2017年06月29日

野馬追いの旗が飾られた


野馬追いの旗が飾られた

kashimassssst1.JPG

perpleflowers1.jpg

kashimast22222.JPG
これだけ場所をとっていると狭くなる



紫の色を深めて駅前の花壇の花や電車待つかな

駅前のタクシーと書いてある場所は駐車できない感じになる
でも花壇の方はほとんど駐車していない
今日聞いてみたらタクシー会社でJRからその場を買っていたのである。
金を払って駐車場を買っていた、そこはJRの土地だったからである。
そこの権利はタクシー会社にあった

でも他の車がタクシーと白線で囲ってあるからそこに駐車するの
を遠慮する、でもそこにはほとんどタクシー会社の車は止まらない
せいぜい一台とまればいい、客がないからだ。
でもタクシーと白線で囲っていれば知らない人はとめないのである。
別にあそこはとめてもいい場所だったのである。

なぜそのことを言うかとみんなあそこは駐車するには狭いからである。
あそこだけでも自由に利用されるようにしていればそれなりにスペースが広くなるからだでもあの線を消さないことには外から来た人は遠慮する、すると駐車場として狭い

野馬追いの旗が駅に飾られた、通りにも飾られた
駅に飾られたのは6年半くらいぶりである
それまで駅は開いていても相馬市までしか行けなかった、常磐線が開通したのは去年の12月だったからである。
野馬追いには駅に来る人もいる、だからにぎわうことがある。
その時は確かにタクシーも利用される
でもその他はほとんど花壇の前の駐車スペースは利用されないのである。

駅は何か待つ空間としてもある、その待つ空間が人間的なものを産み出す
それが時間軸のことを書いたが時間をもつということでただ移動するだけの時間ではない人間的時間を産み出しているのである。

コンビニの立ち読み(新聞)を注意された (コンビニやスーパーは御得意(おとくい)さんにならない)


コンビニの立ち読み(新聞)を注意された


(コンビニやスーパーは御得意(おとくい)さんにならない)


custumerrrr1.jpg



この人は時々新聞を買っている

一カ月の間に10回かっているときもあった

今は立ち読みしているが買うかもしれない

だから注意をしない方が良いかもしれない

なぜなら一回注意したら買わなくなるから

こういうふうに継続した見方ができないのがコンビニでありスーパーなどである

この「立ち読みお断り」システム、かえって売り上げダウンになっていませんか。

立ち読みさせろ」って言ってるのではありません。買う前にすでに買ってある本と重複してしまわないかどうか(単なる増刷版だったり、単行本→文庫化だったり)チェックしたいのです。

コンビニより先行して立ち読みをお断りを全面に出したことで売り上げが上がりました。


大体この店の雑誌コーナーには立ち読みはご遠慮くださいという注意書きもなかったんや
なのにこのクソ店員にわしの立ち読みを妨害する権利があるんかいな!
わしは客はやぞ、客が居心地よく買い物出来るようにするのが店員の役目やろうが!


コンビニでもスーパーでも量販店でも問題になるのはおとくいさんとか常連客とかになれないことにあるのだろう。ただ人は物を買う人でありその人がいくら買ってもおとくいさんではない特別の人ではない、ただ多く買えばそれで商品券などがもらえるとかだけである。

人間の歴史をみれるとき言葉を調べるといい

客というときcustumerでありカスタムは習慣のことである。習慣のように常時通ってくる人である。そういう人が客なのである。

前に十年間コンビニに通ってもパン一つ間違ってボケットに入れた犯罪者扱いにされたことがあった、つまりコンビニとかでもスーパーでも電気量販店でもお得意さんになることがない、ただ電気量販店ではカードでその人がどれだけ店から買っているかわかるから多くかっていると違った目で見るかもしれない

今日はセブンエレブンで新聞を日刊現代と日刊フジとかを立ち読みして注意された
新聞は読むのは禁止されているみたいだ、でも新聞でもどんな記事があるのかと見ることがある、自分は結構買っている、ニュース関係に興味があるし自分もプログで書いているからだ。今日は卵とパンも買っていたから何も買わないわけではなかった
新聞に関してはローソンでも注意されたから禁止されているのかもしれない。
ただ自分は時々買っているから買わないということはないのだ
その日によって記事を見て買っているのである。

