2017年06月12日

田んぼが回復しないと復興を感じないのはなぜか? (田んぼと蛙は生態系で一体化したもの)


田んぼが回復しないと復興を感じないのはなぜか?

(田んぼと蛙は生態系で一体化したもの)


農家としては花を買って来て植える方をオススメいたします。『地力』とは地力が高いか低いかで野菜や果物の実の美味しさや大きさが決まります

田んぼは約2年作らなければ、床!、トラクターが剝くところより深く入りますのでトラクターは煮え込んでしまいます。
上部から50cm位で床、即ち足が入らない所を床と言います。
これが崩れると大変なことになります。
正規に作った稲でも毎年、下草、雑草を田んぼに入れればこれが肥になります。
休耕田は最低の田んぼですから、誰も作ろうとはしませんし、草の管理が1年大変なのです。

1年放置しただけで樹が生えてきますし
草も当然生えますので
休耕田の管理は面倒なものがあります。


休耕田は最低の田んぼですから、誰も作ろうとはしませんし、草の管理が1年大変なのです。

こういうことだったのか、田んぼの方が回復がむずかしかった、だから畑は原発事故以後もすぐに作る人はいた、田んぼはそうはいかなかった
飯館村は田んぼがほとんど回復していない、無惨に表土がはがされている
田んぼも肥料が必要であり肥料がなければ米でも育たない
それで右田の部落が橲原(じさばら)に肥料となる草刈り場の山を10町とかもっていたのである。そこに今住宅を建てて右田の人が移転しているという。

農家で苦労しているのが肥料なのである。それで角田の方に言って鶏糞を買って畑をしている人がいる、それは趣味の畑である、畑は趣味でもかえって金と労力もかかるのである
田舎では田んぼがない、田舎が考えられないのである。それはもう自然景観と同じとなり心も一体化している、田んぼは田舎では単なる米がとれるということではないのだ
オーストリアとかアメリカでも米は作られている、北海道でも作られている
でも日本の本州の田んぼはもう米をとるというだけではない、一つの心の原風景となっているのだ。だから田んぼがない田舎は田舎なのかとまでなる

それを一番感じたのは田んぼがこの辺で回復して蛙の鳴き声が盛んにひびいたときだった田んぼと蛙は一体化していたのだ、そこに蛙を餌としてとるために鷺がやってきていたのである。ただまだ鷺は今年はあまりみかけない、これから飛んでくるのか、前は鷺の巣が川の藪にあったりした、だから田んぼは自然景観と一体化した原風景なのである。

それで南相馬市は田んぼが作れなかったが相馬市に行くと田んぼがあり松の木がありそれが日本の原風景だと感じた、南相馬市では田んぼは荒地となり草原化したからである。
その草原化した風景は北海道の風景だったのである。
その草原に雲雀が鳴いたとき草雲雀というように雲雀は田んぼより草原にあっていたのかと実感したのである。これも不思議な経験だった。

いづれにしろ田んぼが復興しないと復興がないと感じるのはそのためである。

ケロケロケロ、田んぼがもどった、ケロケロケロ
俺たちはここに住む、俺たちの生きる場がもどった
ケロケロケロ、うれしいな、仲間ももどってきた
みんなで思い切り合唱だ
夜空には星が一杯輝きここが俺たちの生きる場だ

なんかこんなふうに蛙の鳴き声が盛んにひびいていた、そのひびく音が静寂の夜の田舎にひびわたったのである。
田んぼはそうして生態系と一つになった自然景観を形成していたから違っていたのである人間の生活の復興も蛙とか動物とともにもあったのである。
生態系というとき人間も動物でも生物でもその中に生きているからである。
だら蛙でも生きられないとなると生態系自体が破壊機能しなくなっていたのである。
原発事故はそうした生態系を汚染したからもうその土地に生きられないと帰れなくなり脱出したともなる、それが原発事故の罪深さだったのである。

まだ除染してもその効果は無駄だったとかなり4兆円の除染費用も浪費されたとかいわれる、土と水とか森の木とか汚染されることは生態系にとって致命的になる、動物も生きられないし人間も生きられなくなるのである。
浄化するためにはもう30年とかプルトニウムが消えるのは二万年とかなってしまうのが原発事故の過酷さだったのである。
原発事故は一回こんな大事故が起きたら住めなくなるということである。
それをこの辺では実際にそれを証明したとなる

posted by 老鶯 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

駅で柏餅を中学生におごる (与えるにはタイミングが大事)


