2016年05月31日

母とその前夫の戸籍をたどる (戸籍から一庶民の歴史がわかる-東京の歴史)



母とその前夫の戸籍をたどる

(戸籍から一庶民の歴史がわかる-東京の歴史)



todennnn1.jpg


山口富造(母の前夫)


東京の下谷区三の輪町から王子区神谷町に転籍

台東区から北区へ転籍



昭和17年王子区神谷町二丁目五七番地理研工業王子第二工場内で死亡



■昭和10年(1935)財団法人理化学研究所で開発された研磨材をもとに、研磨布紙の製造販売を目的として理研コランダム株式会社を同研究所内に設立。

■昭和12年(1937)東京都北区に王子工場完成、財団法人理化学研究所より移転。

■昭和13年(1938)群馬県川場村のガーネット鉱区鉱業権を取得し、沼田工場を建設。

■昭和28年(1953)静電塗装設備完成。(特許:工業技術院奨励金を受ける)

■昭和31年(1956)通産省より研究補助金を得て、特殊精密研磨紙生産設備完成。http://www.rikencorundum.co.jp/kaisyaannai/rekisi.html

愛知県西春井郡西春村大字九六坪南城屋敷戸主忌犬飼金松 六男 養子縁組

山口一男

自分の母親は東京で女中で働いた。大人しい内向きの性格だから良く東京まで出て行ったと思う。そこで前夫と結婚した。山口富造という前夫は東京生れであり台東区でありそこに本籍があったが北区に転籍した。
その北区の理研工業で事故で死亡した。そこまで戸籍に書かれていた。時間まで書いてあった。
その理研工業とはインターネットで調べたらおそらく昭和十年に設立されたここではないか?
北区に昭和十二年に王子工場完成とあるからだ。そして昭和十七年に事故で死亡した。
母が結婚したのは山口富造が前の妻が死亡したためである。死亡してまもなく結婚していることも記されている

養子縁組した人は名古屋市の出身だった。六男でありなぜか養子縁組して東京に来た
母が何か変な奴だと言っていたことを聞いた。おそらく育てられなくてなんかの縁で
山口家に養子に入った。その事情はわからない。
その人の墓は焼津にあるが一回墓参りしてあとは誰も墓参りしないだろう。
兄に死んだという連絡が来たために兄が焼津の寺に頼んで埋葬した。
その時母がかまうなと言ったけど戸籍をたどり死んだという連絡が来たからである。
戸籍はそうして死んだときとか必ず連絡して役所が国が責任を負わせるためにある。
そんな一度もあっていない人などかかわる必要がないのである。
金もなかったからめんどうだから母はかかわるなと言っていたのである。
戸籍でつながっていても全くあっていないとか知らない人も多い。
そういう人は戸籍上だけのつながりでありそんな人と関係させるのはおかしいのである。戸籍に関係なく実生活で深い関係になっている人もいるからそっちの方を重視すべきだと戸籍などない方がいいという人もいる。これも何か理不尽なところがあるためである。
山口富造と自分の母は結婚して子供生んだ、それが自分の父の違う兄となる
その兄も交通事故で四一才で死んだ

戸籍をたどるとここまで分ることの驚きである。その足跡が記されているのだ。
戦前でも東京に出る人が多かったのかもしれない、女性だったら女中としての働き口が相当にあったのだろう。
戦前の東京の状態はどうだったのか?

大東亜戦争(太平洋戦争)始まる(昭和17年〜昭和20年)

すでに戦争がはじまっていたのだ。だから相当に混乱した状態だった。
東京と田舎の生活は相当に違っていた。
自分の姉は看護婦の免許をとるために東京に行っていた。つまり東京でしか看護婦の免許をとれなかったのである。東京と田舎はその頃は暮らしでも相当に差があった。
やはり東京に出稼ぎというか東京に田舎から出る人が多かったのかもしれない

1935年(昭和10年)東京の貴重なカラー映像

人力車も走っている、車も走っている、人をのせた馬車も走っている、市電も走っている、立派なビルが建っている、・・・・こういう光景は田舎にはなかったろう。
田舎では高いビルなどはないだろう。今でも南相馬市では高いビルは病院くらいしかないのである。
つまり田舎と東京の光景とか暮らしは相当に違ったものだったのである。
だから東京に憧れるというのはその当時から相当にあったろう。
自分の母親もそうだっかもしれない、ただ自分の母親はとても冒険するようなタイプではないからなぜ東京に出たのか疑問が残る
当時東京に行くのは冒険である。行くにしても蒸気機関車であり八時間くらいかかったかもしれない、そのくらい遠いということである。気軽に行ける所ではなかった。
帰ってくるのも簡単にはできない所だったのである。 
おそらく実家が事業で失敗して母の姉が東京に出てきていたのでその姉を頼って東京に出たのかもしれない、家を嫌って姉は東京にでて
母も出たのかもしれない。家から離れたいということが若い時はある。
自分も家とか故郷から離れたいということがありただ東京に出たいということで三流大学に入った。
その時中学卒業が金の卵としてもてはやされた時代だからずいぶん恵まれていたのである。
その後も自分は相当に恵まれていた。

