2017年02月28日

右田がメガソーラーパネル場になる 交差点の道路で警備員と話していたら地震になった


右田がメガソーラーパネル場になる


交差点の道路で警備員と話していたら地震になった

megasolourrr111.jpg
右田がメガソーラーパネル場になる-クリック拡大ーパノロマ写真

teibou2222.JPG
第二の津波を防ぐ堤防

tunamimmm1111.JPG
津波から六年目で切った木の根からまた芽がでて伸びていた



右田の広大な津浪の跡がメガソーラー場の工事をしていた、半分くらいはできた
何に利用するのかと思っていたがソーラーパネル場だった
磯部でもソーラーパネル場になったからここもなった

大成建設が請け負い子会社が仕事しているという、あれだけの広さだと大きな建設会社でいなとできないと思った、ただ大成建設が請け負ったとしても電気関係だから子会社に仕事をやらせている

その警備員はいろいろ話した、亘理の鳥の海から来た人であり津浪の被害にあったという二階の家で二階に避難して助かったという、亘理というとここから近い、高速道路ができたから通うとなればできる、サントリーの関係の仕事をしていたが津浪で流されてなくなりこっちの仕事に来たという

「この道路は津浪を防ぐために高くした、次の津浪を防ぐのはあそこの堤防なんですよ」
「この道路は幅広いから津浪を防ぐにはいいでしょう」

津浪は三段階の堤防で防ぐことになる、それから高台も海岸沿いに作った、津浪にはこれだけ備えたから今度防げると思う

その右田の交差点で警備員と話しているとき地震が来たのである。
道路がぐらぐらと結構長くゆれた、信号もあったが電信柱がゆらゆらゆれた
道路があれだけゆれたということは相当な大きな地震だったのである。
なんかこの前も地震がありまた地震がこの辺で増えてきた。

ともかくあそこは車がひっきりなしに通る、原町の方は通行止めになっている
地震を警報するアナンウスがスピーカーから流された、震度5弱ときいてそれくらあると道路のゆれからは感じた
あんなに道路がゆれるということは怖かったからである。
家だったらもっとゆれていたことは確かである。
何かこの辺は不気味である。まだ余震があり大きな地震が津浪さえくるかもしれない
それも原発の祟りなのかもしれない、神に呪われた場所なのかとさえ思ってしまうのである。

ともかくあれだけのメガソーラーパネル場ができると人の出入りがある、それでまだ工事関係者が入っている、それで福島県全体でも倒産件数が全国で一番低いのである。
ただその工事も一段落したということで補償金がもらえなくなり会社経営も苦しいと訴える人がでてきている、これからはやはり工事が減れば外部から入る人もへりその関係で経済の活気もこの辺では失われてゆく、そういう傾向はすでに現れているのである。

ただメガソーラーパネル場を見たときまだ大きな仕事があったとのかとみる
ただこれはそんなに時間はかからないみたいだ、組み立てるにも時間がかからないから長くつづく工事ではない、だから後は保守点検だけであり人手はそんなにいらないだろう。ただソーラーパネルがどれだけ収益になるのかはわからない、どれだけ発電力があるのかわからない、その材料が産業廃棄物となるからやはり環境破壊だという人もいる
環境破壊にはコスト的にそうだから原発とは変わりないという人もいる

ソーラーパネルというと自然であり環境破壊しないようで後始末するとき環境破壊になるそして長い間使っていると自然の風雨にさらされて傷んでくるからどれだけもうかるのかはコスト的にはどうなのかは疑問を呈する人もいる
ソーラーバネルで植物工場を経営した人も採算がとれないとかでやめたという報告もあるだからなかなかうまくいかいないのかとも思う

この辺はやはり以前として変化なのである。右田がソーラーバネル場になったのもそうである。風景が右田の松原であったのとは余りにも違ってしまった。
景色的にはいいものではない、でも土地を活かす方法がないので磯部と同じくソーラーバネル場になった、土地をもっていた人もそれで金になることもあるからだ
ただコスト的に採算がとれるのかどうかは長い目で見ないとソーラーバネルの場合はわからないとなる