駅で柏餅を中学生におごる

(与えるにはタイミングが大事)


今日はなぜか受験のために仙台の中学生が来ていた、三年生の二人だった
途中鹿島駅によったらしい、そこで一時間仙台ゆきが待つことになったのである。
何か一時間くらいローカル線だと待つことがある
その待つ時間が人間的なものを産み出す契機となる

その女子中学生は前にお菓子屋があったが腹減っていたが金がなくて買えなかった
金をたまたまもってきていなかったみたいなのだ
だから駅前の菓子屋を見て食べたいと言っていたのを聞いた

それで自分は柏餅を買ってきて食べさせてやった、一個百円だった
それはもらった人は意外だったろう
自分も今までそんなことをあまりしていない
何か自分がもらう方であり与えることがなかった
常に与えられ方だったのである
自分はだからもらったり与えたりするのが苦手なのである。

子供をもてば与えることは義務になるしそれは喜びである。
そういう経験もないというとき自分は与えられの常だったのである。
でも親の介護になったときはじめて与える側に立ったのである。

人間は与えるのももらうのも与えられることもむずかしいのである。
与えられる時は遠慮なくもらうべきである。
その人はその時与えたいし余裕があるからだ
金銭的余裕がある人は与えたくなるのである。
自分は遺産を受け継ぐまでそうした金銭的余裕がまるでなかった
だから常に与えられる側にあったのである。

与えられる、もらうことの上手な人はいる、でもそれが全く遂に遠慮もなくただ与えられることが当たり前となりそれより子供のように何でももらえるとねだるようになる
借金でもいくらでも要求してくるから与えるのも実際は金とかなるとむずかしくなる
金のやりとりほどめんどうなことはないからそこで金の切れ目縁の切れ目になるのがあまりにも多すぎるのである。

つくづく人間は与えるにしてももらうにしても何かめんどうなのである。
与えるにしても相手が嫌がることだってあるし別に金があるから買うからいいともなる
なぜ今回は与えられたのか?それは相手が中学生であり昼間ちょうど金がなく腹をすかしていたからである。そういうタイミングが大事なのである。
人間はつくづくタイミングである、旅とかなると一回しか機会がないことが多いからその時しかタイミングがなかったことに今になると気づいた
でも自分は何かそうした出会いのタイミングを逃したのは失敗だった

人間は変化するものであり状況も常に変わっていると書いた、そのことはタイミングを活かすことがいかに大事かとなる、そのタイミングを逃しているのが多いのである。
与えるにしても与えられにしてもタイミングがあるのだ
それを逃すとどっちもできない、その機会を逃してしまうのである。
人を助けるにしてもタイミングがある、その機会を逃したら後は二度とないのである。
自分が苦しんでいるとき誰も助けてくれなかった
それも自業自得、自分のカルマだったのだけどもしその時助けられていたら恩人となり
終生恩義を感じることになったのである。

意外とそういう機会を逃しているのが人間である。その時来た人は借金とか金がなくて苦しんでいるからできなかった、相手が苦しんでいるときチャンスになったがそれは助けることでなく相手の弱みにつけこむだけだったのである。
相手が困ったとき助けるというとき必ずしも金だけではないだろう
何か金でなくてもできることはある、津浪で苦しんでいたとき泥かきなどをして助けた人は恩義を感じている、恩人だとかなる
恩人になる機会は実際は人生の中でなかなかない、そういうタイミングがあったとしても逃しているのが多い、自分とは関係ないとなりちょとしたことで助けないのである。
そのことは自分が病院に入院するときその人はともかく金が欲しい欲しいしかない金をもらわなければなにもしたくない人だった
だから軽い荷物でももつことを嫌がっていたのである。
そんなことすら人間は他人のためにしないのである。
それも金の余裕とか心の余裕がないからできなかったのである。

