2016年12月17日

震災から五年八カ月すぎてふりかえる


震災から五年八カ月すぎてふりかえる


●五年八カ月の間に何をしていたのか?

津波原発事故から五年六カ月はすでに過ぎた。
その五年八カ月を何をしていたのか?
常磐線は開通した
電車にのって快適でありバスよりずっと楽だった。
当たり前にあったものだったが五年六カ月も乗らないから
その感覚を失っていた。
でも電車は本当に楽で仙台が身近になった
駅は近くすぐに乗れるからだ,バスのように乗り換えもなく行ける
五年八カ月の間に着々と工事はすすめられていたのだ
無為に時は流れてはいなかった。
そして高架橋の新しい鉄道が開通した
その喜びをみんなが味わった


五年八カ月というと長い、でもこれもたちまち過ぎ去った。
でもふりかえるとこの五年六カ月は何だったのだろう?
仮設に住んだ人はどんな気持ちだろうとなる
でも原発避難者はその五年八カ月の間何をしただろうか?
彼らに植えつけられたのは絶えず被害者として援助されるべき者として
あったことである。まわりもそうさせたのである。

そのことがわかったのは自分が原発避難者を批判したとき「お前は被災者の傷口に塩ぬって楽しいか」と責めてきたからである。
それは若い人だろう、若い人ですらその人は何をしていたのか?
それは全くわからないにしろともかく自分たちは被害者であり同情され援助されるべきものであるということがこの五年六カ月で会得したのである。
だから今でもそう思っているからこそこんな言葉で責めてきたのである。
「お前には人間の情がないのか、良くかわいそうな被害者を責められるものだ」となったのである。
それはずっとそう思い続けているから五年八カ月の間に何もしない人が多かったろう
やったことはギャンブルなのが多かったのである。無駄に時間は過ぎたのである。
ただいろいろ混乱してわけもわからずに過ぎたということもある
何かしようとしても何もできないということもあったろう。
ただ何であれ時間は容赦なくすぎてゆくのである

一方で復興住宅を建てていたとか、そこで暑い盛りに働いている人を自分は見ていた。
そして復興住宅はできてまた人がすでに住みはじめいてる
常磐線の仙台までの開通も成った。これも五年八カ月の間に働いていた人がいたからこそである。
でも原発避難者はこの五年六カ月の間何をしたのか?
ただかわいそうであり被害者の意識が植えつけられて補償金のことのみに追われていたのかもしれない,その間も常に援助があり援助されるべきものとして被害者として訴えることが仕事になったのかもしれない
また援助されるということは権利にまでなっていった。
だから自分が批判したとき若者でも責めてきた,ではその若者は何をしていたのか?
おそらくやはり遊んでいたのだろう、そして強固に被害者意識だけは植えつけられたのである。

俺たちは被害者なんだ、被害者様なんだ、なんでお前は批判するんだ、そんなことしている人は誰もいない、お前だけだ

こういう意識にこりかたまったのである。過剰な援助でこういう腐った人間が作られたともなる、だから必ずしも援助がいい方に働くとは限らない、自立の精神が失われるのである。これからも延々と放射能被害を言い訴え被害者意識は消えないだろう。
二万年プルトニウムが消えないように訴え続けるかもしれない
それも一面は必要でも自立の精神は失われ他者頼みになる、自分たちは被害者だからなにもしなくてもいい援助されるべきでありそれに文句言うやつは非人間だとかなり集団で責めてくる、そういう悪い根性ができあがった五年六カ月でもあった。
だからこうして被害者意識にこりかたまってしまうと自立して何かするということはなくなる
何かしてもらう援助されるべきだとなっているから自らは何か努力することもなくなるからだ。
それは中国の戦争被害を訴え続ける反日とか韓国の反日ともにている
その被害を延々と訴えて自分たちの国を有利にする、賠償金を未だに払わせることともにている
そのためにいつまでたっても対等の関係にならないのである。

●マスコミが一方的に原発避難者側についたのも問題

その一つに意外とそれが良くわからない、気づかないがマスコミの影響もあった。
特にNHKは影響力が大きいから原発避難者であれ国民にもその報道が大きく影響したのである。

何回も取り上げるがちょっと気づかないがNHKは原発避難者の側に常に立って取材していたのである。

飯館村の人が相馬市のトマト農家に仕事をしたいといったとき断られたと飯館村の人に言わせた、それがなんでもないようでもそれを見た人は相馬市の農家の人は冷たいなと見たのである。
飯館村だけの人の言い分を言わせたからそうなったのである。

