2017年04月27日

「地震考古学」大地の痕跡、防災に生かす 京都新聞の記事に南相馬市の津浪の研究報告


「地震考古学」大地の痕跡、防災に生かす


京都新聞の記事に南相馬市の津浪の研究報告


京都府教育委員会から福島県南相馬市に派遣され、1年間発掘調査を支援してきた府教委の古川匠さん(38)は、南相馬市での住居の変遷に着目した。東北では平安時代の貞観地震(869年)での津波の被害が知られるが、約2千年前の弥生時代中期にも大地震で巨大な津波で被災した。発掘調査によると、地震後、弥生時代の集落は津波を恐れてか、高台に多く作られていたことが分かる。

高知県須崎市のただす池の約 2000 年前の津波堆積物の中から土器片を発見したことである。須崎市は歴史的にも繰り返し大きな津波被害を受けてきた地域であるが,すでに約 2000 年前,弥生の人達がこの地で生活を営み,大きな地震と津波に遭遇
していた。

水田をつくるのに適した湿潤な低地をのぞむ微高地や台地部に立地するのが一般的です。10軒内外の竪穴住居に倉庫(前期は地面に穴を掘った貯蔵穴、中期以降は高床倉庫)、少し離れた場所に墓地というのが一般的な集落のすがたです



この記事の詳細はわからない、ただ京都からも研究員が来ていた、ただ弥生時代になると2000年前となるとそれを今知るということは容易ではない
例えば海老にも弥生時代の住居跡が発見されたからあそこは相当に古い時代から人が住んでいた。弥生時代となると古墳時代より古いのである。

水田をつくるのに適した湿潤な低地をのぞむ微高地や台地部に立地するのが一般的です。
南相馬市の鹿島区では寺内から小池が一番これにマッチしているのである。
弥生時代から寺内、小池はそういう適地でありたからこそ古墳が多いとなる
ただ桜井古墳の一は相当に海に接していた、新田川にも接していた
そういう地の利がありあれだけ大きな古墳が作られた
なぜなら津浪がその古墳の手前まで来ていたからである。

ただ2000年前の中期の弥生時代に大地震で津浪で被災した

そのことが明確に立証できているのだろうか?

そしてその後高台に住居が多く作られたとあるがこれなども詳細がわからないからわかりにくい。ただ相馬市では貞観津浪の痕跡が発見されていた
海の砂がボーリング調査で海から離れた奥で発見されたからである。
貞観津浪というのは史書にも明確に残されているし科学的調査もされていてその被害もわかっている。
ただ慶長津浪となるともう一つ記録的には明確でないし科学調査もまだ不十分なのである小高と浪江では貞観津浪の痕跡が発見されている
つまり今回と同じような地域で巨大な津浪があったことは明確なのである。

だから弥生時代にさかのぼり津浪のことを知るのは容易ではない、海老も高台であったからあそこに津浪がくるとはみんな思っていなかったのである。
それで海老の崖の高台に避難して30人くらい死んだのである。
その原因が崖になって高台になっていたから海に接しても津浪が来ないとして前から避難先として指定されていたのてある。
それほど津浪については市でも知らないからそういう重大な過ちをしていた

ただその後ろが森になっていてその森に逃げたら助かったのである。
その森の木につかまり助かった人もいたし右田から必死でその高台目指して逃げて森に逃げて助かった人がいたのである。まさに九死に一生を得たとなる
海老は右田などからすれば高台だから安心していたのである。
高台だからこそ弥生時代から住居があり人が住んでいたとなる
その弥生時代でも巨大な津浪が来たら大きな被害があった
ただ小高で考察したように縄文時代に住んでいた地域には津浪は来ていない、そういう場所に住んでいたからである。
新地の貝塚でも高台にあり海から相当離れている、貝などは海にきてとったとしても住んでいた場所は高台なのである。それで手の長い巨人が住んで貝をとって食べていたという伝説が残っている

いづれにしろ津浪とかなると2000年単位くらいでみないとわからないものだったのであるその時間の感覚が人間にとってはとてもリアルに感じられないものとしたのである。
だから相馬地域では津浪は来ないという確信とまでなっていたのである。
自然の時間感覚はこのように長いのである。それに人間が合わせることは容易ではない
今回の巨大な津浪でクローズアップされたからこそ弥生時代の2000年前の津浪のことまで調べるようになった。

考古学でも津浪のことが今回の被害でテーマになった。ただ海老に弥生時代の住居跡があるとして次に鎌倉時代の住居跡もあるとしてその後に起きた津浪、慶長津浪がどう影響したかはわからない。慶長津浪のことは相馬地域でも700人溺死したとしか記録がなくわからないのである。だから謎になってしまっている
貞観津浪は記録でも考古学的科学的調査でも明確になっている、慶長津浪については不明確なのはなぜなのかともなる

郷土史などでも2000年単位でみないわからないとなる、ただそうなると2000年前に巨大津浪が来ていたとしてもそれで警戒する人はいないだろう。
貞観津浪は800年頃であり奈良時代であるから記録にも残った、弥生時代となると記録にも残らない時代である。そういう時代を知るとういことは容易ではない
地層を調べるとかなると化石時代までもさかのぼる、そういう時間感覚になると人間は弱いのである。第一300百万人が死んだ70年前の戦争さえ現実と思えなくなっていることでもわかる、そんな大惨事でも人間は忘れてしまうからだ。
その人たちは異国に死んでその骨は埋まっていても拾う人もない、北朝鮮では日本人が埋められた墓があったがそこは畑になっていて一部が辛うじて残っていたのである。
70年前のことさえこうして忘れられるというとき2000年前をリアルに感じることはできないのである。

人間は死ぬとたちまち忘れられる、そんな人が生きていたのかとまでなる、思い出す人もわずかでありやがては全く忘れられるのである。
そして自分のように墓に記された名前と死亡年月を見たりしてその人を知るとういだけになる、人間は常に目の前の現実と戦い生きているから過去は忘れやすいのである。
でもその現実もすぐに過去となってゆき忘れられるのが運命なのである。


