2017年04月28日

街は相乗効果で栄える 駅前から発展した街をふりかえる


街は相乗効果で栄える

駅前から発展した街をふりかえる

newtttownn122222.jpg

街というとき鹿島区を参考にするとまずどこでもその当時そうだったが一軒一軒の店があった、駄菓子屋とか隣は魚屋とか豆腐屋とか酒屋とか呉服屋とか電気屋とか様々な店が並んでいてそういう狭い地域で生活していた、第一遠くには行って買物はしていない
車もないし歩いて生活するのが基本だったからである。
こういう生活も今になると便利だったとなる、スーパーでも買い忘れがある、豆腐買ってなかったとか納豆買ってなかったとかあるからだ
近くだったらすぐに買いに行けたからである。
この時から街は常に相乗効果があって成り立つ
魚屋とか豆腐屋でもなんでもばらばらに離れていると生活しにくいからである。

次に街の発展は駅ができて駅前通りが作られ発展した。その頃まだ車をもつ人は少ない、ダットサンとか三輪車風の荷物をのせる車は先に使われていた
最初は人をのせるというより品物を運ぶためにそういう車が使われた
鉄道でも最初は石炭とか地方から木材とか石とかを運ぶために発展した
網の目のように森林鉄道がめぐらされたのもそのためである。
この時は鉄道の時代だったのである。

鹿島区を例にするとなぜ駅前に農協のスーパーができたのかというとまだ駅が街の中心ということがあったからである。
その時スーパーができたときすでに街の通りの店は衰退していたのである。
スーパーの時代になるとそのそろえる品数が違いすぎたからである。
駅前に自転車屋があるのは引き込み線で貨物車両が入り運ばれたからである。
映画館というのも駅前の今のではない細い路次が通りでありあった
つまり娯楽施設もありそこが街となり相乗効果でにぎわっていたのである。
駅前だと運びやすいということがあったし駅前旅館とかできたのも鉄道が盛んな時代のことである。
この辺でも鉄道は働き場所であり線路工夫をしていた人や国鉄職員も多かったのである。それは今は鹿島駅前にホンダの販売店があると同じである。
今は車にとって変わられたのである。

街の発展をみると相乗効果なくしてありえない、第一東京があんなに巨大化したのは東京にあらゆるものが集まり生産消費しているからである。
そこに巨大な相乗効果が生れてそなっている、仕事するにも便利だからそうなっている
官庁でもなんでも集まっている方が仕事しやすいからである。
それでなかなか移転などできないのである。

原町区で元の原町市でも旧街道から駅前通りとして発展した
それで自分の母親が原町紡績で働いていたのだがその工場まで引き込み線があった
鉄道で運ぶためにあった、鉄道しか遠くへ輸送する手段がなかったのである。
まだトラックなとは普及していなかっ、第一戦前なら戦後十年でも舗装はされていないからである。だから埃がだったり雨がふると水たまりができたりと道は汚れていたのである今の南相馬市の鹿島支所の真野橋は木の橋だったのである。
子供の頃、その橋を渡ったが木と土の橋でありゆれたりして危険な橋だったのである。
そもそもが江戸時代の橋とさほど変わらない橋だったのである。
それで橋は良く洪水で流されていたのだ

相馬野馬追いでも新田川で橋が流されて行列がとめられている絵が残っているからだ
その当時洪水が多かったのである。
自分の家は街では一番低い所であり二回も洪水の被害にあった
だから全国的に日本は洪水の被害が多いから橋がどこでも流されることが多かったのである

相乗効果というとき最近コモドインというランチをはじめたホテルに行っている
あそこは料理人がいて洗練した味の料理を出している、そもそもあのような山側にホテルができたのはこの辺で津浪や原発事故で外部から除染とか工事関係者が入ってきたからである。まだ溜池の除染が近くではじまったとか工事もあるから人が入ってきている
それであんな山側にホテルができた事情がある
何かあのホテルに行ってランチを食べるのが不思議な感覚になる
あんなところホテルができると思わなかったからである。
それは宮沢賢治の「注文の多い料理店」とうい童話が現実化したような錯覚になった
花巻とかいの町も当時は小さいが何かそうした都会風なものが入ってきていたのである。
それとにたような状況が最近ここで起きているのである。