もしかしたらこうしたちょっとした親切でも思い出となり鹿島駅のことが記憶されるかもしれない、これはどうでもいいことだが何か小さな駅は人情の駅になることがある
大きな駅はただ通りすぎるだけだからである。
確かなことは今は自分は金銭的にも与える方になっている
その金は無理したものではないからだ、ただ有効にタイミングが良く与えることがむずかしいのである。
だから与えるというとき大きなものでもなくてもささいなものでも効果的な場合がある
それはタイミングが良かった時なのである。
今回はたまたまそういうタイミングがあって与えることができたとなる
自分は与えるにしても与えられるにしても何か苦手である。
社交性がないというか何かうまくない、でも今回はタイミングが良かったからできたとなる、こういう時は与えても恩着せがましくなるとまた相手も嫌になるだろう。
それが中学生とかでありうまくいった、子供なら与えても当然だとなるからだ。

タイミングとは運なのである。株でもタイミング良く買えばもうかる、そのタイミングを逃せばもうけも逃げる、男女の出会いもタイミングである
そのタイミングを逃すとあとは二度とないとかなる、そして一生は短いからタイミングもねんなにない、だからこそタイミングを活かした人が運が強いとなる
運はタイミングなのである。タイミングを活かせないものは運もないのである。
あの人は運が強いというきタイミングを活かした人なのである。
商売でもそうであり何か幸運になるのはタイミングが良かったからだとなる

人間関係も外交関係も何でも日々変化している (人間はその変化に気づかない)


人間関係も外交関係も何でも日々変化している


(人間はその変化に気づかない)


人間というのはも日々変化している、その情況も同じではない、家族でもその情況は常に変化している、なぜなら子供が成長するから変化している、いつまでも同じ状態のものはこの世にはないのである。
人間関係も常に変化するのは情況が変化するからである。
自分はこれまで介護とか自分の病気とかで弱い立場にありその弱いが故にそこにつけこまれてひどいめにあってきた、でもその時は何もできない状態だったのである。
でも介護が終わり自分の健康も回復したとき違ってきた
何か頼る必要がなくなったのである。弱い立場ではないのである。
でもそういう変化に気づかず相手は弱いと思いつけこんでくる
それは相手の変化を見ないから察しないからそうなる
そして今度は反撃されることがあるから注意すべきである

つまりこの情況というのはあらゆる所で変わるのである。日々変わっているしそれが良くわからないのである。
外交関係でも常に変わっている、なぜなら中国との関係でも10年前と今では全く違った情況が生まれている、10年前だと中国があんなに発展していないだろう
すると日本ではまだ中国は貧乏国の後進国だと見てしまうのである。
10年すぎる中国はみるみる変わってしまっている
いつまでも世界は同じ情況になっていない、人間はその変化に対応できないのである。
イギリスもいつのまにか衰退してしまっていた、それでも大英帝国がなおあるように錯覚するのである。
日本とアメリカの関係もいつまでも同じではない、そんなにいつまでも日米同盟がつづくとは限らない、どこかですでにその情況は変わっている
それは中国の関係でも韓国の関係でもロシアの関係でもそうである。

ともかく世界は常に変わっている、この辺は津波と津波や原発事故でまるで変わってしまった、ただその変化に対応できないのである。
避難解除になったからといってすぐに帰れるわけではない、その心境とか情況も常に変わっているからだ、仮設に住んで復興住宅に住むことでも変わっている
そういう変化がこの辺は激しいのである。だからどういうふうに対応していいかわからないとなる

科学技術の面でも常に変わっているからこれについてゆくことも年取ればむずかしくなる老人は時代に技術についていけなくなる、だから老人は金をもっていても弱者化してゆくのである。時代の変化に対応できないからである。
車社会になったとき車をもっていないものは弱者になっている、だから老人でも車を80でも90でも運転しようとする、弱者になりたくないからである。

人間関係でも家族関係でもなんでも常に情況が変わってゆくことがわからない、すると突然離婚になったり何か破綻したりする、それは突然そうなったのではなく情況が変わるからそうなる、離婚でも経済的に苦しいからできないとなっていても何かで経済的に自立できるとかなると離婚になる、情況が変わるからそうなる

あらゆるところで情況が変わり変化してゆく、強いと思ったものが弱くなり見る影もなくなる、老人になるとそうなりやすい、そういう親が老化して弱者になることをまざまざと見たとき信じられないとなるのだ。
あらそるものは変化である。その変化に気づかないから相手が弱かったからいつまでも弱いと思っていると強くなっていることがありそのために今度は逆に攻められてひどいめにあうことにもなる

