2015年11月15日

晩菊(墓地のある路地裏の道)



晩菊(墓地のある路地裏の道)

mokotooo11_FotoSketcher.jpg
この駅舎とそっくりなのである




枯菊や二両の電車に駅舎かな

晩菊や路地裏通り墓の前

晩菊や古き碑残る街の中

晩菊や雨ぬれあわれ路地の裏

五本松一本枯れるや冬に入る

残菊や街道に残る五本松


ひらひらと木の葉の散るや六号線車は見ずに過ぎ去りにけり

残菊の咲くを見ゆるも六号線車は見ずに過ぎ去りにけり

墓の前木の葉散りにし今日もまたこの道通りなお母生きぬ


枯菊に駅舎がにわっている。駅はさびれている。だから枯菊がにあうともなる
今は二両の電車であり途切れてしまっているから余計にそうなる
枯菊がにあうということはまさに老人が多いということである。
でもそれは何か落ち着いて老人も風景になるのが田舎だとなる
東京辺りの駅とはあまりにも違いすぎるが落ち着いているとなる
やはり老人になると東京のような所に住みたくない
大都会は老人にはあっていない、もちろんそこに住んでいる人はまた違う
便利なものがあることは確かである。
どっちかというと欲望でぎらきらした若者とか中年があっている
自分は何か若いときあんなところにいても違和感を感じなかっんたからである。
今やもう十年以上東京には行っていないから遠いと思った。

毎日同じ道を通っている、路地裏の道でありそこには自分の家の墓がある
その路地裏に菊が咲いている、晩菊である。
鹿島でも街中が意外と古い歴史があった。それは街中に住んでいた同級生の家が南北朝時代からの由来をもつ古い家柄だった。
それはあと書くにしてもここ十年はほとんど狭い範囲で生活していた。
相馬市の日立木の道の駅まで行くがそこから市内は遠いから最近また行っていない
五本松の一本枯れていたことにきづいた
あれも枯れてしまうだろう、松は枯れやすいのである。

木の葉が六号線にはらはらと散る、それを自転車だと見ているが車だと走りすぎるだけなのである。
残菊も道の脇に咲いていても車だと見えないのである。車はそうして何か人間的感覚から離れるのである。車にのっていると季節感も感じないということかあるだろう
ただ車をもっている人ともっていない人との差が大きい
自分には車をもっていないからそれがわからないのである。

いづれにしろ自分の母親は病院で点滴して生き延びているけど生きたくないと言っていた百歳まで生きたから生きたくない、点滴はいらないと言っていた。
ということはまだ意識がありわかっているから生きているということになる
自分の母親はなにかやせていて何もできない人だと思っていたけど百歳まで意識がまだはっきりしてわかっていることに驚く
認知症になって何もわからなくなる人もいるからだ。
姉は最後だけ正気にもどってそのまま無意識になり一カ月後に死んだ
病気になって死んだのである。病気にならないとなかなか死なないのである。
でもそんなふうにして生きているのも嫌だから死にたいとなる
今はなかなか死ねないというのも困る ただ自分は相当に楽になる
家にいればなんかいるだけで疲れるのである。






タグ:晩菊

フランスのテロはなぜ? (なぜテロはなくならないのか?ーその原因の追及)



フランスのテロはなぜ?


(なぜテロはなくならないのか?ーその原因の追及)


●経済的問題

●宗教的問題

●政治歴史問題



フランスでテロがなぜ大規模に起きたかその原因はイスラム国にあり世界で協力すべきだと会合があった。
そもそもなぜイスラム国が生れたのか?それはイランへの理不尽なアメリカの一方的な侵略にあった、化学兵器があると難癖つけて一方的に攻撃した。
フセインの残党がイスラム国になったといわれるからだ。
シリアでもトルコであった日本人がシリアはいい、素朴な人たちだと感心していたのもそうである。別に社会主義国で平和に暮らしていたのである。
そういうものを壊したのは民主運動でありそれは欧米が介入していたのである。
リビアでもイラクでもシリアでも元の状態のままが良かったと今ではなる
それが悪い面があるにしても独裁でもこんな悲惨な混乱状態になるよりは良かったとなるつまり民主化がそれなりの土台がないとできないということである。
日本ができたのは江戸時代から民主主義が根付く基盤ができていたからだとなる
明治維新でもなぜ日本だけが欧米などにより植民地されない唯一の国だったかなると
そういう基盤が国としてあったからである。
もしなかったら今のようなイラクやリビアやシリアのようにずたずたにされていた。
大国が加勢して二分されてずたずたにされていた。


