2016年09月10日

(秋の蝉)南相馬市原町の市街から高倉ー押釜を回り帰る (高倉村では紙漉きが行われていた)


(秋の蝉)南相馬市原町区の市街から高倉ー押釜を回り帰る


(高倉村では紙漉きが行われていた)

mapsoma1111.jpg
この地図は覚えていた方がいい
参考になる

クリック拡大

watatumiiii111222.jpg

綿津見神社


草茫々刈る人老いて夏の暮

草うもる高倉の墓地夏の暮

流れ落つ清水を沢蟹這いのぼる

高倉や清水にうたる蟹一匹

夏草に馬頭観世音旅の人

秋の蝉鳴きて淋しや旅の人


高倉の街より離れあわれかな秋の蝉なく声ひびき暮る

バス停の目印とあれ歩みつつ秋の蝉なき夕暮るるかな

四方より蝉鳴く声のひびきつつ我が歩むかな秋の日暮れぬ

押釜と奥にしあれや古き墓地野馬追いにいず郷士棲めるも

紙漉きを営めると昔水清し高倉村や秋となるかな




今日は高倉から押釜回り帰ってきた。帰ると7時すきているから暗くなる
前は介護していたから常に早く帰らねばならないとなるからこの辺の近くすら行けなかった。今はいつ帰ってもいいから余裕がある。

高倉の農家の人は草刈りしていた。辺りは草茫々である。若い夫婦はここを出て帰らないという、何か市街の方に出たのではなく、南相馬市を出たらしい、原町でもろくな会社がないからだとか言っていた。
姑と一緒にいるのも嫌だったしこれ幸いと出て行ったとかも言っている
あそことても田んぼにできる場所ではないだろう。
あそこから飯館村の長泥(ながとろ)に出るがそこは帰還困難区域に指定されているから入ることはできない、高倉ダムの方にでる、良く前は行っていたがここにも十年間くらい行っていないのである。
高倉の歴史は明治以降開墾に入った地域かもしれない、綿津見神社があるとてしてもその由来が良くわからない、月山大仏とか石碑にあった。妙見の徴も屋根にあったから明治以降かもしれない、明治以降武士が開墾に入った地域かもしれない

高倉村からは野馬追いに4騎出ていた。押釜村は14騎だからなぜかここがそんなに多いのかとなる、

産馬、養蚕、抄紙の三事は組合村の業なり、紙は押釜村ヨ推し十八戸あり、高倉村ヨ最とす・・と大須賀巡村雑記に記されている

紙を梳くのにいい川があり水があるから紙漉き、紙作りがあって生活が成り立っていた。石神村にも紙漉きをしていた家があった。これは意外と忘れられているのである。
相馬市の山上にも紙漉き沢という地名があるから紙漉きが行われていた。
紙漉きが山の村の産業だった時があったのである。
紙漉きというときこれも自然と融合した生活だったのである。
清い水が必要であり材料となる樹も必要でありそれが近くにないとできない
今だと大量生産の工場となったが昔ならこうして山村でもその回りの資源を利用して生活になっていたのである。そういう村であってこそ村だったのである。
そういう村の方が魅力あるとなる、ただそうはいっても現実その暮らしは紙漉きにしても厳しいとなる。

 10月から越年の春ころまでの冬場を中心とする農閑期に、凍り付いたような水にさらし、長時間の作業が続く。しかも、江戸時代から、この仕事は女性のやるべきこと、とされてきた。しかも、零細な家内での仕事なので、とくに主婦や娘への負担が増す。男も次第に加わるようになる。
 さきにふれた「養女奴隷」への負担も、そこに発した仕組みであったし、年季奉公人という徒弟制度から抜け出せないのも貧困から始まっていた。

 津和野藩では、「養女奴隷」のような記録は見当たらなかったが、奥に隠されていたことかもしれない。ただ、凍るような水に手を入れ、深夜に至る長時間の作業のつらさは語られている。また、コメとしての納税ができなければ、和紙で代替させ、のちには大坂屋敷などで換金しやすい和紙を貢納させることにもなっていった。紙の仕入れは当初、商人の手で行われていたが、藩の有力な収入源とわかる17世紀中ごろからは「紙専売仕法」を定めて藩の独占事業にしてい

『紙漉きになるつもりじゃなかった』

 何か自分は過去になると江戸時代でもロマンチックにイメージするが実際はこれほど厳しいものであり奴隷労働が行われていた。これも意外だった。醜い少女がこの場合は良くて丁稚奉公のように奴隷のように使われた
一方できれいな少女は遊女に売られていたという現実がある
こういうことは今でも最貧国に行ってみればわかる、江戸時代とにているからだ。
でも山にそうした暮らしがあってこそ村も成り立っていたということもイメージする
でも米が納められないから紙漉きだと紙で納めるということもあった、つまり貧乏なときは税金でも過酷になるのである。