それからいわきに避難した団地でも原発避難者が仲間に入れてくれとか言わせていたがなぜいわきの人は仲間に入れてくれないのだ、差別するのだと主張させていたのである。
それを見るといわきの人たちは冷たいなとやはりなる
それは一方的なことであり常に原発避難者の側に立って報道していたのである。
そのいわきでも津波の被害者がいたりしているから複雑になる。
でも原発避難者の不満だけが何か見ていた人たちの心に残るのである。

浪江の工場経営の人も「一緒に仕事していた人が仕事をくれない」というときそれも冷たいなと見ている人は感じる、それは常に被害者としてかわいそうな人たちとして原発避難者を見ているしNHKでもそう見ていてその側に立つからそうなる
つまりNHKは中立ではない、裁判官のようになっていたのである。
それはマスコミでは他の報道でも常にそうである。ただそれが良くかわらないのである。今回は自分が当事者になっていたからあれおかしいなと気づいたのである。
こういうNHKの報道などでも原発避難者の被害者意識を強固にして内部でも外でも批判できないタブーにしたのである。
マスコミは報道者は裁判官になってはいけないのである。
ところが実際はそうなっていることが多い、それでマスコミはネットから゛批判されるようになったことはいいことなのである。
報道することは自由にしても裁判官として報道するべきではないのである。
NHKだとその影響が大きすぎる、それがかえって悪い方向に働くこともある。
おそらくNHKでは原発避難者側に立ったたとが正しいしそれが原発避難者をかえって悪い方向にもってゆくなど考えていなかったのである。
実際にそれは和解にはつながらない、双方の対立を生み地元がさらに分断されたともなるからだ。
もし地元のことを考えるならそういう報道は危険だったのである。

もちろん原発避難者にも言い分はあるしそういうことを自分は想像してその側からも書いてきた。住み慣れた故郷とか家族が分散したとか老人だけが取り残されたとか同情して書いてきた。そうしたアイディンティティを失うことがどれだけ大きな被害だったかということも外からはわかりにくいのである。
おそらく原発避難者自体もそういう経験をしていないからはじめて経験したから気づかないとういこともあったのだ。
それは電車に五年六カ月ぶりに乗ったことでも気づいたことでわかる
当たり前にあったもののありがたさを気づかないのである。
なぜなら当たり前にあるものだからである。それは親でもそうである。それがいるのが当たり前であり食事を作ってくれるのも当たり前だったからである。
それが死んでいなくなったら全部自分でやるようになりそれも介護となる自分がその代わりをするようなった。その時はじめて親のあゃがたさがわかったとなる

いづれにしろ震災から五年八カ月すぎて今何か冷静にふりかえる時が来たとなる
ただいくら反省しても人生と同じで時は決して帰ってくることはないのである。
あの時こうしていれば良かったとか言っても帰ってこないのである。
貴重な五年六カ月はすぎてしまったのである。

今年もいろいろあったがだいたいもう終わりである。だから一年をまた震災から五年六カ月をふりかえるのにはいい時期なので書いた








posted by 老鶯 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

ボランティアすべきは原発避難者の方でもあった (ボランティアがすべていいものとしで働かなかった)


ボランティアすべきは原発避難者の方でもあった

(ボランティアがすべていいものとしで働かなかった)


この辺ではともかくいろんなことが問題になった。あらゆる問題の場所になったのであるその一つにボランティア問題もあった。
津波もあり原発事故もありその被害があまりに大きく目立つからそれだけボランティアがかけつけた。
近くの津波の被害にあった所では京都ナンバーとか関西の方からも来ていたしありがたいことだった。その時はみんな感謝していた。
二年くらいはそういうボランティアでも必要だった。

ところが何かボランティアとはその後も来ていた。
それも何か自転車旅行のついでにとか寄っていた若者もいた。
そういう人たちは遊んでいるからと普通は地元でも受け入れられない
だから普通は通りすぎてゆくだけなのである。
でもここでは被災地では人手が必要としたので受け入れたのである。

でもボランティアでも疑問なのは日頃何かボランティアしているのか?
全然していないけどこういう特別な被災地だから来たという人が多かった。
地元の人もそれで助かるし受け入れたからである。
それは別に批判はできない、助くれているのだからとやかく言えない