南相馬市小高区福岡で津波のボーリング調査 (十和田湖カルデラ火山の灰の下から貞観津波の砂を発掘)

posted by 老鶯 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

桜は散り今年の春も逝く (枝垂桜の咲く家(詩)


桜は散り今年の春も逝く


(枝垂桜の咲く家(詩)


枝垂桜の咲く家(詩)

桜ははや散りにき
幾度かの風に散りにき
この道を今日も行けば
残れる花のあわれかな
とある家の枝垂桜や
夕日のさして
庭に石の落ち着く
ここをよしとて
居を定める人のあり
河原に鶯ないて
我が行き来するかな


今年の桜は終わった、外に桜を見にゆくこともなく終わったからめずらしいとなる、何か出かけるのが億劫になった
新しく建った家の枝垂桜はいい、あの家の庭はいい庭である。垣根だから丸見えである。庭は別にその家だけでなく外の人も見るからいい庭だと外の人にとってもいいとなる
塀に囲まれているとそうした庭も見えない、垣根だと外から見えるからいいのである。
それは日本的であり日本が安全な社会だからである。
外国では分厚い塀で囲まれているからだ。無防備では住めないからである。
そもそも街自体壁で囲まれているのが外国の街だからである。

日本はやはり季節の移り変わりに感じるものがある。
桜が咲いたと思ったらもう散ったな春も終わりだなと感じる
その季節感の故に季語が発達して俳句が生れた
残る花という季語も生れた、こういうふうに微に入り細に入り季節の言葉があるのは日本だけなのである。

仮設はもう終わりである。でもまだ住んでいる人はいる、家建てて庭を作りそこに石を置いて枝垂桜まで咲くと落ち着くなとなる、それは外から見てもそうなのである。
仮設は外から見てもいいものではなかった、二三軒の風流なものとしてあればいいがあれだけ仮設があるということは津浪の被害地でも異様なのである。
その仮設暮らしでも六年過ぎてさらに住んでいるのも限界だとなる
でも仮設から出れないという人もいる、高齢化でもう新しい家を建てる気力がないと言っている人もいる、それで最初から長く住める家を建てた方が良かったとなる
それも法律でできなかったとか今になるといろいろ反省がでてきた
まず日本では家を建てることが金がかかりすぎるからそうもなったのである。

ともかく今年の春も終わりである。

故郷の外にいでずに花も見ずはや散りにけらしも春は逝くかな

まあ、これも一つの情緒である。故郷に桜は咲き散って終わったということである。
常に旅していた自分にとってはめずらしいことだともなる
ただ介護していたときが長いから10年前から遠くには行けなかったからめずらしいともならない、ただ桜の季節はやはり桜一色にそまるのが日本だとつくづく思った。


小池のため池の除染 泥と水を分離していたー真野ダムはできない?


小池のため池の除染

泥と水を分離していたー真野ダムはできない?

newkoikerrr1.jpg

tameikejjj1.JPG

tameikeeeejjjj2222.JPG


小池の安養寺のあるため池でなにをしているのかと思ったらその下の方で泥と水を分離しして放射性物質をとりのぞく作業をしていた
最近ため池の除染をはじめた、セシウムは泥についているから泥と水を分離して泥を放射性廃棄物としてとりのぞく、その下に放射性廃棄物場がすでに広く作ってある

除染でもあのような作業を見たのははじめてである。
市に聞いてみたら農林課でしているという、田んぼの関係だとそうなる
なぜそうしているのかというとため池から泥と共にセシウムが流れだすからである。
泥についたままセシウムが流れだすからそれで米を作ると米が放射性物質を吸い込むからため池も除染しなければならない、これも大変な作業と見た
横浜とか相模のナンバーのが来ていた。

まだあのため池は小さいからできる、でもため池は多いし大きなため池もあるからそこまでやるのかとなる、ただため池も汚染されているのだとはじめて思った。
ため池までは注意していなかった、ため池はやはり田んぼでその水を使うから実際は危険なものとなる

米が放射性物質に汚染されている写真を見た、確かに白くなっていて米粒が汚染されていたのである。そういうものを食べると危険になる
放射性物質の汚染は計っているから安全だというがそれでも不安になる
それを証明していたのがため池の水も汚染されるから米も汚染されるのである。

ともかく本当に放射能汚染はあらゆるものを汚染する、やっかいなものである。
一番この辺で原発事故があってから心配だったのが真野ダムの水だったのである。
なぜなら飲料水として利用していたからである。
それは相馬市でもそうである。真野ダムは大倉であり飯館村だから余計に汚染されているからである。
自分も飲み水はペットボトルの水を飲んでいる、たいがいこの辺ではそうだろう。
すると相馬市だって被害者になるのである。

その一番心配な真野ダムはこのように除染できるのかと市に聞いたらその計画はまだないという、あそこは大きすぎてできないだろう、でもこのように明らかに泥にセシウムは付着しているのである。
例えば樋の下が屋根から集まったセシウムで泥に付着して放射線量が7マイクロシーベルとか高くなったのである。
ホットスポットでも飯館村の佐須村で泥が20マイクロシーベル以上あったのである。
その泥が真野ダムに流れていけば当然真野ダムの放射線量は高くなる
真野ダムの泥には相当な放射性物質、セシウムが泥に付着しているのである。

水は影響ないとしても何らかの影響はある、だから安心のためにはここのため池しているように泥と水を分離しなければならない、そして泥に付着したセシウムを廃棄することが必要なのである。
でもそれはあまりにもおおがかりになるからできない、森が除染できないと同じである。つまりお手上げだとなる、いかに放射能汚染がめんどうなものかわかる
完全な除染など不可能なのである。ただ時間がたって30年でセシウムなら半減するとかなる、でもプルトニウムは二万年消えないとかなるから恐ろしいのである。

posted by 老鶯 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2017年04月28日

ニュースも継続したものとして歴史として理解する 時間的にも断片化しない


 ニュースも継続したものとして歴史として理解する

 時間的にも断片化しない


timeandsssss111.jpg
狭いと稠密な認識になり広いとおおざっぱな認識となる

deepdddd12.jpg

 ニュースというとき今回の津浪のように大災害でも突然起きたありえないものとして見た、こんなことはありえないから警戒もしていなかった
ところが津浪というのはこれくらい大きなものでも2000単位になると起きていたのであるそれで研究するようになった、もともと研究していた人はいた警戒もして忠告もしていたのである。