そういう税にしても直接的にずっしりと重いものを感じるのである。
つまり江戸時代は子供でも働かせられていて丁稚奉公に出されたとか女の子でも過酷な労働を強いられていたのである。最貧国では子供も労働させられているし子供が多い方がいい、男の子がいいというとき労働力になるからである。労働自体が過酷だったのである。まず紙漉きするような家には嫁さえ来ない、奴隷のように養女をもらって労働させていたのである。

石神で紙漉きをしていたという農家に嫁いだ女性は華奢であり力仕事などできないだろう第一そこは農家ですらない、会社員の家だったのである。
今になると紙漉きをして都会から移住している人もいる。かえってそういう仕事にも憧れ人もでてくるが現実は厳しい、そうして作られた紙だとすると高価であり貴重なものだとなる、捨てるのももったないとなるのは当然だったのである。
紙というのは戦前でも貴重だった、鉛筆でも短くなって使いないくらい短くなっても使っていたのである。物はなんでも貴重な時代だったのである。
こんなに物があふれた時代はなかったのである。これほど物を粗末にする時代もなかったのである。

皇居歌会始め 入選歌

どの家も 紙漉く夜なべ終えたらし峡(かい)を流るる 川音きこゆ

1968年(昭和43年)


ここにこんな歌がでていた。夜なべとういことは夜まで仕事していたのである。ただ昭和43年では戦後二十年でありその頃紙漉きしていた家はなくなりつつあったろう。
でもどの家もとあるからまだしていたのかとなる

そこで今回あったのは何か陶芸をしている人で蛇を探しているという、蛇の鱗が模様として参考になるというからそんな人がいるのかと思った。仙台から来た人で仙台からくる人には良くであう。街の近くにこういう流れがあるのだから夏でも涼しい
一軒家がありその脇を水無し川が最近が雨が一杯ふったので気持ちよく流れている
あそこはイオンからさほど遠くないのである。写真とらないのが失敗だった

今日は山の方で自転車がパンクして歩いた、相当な距離を歩いた、でも歩くということは自転車の感覚とは違う、自分は歩くたびはしていない、そこで歩いてみたいと思った。
鹿児島から青森まで歩いて旅するという人には驚いた。
歩く旅は自転車で感じるのとも違う、だから今の時代は歩くということは新鮮な体験になったのである。
相馬市から鹿島まで旧街道をたどり歩み、次は小高まで歩み鉄道が小高まで通ったから電車で帰るのである。これでも旅なのである。
ともかく介護が終わって余裕ができた、だからまだそんな計画をするようにもなったのである。ともかく昔のことは歩いて生活していたのだから歩いてみないとわからないのである、旅だって歩いてしていたのだから歩いてみないと旅のこともわからないのである。







松本清張の「黒い福音」を見て (アメリカに支配されていたために宣教師を逮捕できなかった)


松本清張の「黒い福音」を見て


(アメリカに支配されていたために宣教師を逮捕できなかった)



中国にアヘンを密輸しまくってアヘン戦争を引き起こした商会がジャーディン・マセソン商会 
そのジャーディン・マセソン商会の長崎支店こそが坂本龍馬のスポンサーであるグラバー商会である


1951年の米国議会上院の軍事外交合同委員会のマッカーサーの答弁
「日本は絹産業以外は国有の産物はほとんど何もないのです。彼らは綿がない、羊毛がない、石油の産出がない、錫がない、ゴムがない、その他実に多くの原料が欠如している。そしてそれら一切のものがアジアの海域に存在していたのです。
  もしこれらの原料の供給が断ち切られたら1千万から1千2百万の失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。したがって彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」


  フランクリン・D・ルーズベルトのミドルネーム“D”は、デラノ一族の意味で、セオドア・ルーズベルト大統領も血族の一人で、ユダヤ人ある。ルーズベルトとは、オランダ語で「赤いバラ」である。

デラノ家は、アメリカやイギリスの富裕階層の大半がそうであるように、アヘン貿易と奴隷貿易で財をなした。

「アヘン貿易と奴隷貿易は一体となっている。今日のアメリカの隆盛の最大の原因は、イギリスの黒い貴族たちがアヘン貿易で儲けた金をアメリカに注入したからである」と鬼塚氏は端的に説いている。