何か都会化したなと感じる
距離的には通える範囲であり自転車でも遠さを感じない距離である。
そのホテルでランチすると今度は近くのコンビニがありそこによることになる
何か食後のデザートのようなものをほしくなる
そのホテルのランチでもそうしたものを添えているがたりないのでコンビニによる
そうするとそこが一つの街になるのかと感じたのである。
つまり相乗効果がホテルとコンビニで生れたとなる

鹿島駅前を何か開発すればいいとか書いたがこの前は山崎パン屋でサンドイッチを買って食べていた人がいた、山崎パン屋はそういう買物ができたとしても駅から近いとは言えない、そこが一番の問題だった、前は鹿島駅内に売店があったからそのときは人の出入りが多かったのだろう。
だからこそ農協スーパーが駅前に出店したのである。
その時駅前開発が議案となったが何もできずに今日いたっている、その内車社会になり
駅前の農協もなくなった、鉄道は衰退したのである。
原町だったら六号線に道の駅ができたりと六号線沿いが発展することになった

街が栄えるにはやはり相乗効果がないと栄えないことは確かである。
何か今のようにてんでんばらばらになっては便利でないからだ
仮設商店街というのも新しいを相乗効果を産むものとして作られ一時は成功した。
ただ外部から入る人が多かったからこの辺ではその繁盛も一時的だったともなる

駅にいると食堂が一軒ありそこで食事する人が結構いるなと見た
昼間にきた人は食事する場所を探しているからである。
でもそれも良くわからないようで教えたりする
鹿島駅前は何もないように見える、それが不便なものとなっているのだ
やはりそれでは相乗効果を生まないのである。
店はやはりいろいろなものが集まった方がいいのである。
結局車社会が街作りを変えてしまったのである。
六号線沿いに店が点々とあるのは車社会だからそうなる
街の通りがシャッター通りになるのもそのためである。
大きな駐車場が必要になってくるからである。

スーパーは一軒でもそこでなんでもあり相乗効果を出している
でもスーパーだけでは本当は街の形成はできないのである。
街というときそれは総合的なものであり必ずしも買物だけではない
ぶらぶら街を歩いてみたいとかあるからだ
イオンのように離れて巨大なものが一つあるというのは不自然なのである。
そこにツタヤとかあるのも相乗効果ではある、パチンコ屋もできたのもいいとはいえなくてもそうである。そこに人が集まることが相乗効果なのである。

いづれにしろ小池のコモドインでのランチは自分にとって新鮮な経験だったのである。
小池など通りすぎるだけであり何かそこを街のようには意識しない所だったからである。だから一つでもホテルができてそこでランチなどできるとなると感覚的に違ったものとなることを感じた、そして相乗効果が生れるのである。
その辺りは自然も豊富だから「注文の多い料理店」のような錯覚を産む場になったのである。



ニュースも継続したものとして歴史として理解する 時間的にも断片化しない


 ニュースも継続したものとして歴史として理解する

 時間的にも断片化しない


timeandsssss111.jpg
狭いと稠密な認識になり広いとおおざっぱな認識となる

deepdddd12.jpg

 ニュースというとき今回の津浪のように大災害でも突然起きたありえないものとして見た、こんなことはありえないから警戒もしていなかった
ところが津浪というのはこれくらい大きなものでも2000単位になると起きていたのであるそれで研究するようになった、もともと研究していた人はいた警戒もして忠告もしていたのである。

現代はあまりにも今に注目しすぎるのである。時間軸でも過去から時間軸で考察することがない、そうすると深い見方はできない、時間でも断片化する、だから考古学でも何の役に立っているのかとなるが地味な作業だがその土地の時間軸であったことを掘り下げているのである