現代はあまりにも今に注目しすぎるのである。時間軸でも過去から時間軸で考察することがない、そうすると深い見方はできない、時間でも断片化する、だから考古学でも何の役に立っているのかとなるが地味な作業だがその土地の時間軸であったことを掘り下げているのである

そして「歴史はくりかえす」というとき過去にあったことは必ず今に起きているし、今起きていることも過去に起きていた、ただ歴史はくりかえすとしても全く同じものとしては起こらない、似たようなものとして起きている
例えば古墳のことを書いたがなぜあんなに古墳が多いのかとなると今にあてはまると明治以降庶民も墓を作りだした結果として墓が増えた、墓が増えすぎることも困るのである。それで古墳も作ることが禁止されたのである。古墳は小さくても大きいからそれだけ日本のよう狭い土地では田畑にする面積を奪うからそうなる

ともかく時代とともに必ずにたような問題が起きている、すると過去と歴史と照らし合わせて今考える、継続的問題として今を考えることが理解を深めるのである。
ただこの時間軸から考察することは本当にむずかしい、自分の住んでいる所ならできるがそれでもむずかしいから旅行しても時間軸で知ることはできない
外国旅行になると空間的には今や一日二日で地球の裏側まで到達する、では時間軸で理解できるかとなるとできないのである

ヨーロッパは歴史がある、二千年くらいの歴史が文書にも残りある。
ローマ時代の遺跡も各地に残されている、するとその石の遺跡から昔を思うようになる
そこで時間軸から考察することが自ずとできるようになっている
日本だと木の文化だから過去が具体的に残っていないからそうした歴史の思いが生れないただ現代はグローバル社会であり時間軸での考察はどこでも浅薄になっている
そうした時間の断片化がナチスを生んだという説もある

空間があっても空間も時間の中でアイディンティティが作られてゆく
空間でもその土地土地で時間の中で継続の中でアイディンティティが作られてゆく
だからエジプト文明でもマヤ文明でもキリスト教文明でもイスラム文明でも仏教文明でも空間軸があり時間軸があり長い時間の継続の中で作られてきたのである。
即製されたものではない、そこに歴史の時間の重みが生れてくる

津浪で驚いたのは縄文海進とかが再現されたことである。
この辺で船着とある場所は塩崎であり鉄道を越えた所の奥深い所だった
その近くまで津浪が来ていたのである。ということはそこがもともと海であり船着という地名がそこにあることを実感することになった
そこには奈良時代辺りから海であり船が行き来していたとなる
そこは海老とかからすると右田から烏崎は低い場所だったのである。
とにかく烏崎から船が流されてきたのには驚いた

つまり2000年単位の時間軸で見れば自然災害でも今起きたことでも過去から歴史から見ればありうることだったのである。
そういう長い時間軸で見ることが現代には欠けていたのである。
常に今という時間に注意してその関心が奪われているのである。
特にニュースは絶えず今のことを報道しているがそれを過去から考察することはしない
そういう作業はめんどうだから何か特別目立つものを話題にして大衆の関心をひきつけるだからニュースでもその土地に根ざして土着的な報道が必要なのである
それを自分は試みてきた、福島県といっても広いからとても土着的な報道はできないのである。

また「継続は力なり」というとき人間は個人的に何でも学問でも事業でも継続によって力がつく、人間はやはり一代くらいでは家の重みがでてこない、豊かにもなれない、何代かつづくうちに継続してその家から何か人材が生れてくる
何でも一代で築くとなると容易でなくなるからだ
それで農家は三代つづいて農家と認められるというのは土地に根付くにはそれだけ時間がかかるからそうなる

北朝鮮が問題になっているがあれも中国の隋の時代から争っていたし日本と中国のせめぎ合いの場所でありその時百済が滅亡して難民が日本に逃れ定着した
大阪に百済郡までできていたからである。そういう歴史は今にはじまったことではない
古代からの連続したものとしてあり継続したものとして韓半島がある。
だから良く韓国は民族として国として残っているということがある
それはやはり継続するものとして力をもっているからである。民族を滅ぼすことは簡単にはできないということになる、それでも過去の民族は消滅している
エジプト文明を作った民族は何だったのか?その民族は消滅しているのである。
中東でもアッシリアとか何かいろいろな民族がいたけど消滅している
日本ではアイヌ民族はほとんど消滅しているのである。
だから民族が今にすべて残っているわけではなく弱小民族は消滅しているのである。

いづれにしろ継続するということそれが歴史でありその国の重みを作る
「一日にしてローマは成らず」である。そういうことが生きることでもあり日本でもそうした長い歴史で作られた国だからその継続の力を維持することが大事になる
その継続の力はその土地に根ざしアイディンティティが基本になるということである。
文明が滅びるにしてもエジプト文明は3000年つづいているしマヤ文明なども1000年つづいたとかあるからだ。
そういう継続の力があったのが文明であり現代文明というとき何か?
せいぜい百年単位でありその間にすべてが成され終わるという感覚になっているのである江戸時代文明だって300年あった、現代文明は百年ですべてを費やして終わるという時間感覚になっているのだ、そういう空間と時間の感覚がナチスを生んだというピカートの考察がある。すべて今に集中される、そしてあらゆるものが刹那的なものとして消えてゆくニュースはそうである、次々に新しいものが求められ泡のように生れては消えてゆく
そこに継続して報道されるものがないのである。