バチカンの(ハプスブルグ配下の)フッガー家に対する借金返済の施策である免罪符の発行への対抗策として、教会不要論や天職理論、蓄財の正当性を説くことにより、教会へのお金の流れを銀行(預金)への流れに変えることを推し進めた。

金貸し支配の構造A ベネツィアの黒い貴族:サヴォイ家

その後大航海時代には、イエズス会は世界各国へ食指を延ばし、奴隷貿易により膨大な利益を得ていくことになり、その運用のためにバチカン銀行が造られる。
>各国の軍事施設の近くには、必ずと言っていいほど教会が設けられている。そこの懺悔部屋での諜報活動がイエズス会牧師の大きな役割となっていた。

タックスヘイブンの構築

>サヴォイ→デル・バンコが支援していたテンプル騎士団が迫害を受け、イギリス騎士団としてイギリス方面に渡る。その際、バイキングと結託し、イギリス北西のマン島にオフショア=タックスヘイブンといわれる無記名、非課税or低課税の制度を確立し、外為で獲得した膨大な利益の目減りを防ぐシステムを構築していく。その後、スイスやロンドンでも同様のシステムが設けられていく。

『権力ゲーム』とは、金融権力を握ったロスチャイルド国際金融マフィアが、世界各国で国民を支配し搾取するために、政治、行政、司法、経済、企業、労働組合、メディア、教育、宗教などの権力を握って独裁支配体制を築く『反国民の権力犯罪』である。


明治維新でもそうだが戦後でも外国宣教師が入ってきてキリスト教を布教したのは問題があった。なぜならアメリカが主だがアメリカは裕福であり権力をもっていたからである。そのために権力で宗教をおしつける、権力で宗教を広めるとなるからである。
クラーク博士はどこの宗派にも属していないし何かそうした権力と無縁の人であったからかえって明治の青年を感化したという、カトリックとかなるとあのように明治の武士の出身者を感化できなかった。そこから独立した内村鑑三のようなクリスチャンが生れた。
カトリックのようなものだとそういう人は出なかったとなる
内村鑑三は外国の宣教師を嫌っていたからである。それは日本国の個々人の独立精神を失うからである。
ただ明治となるとキリスト教のことがわからない時代だからやむをえないことがあった。今なら外国の宣教士とか宗派とか教会でもエホバとかのカルト団体とか外国系資本の教会に属する必要なとないのである。
自立していくらでも聖書など学べる時代である。むしろそういう場所に行く属することは信仰をそこねることさえあるだろう。
なぜなら自分は一回も教会で聖書の話も聞いたたとがないし聖書自体学んだこともないのである。カルト団体に属してもそれは仏教系だから全然違った世界である。
それでもクリスチャンになる人はなる、それは聖霊の働きによるからである。

この映画でも教会がアヘン取引していたとか暗黒のおぞましい所だった。ただこれはフィクションだが事実を基にしたものであり結局事件は闇に葬られた。
その時アメリカに支配されていたのだから操作すらできない治外法権の場所になっていたからである。
ただ宗教というと特に宗教団体とかなる何かそうした闇をどこでもかかえている、それはなぜなのか?巨大な権力を有するようになったからである。
それはカトリック教会からはじまった、今でもバチカンの闇がある、カトリックが国家並の権力をもつが故に歴史的にそうなっていた。
教会だってそこが商売の場所にもなるしいろいろと世俗的なものに利用される
それは創価を見ればわかる、もうそこは様々な利権が食い入る場所になっている
大成建設が何かオリンピックの入札で不正していたのではないかというのもそうである。大成建設と創価は密接な関係がある。会員も多いからだ。
第一国土大臣が公明党だったらそれも当然だとなる
宗教団体は巨大なるが故にそこは利権の場所であり権力でもって大衆を操作する場になる統一教会だったら韓国系でありとか背後に国家権力が関係している
エホバだったらアメリカとであり日本自主独立のものはまれである。

教会でアヘンを売買していたというと何か常にアヘンが資金源になっている。中国がイギリスからアヘンを売られて国力を失ったようにアヘンは亡国の薬である。
そしてルーズベルト一族がアヘンで財を成した一族だとか何かそうした巨万の富を築いたものには必ず黒歴史があり政治家にも黒歴史を背負っている
アヘンで外国を批判するが日本も戦争中、中国にアヘンを売り資金源にしていたという。アヘンというのは巨利を得る手段なのである。今でもフィリピンでもアヘンのために国と戦争状態になるとかメキシコでもどこでもアヘンがやはりそれだけ金を生むからマフィアが活躍する、そしてどこでも権力の集中するところが宗教団体だろうがなんだろうがマフィア化しているのである。