でも原発避難者が仮設にいてボランティアが来ていたときボランティアの人が働いているのに地元の人たちが仮設に住んでパチンコだとか遊んでいたので働けと怒っていたのである。ボランティアがいいように使われたという問題もあった。
実際復興とか除染とか何でも地元の人はほとんどなにもしていない、外部の人たちが来てしたのである。
地元の人たちはほとんど何もせず仮設に移り住んだ人たちもギャンブルに興じるとかしている人たちも多かった。そのことも何か変だったのである。
だからボランティアに来た人たちが馬鹿らしいと思うのも当然だった

それから何かボランティアというとき実際はいろんな人たちがいた
NPOでも詐欺があったようにいかがわしい人たちも入ってきたのである。
ここでは何かマスコミで報道するようないい面だけではなかった
人間の悪い面も被災地ではあったのである。ただそういうことはあまり報道しない
ただボランティアというと何かみんないい人たちでありと思うのもまた疑問なのである。

例えばこういう際に宗教団体とかも来て宣伝する、何か自分たちのエゴのために活動する人たちもいたのである。近くの原発避難者の仮設には入れ代わり立ち代わり援助する人たちが来ていたのである。
ただ外から見ていたからどういう援助かはわかりにくくかった。
でもそういう人たちが絶えず来ていたことは最初の内は確かだった。
そういうボランティアがくることでまたマスコミでもいろいろ原発避難者の立場にたって報道していた、それは最初のうちはしょうがないといえる

でもボランティアというとき何か突然にこういうことがあったからと助ける人になれるのか?
第一日頃近くで困って苦しんでいる人がいてもボランティアして助けているかというとほとんど近くではないだろう
でも常に隣近所であれどこであれいろいろと今では介護とか苦しんでいる人たちはいるがほとんど無関心なのである。
あたかも被災地にかけつけたボランティアの人たちをみると善意の人たちのように見えるまた地元でもボランティアを歓迎するからボランティアの人たちも気分いいし助けられる人たちも気分いいとなる

ただそれはこの辺では津波の被害者もいたが原発避難者だけであり普通の人たちは何の援助もなかったのである。
自分も別に被災地区域であり介護とか病気で苦しんでいたけどボランティアなどは関係ない、仮設住宅地に入っただけだからである。
いづれにしろ普通は近くに苦しんでいる人たちがいても助けない、無関心である。
都会だったらさらにそうなる,田舎だと他人の苦しみが楽しみにもなるのが刺激を与えるものさえになっているのだ。
苦しんでいてもそれを助けたりしないのである。

だからボランティアは全面的に肯定されるものだが何かそれだけではない、自分の売名のためにボランティアになる人もいた、福島県の詩人とかでそういう人がいた。
一躍有名になったのである。
そういう人はここにきても原発避難者は遊んでばかりいないで働けとか言わないのであるかわいそうだから援助する、そして援助される方もいい人だとなり援助する人も有名になったりしていいことなにる。

でも地元に住んでいる人たちにすると一体ボランティアは何なのか?
ただかわいそうだかわいそうだとして汚い現実を見ないのである。
ギャンブルで毎日遊んでいるならもっと働けと言ってもいいはずである。
そういうことは言わない、どっちにとっても都合のいいようにしかつきあわないのであるでも地元の人にすればボランティアでも今になると来なくなったが本当は長くボランティアしてもらうのがいい、それよりもう真剣に考える人は援助ではない、もうその被災地にすみつく人だとなる。
そういう若者が女川にいたから感心したのである。
一時的にいい格好して歓迎されてあとは来ない、そういうボランティアはただいい格好したくてそうしたのかともなる
有名になった詩人などはそうだろう。一見応援しているように見えても自分の売名のためにしているのである。
マスコミはまたそういうものをとりあげるからである。

なんかもし本当にボランティアでも助けるとなると犠牲が強いられる、そうなるとそんなことは嫌だとなる、一時的に歓迎されてあとは知らないというのが多い、それが無益だとは言わないがボランティアはそういう人が多いことは確かである。
そういものだからそれはそれで必要だとも言える
ただなにか本当に助けるというのではない、自分たちエゴのために来ている人たちもいるのである。