そして「歴史はくりかえす」というとき過去にあったことは必ず今に起きているし、今起きていることも過去に起きていた、ただ歴史はくりかえすとしても全く同じものとしては起こらない、似たようなものとして起きている
例えば古墳のことを書いたがなぜあんなに古墳が多いのかとなると今にあてはまると明治以降庶民も墓を作りだした結果として墓が増えた、墓が増えすぎることも困るのである。それで古墳も作ることが禁止されたのである。古墳は小さくても大きいからそれだけ日本のよう狭い土地では田畑にする面積を奪うからそうなる

ともかく時代とともに必ずにたような問題が起きている、すると過去と歴史と照らし合わせて今考える、継続的問題として今を考えることが理解を深めるのである。
ただこの時間軸から考察することは本当にむずかしい、自分の住んでいる所ならできるがそれでもむずかしいから旅行しても時間軸で知ることはできない
外国旅行になると空間的には今や一日二日で地球の裏側まで到達する、では時間軸で理解できるかとなるとできないのである

ヨーロッパは歴史がある、二千年くらいの歴史が文書にも残りある。
ローマ時代の遺跡も各地に残されている、するとその石の遺跡から昔を思うようになる
そこで時間軸から考察することが自ずとできるようになっている
日本だと木の文化だから過去が具体的に残っていないからそうした歴史の思いが生れないただ現代はグローバル社会であり時間軸での考察はどこでも浅薄になっている
そうした時間の断片化がナチスを生んだという説もある

空間があっても空間も時間の中でアイディンティティが作られてゆく
空間でもその土地土地で時間の中で継続の中でアイディンティティが作られてゆく
だからエジプト文明でもマヤ文明でもキリスト教文明でもイスラム文明でも仏教文明でも空間軸があり時間軸があり長い時間の継続の中で作られてきたのである。
即製されたものではない、そこに歴史の時間の重みが生れてくる

津浪で驚いたのは縄文海進とかが再現されたことである。
この辺で船着とある場所は塩崎であり鉄道を越えた所の奥深い所だった
その近くまで津浪が来ていたのである。ということはそこがもともと海であり船着という地名がそこにあることを実感することになった
そこには奈良時代辺りから海であり船が行き来していたとなる
そこは海老とかからすると右田から烏崎は低い場所だったのである。
とにかく烏崎から船が流されてきたのには驚いた

つまり2000年単位の時間軸で見れば自然災害でも今起きたことでも過去から歴史から見ればありうることだったのである。
そういう長い時間軸で見ることが現代には欠けていたのである。
常に今という時間に注意してその関心が奪われているのである。
特にニュースは絶えず今のことを報道しているがそれを過去から考察することはしない
そういう作業はめんどうだから何か特別目立つものを話題にして大衆の関心をひきつけるだからニュースでもその土地に根ざして土着的な報道が必要なのである
それを自分は試みてきた、福島県といっても広いからとても土着的な報道はできないのである。

また「継続は力なり」というとき人間は個人的に何でも学問でも事業でも継続によって力がつく、人間はやはり一代くらいでは家の重みがでてこない、豊かにもなれない、何代かつづくうちに継続してその家から何か人材が生れてくる
何でも一代で築くとなると容易でなくなるからだ
それで農家は三代つづいて農家と認められるというのは土地に根付くにはそれだけ時間がかかるからそうなる

北朝鮮が問題になっているがあれも中国の隋の時代から争っていたし日本と中国のせめぎ合いの場所でありその時百済が滅亡して難民が日本に逃れ定着した
大阪に百済郡までできていたからである。そういう歴史は今にはじまったことではない
古代からの連続したものとしてあり継続したものとして韓半島がある。
だから良く韓国は民族として国として残っているということがある
それはやはり継続するものとして力をもっているからである。民族を滅ぼすことは簡単にはできないということになる、それでも過去の民族は消滅している
エジプト文明を作った民族は何だったのか?その民族は消滅しているのである。
中東でもアッシリアとか何かいろいろな民族がいたけど消滅している
日本ではアイヌ民族はほとんど消滅しているのである。
だから民族が今にすべて残っているわけではなく弱小民族は消滅しているのである。