何かこういう問題は現代の商店の問題がある、つまりいくら買ってもお得意さにならないコンビニでも外部の人がくるしコンビニの店員も変わる、でも田舎だと同じ人がいる
その人は前にもみかけたのである。
現代は今までの社会を見直す時代に来ているのだろう。
確かに便利なものを追求してきたしそれはそれでいいものであった
でもそこにも何か足りないものを感じるようになった、車社会も飽和点に達したとき車社会で失ったもの自覚するようになった。
人間社会というのは商売でも同じ形態がつづかないという
それはなぜなのか?人間の求めるものが時代によって違ってくるからだろ
一時代はそれで良かったのだがまた何か欠けたものを意識して見直される
豊かになれば便利なものを安いものだけを追求しても売れないとかなってくる

自分が新聞の立ち読みは禁止にしろ感じたことは一応時々新聞でも買っている
するとその人が何を買っているかを量販店のように見れるといいのである。
カードだとスーパーでもコンビニでも何を買ったとか買った履歴が出てきてわかる
それは通販ではしている、何を買ったかを履歴でわかりそしてその人にあったものをすすめる、でもこれもあくまでも対面ではない
ある人はしょっちゅうキクチスーパーに対して文句を言っている
店員の対応が良くないことをしきりに言うのである。
シシドスーパはいいといつでも言っている、よほどキクチスーパーの対応に不満だったのである。別に自分はそんなものだと思っているから感じない
女性は細かいことにこだわるからそうなるのかもしれない
でもこれもいくら買ってもお得さんにならないということに問題があった
店員にとってお得意さんなどない、店員もまた変わりやすいからである。
ただクレマーというのもいて店員だけ悪いということない場合がある
その人はクレマーの面もあったからだ

それで確かに武田邦彦氏の言うシャッター通りが回復するという、メーカーが量販店と同じ値段で店に売らせるというのだ、そうなると個人的にサービスを受けられる方がいいという人がでてくる、特に老人にはいいのである、老人は電気製品でも使い方などいろいろわからなくなっている、すると説明されたりどういうものを買ったらいいかなど相談できるからである、これもまた時代の変化でそうなってくる
スーパー、コンビニ、量販店などで欠けていたものが補えるからだ
そもそもスーパー、コンビニ、量販店でもいつまで続くとは限らないという人もいる
また新たなものに変わってゆく、その一つが通販が盛んになったことである。
またそれと同時に小さな個人商店も復活することもありうる、それは前のようなものではなく新たなものとなって復活する

ただ雑誌が見れないようにして紐でしばっているとかえって売れたというのも不思議である。あのようになれば自分は買わない、自分が買うときはどういう記事なのか、ある程度知らないと買わないからだ、それは本でもなんでもそうである。
田から新聞でも今日はどんな記事があるのかと買う時買わない時がある
ただ今回新聞は立ち読みが注意されたからもう買うか買わないとなると買わないとなる
別に買わなくてもいい方が多かったからそうなる
ともかく問題はその人がどういう客なのか10年間通っても関係ない、おとくいさんにカスタマーになれないことが問題にある
それは店の方でも客になる方でもいいとならない、双方にとって良くない
ただこれも時代でありそういう売る方と買う方両方に見直すものが生まれてきたのである
個人の仕様に従って作られる

(made according to the specifications of an individual)

これからの売る方と買う方の関係はこうなってゆくのではないか?
個々人に対応する売り方である。個々人の求めるものが多様化したからである。
例えは食堂に毎日のようにゆくとする、すると同じメニューではあきる、それで今日はあたのために一品違ったものをそえましたとかなるとうれしい、またあなたの要望によりつくりますとかなるとうれしい
ただそうなると作る方もめんどうになる、金もかかるとなるからむずかしい面はある
都会だといろいろオカズを用意するがそういう需要が田舎にはない
人が少ないからないのである。都会では老人様の食堂もできているからだ。

そうした多様性に答えるものとしてキーワードで調べるインターネットの情報システムに移行したというのもそうである。
実際はやはりインターネットで日刊新聞でも読む時代なのだろう。
ただそうなると月いくらと払わねばならない、他にも読むものがあるから金がかかりすぎるのか問題なのである。それでいくつもの雑誌を読めるというサービスが生まれたのも時代である。
ともかく時代は常に変わっているのである。その変化に対応できないと商売でも何でもうまくいかなくなる、その変化をなかなか読めないのである
だからいつまでも今までの商売の仕方が変わらないということはないのである。

シャッター通りの大変革!(武田邦彦プログ)
posted by 老鶯 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題