マザーテレサがまずは近くの人たちを助けなさいというときそうだろう。
アフリカの奥地まで行って助けようとするよりまず隣近所で苦しんでいる人たちはいくらでもいる。なにもアフリカくんだりまでゆく必要がないのである。
何かそういうことがボランティアにも疑問をもつということがある。
自分が助けられたらこんなこといわないが自分が苦しんでいるとき全く助けてくれないからそう思うようになったともなる
ただ自分の場合はこれまでの苦しみは自分のカルマだった。あまりにも楽した結果として苦しめられたのである。そういう自覚が自分にはあった。

そのカルマというときも原発事故避難者に関しては原発の一〇キロ圏とか二十キロ圏とか三〇キロ圏内とか区切られたけどそれ相応の責任、カルマもあったのかとなる
それだけ原発に近ければ近いほど恩恵を受けていたとなるからだ。
現実に浪江町と小高町の中間点に東北電力の原発の工事がはじまるところだったからである。もしそこで事故が起きたらもう南相馬市でも相馬市でも壊滅状態になった恐怖であるその時はまだ合併していない時だったから知らない人が多かったのである。

ボランティアでもみんな善意だけの人ではない、売名の人も結構多いし別な目的もある場合もある。
本当の慈善となると犠牲を強いられるかもしれない、そうなると誰でもできるものではないという自覚をもつべきである。
ただ被災地でも耳に痛いことを言う人は拒否される、なんでもかわいそうだからとなんでも楽にしてくれる人たちがボランティアが歓迎されるのである。

それより飯館村の人が相馬市のトマト農家で働きたいというとき断られたのはなぜか?
津波の被害者が補償金ももらえないからそっちが優先にした。
では働けないのか?そうでもないかもしれない、つまりそうなら

ボランティアで働かせてください 無料でいいです

そうしたら働けたかもしれない、なかなかこういうことは事情があるから簡単にはいかないことはわかる

それから浪江の工場経営の人が仲間が仕事をくれないと訴えるとき工場経営者だったら補償金の額が大きくなる、すると金があるんだから仕事を頼まなくてもいいだろう。
こっちは金を稼ぐために必死だとかなる
でもこれも

なんとかボランティアで働かせてくれ、協力したいんだ

なんかそんなふうになれば前のように協力関係ができるかもしれない、他でもギャンブルばかりしていんたらその土地の人はどう思うのか?
それを考えたら介護の仕事でもさせろとか言うのもわかる
ボランティアになるのは原発避難者の方にも言えたのである。
どんなに見たって毎日ギャンブルに興じているのが苦しいのかとなるからだ。
だからボランティアというけどそうできるように外からは見られていたのである。

現実に最初自分の所に知っている人が働かせてくれと頼みに来た人がいた。
一〇万でもらえばいいとか言ってきたのである。
その時は補償金のことがわからなかったからである。
でもこれも今になるとむしろ働かせてもらいたいのは原発避難者ではなかった。
その回りの人たちでもあった。なぜなら最底辺層になると生活がぎりぎたであり苦しいからである。
それで同級生だったか仮設に住んでいる小高の人の所に行き何か仕事にならないかと行った人がいた。
その人はフィリンピンの女性といた。そして小高の人たちに何かと言われ行かなくなったその人は何かしてくれるのにも金をとるとは思わなかったのかもしれない。
なぜなら原発避難者でもボランティアが来て無料で奉仕したり何かと援助も補償金も入ってきたからである。

だから鹿島の人もそういうふうに援助してくれるのかと思っていたのかもしれない
つまりそういうふうに常に援助されるものだと思っていたからである。
でもその人は生活に困っていたのである。
だからむしろボランティアする方が原発避難者だったということもあったのである。
原発避難者にとってそんなことは微塵も考えないことだったのである。
ただ自分たちは援助されるべきであり援助するなど考えもしないことだったのある。
でも毎日ギャンブルしているような人たちがかわいそうだとか援助すべき人たちとは見えない、むしろ回りの人たちにボランティアでも援助するということはできないことではなかった。
でも常に自分たちは援助されるべきものであり援助するなど微塵も考えないことだった。だからボランティアでも全面的にいいものだったとは限らない、ただボランティアでも
ギャンブルでパチンコなどで遊んでいるのを見て怒った人もいたのである。
なんで働かないんだと馬鹿らしくなったのである。
そして一番働いたのは自衛隊だったという人もいる
なぜなら泥をかきわけて津波の死体を探していたり瓦礫のかたづけをしたのは自衛隊だったからである。それでトラウマになったり自殺した人まで出たからである。







posted by 老鶯 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連