2016年03月01日

桜の花の短歌連作続編(大坂城)


桜の花の短歌連作続編(大坂城)


sunsssssss111.jpg



秀頼と淀君の無念大坂城夕べ桜の散りやまじかも

今しきり花の散るかな大坂城夕日赤々と心に残りぬ

武士の意地見せて戦う大坂城石垣の固く守り残りぬ

一陣の風に吹き散る花やさらに大坂城内花散りやまぬ

大阪城門入る人の絶えぬかな夕日に映えにつ花散りやまじ

華やかに秀吉の世は終わりけり夕日の映えて散る花あわれ

花の咲き明石海峡夕べにも船の行き交い難波の栄えぬ

伏見城黄金の茶室春の夢まみえし人は今はなしかも

花咲くや奈良に京都に大阪やみちのく遠く未だ咲かじも

みちのくに政宗ありと名をとどむ今日の都に織りなす歴史

我が家の広き廊下に春日さし栄はここにもあるを知るべし




春の奈良京都大阪

大和なる奈良を離れて京都にあり
千年の都にあれ古りにし御所の塀長く
枝垂桜の色濃くも咲きにけるかな
五条の大橋瀬音も高く人々の行き交いて
燕飛びきて各地より集まる人々
織りなす歴史の絵巻かな
三十三間堂黄金の千の仏の光輝
その巧みここにはぐくむ職人の業
金閣銀閣対なし映えて千年の都かな
春爛漫大坂城の大いなる石垣や
花は盛りに大門を入る人の群れ
安土桃山の豪華絢爛たる文化華開く
みちのくにもその障壁画あり
松島に伊達政宗の茶室や時代を偲びぬ
大阪は日本の商都、人々集い活気に満ちぬ
奈良大阪京都と日本の歴史は編まれけるかな


大坂城の花見客(詩)

桜前線の短歌



桜前線の短歌で前から書いてきた。インターネットは絶えずリニュアールできることである。作歌が生きている限り更新されつづけるのがいいのである。
関西の方へはずいぶん旅した。その経験で面白かったのは関西に行くと桜は満開であり
みちのくに帰るとまだ桜が咲かないとかある
みちのくに桜が咲いたらすでに関西は散っているとか現実に自分は旅して経験している。桜はある一カ所で鑑賞するのではなく桜前線としての鑑賞がある。
日本も距離的に差が結構あり北海道となる稚内では6月に桜が咲いていたのである。
桜前線は6月まで稚内までつづいていたのである。


日本は桜の国である。桜は山桜もあるしいたるところに咲いている、別に京都の桜がいいとはならない、日本全国に桜が咲きそれぞれの美があり歴史があるからだ。
栄はべつに田舎にある,必ず栄えた家はある、自分の家も二代くらいでも栄えたとなる
何か廊下が長く広いからここに一番栄を感じた。別にこうした屋敷に住んでいる人はいくらでもいるからである。
ただどうしても関西が日本の歴史を作られた所だから桜ははもに歴史を感じる
大坂城は城より石垣が見物である。それが歴史を象徴していることで桜もまたそこに歴史とともに鑑賞するのである。
秀頼と淀君が炎上する大坂城とともに死んだというのも苛烈な悲劇だった。
信長も秀吉も華やかに桜が咲いて散ったという感じになる、絢爛豪華な安土桃山時代の文化も作られた。
徳川三百年は地味だがこの時は絢爛豪華になった。その時陸奥の伊達政宗も一枚加わっていた。東北が中央の政治を動かしたのはこの時くらいだろう。


それにしても関西方面から陸奥へと行ったり来たりしていたというのもずいぶん贅沢だと今では思う。そんな時間は普通の人にはないだろう。
そういうふうに行ったり来たりしていると桜前線が日本の旅の情緒になることがわかる
そんなに旅しても以前とし富士に映えている桜は一度も見ていない
だから今度は見ようとしているが富士に映える桜がどこなのかというと行きにくいだろう富士山は車がないといい場所を見つけないと見れないだろう。
でも富士山が欠けたら桜前線の短歌は完成しない、今度は旅できるから行ける
ただそこで桜が映える富士山を見ることはかなりむずかしいかもしれない
それにはまた相当な時間が必要になるが桜前線とか桜は見にくいのは一二週間で散ってしまうからである。その間に見るとなると見れない桜はいくらでもあるとなる
桜の古木などどこにでもあるからである。

奈良京都大阪にはそれぞれ個性がある。歴史がある。その相違はやはり歴史を知らないと理解できない、大坂城はわかりやすい、京都はいろいろあってわかりにくいが大坂城は外国人でもわかるだろう。
日本を一時治めた城ですとなればわかりやすい、ともかく大坂城で忘れがたいのは夕日だった。その夕日が映えて桜が散る光景はわすれがたい、今でも夕日が赤々と心の中で燃えている不思議がある
大坂城は夕日にあっていた。秀吉の栄華の跡であり滅びの跡だったからである。


大阪城と夕日