継続してみるというときこの辺で起きた原発事故でもそうである。
すでに6年がすぎた、すると6年間をふりかえり継続して見る必要がある
放射能物質の汚染は継続している、今ため池を除染している
自分は飯館村の佐須で泥が20マイクロシーベル以上あったことに驚いた
そこはホットスポットだったのである。
その泥がセシウムが付着して真野ダムに流れてゆく、すると真野ダムの底の泥には相当なセシウムが泥に付着して堆積しているのである。
それから類推して溜池でも同じだと思った、その泥が流れて田んぼに入ると米が放射性物質に汚染されるのである。実際に稲の実った米が白くなって放射性物質に汚染された映像を見たからあのように放射性物質の汚染も見ることができる
ただ普通には見えないから怖さを放射能汚染では感じないのである
これも地元で継続に見ているから言えることなのである。

ニュースでは全国ニュースになるとこうした継続してみることが苦手である。
次々に新しいことを探し起きてそれに注意を向けるからである。
全国となると広いから余計にそうなる、世界でももうそこを時間軸で考察することは不可能にもなる、世界は広いから次々に事件が起きるからである。
つくづく何か自分でも鹿島区のことは時間軸でも考察しているが原町とかなると広いし人口も多いし何が起きているのか理解することがむずかしくなるのだ
だから人間は時間軸で考察する範囲は狭いとなる、そういう限度があるのかと思う
福島県でも広い、だから会津のことは山に囲まれた世界を知ることは簡単にはできないのである。
中通りだって海がないしまた違った自然環境にあるからわかりにくいとなる
だから全国でも世界でも旅をしたが時間軸での深い理解はできなかったともなるのである


一つの世界の構築

一つの世界を構築する
その土台と柱と蒼穹と
石の柱は森の樹々である
その一つの場に意味を深める
一つの価値ある世界を構築する
ゆるぎなき価値と意味ある世界を
日々の継続のなかに
長い時間の継続の中に
歴史の継続の中に
石の柱は大地に根づき
破壊されてもその石の土台は残り
継続の歴史を語る

Construction of the one world

I build one world
With the base and a pillar and blue heavens
The pillar of the stone is trees of the forest
I deepen a meaning in one place
Firm value and the meaningful world
that build one valuable world in daily continuation
In continuation of long time
In continuation of the history
The pillar of the stone is with a root on the earth
The base of the stone recites
the history of the remainder continuation even if destroyed

機械翻訳は相当に進歩している
だいたいこれであたっているだろう
機械から学ぶ時代になったというのも確かである
翻訳は機械で基本的なことをしてそれを人間が付け加えるともなる
こういう知的なことも機械でできることの驚きである。

街は相乗効果で栄える 駅前から発展した街をふりかえる


街は相乗効果で栄える

駅前から発展した街をふりかえる

newtttownn122222.jpg

街というとき鹿島区を参考にするとまずどこでもその当時そうだったが一軒一軒の店があった、駄菓子屋とか隣は魚屋とか豆腐屋とか酒屋とか呉服屋とか電気屋とか様々な店が並んでいてそういう狭い地域で生活していた、第一遠くには行って買物はしていない
車もないし歩いて生活するのが基本だったからである。
こういう生活も今になると便利だったとなる、スーパーでも買い忘れがある、豆腐買ってなかったとか納豆買ってなかったとかあるからだ
近くだったらすぐに買いに行けたからである。
この時から街は常に相乗効果があって成り立つ
魚屋とか豆腐屋でもなんでもばらばらに離れていると生活しにくいからである。

次に街の発展は駅ができて駅前通りが作られ発展した。その頃まだ車をもつ人は少ない、ダットサンとか三輪車風の荷物をのせる車は先に使われていた
最初は人をのせるというより品物を運ぶためにそういう車が使われた
鉄道でも最初は石炭とか地方から木材とか石とかを運ぶために発展した
網の目のように森林鉄道がめぐらされたのもそのためである。
この時は鉄道の時代だったのである。

鹿島区を例にするとなぜ駅前に農協のスーパーができたのかというとまだ駅が街の中心ということがあったからである。
その時スーパーができたときすでに街の通りの店は衰退していたのである。
スーパーの時代になるとそのそろえる品数が違いすぎたからである。
駅前に自転車屋があるのは引き込み線で貨物車両が入り運ばれたからである。
映画館というのも駅前の今のではない細い路次が通りでありあった
つまり娯楽施設もありそこが街となり相乗効果でにぎわっていたのである。
駅前だと運びやすいということがあったし駅前旅館とかできたのも鉄道が盛んな時代のことである。
この辺でも鉄道は働き場所であり線路工夫をしていた人や国鉄職員も多かったのである。それは今は鹿島駅前にホンダの販売店があると同じである。
今は車にとって変わられたのである。

街の発展をみると相乗効果なくしてありえない、第一東京があんなに巨大化したのは東京にあらゆるものが集まり生産消費しているからである。
そこに巨大な相乗効果が生れてそなっている、仕事するにも便利だからそうなっている
官庁でもなんでも集まっている方が仕事しやすいからである。
それでなかなか移転などできないのである。

原町区で元の原町市でも旧街道から駅前通りとして発展した
それで自分の母親が原町紡績で働いていたのだがその工場まで引き込み線があった
鉄道で運ぶためにあった、鉄道しか遠くへ輸送する手段がなかったのである。
まだトラックなとは普及していなかっ、第一戦前なら戦後十年でも舗装はされていないからである。だから埃がだったり雨がふると水たまりができたりと道は汚れていたのである今の南相馬市の鹿島支所の真野橋は木の橋だったのである。
子供の頃、その橋を渡ったが木と土の橋でありゆれたりして危険な橋だったのである。
そもそもが江戸時代の橋とさほど変わらない橋だったのである。
それで橋は良く洪水で流されていたのだ

相馬野馬追いでも新田川で橋が流されて行列がとめられている絵が残っているからだ
その当時洪水が多かったのである。
自分の家は街では一番低い所であり二回も洪水の被害にあった
だから全国的に日本は洪水の被害が多いから橋がどこでも流されることが多かったのである