いづれにしろ継続するということそれが歴史でありその国の重みを作る
「一日にしてローマは成らず」である。そういうことが生きることでもあり日本でもそうした長い歴史で作られた国だからその継続の力を維持することが大事になる
その継続の力はその土地に根ざしアイディンティティが基本になるということである。
文明が滅びるにしてもエジプト文明は3000年つづいているしマヤ文明なども1000年つづいたとかあるからだ。
そういう継続の力があったのが文明であり現代文明というとき何か?
せいぜい百年単位でありその間にすべてが成され終わるという感覚になっているのである江戸時代文明だって300年あった、現代文明は百年ですべてを費やして終わるという時間感覚になっているのだ、そういう空間と時間の感覚がナチスを生んだというピカートの考察がある。すべて今に集中される、そしてあらゆるものが刹那的なものとして消えてゆくニュースはそうである、次々に新しいものが求められ泡のように生れては消えてゆく
そこに継続して報道されるものがないのである。

継続してみるというときこの辺で起きた原発事故でもそうである。
すでに6年がすぎた、すると6年間をふりかえり継続して見る必要がある
放射能物質の汚染は継続している、今ため池を除染している
自分は飯館村の佐須で泥が20マイクロシーベル以上あったことに驚いた
そこはホットスポットだったのである。
その泥がセシウムが付着して真野ダムに流れてゆく、すると真野ダムの底の泥には相当なセシウムが泥に付着して堆積しているのである。
それから類推して溜池でも同じだと思った、その泥が流れて田んぼに入ると米が放射性物質に汚染されるのである。実際に稲の実った米が白くなって放射性物質に汚染された映像を見たからあのように放射性物質の汚染も見ることができる
ただ普通には見えないから怖さを放射能汚染では感じないのである
これも地元で継続に見ているから言えることなのである。

ニュースでは全国ニュースになるとこうした継続してみることが苦手である。
次々に新しいことを探し起きてそれに注意を向けるからである。
全国となると広いから余計にそうなる、世界でももうそこを時間軸で考察することは不可能にもなる、世界は広いから次々に事件が起きるからである。
つくづく何か自分でも鹿島区のことは時間軸でも考察しているが原町とかなると広いし人口も多いし何が起きているのか理解することがむずかしくなるのだ
だから人間は時間軸で考察する範囲は狭いとなる、そういう限度があるのかと思う
福島県でも広い、だから会津のことは山に囲まれた世界を知ることは簡単にはできないのである。
中通りだって海がないしまた違った自然環境にあるからわかりにくいとなる
だから全国でも世界でも旅をしたが時間軸での深い理解はできなかったともなるのである


一つの世界の構築

一つの世界を構築する
その土台と柱と蒼穹と
石の柱は森の樹々である
その一つの場に意味を深める
一つの価値ある世界を構築する
ゆるぎなき価値と意味ある世界を
日々の継続のなかに
長い時間の継続の中に
歴史の継続の中に
石の柱は大地に根づき
破壊されてもその石の土台は残り
継続の歴史を語る

Construction of the one world

I build one world
With the base and a pillar and blue heavens
The pillar of the stone is trees of the forest
I deepen a meaning in one place
Firm value and the meaningful world
that build one valuable world in daily continuation
In continuation of long time
In continuation of the history
The pillar of the stone is with a root on the earth
The base of the stone recites
the history of the remainder continuation even if destroyed

機械翻訳は相当に進歩している
だいたいこれであたっているだろう
機械から学ぶ時代になったというのも確かである
翻訳は機械で基本的なことをしてそれを人間が付け加えるともなる
こういう知的なことも機械でできることの驚きである。