2017年02月07日

蝋梅(百歳の間(続)


蝋梅(百歳の間(続)

roubayyyyy111.jpg

蝋梅に風花舞いてそのあとに日さし静けし百歳の間

風花の駅に舞いにし待つ人の今日はなしかも我が帰り来る


百歳の間

我が母の百歳生きぬ
我が介護せしその間や
今年も蝋梅咲きぬ
今我ここにありしも
石一つ庭にありぬ
我が母の嫁ぎて七十年
ただ働きてつとめぬ
母はか弱く地味なる女なり
大正生まれにしてただ働きぬ
我、今百歳の間にありて
この家を一人継ぎぬ
我なおも家族をしのびつつあれ
百歳の間にあり長く生きてあれ
つつがなくも長くも生きてあれ
そして供養するが勤めなるかな

母は自分の家に嫁いでもいいとは言えなかった。この家の事情でそうなった。
ただ働くだけだったのである。だから何か欠けていた。
働くことがいいということはあってもそれが度が過ぎると人間は異常になり狂気にもなる花にも何にも興味もなくただ働く人間は蟻になっていたのである。
蟻の一生だったともなる

ともかくそれぞれの家族には何かしら問題があったり事情があったり何かある
それぞれの家には家風があったり代々つづく家では歴史があり伝えられる
ただなかなか他人の家の事情はわかりにくいのである。
まず自分の家は複雑で他者にはわかりにくい

でも何か家には物語が生れる、代々つづく家だと余計になにかしら物語が生れる
家の価値は単に建物というだけではない、そこに何か家族の物語が生れるのである
「百歳の間」というときまさにそうである。
百歳生きる時代の象徴としてそういう物語がここだけではない生れているのである。
ただ母がこの部屋にいたのは介護している五年間くらいだったのである。
それでもそれが記念として残されたのある。

何かしらぞこの家でも物語がありそこにその家の価値がある。
だから家というのは単に建物だけではない、だから簡単に壊して何もないものとはできない、そこに原発避難民の問題があった。
家は単に建物ではない、家族の物語がある場所でありそこから離れることはそうして作られてきたアイディンティティを喪失することなのである。
町にしても村でも一軒一軒の家がそうした物語をもっているから価値があるとなる
だからこそ老人は故郷に自分の家に帰りたいとなるのである。
逆にその家になにかしら悪いことがあると呪われているとか嫌がられる、価値が低くなる
自殺したり何か嫌なことがある家は価値も低くなり人も住まないというのは当然なのである
家は単なる建物ではない、何かを物だけではなく心を受け継いでるからそうなるのだ

今日の駅には夕方にあわててタクシーに乗りたいという人がおりた。
よほど急いでいた、大きなバックをもって歩いてゆくという
タクシーには先約があって乗れずに待つと時間がかかるからと六号線の方に歩いた
自分も案内した、その間もタブレットで連絡していた
途中で迎えにゆくという連絡あったので自分も帰ってきた
こうして鹿島駅で何かしら用事があり役に立つことがあるもんだとなる
ボランティアの駅員として用事があるのもいい
何も役に立たないとした行ってもつまらないとなるからだ。

今日も風が吹いて風花が舞っていた、この辺は雪はほとんどふらないけど風花は舞う
そして山の向こうの飯館は雪雲に覆われているのがこの辺の冬の景色なのである。

蝋梅の間、百歳の間
タグ:蝋梅 百歳

抽象画(太古の花-flower-the earliest times)



抽象画(太古の花-flower-the earliest times)

flame4566778.jpg

flames567.jpg

kasekiyyyfffff123bbb.jpg

ffffffbbbb123.jpg
fossil of flower
wwwwrrrr123new1.jpg
fossil of flower
chouchinnnn123444.jpg
woom

shokushu.jpg
yellowflower1kumoo1.jpg

クリック拡大ーenlrage



抽象画は具象画の変形である。これもひまわりの具象画の変形だった。
でもなんかこんな花が太古に咲いていたとかイメージすると面白い
イメージは制限されないから無限に広がる
抽象画もそれとにている、本当にこの変形の芸術も不思議だなと自分でしていてつくづく思う

こんなことができるということが不思議なのである。
それはやはり技術がまたはインターネットが生れてできた芸術だからである
今までにないものがインターネットからはコンピューターからは生れたのである。
だから今世紀最大の発明がコンピューターとインターネットだったともなる


The abstract picture is transformation of the representational painting. This was transformation of the representational painting of the sunflowers, too.
But when the art of this transformation is mysterious, it is oneself and thinks that I image it that such a flower bloomed in the ancient times in the truth that the abstract picture is in it to open endlessly utterly because the interesting image is not limited

It is mysterious that there is such a thing.
The unprecedented thing which was because after all it was a technique or the art that the Internet was born, and was possible was born from a computer from the Internet.
Therefore it becomes even if the biggest invention was a computer and the Internet in this century

タグ:太古の花