2017年03月03日

今日の鹿島駅 風で遅れて新幹線で帰れない人がいた


今日の鹿島駅


風で遅れて新幹線で帰れない人がいた


今日も風が吹いて電車が遅れた

「新幹線で帰るつもりが帰れなかった」
「仕事だと困るでしょう、時間を決めて合うこともあるし時間どおりに運行しないと予定が狂う」
「この前は相馬市からバスで仙台に行きました」
「そうですか?まだ仙台までの直行のバスが出ている、バスは風と関係ないからいい

こうも毎日遅れると困る人がいる、バスもだから必要ともなるな」
そういう仕事の人もいた

もう一人は前にも見かけていたが新地の人だった
仕事でいつも鹿島に来ていた
話できな人かと思ったらできた

新地駅は立派になっていいよな」
「俺は運転免許もっているが車買う金ないんだよ」
「運転できるのか?、中古安いじゃないか」
「金がねえんだよ、ガソリン代もかかるしな」
「車はもつだけで車検とかもあるし金かかるよな
自分は金はあるけど運転できない、運転免許あるのにもったいないな」
「金がねえんだからしょがねえよ」
「世の中金があっても何もできるわけじゃないよ、うまくいかないんだよ
自分は自転車で原町や相馬市に買物しているよ」

あの人は話できない人かと思ったら話できる、これだけ話すればそれなりにその人のことがわかる。
もちろん車が運転できても車を買う金がないから鉄道を利用している
そういう人もいたということである。

「新地の駅は新しくなっていいよな、何であれだけの土地があるのに家がたたないのかなやっぱり金がないのかな、鹿島では三つくらい新しい街ができたくらい家が建ったけどな」
「家は建たない、金がねえんだろう」
「新地に原発の補償金はおりてねえらからな、その差は大きいよ」

新地の駅前に広い宅地用の土地があるが家が建っていないのは変だなと思った、鹿島では次々に新しい家がたち三つくらい新し街ができた、だからそれと比べるとなぜあれだけの広さの土地にまだ家が建ってないのかなと思った。
新地に他から来た人も小高でも大熊とか浪江とかからも来て建てた人がいる、小高の人が建てたとは聞いた、やはり原発の補償金がもらうのともらえないのではその差が大きい
津浪で家を流されても津浪の被害だけでは金が入らないからだ。

ともかく駅はいろんな人が出入りする場である。地元の人でも外部の人でもそうである。今日はおしの人が来ていた、最初わからなかったがしゃべることができない、耳が聞こえない、字は読めるからスマホを見ていた、説明したらなんとかわかったみたいだ。
別に障害者でも来るがめずらしいとは思った。
つまりいろんな人が駅には出入りしているのである。


人間が本質的に変わらないから諺も生きている (人間の行為はすべてカルマとなっている)


人間が本質的に変わらないから諺(ことわざ)も生きている


(人間の行為はすべてカルマとなっている)


損して得をとれ

ただより高いものはない

金の切れ目が縁の切れ目


損して得をとれというとき何か商売するにしてもすぐにもうけがでるということはない、それは事業でもそうである。そういうことで自分も失敗している
何かすぐにもうけがでる、成功するということを考える
実際はそうはいかず出費ばかりでもうからないなとなる
商売でもすぐにはじめて繁盛するようなのはなかなかないだろう。
人間はだから最初損して得をとれということに耐えられないのである。
ただ損ばかりしているだけじゃないかとなる

損したくない反面として「ただより高いものはない」ともなる
ただでやってもらいたいと思うが誰もそんなことはしない
何かするには必ず代償を要求してくるのが人間でありこの世である。
ただでやまことはかえって高くつく
人はちょっとしたことでもただではやらない
ちょっとしたことでもただでやるとかえって百倍も高くつく

例えば車がないから車をもっている人に頼むとするとタクシー料金より百倍も高くなるかもしれない、ただでやりますよ、頼んでくださいと言ってもらってもでは必ずお礼をしなければならない、いくらでもいいですよというがそれが普通の料金より馬鹿高くなる
「いくらでもいいですよ」ということはその上限がないことだから馬鹿高くなる
だからそういわれても頼めないことがわかる
ただ近くで車を利用するときは知人に2000円を払うということを決めて頼んでいた人がいた。それもやはり親しい人間関係があってできることである。
だから車をもっている人がこんなにいるのに頼めないのである。
「いつでも頼んでください」といわれてもいくらと決まっていない、「いくらでもいいですよ」ということは上限がないからかえって高くつくのである。

まず事業して借金していたような人に頼んだら怖いことになる、その人は金に窮しているから頭に金とることしかないからだっだ
だからほんのちょっとしたことでもしてもらったら恩きせがましくなるし金を要求する
それも額が百倍になってしまう、上限がないからである。
だから本当にただより高いものはないことを知った

要するに人間はどんなささいなことでも一杯のお茶を運ぶにしてもただではやらないことなのだ、だからこそ金で払うシステムを作ったのである。
いくらいくらで何かをすれば決めて払うのである。「いくらでもいいですよ」とはしないこれだけのサーズヒにはこれだけの金を払うというシステムを作って社会が成り立っている、だがその決められたものならいいが決められないものになると法外に馬鹿高いものとして要求されるのである。
でも家族がいないとかなると何かあったとき一杯のお茶でも入れてもってきてもらうことに百倍の料金が必要になることがある。
家に来た人は盗むことしか考えていなかったから実際は百万倍もの金を払うことになったのである。
それだけ人はただでは働かないものだと知った

この諺は矛盾しているのだけで損して得をとれというのも真実である。それは経験上そういうことがあるから諺になる。損したようでもそれが得となってかえってくるというのも真実である。こんなことをただして何の見返りもない、こんなことをしてどうなるのか?
でも商売だと最初からもうけがすぐにでることはむずかしい
でもサービスがたりないのか、お客さんの要望に答えていないのかとか、徐々にお客さんの要望に答えてゆくようにする、その時どうしても最初は損することになる
その損がやがて得にむずびつくようになる

そもそも相手に何か尽くして損することはないのである。こんなことして何の得にもならないからやらないというのが普通である
でも小さなことでも人間のすることはなんでも「カルマ」になっているのだ。
カルマとは行為のことなのである。何かの行為がささいなことでもカルマとなる
例えそれがすぐに返されなくてもいつかまた自分に跳ね返ってくることがカルマの法則なのである。
人が困ったとき何かをしてやればささいなことでもそれがカルマとなってゆく
それはされる方もした方もそうなってゆく
そしていつかその帳尻は合うようになっているのがこの世なのである。
だからこの世にはカルマの法則が貫かれている

損したと思ってもそれが得に結びついているのである。
「こんな金にもならない、得にもならないことをして何になるんだ」
そう思っているとき実は最も得なことを徳を将来に積んでいたのかと後でわかることがある。

いづれにしろここ十年の介護とか自分の病気とかで社会経験を積んだから諺は人間が変わらないから今も生きていると思った。
確かに便利な世の中になったが本質的に人間は変わらない、だから諺が今もつくづく生きている、むずかしいことだけが真理ではない、庶民もその生活の中で普遍的な真理の言葉を残しているのである。

posted by 老鶯 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題