話とか宗教は利益を越えたものとして人間の動機を作る、日本は神国だから負けない、原発なら事故も起きないとなる
創価なら選挙で常勝する、それは仏を信じる宗教だからそうなる
それは政教一致としてそうなっているのである。
他でも宗教がかかわればそうしたカルトとなり動機づけとなり国民がその犠牲になる

結局日本は戦争に負けて天皇は人間宣言した、そして政教分離になったのである。
でも現実は政教分離にならない、宗教が背後で票を操作して権力を動かしているのである自民党の阿部政権の背後には統一教会がいるとかなんとか常にある
つまり権力+宗教となるとき危険な状態になる
原発でも権力によって国家権力によって安全神話が作られていたのである。
国家権力というときそもそも国家自体が危険なものとしてある
国家は権力をもっているから国家でありえる、国家で軍隊をもたないものはない、軍隊は最大の権力であり警察機構もそうである。検察でも国家権力である。
それらを支配することによって国家は運営されている

法律は個々のものとしては公正を追及しているか国家レベルのことになると通用しない
時の国家権力に従うのである。自民党ならその政治体制に従う、そして東電の幹部の責任は検察でも問わないことになる
そもそも国家の犯罪は誰が裁くのかとなったら実際は誰もできないのである。
それは神しかありえない、アメリカだって犯罪国家だからである。ロシアでも中国でもそうである。アメリカが裁けないのは巨大な権力をもっているからである
国家自体が犯罪を犯したとしても裁きようがないからだ

シオンは公平をもってあがなわれ、そのうちの悔い改める者は、正義をもってあがなわれる-イザヤ

つまり国家レベルになると神しか公平に裁けない のである。

いづれにしろ事業を起す、経営することは国家運営とも通じている、それは一個人の問題でなくなる、なぜなら失敗したら親戚とか回りにを巻き添えにするからだ
戦争でも3百万人が死に原発でも一人も死んでいないとか言うが故郷に住めなくなるというのは最大の被害だったのである。水も飲めないとかもう最悪は空気すら吸いなくなったからである。土も汚染されて食料さええられなくなる、さらには遺伝子がやられて子孫すら残せなくなる、ということはこの地域では人は住めなくなるということである。
それだげの甚大な被害が原発ではあった
だから戦争並の被害がある、失敗したらそうなったのである

何のために新規事業へ取り組むのか。それによって社会がどう良くなるのか。といった事業理念・ミッションをメンバーへ繰り返し語りかける

だから事業はこのことが大事になる、動機づけである。原発などは失敗したことのことを考えたら簡単にできないものだった、戦争も同じである。
それは国を滅ぼすものにもなる、つまり戦争でも原発でもやるのはいい
でも国民がその事業理念とかミッションに納得すればである。
一私益として事業をするのではない、国民の納得の元にする
それは何でもそうである。政党でもそうである。
俺は政治家になるのは金になるからだ、地位が得られるからだとが動機になる
そういうミッションがないものが政治家になり権力を得るとどうなるのか?
ただ自分の利益のために国家権力を利用し私腹をこやすだけになってしまうのである。

原発だったら電気がたりない、電気がなくなれば文明は維持できないということが動機になる、また核武装の備えとして国家防衛として必要である。
ではそれで国民を納得させられるのか?こんな甚大な被害にあっても納得させられるのかとなる、そうした納得の作業が民主主義なのだろう。

でも結局権力によって一方的に押しつけられる、それが歴史でもある
原発の問題は一企業の問題ではない国家権力がかかわっていた
だからこそ戦争のときのように「安全神話」は作られたのである
いくら大企業ではそういうことはできないだろう。
戦争のときのように国家権力がかかわったからできたことなのである。
国家権力がかかわっているらか誰も罰することもできない
国家の犯罪は誰も罰することができないのである。





posted by 老鶯 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連