相乗効果というとき最近コモドインというランチをはじめたホテルに行っている
あそこは料理人がいて洗練した味の料理を出している、そもそもあのような山側にホテルができたのはこの辺で津浪や原発事故で外部から除染とか工事関係者が入ってきたからである。まだ溜池の除染が近くではじまったとか工事もあるから人が入ってきている
それであんな山側にホテルができた事情がある
何かあのホテルに行ってランチを食べるのが不思議な感覚になる
あんなところホテルができると思わなかったからである。
それは宮沢賢治の「注文の多い料理店」とうい童話が現実化したような錯覚になった
花巻とかいの町も当時は小さいが何かそうした都会風なものが入ってきていたのである。
それとにたような状況が最近ここで起きているのである。

何か都会化したなと感じる
距離的には通える範囲であり自転車でも遠さを感じない距離である。
そのホテルでランチすると今度は近くのコンビニがありそこによることになる
何か食後のデザートのようなものをほしくなる
そのホテルのランチでもそうしたものを添えているがたりないのでコンビニによる
そうするとそこが一つの街になるのかと感じたのである。
つまり相乗効果がホテルとコンビニで生れたとなる

鹿島駅前を何か開発すればいいとか書いたがこの前は山崎パン屋でサンドイッチを買って食べていた人がいた、山崎パン屋はそういう買物ができたとしても駅から近いとは言えない、そこが一番の問題だった、前は鹿島駅内に売店があったからそのときは人の出入りが多かったのだろう。
だからこそ農協スーパーが駅前に出店したのである。
その時駅前開発が議案となったが何もできずに今日いたっている、その内車社会になり
駅前の農協もなくなった、鉄道は衰退したのである。
原町だったら六号線に道の駅ができたりと六号線沿いが発展することになった

街が栄えるにはやはり相乗効果がないと栄えないことは確かである。
何か今のようにてんでんばらばらになっては便利でないからだ
仮設商店街というのも新しいを相乗効果を産むものとして作られ一時は成功した。
ただ外部から入る人が多かったからこの辺ではその繁盛も一時的だったともなる

駅にいると食堂が一軒ありそこで食事する人が結構いるなと見た
昼間にきた人は食事する場所を探しているからである。
でもそれも良くわからないようで教えたりする
鹿島駅前は何もないように見える、それが不便なものとなっているのだ
やはりそれでは相乗効果を生まないのである。
店はやはりいろいろなものが集まった方がいいのである。
結局車社会が街作りを変えてしまったのである。
六号線沿いに店が点々とあるのは車社会だからそうなる
街の通りがシャッター通りになるのもそのためである。
大きな駐車場が必要になってくるからである。

スーパーは一軒でもそこでなんでもあり相乗効果を出している
でもスーパーだけでは本当は街の形成はできないのである。
街というときそれは総合的なものであり必ずしも買物だけではない
ぶらぶら街を歩いてみたいとかあるからだ
イオンのように離れて巨大なものが一つあるというのは不自然なのである。
そこにツタヤとかあるのも相乗効果ではある、パチンコ屋もできたのもいいとはいえなくてもそうである。そこに人が集まることが相乗効果なのである。

いづれにしろ小池のコモドインでのランチは自分にとって新鮮な経験だったのである。
小池など通りすぎるだけであり何かそこを街のようには意識しない所だったからである。だから一つでもホテルができてそこでランチなどできるとなると感覚的に違ったものとなることを感じた、そして相乗効果が生れるのである。
その辺りは自然も豊富だから「注文の多い料理店」のような錯覚を産む場になったのである。



2017年04月29日

原発事故の再検証 (原発大崩壊ー武田邦彦の本を読む)


原発事故の再検証

(原発大崩壊ー武田邦彦の本を読む)


●30キロ圏内避難は科学的にも根拠がなかった

科学に弱いと原発事故について理解できない、自分は科学に弱いからとてもたちうちできなと見ていた、でもなんか自分が言っていたことがまともな面もあったなとこの本を読んで思った
素人の常識でも原発に対抗できるものがあったのかとなる

自分は30キロ圏内で区切ったことがこの辺の混乱をもたらした。
素人的にも小高の線量は30キロ外でも相馬市とかでも変わりなかったからである。
でもそれは30キロ圏内でも何か科学的根拠があるのかと思っていたのである。

放射線というのはむずかしくいえば、電磁波、簡単に言えば光そのものですから
直進します、山を越えればフクシマ第一原発は見えなくなりますがフクシマ原発見えない場所では放射線は直接来ることはありません
放射線は薄いものだとつきぬけますが山くらいになるとつきぬけません
距離で計れるのは直接の放射線についてです
半径30キロとかで避難区域を設定するなどほとんど意味のない行為です

ではなぜ30キロに政府では設定したのか?これも無謀なことだったのである。
なぜならそのためにこの辺では南相馬市でも生活が破壊されて住めなくなりもう町ごとゴーストタウンになり回復できなくなったからである。
そして南相馬市では鹿島区と原町区と小高区と補償金で分断されてしまったのである。

小高は避難区域にすべきでなかった

これは科学的にも言えたことなのである。放射能の被害はそこではなかったのである。
ではなぜそうしたのか?それは政府ではその30キロ圏内から20キロ圏内に核兵器のための核廃棄物処理場にする魂胆があったためだという説もある。
人が住まないとなると国のものになり反対するものもいなくなるから好都合になるからだ避難するのは3キロ圏内でも別に放射線量で被害はないという説もある
年間一ミリシヒベルトを守るという武田氏の主張に疑問も多いからだ。
第一そうしたら広範囲に人が住めなくなるからだ。それは科学だけの問題では解決しないからである。

microeerrr11.jpg

「現在の「30キロ避難区域」というのは悪例ですが風向き考えていない計画はほとんど意味がありせん

放射線量は風に非常に影響されていた、雲のようなブルームが塊りが流れたのである。
一様に拡散したりしなかったのである。なぜなら浪江では0・5マイクロシーベルなのにバスで双葉に入ったら7になったから驚く、その理由は雲のような塊りが風で流れて放射性物質をばらまいたからである。
赤い帯状の図がそれである。そんなに浪江と双葉が接しているのだから差があるはずがない
それは帯状の雲のようにブルームになって放射性物質が流れたためである。
一様に拡散はしなかったのである。