その時分は,東京は泥浮の都会,土蔵造の家並の都会,参議の箱馬車の都会,橋の
決に露店の多く出る都会であった。考-て見ても夢のやうな気がする。京橋 日本橋
の大通の中で,銀座通を除いて,西洋造りの大きい家屋は,今の須田町の二六新聞
社のところにあったケレ-商会といふ家一軒であったoそれは三階の大きな建物
で,屋上には風につれてぐるぐる廻る風測計のやうなものがあった。何でも外国の
食料品か何かを売ってゐた. (東京の三十年ー田山花袋)

これは明治時代の風景だからさらに変わっている。

また大名屋敷が広かったというとき過去は何か違ってイメージしている
現代からイメージするからそうなる、その時江戸は広い土地があった。

臼杵藩藩主稲葉伊予守の江戸上屋敷が 4,954坪(16,348平方メートル)江戸下屋敷が 3,480坪(11,484平方メートル)とあります。

現在のつましい我々市民の家の広さを、多めに50坪(165平方メートル)とすると、100軒が入ってしまうというとんでもない広さです。

これは小藩でそうなのであり九〇〇〇坪とか八〇〇〇坪とかあり国立競技場と甲子園なみの広い屋敷があった。

現代の東京からそういう広さをイメージできない、江戸の藩の屋敷は庶民の長屋などからした全く別世界だったのである。時代劇で見ても門が大きい、それだけの門があり広い屋敷があったとなる。だからその屋敷を維持するためには金がかかったともなる
もし大名屋敷の跡がそのまま残っていてそこに立ったらその広さに驚き歴史を実感できるでも東京は何か歴史を実感てきるものがみんななくなっているからつまらないのである。
自分の母親の前夫の住んでいたのは今の上野だった。

東京都台東区のおよそ西半分を範囲とし、江戸・東京の下町を構成している地域のひとつである。
下谷は浅草・本所・深川と並ぶ、東京下町の外郭をなす。

三ノ輪は今も走っている都電荒川線の終点だった。この都電には乗ったことがある。
早稲田まで通じていて途中に王子駅があるということはここに前夫は転籍した
すると遠い場所ではなかったとなる。
転籍した理由は王子にある工場に移るためだった?

王子電気軌道によって敷設された路線を東京市(現東京都)が買収したものを端緒として
荒川線はもともと王子電気軌道であり王子までしか行っていなかった。

三ノ輪は上野界隈であり台東区上野である。北区は隣り合っている、なぜ北区なのか?
江戸城があったところが中心でそこから北になっているからなのか?
下谷車坂町などあるのは都会らしい、車とは人力車だろう。頻繁に人力車が通ったからだろう。

いづれにしろ自分の母親は昭和十六年に結婚して昭和十七年に前夫は事故で死んでいるのである。そしたら一年もみたない間に死んだことになる、ただそこで一子を自分の兄をもうけている
女中奉公に東京に出て何年いたのかわからないがこれもあまりにも短い期間だったとなる実家の原町の夜ノ森公園の近くに子供とともに兄とともに帰って自分の家にた嫁いだ。
夜森前一番地となっている。夜ノ森とは夜ノ森公園の近くだったのである。その実家に行ったことがある。
そしてその実家はなくなり墓しか残っていないのである。
母の一生は不運と苦労の一生だった。後妻として二回嫁ぎ自分の父親も早く死んだ。
母の父親が事業に失敗して一家離散のようになってから不運だったのである。
そういう人は戦前生れとか大正生れとかなると多い、貧乏だし戦争もあったからそうなる

こうして戸籍から明確に一個人の庶民の歴史がたどれるのが戸籍でありそれも不思議だとなる、まず墓からはほとんどわからない、江戸時代のものというだけでもわかれば貴重だがその他はその人がどういう生い立ちなのかなど全くわからない、戸籍をたどるとこのようにわかるのである。
それにしてもなんかこの戸籍をたどるというのも不思議である。
戸籍とインターネットで何か歴史をたどることができた。
本でもその一部をインターネットで読みつないぎ編集した
posted by 老鶯 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)