そしてこの混乱を産み出した原因はテロの原因は何かというと経済的問題がある。
イスラム系はアラブ国は経済的に中国のようにも発展できないのである。
工業化できないから先進国になりえない、貧乏な人が多いのである。
貧乏問題というとき日本にも今は深刻である。そこから様々な問題が生れる
貧富の差が大きくなれば国が二分して争うことにもなりかねないのである。
ではなぜ貧富の差が生れるのかというとこれもいろいろあるからいちがいには言えない
なぜ創価でも共産党でもそうしたカルト宗教団体であれ政党であれ力をもつのか?
そういう組織団体が根強く社会に存在するのか?
それは底辺層が経済的弱者でも権力の恩恵にあづからない人たちが必ず一定数いて不満をいだいているからである。


だからイスラム国の問題でもその底辺には貧乏問題があり欧米に搾取されている先進国に石油だけもっていかれて豊になれないという問題がある
創価とイスラム国は違っているようでにている面もある。
今は違うがもともと底辺層を見方にして拡大したからである。
それが宗教になっているのもにているのである。
底辺層というのはそういう人を知っているがその人たちは宗教をどうのこのうイデオロギーがどうのこのうと関係ないのである。何か得になる、困ったことがあれば助けてくれることだけを望む、仏教の悟りとか信仰とは関係ない、何かしら人がいて助けてくれるから頼れるから入る
一方社会で経済的に困らない人たちは宗教でも自主的であり経済問題から入らないのである。だからどこの国でも底辺層がいるかぎり不満がありそれがテロの温床ともなる
社会の不安要素となるから社会を安定するには経済問題の解決が必要となる


底辺層にはまず保証人などいない、就職するにも保証人が必要でありそのとき高い地位にある人はコネがありそれなりのいい所に就職できるとかいろいろ有利なのである。
そこから差別される、フランスでも移民はそうして常に不利な立場にあり不満を募らせるのである。それがテロの温床になる。
保証人問題はいたるところにつきまとっている。そういう立場に自分がなったときもう施設にも入れないとか嘆いている人たちに同感した。
奇妙なのはその人は多額の借金していて自分が困ったとき病院で手術するときとか保証人になってくれた。
でもそれを恩にきせて借金を要求してくる。それは絶えず何かしたら借金を要求するから怖い、弱者が弱者を食い物にする、責めてくるのもある。弱者が弱者と協力するとも限らない、弱者になると責めやすいからそうなる。弱者が弱者をねらうのはそのためである。
まさにこの世は食うか食われるかの地獄である。

自分と似たような境遇で比較的親しい人と、「どっちかが入院することになったら、入院の時には互いに保証人になりましょう」と、病気になる「前」に契約しておくことです。

こんなふうに弱い者同士助け合うほかないのである。ところが金銭的なものになると弱いもの同士では助けられない、金がないもの同士では助けられないのである。ここにも弱者の問題がある。

現実に連帯保証人で苦しんでいる人が一千万いるとか保証人問題は深刻なのである。
保証人のいない人は社会で弱い立場になる、保証人とはコネなのである。一方で社会で権力をもち地位のある人はそういう心配はない、常に有利な立場に生れたときから立つともなるのである。
そうするとどうなるかとなるとそういう弱い人たちは弱い人たちで集まり助け合うとういか団体を作り社会の有利な立場にある得する人たちと対抗することになる。
それが激しくなるとテロになるのである。
そういう格差が解消すればテロはなくなるのである。
つまり革命とは何か?それはそうして社会の中で得する人たちがいてそういう人たちの作った社会を壊して自分たちが得する権力を得る人たちになるということである。
それは中国でもロシアでも同じだったのである。結果的には今度は権力をもったものが下を虐げ権力を得られないものは不満がつのりまた革命が起きる
だからこうして経済的にも権力的にも公平にならないといつまでも社会には不満分子がいるかぎり不安定な状態はなくならない、テロもなくならない、グローバル化社会では世界的貧富の差で不満が募りテロが起きる。