だからもしその時東風ではなく北風か西風だと海の方に流れて被害が少なくなった
それが不運だったのである。3月11日となると丁度春になり北風から東風が吹き交互に吹くときだったからである。

●ソーラーパネルも自然破壊だった

それからソーラーパネルは自然を破壊しないとして政府で推進したがこれもそうではなかった、水力発電すら自然破壊だった

魚や樹木は川の流れ新しい水が来ることで魚や樹木は生きることができる

ダムというのはやはり自然破壊であった。真野ダムなどもそうである。大倉村の一部、今のダムの底に沈んだのである。

ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず・・・鴨長明

もとの水ではない新しい水の供給がされるとき川は生きていたのである。
そしてあらゆるエネルギーのもとが太陽の光だというときその光を奪うのがソーラーパネルにもなる、

自然エネルギーを使うには山を削って埋め立てる、沿岸部を埋め立てる、平地を広げてゆく、太陽光発電も水力発電も平地が不可欠なのです

日本は森林面積が66ハーセントで世界3位、山地だらけで平地が少ない
日本は自然エネルギーを使うには不適切な国です

何か自然エネルギーがいいようでもこれも自然破壊になる、風力発電でそうである。
自分は科学的なことは弱いからわからないけど自分の判断基準はスタンダードは景観から常に見ているのである。
だから景観が破壊することが一番嫌なのである。
それは別に科学的なこととは関係ない、でも森が削られてソーラーパネルとかになるのは嫌である。風力発電も景観を破壊する、不思議なのは景観破壊からすると原発でも火力でも一部だけだから自然破壊に見えないのである。
ところがソーラーパネルになると広く土地を使うから景観が破壊される、それが飯館村で草野とかでなったのでがっかりした、森につつまれた桃源郷がソーラーパネル工事になってしまったことにがっかりした。
ただ津波で破壊された沿岸部は平地であり土地も使いなくなったからソーラーパネルには向いていたともなる
松原の方が景観的には良かったがしかたがないとかはなった

でも景観がいいということはそこが自然に恵まれたいい場所なのである。景観が破壊されることはだからその場所が本来の自然景観を破壊された悪い場所になったのである。
そういう自然景観を破壊してきたのが人間の文明だったのである。
その最たるものが東京とかの大都会である。自然が全くない人工空間に生きている
そこに自ずと非人間性が生まれてくる、そこには自然の美がないからだ、上野の桜はいいものではない
なんか汚れた感じなのである。大坂城の桜とかとはまるで違ったものである。
それは稲作文明も自然破壊してできたものだったことが津波でわかった。

文明とは自然景観の破壊が必然的に起きていたのである。
海側に開拓したところが津波で破壊されて元の海にもどったから驚いた
白砂松原の風景は実際は稲作のための人工的な景観だったのである。
だから人間の営みは自然破壊がつきものでありさけられないのである。
それがすべて悪いということは言えない、人間は全くの野生とか自然の中で暮らせるのは縄文時代がそうだったがそうなると人口も増やせないからである。
人間の理想は田園的な世界であり全く野生の世界でない、エデンの園も全く自然そのものではない、田園的な人間が手を加えた場所なのである。
posted by 老鶯 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

春の雷(コモドイン(小池)から牛越城へ)


春の雷(コモドイン(小池)から牛越城へ)

aroubokyuuuuuu1.JPG
鹿島区横手の老木


春の日や老木ここになお生きる

家の前タンポポにスミレなごむかな

道草や少女手にする八重桜

菜の花を手にし畑におばあさん

コンビニに新緑映える小池かな

牛越城空打ち曇り春の雷


小池なれ桜は散りぬその後の墓地の静けさ誰が眠るかな

山桜残れる花の我が帰る道に一ひら散るあわれかな

山桜風にゆれにき牛越城五年ほどして移る城かな


小池のコモドインでまたカレーを食べた、エビフライを頼むと三〇〇円になるが今は百円割引している、入っているのはやはり二人くらいだった
あそこで食事するとなんか不思議である。あんなところにレストランがあることはイメージもできなかったし現実にそこで食事する経験がまた変化だった
この辺はとにかく変化の連続だったのである。それは全部悪いとはならなかった
津浪の被害などはそこで家族を失った人からみると最悪だった
原発事故もいいものではなかった、これも実際は最悪だった
ただあそこにレストランができたのはこうした事情で復興のホテルになったからである。鹿島区は前より街が良くなったのである。
ただ駅前とは前の通りとかはそのままであり何も新しいものはできていない

小池にあるコンビニによるとそこに小池は自然は豊富だから新緑が見える桜も見える
すると何か新鮮な感覚になる、都会的なものと自然がマッチした風景になる
今までは田舎的風景しかなかったからである。
景観を重んじる自分は自然の風景の中にレストランなどがあれば憩いの場ともなる
ただコモドインの向かい側は何か倉庫なのか工場なのかいいものではない
コモドインの近くにあったのはあとは墓地だった、でも桜が咲いていた
その桜も散っていた、何かこの辺に名所というのがともしい
だから墓地が目立ち自分はその墓地を見て回っていたとなる
そこから郷土史に興味をもったとういことがある

牛越城は五年で移った城である。でも一応そこに城としてあったことが歴史となっているから違っている、低い山でもそれが要害の山であり城となっていた
人間はやはりそこに城があったとなると見方が違ってくるのである。
単なる山とは見ないからである。今日は春の雷がまた鳴った、春の雷は夏の雷とは違い一回か二回しか雷鳴がならないことで春の雷なのである。