こういう黒歴史はインターネットでは驚くほど詳しい、何か今までおさえられたものがインターネットに噴出しているのかもしれない。
ただその陰謀論にはまるとこれも訳わからなくなる。
ただ巨大な権力自体が人間にとって悪い方に作用していることは確かである。
銀行にしてもそこに巨額の金が集まるから世界まで支配できるとなる
人間は個々人でも金を貸すことによって奴隷化される、それは江戸時代もそうだった、遊女にされたが今でも現実にバングラデッシュとかカンボジアとかはほんのわずかな金で少女が売春されている、つまり江戸時代を知りたいならそういう国に行ってみれば実感するそれをDARKNESS DUAとかで延々と書いている。
あのようなことが今までも確かに知られていたがあれだけのものを報告できるのはインターネットだからできたのである。

どうしても金がある権力がある所にはよからぬものが入ってくる
自分もそれでひどいめにあった。多少の遺産をひきつぎそのために強盗のようなものが来る、借金で苦しめられていたものが病気でも借金を要求してくるとか金があることで恐ろしい目にあうこともある、現実に常に江戸時代でも富裕な商家が盗賊にねらわれる
家政婦二人雇っていた金持ちが強盗に入られて殺されたとか常にある。それは昔からあったことである。中国では盗賊の首領が皇帝までなったしイギリス海軍は海賊が基だったりと権力があれはその権力の奪い合いが必ず起きてくる、革命でも権力を得るためにする。大義名分があっても盗賊同士の争いなのかとまで見る
だから巨大な権力がある所は宗教団体だろうがなんだろうが闇になる
その闇の正体はなかなかわからないから陰謀史論になる、結局それはサタンが世を支配すると同じである。
一見権力を金をもつのはいいように見えるし大衆でも貧乏ならみんな金が欲しいとなる
金がいらないなどという人は今では特にいないし金がないから最低限の生活すら不可能である。だからこそ金に支配されるのである。
では実際にありあまるほどの金とか権力をもつとどうなるのか?そこは闇の世界になってしまう。つまり権力と金で支配する者はサタン化するということである。
世界史自体がこれほどキリスト教が普及していても何にも変わっていない
やはり権力と金が支配する世界だということである。

この映画は戦後アメリカに支配された時の物資不足の時代のことである。
教会がアヘンの販売していたというから腐敗しきっていた
それはドラマだけのことだったのか?
これは事実を背景として生れたドラマである。教会に入るというときそうしたアメリカから物資の恩恵を受けることもあり入る人もいたろう。
人間は純粋に宗教を求めることはない、何か利益があり弱者が権力の助けを求めて入る
その弱者を利用して権力を拡大化するのが政治である。宗教もそうして権力闘争に利用されるのである。

この映画の結論が示唆に富んでいた、なぜ限りなく黒だった宣教師を逮捕できなかったのか?
それは戦後アメリカに支配されていたためなのである。
それで警察の上官が言ったことは

日本の国は強くなければこうなる、他国に蹂躙される

これと「心の青雲」で常に言っていることだからそれはあてはまる
国が弱ければ下々で最貧国のように少女はわずかの金で売られるのが歴史の現実なのである。そしてそこに公平な裁判もありえないのである。
それは今でもそうである。、検察でもアメリカの意向に従わねばならないとかなり公平ではありえない、日本は未だアメリカから独立していない、属国だからそうなる。
映画は単なるフイクションだと興味がない、なんらかの事実に裏付けされているとそこから歴史でも学ぶことができる、ただフィクションと現実は違う、そこでフィクションが現実のように錯覚しているのが映画とかテレビの時代だと多いので問題なのである。
ただインターネット時代になるとこんな映画あったのかと知らないことを知ることになるこれは最初テレビで昨日放映していた、でも途中から見たからわからないところがあったでも検索したら無料で見れるのがあった。それもこの映画は二つくらい同名で製作されていたのである。映画は何かテーマがあって製作されている、こうした映画を見ている方が世の中の真実がわかる、これからはあまりテレビを見ない時代になっている
チャンネルが百チャンネルとかなる、2チャンネルもあるが自分もチャンネルの一つであるから膨大になるのである。テレビとか新聞はもうだんだん見なくなるし読まなくなる
なぜならそんなにいろいろなものを見れないからである。
インターネットの有利なのはあるテーマとかキーワードから深く考察できることなのである。それだけの情報量が蓄積されたことによってそうなったのである。


タグ:黒い福音