一見宗教戦争のように見えてもそうではない、現実に確かに最初の殺人がカインにはじまったというとき宗教戦争のはじまりだった。自分が捧げたものが神に認められないということの不満がアベルを殺した。それは宗教的なものに由来していた。
それは確かに宗教的な問題でありそれが殺人の始まりだというのもわかる。
その殺人は別に貧富の差とかとは関係していない、純粋な宗教的問題であり宗派争いともにている。
でもヨーロッパではカトリックの宗教は権力をもち政治支配をしたことの反省から政教分離が生れたし人権主義に移行した。宗教がかかわると宗教戦争とか世俗のことが治めれられないからである。
イスラム国のように極端になると無宗教者や信仰しないもの、キリスト教でも人ではないとか殺されても当然だとなり実際に実行している。
そうしたらとても国も治められない、それでフランスでは人権主義になったし、人権主義が世界的になったのは例えばこいつはイスラム教徒ではない、キリスト教徒ではない、だから苦しくて助けてくれといっても助けなくてよい、死ぬのかいいとなってしまう恐ろしさかある。
そういうことが病院でも起きる、この人は信仰していないから医者でも看護師でも殺してもいいとかなることが怖いのである。
現実に宗教団体か経営している病院だとそうなりやすい、宗教に関係なく助けるということがない
人権主義ならその人の宗教も国籍も関係なく困っている人苦しんでいる人を助ける平等と博愛にならからいいのである。
それはフランス革命で起きたのである。結果としてイスラムからの移民も宗教と関係なく受け入れた。
でも実際はフランスでも移民は差別されるから不満が募りテロになったのである。

そもそも宗教とは何かというときそれは心の内面の問題である
自分が犯罪の被害者になったときそれがわかった。その人自体を許すとかとは関係ない
自分の心の中で許したとき平安になった。それは不思議な経験である。
自分に被害を与えた人とは直接関係しない、自分の心の中で許したとき愛が満ちて平安になったという不思議である。そういう改悛とかが宗教なのである。
そういうことはいくら説教されてもわからないのである。自分がそういう立場になるないとわからないのだ。
いづれにしろ宗教がかかわるとややこしくなるからかかわりたくないとなる。
オウムのようにな何がなんだかわからなくなる。最も複雑なものとなる。
宗教の恐ろしいのはこれも人殺しが全く恐れもなくできるようになることである。
神の信仰のために人を殺すことが平気でてきるようになるから怖いのである。
「アッラー、アクバル」で何でも通ってしまことになる。
それは題目を唱えて日蓮宗でも念仏宗でも戦争することに痛じている。
聖戦とか天皇が神だとして戦ったことにも通じているから怖いのである。


宗教はもともと一つである。特にユダヤ教からキリスト教からイスラム教はもともと一つである。アブラハムの信仰から発している。だからイスラエルにはその三つの聖なる場所となっている。
最大の戒めは偶像崇拝の禁止の一神教である。だから今の争いは宗派争いだともなる。
宗教で一番守らねばならないことは偶像崇拝なのである
人間はどうしても神がなにかというとき見えるものを拝む、それが自然でもそうであり人間が神となることもある。でも神が目にみえないものであり目に見えたとしたら必ず汚されるから目に見えないのである。
偶像だってそれは永遠のものではない、必ず壊されるしはかないものである。
だから宗教というとき偶像を倒さない限りありえないし否定することが最も大事なのこととなる、だからどうしても仏像などを作る宗教とは相反するのである。
つまり偶像を否定する戦いが宗教だと過激化すれはなる。それが神を知るための一番の戦いになる。それが集団化するとイスラム国のようになる
でもそのことは今も継続されている。個々人でも宗教は偶像崇拝を否定しないとわからないからだ。
人間は必ず偶像崇拝に陥るからである。
ただイスラム国の問題は経済問題、政治問題、宗教問題などからんで起きているから単純に宗教だけのも問題ではないのである。



posted by 老鶯 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層