村民らは今月1日、手仲村長が林地開発の不許可を府に求めるべきだとして、723人分の署名(うち村内在住者367人分)を村に提出した。同保育園に子どもを通わせる母親は「なぜ、保育園や小学校の近くで大規模な開発をするのか。理解しがたい」と眉をひそめる。

飯館村の草野でもソーラーパネルがしきつめられていた。それが何か前の素朴な村の感じを喪失さはた、景観的に似合わないのである。
それと有害なこともあり環境破壊にもなっていた
それで実際にそこに住む人が保育園などがあるから反対していた
ソーラパネルも実際に反対する人たちがいた。
ただやはり税収があり村としては今になると収入を得たいとなる
それは結局原発とにている、有害でも金がほしいとなる

右田の場合はあそこには人が住んでいない、磯部でもそうである。だから反対運動は起きないからいい、でも昔の松原の景色からすると環境的にはいいものではない
夏だって涼しいという感じはなくなる、光が反射して暑いとなる
海老の方はソーラーバネルがないのでいい、田舎はまだ広いから自然空間があるからそういう場所はさけるほかない。あそこは将来的にも憩いの場所とはなりにくくなった。

この辺は小高でもそうだが浪江でも空き地になったところがソーラーバネルとかになりやすいのである。土地が活かせないからそうなる
そこにも問題があった、どうしても利益優先になるから反対できないのである。
どっちにしろ人間が作り出すのもは環境破壊になるのである。
風車の発電でもそうである。音がうるさいとかあり現代の技術は環境にはやさしくないのである調和しないようになっているのである。



大成建設、短工期・低コストを実現した杭基礎架台「T-Root」を共同で開発

大成建設は積極的にソーラーバネルの開発をしている
杭基礎架台というのは建築会社の専門となるのだろう。
電気は電気で他の会社と提携している


posted by 老鶯 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

鹿島駅に止まった「電気・軌道総合試験車」は格好いい (浪江まで開通する準備らしい)


鹿島駅に止まった「電気・軌道総合試験車」は格好いい


(浪江まで開通する準備らしい)

east-i.JPG

east-ii.JPG

come back1.JPG

この車両は、線路に異常がないか走行しながら検査する「電気・軌道総合試験車」とか「検測車」と呼ばれる車両。
この白地に赤いラインの外観の車両は、JR東日本が2タイプ所有する。
1つは、電車(モーターで走行)の「East i-E」。茨城の勝田の車両基地に所属。

この列車を見たことがある方は、かなりラッキーかも。日本中に1本しかなく、神出鬼没な列車だから。
ただし、秋田市内の車両基地(秋田車両センター=一つ森公園と金照寺山の間)に所属しているから、秋田では他地域よりは見やすいかも。

今日止まったのはこの車両だった、客車かと思ったが「電気・軌道総合試験車」というものだった、なぜこれがここに来たのか、線路の点検などで一両くらいのはくるがこんな長いのは来ない、だから珍しいし写真をとった

これは3月に浪江が避難解除になり電車も開通するということでそのための点検に来た電車だった。
この車両は一本しかないというと滅多に見れないものだとなる
インターネットだとすぐわかったから便利である。

鹿島駅に毎日行ってきるけど何かあるのが不思議である。
この前は中国語で話している人がいた、中国人が二人にベトナム人が一人だった、
これも不思議な関係だと思った。
ベトナム人を中国人が案内していた、その中国人は日本語がしゃべれたのである。
それで迎えに来た車にそのベトナム人をのせたのである。
工事関係か除染関係かそういう人がまだこの辺には来ている

仙台に行くという若い女性がいた、その人はなまりが違っていたらどこと聞いたら宮城県の人だった、宮城県は近いけど語尾に「だっちゃ、だっちゃ」というのが違っている
相馬ではだべとしか言わないからだ。新地ではもともと伊達藩だからだっちゃというらしい、新地の女性でだっちゃと言う人がいたからである。
なまりなつかし停車場というのはやはりそうである。
言葉にはなまりがありその人が土地の人とは違うなと判断する、でも今は標準語を話すから分からないことはある、でもなまりはでてくる、それでお里が知れるとなる
それがまた面白いともなる