人間関係もいつも同じではない、それはそれぞれの情況が変わっていることに気づかないのである。それで突然変わったとかなる、それは相手がいつも同じ情況、状態にあると思っているからである。
個々人の単位でもそうだが国の単位でもそうである。今の日本は高度成長時代の日本とは違う、子供の貧困が6人に一人もいるとかなるとなんでこんなに貧乏になったのかとなる
そういう情況があることをなかなかのみこめないのである。
それは過去の繁栄を経験した人は余計にそうなる、なんでこんなに日本は落ちぶれたのかとなり信じられないとなるのである。

人間は情況を変化を見誤ることが致命的なにる、夫婦でも友達関係でも何でも情況が変わるからいつまでもつづくとは限らない、友達も結婚すれば別だとなる、
そして結局人間の関係は金の切れ目が縁の切れ目であり仏の顔も三度までとかなり縁も切れるのである。仏の顔が三度までというとき相手はいつまでもその人が仏のような人とと思いつづけている、でも情況が変わるし同じことは何度も聞かれないのである。
もういいかげんにしてくれるとなり切れるのだ。
人間の関係はまず常住なものがない、切れやすいのである。
それがこの世の人間関係だとつくづく思う、ただ家族は60年つづいたからその歳月故に死んでもつづいていることがある。その絆は死んでも切れないのである。
他の人間関係はつくづく金の切れ目が縁の切れ目とかなりやすいのである。
この世の人間関係の無情がある

だから外交のむずかしいのは相手の国でも常に情況が変わり変化していることを見誤るからである。アメリカでもトランプ大統領になったとき変わったがそれがどのように変わるわからない、アメリカの変化がわからないのである。
そのことから外交でも見誤り失敗するのである。
それほど人間はとりまく情況が常に変化している、それに対応できない、相手を察することもできないから失敗する
仏の顔も三度までというとき金を貸してくれたらまた貸してくれるだろうとなる
それも三度まででありそれ以上はないというということを思わない
それで金が貸してくれないというときその人は愕然として怒りにもなるのである。
なぜ変わったのだとなるがそういう情況を作り出していたことに気づかないのである。


何か巨大な勢力でも権力でもいつまでもつづかない、だからいつまでも今ある権力があると思うと失敗する、たちまちそのような権力も雲霧消散するからである。
まるで幻のように消えてゆくのである。そういう変化を人間の歴史はこれまでつづけてきたのである。津波でも原発事故でもそういう大きな変化でありもう対応できなくなっているのだ。
津波でも原発事故でもそれだけが変化ではとない、過去には二度の戦争があったし過酷な変化がありそのために犠牲になった
そういう変化があるのがこの世でありさけられないとみるべきだったのである。
でも平和がつづくとそれがいつまでもつづくと思ってしまうのである。
平和であることこそがまれなことなのである。
むしろ一生の間にはこうした大きな変化に見舞われることこそが人間社会でありそれは歴史をふりえればわかる
その変化こそが人間の歴史であり繰り返しだったのである。


人間万事塞翁が馬  (じんかんばんじさいおうがうま)

「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」という事です。

原発にしてもこの辺では悪いものではなかった、富をもたらすものだった、それが事故になったら一転して大きな災いとなり苦しむだけだとなった
でも見方によっては他に移っていいと思っている人もいるかもしれない、多額の補償金をもらって良かったと思っている人はいる。
原発事故でもすべてが悪いものとして働くだけかとなるとそうでもない面があるかもしれない。この辺などは前よりスーパーが二軒新しくなったりといい面があったからだ。
もちろん悪い面の方が多いのだが町自体が急激に衰退するということはなかった

ともかく人間は情況が常に変わるからこういうことが起きてくる、何か幸福になるのか不幸になるのかわからないのである。まず幸福の原因が不幸になり不幸の原因が幸福になっていることは普通にあるしみんな経験している
自分が幸福だったことが苦しみのどん底に落された。親が二人死んでただ苦しみしかなくなったのである。30年間の幸福は一瞬にして消失したのである。
それは津波や原発事故でもそうだったのである。
有為転変をまねがれえないのがこの世なのである。人間の歴史自体がそうだったのである