あの老木は天然記念物のようなろ老木である。あれは本当に生きているのだろうか?
大原にも老木がある、どこにもこうした老木はある
それは何を意味しているのか?その土地に根付いた老人をイメージするのである。
古木より老木となると老人をイメージするのである。
つまりどこの村でも昔は老人がいてそれが何かしらその土地にあって生きていたのである老人は昔を語りその土地のことを語ることなど何か意味あるものとしてあった
ただその時老人は少ない、もう60くらいで相当な老人になっていたかもしれない
あとは死ぬ人が多かったからかえって貴重だったということもあったろう。
そういうのが自然村であり人間も自然的に生きるということがあった。
今はなんでも不自然なものとして生きるのが文明なのである。

俳句というときこれは写生であるがなんかただ記録しているということもある
写真がない時代だとそういうことがあった
ともかく人間は忘れやすいからた、だから書くということは記録することなのである。
プログは日々感じたことを記録するということが基本にある
今日何をしたか、何を感じたかなどである。
それをあとで深化して詩にしたりするのである。

駅の前は小学生がいつも通る、八重桜が咲いていて少女が手にしていた、そういうこは少女しかできない、極自然なものなのだがそこになごむものがある
ばあさんではないが50代くらいの女性かな、手にしていたのは菜の花だった
これもあっていたとはなる、いろいろな花が咲きだす季節である。

近くの神社で祭りがあった、踊り手の少女がいた、この辺にあんな子供がいたのか?
なんか今は隣近所でも関係が希薄である。すると神社なども関心がなくなっているのだ。自分は介護十年していてその間に社会から遠ざかった
介護していると何かその関心が狭い範囲に閉ざされのである
常に介護している人に注意を向けねばならないからだ
介護なくなったとき回りのことに注意を向けることができるようになった
介護というのはそれだけ負担が重く人間を異常化させていたのである。





abstract pictures ( mountains)


abstract pictures ( mountains)


mmmmmmmmmccccc12334455.jpg


mmmmbbbb.jpg

kennnbluemmm111.jpg

bluestreammm1.jpg

mounttttainnnsss123newww1.jpg



変化させて作るからどうしても著作違反の恐れがある。
山でも千変万化である。
山をどう現すかは見えるから人によって違う、芸術家によって違ってくる
それで山を見る目が養われるのである。

Because I change it and make it, there might be the writing violation by all means.
It is ever-changing in the mountain.
Because I see it how you show a mountain, eyes watching a mountain in it which is wrong are fed by a person by a different artist.
タグ:Mountain

2017年04月30日

ふるさとの老木(詩) 原発事故で奪われた故郷


ふるさとの老木(詩)


原発事故で奪われた故郷


aroubokyuuuuuu1.JPG

ふるさとの老木

ふるさとの一本の老木
春の日をあびてなお生きぬ
春の花々に飾られ
広々とした田畑を見て
ここに根付きて長くもあれ
ここにやがて朽ちなむ
この土地に生まれ育ち老いしもの
そが朽ちてもなおここにあれ
在りし日を語りつつ
ここを愛しみつつありしかな


この老木は本当に生きているのか?どこの村でもこういう老木はある
原町区の大原にもあった、そして前田という所に農家があった
そこが空家になっている、その人と病院で一緒になったがまもなく死んでいた
それで死んだ後のことをしきりに息子に伝えていた
でも息子は街に出て働き帰り農業をするつもりはなかった
農業を継いでくれということがあったのだろう
それが悔しいということがあっのだろう。

その農家は相当に古い、前田という地名のある所は草分けの農家である。
前田からその村が拡大したのである。
老木という時、農民とか農家があるとふさわしい
農民とはその土地に根付き生きているからだ
商人とか工業に従事するとかなるといくら故郷に生きていてもその土地と密接に関係しないからである。
たでから農家は三代で農家として認められるというのはそのためである。

ただ一般的に人間は生物の一種だからやはり木や石のようになってゆく
年をとるとなにか動きたくない、定着志向になる
なんか自分も旅し続けたけど疲れて行きたくないとかなる
そして老人は生まれ育った所で死ぬのが幸いだともなる

その自然の生を奪ったのが原発事故だったのである。
そうして長く住んだ土地を離れざるを得ない、住めなくなったからである。
老人が故郷に帰りたいというときそういう自然な心情からそうなっている

ただ老人が帰りたいとしても若い人が帰らないと町も村も成り立たない
春の花々に飾られているというときそれは子供たちとか孫たちなのかもしれない、
老人がその土地で死ぬためにはやはり次世代の人が跡を継ぎその土地での生活の継続が必要になる、それが奪ってしまったのが原発だったのである。
それは酷いことだったのである。
それは金をもらっても補償しきれない問題である。

ただ農業というとき今は誰もやりたくないものになっていた、それで子供のとき親に農業だけはするなと殴られたと語った老人がいた、それは極端にしても親がそういうことを言っていたら子供が継ぐはずがない
その子供は原発で働くようになり避難させられたのである。
だから原発を誘致したというときその前の世代の親にも問題があったとなる
金になるなら原発を歓迎したとなるからだ。未来は原発とともにあるという標語まで双葉町ではかかげていたからである。

posted by 老鶯 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

駅で飯館村の蕨平の人に会い話を聞く (菅野村長の不満を言っていた)


駅で飯館村の蕨平の人に会い話を聞く


(菅野村長の不満を言っていた)


飯館村の人が駅にいた、原町に住んでいる、浪江の人とは良くあうが飯館村の人とは合わない、はじめてあった。
競輪場の券の売り場にきていた、あそこに来る人は原町からも来る
その人の格好はとても飯館村で牛飼っているようには見えない
サングラスかけて白髪だけどそっち系統のものかのように見えた
でも確かに蕨平に住んでいる、避難困難区域に指定された長泥の隣であるから放射線量は高い、何でも40町の山を所有して賠償金はもらったというがそれほどでもていのか?
何か菅野村長はだめだとしきり言っていた

まず蕨平では40軒あっても一軒しか帰らない、その人はやはり牛を飼って暮らす、飯館村は広いからまず草野中心に中核の街を作りそこから離れた人はもう生活できない状態のようだ、草野から20キロ離れているとか言っていた、蕨平とか何度か通った
でも長泥というと通ったことがあるのか一回くらいある。
飯館を全部回ることは近くてもできない、それだけ広いのである。
この前も佐須でも山津見神社にしてもあそこの道は通っていなかった