ともかく鉄道好きなのはこうした車両に魅力を感じる人もいる
自分は鉄道の旅が長いから興味がある
浪江まで開通することもかなり復興にはなる
やはり新地や山下のように駅前を開発して人を集めるというのも見習うべきだろう。
鉄道が街の基点、玄関口になることを見直すことも必要である。
新しい街作りというとき長い通りの商店街は向いていない、なぜなら車の時代だから車と鉄道とが合体したような新地とか山下駅が参考になるのである。

「お帰りなさい」というとき上がり志向から下り志向になる時代でもある
駅は「お帰りなさい」というだけではない「行ってらっしゃい」という見送る場所でもある、だから自分は行ってらっしゃいと見送りしているのである。

原町区の上渋佐で死んだ人は全部65才以上だった (津波で淘汰された老人)


     
原町区の上渋佐で死んだ人は全部65才以上だった


(津波で淘汰された老人)

tunamivvv1.JPG
全部死んだ人は65才以上だった



 東日本大震災の死者のうち60歳以上の比率は64.4%であり、東北3県沿岸市町村人口の同比率30.6%の2倍以上となっている。60歳代、70歳代、80歳以上の比率は、人口比率のそれぞれ1.4倍、2.3倍、3.3倍となっており、高齢者ほど死亡率が高くなっている。津波被害から逃げたり脱出したりする困難性が加齢により大きく影響を受けた様子がうかがわれる。地震の発生した金曜日午後には通勤者は自宅にいなかった場合が多いことも影響していると考えられる。また同じ年齢階級で男女を比較すると男性の方が高い倍率となっており、車中での溺死者や数波にわたる津波の間に自宅に戻った者に男性が多かった、あるいは女性を優先して逃れさせた様子もうかがわれる

高齢者が死んだ人が多いというときそもそも高齢化社会であり老人がどこでも多いから比率的に死ぬ割合も多かったのである。
でも上渋佐では65才以上でありそれ以下の人はいなかった。もともともこの辺も老人が多いからだとなるのはわかる。それにしてもこれだけ老人が多いということはその理由は何なのだろうとなる
気にかかるのとグラフで50才の人も多く死んでいる、これは50才の人も人口比率で多いからである。


若い人が通勤していて若い人とともに逃げられなかった。車を運転できない老人も多かったからなのか?今は農村部でも会社員になっているのが多い
すると一日家にはいないのである。その時若い人がいないから老人は対応できなかったのかとなる

若い人でも家族が心配でもどりそのために死んだ人もいる、老人が家に残っていたからである。これも順序が逆だったと思う、若い人は生き残るべきだった
老人は経験があるからというが津波の場合はそんな経験をしていないからかえって津波なんて来ないよ、来たことがないとか言って逃げない人もいた

そして言われるのは介護しなくて嫁は得したなとか言う人もいる、そういう時代でもある高齢化社会というのは何か自然の摂理とも反しているのである。
高齢者のために若い人が介護して犠牲になるというのは自然の摂理に反している
自然では子孫を残すために莫大なエネルギーが費やされている、卵子も膨大に生むし鮭などは産卵が終わったら役目を終えて死ぬ
自然は次代の命の方に関心がある、老人とかだけではない、群れのなかで弱ったものは他の動物の餌食になる、そうして種の保存が成されている

人間でもやはり次代のために子孫のためにエネルギーがそそがれる、子育てがそうでありそれが苦労でも苦労ともならない、次世代のために人は働いているのである
今苦労して働いたとしても恩恵を受けるのは次の世代である。
自分など遅かったが遺産をもらったというとき親が苦労して残した金を自分が使うのであり親ではなかったともなる

だから老人のために若い人のエネルギーが使われるのは何か自然の摂理に反しているのである。そういう社会は異常であり未来を作らない社会である。
もちろん介護というとき個々に事情があり家族も関係しているから社会的問題として考えるとき、社会的に考える時は違っているのである。
自分は親には特別良くしてもらったから必死で介護したのである。でもそれが社会にやはり負担をかけたりしているから自分だけの問題にはならなかったのである。