あの人は別に椎茸でもキノコでも山菜でも事故後も食べていたという、それは危険だと思うが年取っているから気にしない人はしない、あの人の不満は何なのか?
飯館村では残って暮らす人と補償金をもらって外に暮らす人とで分かれている
NHKでその対立を放送していたがどっちにかたよることはなかった
外に出たいという人は放射線量が高いということがあり住めないと判断しているからだ。それなら補償金もらって外で再出発したほうがいいとしている

菅野町長派は残って生活再建するを望んでいる、草野の中心部にはメガソーラーを作り
住宅地を作り何か大きな施設なのか作っている
そこに菊地製作所もありそこが働き場となる、他にも製作所がありそこで人が働いていた農業は土が削られてできない、そして荒地になり木が伸びたとかイノシシにやられたとかネズミがでたからネズミのよりつかない薬をまいているとか言っていた
イノシシの害は浪江でもある、浪江の人も復興住宅に移り住んでいるからだ。

浪江の人は28年に補償金が打ち切られるとか言っていた、あの人も昼間から酒飲んでいた前にもそういう人をみかけた、昼間から酒を飲みギャンブルしていのは小高でもそうだが他も同じなのである。何もすることがないからそうなる
それもこの辺の問題だった、飯館村の人がギャンブラーになったというときもそうである今は飯館村の人でもみんな素朴な人とは限らないのである。
前から馬券売り場などはあったしそういうことはしていたからである。
金が入って暇になりギャンブルする人が増えたのである。それは田舎でも普通にどこでもあることでもあった。

ともかく飯館村の人は少ないから合わなかった、鹿島でも会っていない、浪江の人にはあっていた。浪江は2万人だから多いからそうなる
ただ最近遠くの仮設から南相馬市とかに復興住宅などに移住していることは確かである。その人は前にもみかけたけど競輪場の券の売り場に来ていたのである。
だからその人とはまた会う、飯館村の人にあわないから事情がわかりにい、ただ一人一人でもいろいろな考え方があるからその人の言うことだけをうみのみにはできない

結局飯館村でも草野中心にコンパクトビィレッジになり浪江もコンパクトタウンになるのだろう。
農業とか畜産になるとそれはむずかしくなる、その人は牛を五頭くらいしか飼っていないみたいだ
最近できた放射性物質のふくんだ廃棄物の処理場で働いているみたいだ
故障してなんだとか言っていたが良く言うことがのみこめなかった。
その人も白髪だから相当な年なのだろう。ただその見た感じがとても牛を飼っている人とかそんな人には見えない、そっち系の人なのかと見えた
次男であって料理が好きとかでそういう仕事をしたかったとかも言っていた

飯館村の問題は土地が広いのである。ただ原町より広いとしても平地が少ないし森が多いのだから山が多いのだからその土地を活かすにしても牛を飼うのには向いていてもそれもしにくいとなるとどうするのか?
除染しても結局無駄だったとかその人も言っていた。
土地をもっていてもそれが何にもならない、荒地になるだけだとなるとそれを誰かに何でもいいから売りたいともなる、貸したいともなるときどうしてもソーラパネルになりやすいのである。そうなると飯館村の良さは失われる
前とはまるで違った世界となる、別に飯館村だからといって素朴な人たちが住んでいるわけではない、ただそこが隠されている場所でありそれで人も隠されていたからいいとなっていたのだ、飯館村でもあのような人がいるということは何かそぐわないとも感じたからである。ただ自分の見方だからそういう感じでも違った人でもあるかもしれない。

ただ飯館村の良さはあれだけ広い所に牛を飼って暮らしている所にあった、それが草野中心に菊地製作所とか工場で働くとかになると飯館村の特徴は失われる
多々あの人は別に放射能のことなど全く気にしていない、それも意外だった
キノコとかシイタケは一番放射線量が高いから食べるなと警告されていたからである。
それを食べていてなんか鼻血をだしたという、その鼻血では騒いだことが一時あったから本当にあったことなのだろうか?
第一その人は事故後もいてキノコなど普通に食べていたのである。
そういう人が飯館村にはいた,知らないからそうなる

軽度の被曝によって鼻血がでたのは事実であり、小学校でも記録されている---。原発事故直後、子供も大人も鼻血で悩まされた。
50歳の男性が今まで人生で一度-も-鼻-血を出さなかったのが、大量の鼻血が突然出たのでびっくりした人など、枚挙に-いと-まが-ない

この真偽はわからない、枚挙にいとまがないというほど出たのだろうか?
何かこういうとき噂が噂を呼びありもしないことフェクニュースとなって拡散しやすいからである。この事実を確かめることはできないだろう。
ただ飯館村の蕨平といったら長泥の隣であり相当に放射線量が高かったからありえないことではない。そこで前と同じような生活をしていればキノコなどを普通に食べていれば内部被爆したりする、あそこだったら本当だったのかともなる

自分も爆発したとき外を出てあるっていたのである。ただ助かったのはこの辺では20マイクロシーベルトになったの二回くらいであとは低くなっていたのである。
ところが飯館村では一カ月くらい避難しなかった。それでかなりその時被爆したと言われる、つまりキノコを食べていれば内部被爆したことは確かである。
それで鼻血になったのか?それはわからない。
菅野村長は避難するなとは言わなかったが全員に避難命令を出さなかったから残った人が多いのである。
葛尾村では即座に村長の命令で避難したことで評価された

その人が菅野村長の不満を言っていたが何か不満なのか良くわからなかった、話してもわからないとかは言っていた、ここに来るのは下っぱばかりで話にならない、何もしてくれないとかは言っていた。
何かどこでも官庁でも役所でも会社でも良く伝えておきますとは言うが何もしてくれないことが普通にある、そのことで不満だったのかもしれない。
ただ具体的にどういうことが不満なのかわからなかったのである。