ともかく親であっても老人を助けるために若い人が死ぬというのは自然の摂理に反していた。なぜなら若い人が死ねばその村なり町なりが維持できなくなるからである。
そういことが津波の被害地であれ原発の避難地域であり起きているからだ。
津波でもやはり無情になるが老人は淘汰されたのは自然の摂理だったのかともなる

そもそも老人は何かこうした災害であれ変化に弱いのである。それで原発事故で死者がないというが関連死が多いのである。避難先で死んだ人が多いのである。
それは老人は変化に弱いから適応できないからそうなる
若いときは適応力があるからそうはならない、そういうことはいろいろなことで起きる
海外旅行などは自分は50才でしたから四苦八苦してしてきた
海外旅行は別に言葉ができるかできないかではない、どこでも英語が通じる訳でもない
一番大事なのは異なった世界での適応力なのである
だから言葉ができなくても海外旅行はできる、若い人は勘がいいからその場のことが勘でわかるからできるのである。
老人は適応力と勘が鈍くなるから言葉と関係なく適応力がなく海外旅行でも苦しむのである。

だからつくづく

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない、
唯一生き残るのは変化できるものである」ダーウィン

これが自然界の掟でありまた人間界にもあてはまるのである。
それが津波とかでも起きたし原発事故でも起きている、この辺の復興をどうするかというとき街自体が村がが消滅する危機になっているときそれに対処することができない
その大きな変化に老人は対処できない、ただ故郷に帰りたいというのわかってもこれだけ変化するとその変化に対応できないのである。
だから震災関連死で死ぬ人が多かった、でもそれが自然の摂理だともなる
老人は復興の足かせにもなるから淘汰されるべきだともなる
それで女川では老人は口だすなと言って街の復興に取り組んだのである。
何にもなくなったのだから全く新しい発想が必要になったからである。

双葉辺りで病人が老人が病院に置き去りにされたというときもその非は大きいにしても若い看護師が率先して逃げたというときもそうである。
やはりそれも若い人は生き延びるべきであり死にかかった老人は捨てられてもこういう場合は特別だからしかたがないという見方もある。
自然の摂理は子孫を残すことであり子孫の繁栄なのである。すると子供をもっている若い母親は放射能が危険だとなると異常なほど危機を感じて自主避難までしている
それは次代のものを育むのが母親だから自然の摂理でそうなったともなる

自分も親戚だったけどそういう経験をしている、病気の人を見捨てて登山とかしていた。それで怨まれたということはある。でもその時登山して疲労困憊して何もできなかった。自分は体力がないから登山は辛かったのである。
でも自分はその時登山して良かった、今になると体力的にできない、自転車旅行だって遊びだと言ってもできないからである。
つまり老人のために若いときするべきこともしないとしたら親でも怨むようになるだろう自分は介護してもしたいことをさせてくれたら怨まないし介護をしたのである。

高齢化社会の負担は社会的にも大きいしそれが若い人の負担となるのは問題なのである。だから何かのきっかけで自然災害であれ老人は淘汰されるかもしれない、自然は神でも次の世代、子孫の繁栄の方を望むからである。
だから老人にもいろいろ人がいても子育てが終わった老人はなんのために生きているのだろうと疑問を呈する人がいても不思議ではないのである。
ただ老人全般ではそうなるが家族があり個々の事情が違っているから等しくは考えられない、でも自然の摂理はやはり子孫を繁栄させるために淘汰するということか働く
それは非情にもなるがそれが自然の摂理だともなる

ともかく変化に対応できないのが人間にとっても致命的なのである。現代は技術的にも変わりやすいから特にそうなる、変化に対応できないことが致命的になる。
ただ老人にも強みはある、経験は役に立つし洞察力は高まるなど若い人よりかえって創造力があるともなる、自分のしている抽象画は現代の最先端の技術からartから生まれたのだがでも自然を見る目を養ってきた経験からも生まれているのである。
だからすべて若い人が有利に働くとは限らないのである。

posted by 老鶯 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係