2015年10月23日

三井不動産の傾斜マンションはなぜ起きた (複雑に専門化して検査できなくなっている)


三井不動産の傾斜マンションはなぜ起きた


(複雑に専門化して検査できなくなっている)



建築業界に詳しい専門家は、工期重視の慣行や建設ラッシュなどが背景にあると指摘している。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19H9F_Z11C15A0CC1000/

住宅ジャーナリストの榊淳司氏は「旭化成建材は、デベロッパーである三井不動産グループの下請けの立場になる。日本ではデベロッパーの命令は絶対なので、工期を守るため(旭化成建材の)現場監督は相当なプレッシャーを感じていたのかもしれない」
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/151017/lif15101720010017-n2.html



なぜ手抜きしたのか?手抜きしてコストをおさえるためなのか?その辺がはっきりしない
最近起きている事故の原因は韓国フェリー沈没でも明らかに無理してもうけようとして船を改造して沈没した。
鬼怒川の土手のソーラーパネルが原因で洪水になったというのはそれも土手を削って無理して設置した。
原発でもコストをおさえるために高い所に建てることが決まっていたが電源を下に置いたのでわざわざ土地をけずって低くした結果津波の被害にあってとりかえしのつかないことになった。

そして被害者もここで暮らした思い出とかその他いろいろあるから簡単に他に移れないというとき何かこの辺の原発事故で故郷に住めなくなった被害とにている。
それで精神的被害として賠償金が払われたのである。
今回の問題はもし工期重視とか関係しているとなるとコストをおさえるために手抜きしたのとも違う、でもそれも関係していたのかもしれない
ただ露骨にコスト削減ということでワイロを出したとかはない。
でもなんらかミスではなく故意のミスだったのだろう。
杭が支持層に到達しないということを知っていてもそうした。
それは何らか理由があってそうしたとなる
杭打ちの担当者だけが一人のミスでこうなったのだろう?

原発事故のことからこういうことを考えるようになった。
そしてなぜ事故が起きたかというとその事故の原因に共通性がある。
それはコストをおさえるということである。
そのコストをおさえることが安全を無視することになる

「上の方から工期内に仕事を終わらせろ、そうしないと次の仕事はないぞ」
「早くしろといっても杭打ちでも時間がかかる、どうして早くしろというのだ」
「いちいち理屈を言うな、早くやれと言ったら早くやれ」
「そんなに言うなら,ごまかす他ない、、、、これは簡単には見分けられないからな
責任は誰がとる、上の人だよ、俺たちも仕事もらえなくなったら終わりだ
上の命令には従わなければならないかな」

下請けとかは弱い立場にある。この世の中権力がもの言う社会である。
権力のないものは上に抗議もできないし、力もないのだから従うほかない
何か雇用する人雇用される方でも権力関係がある、ビジネスでも仕事をもらうためにいろいろと工作する、受注する方は弱い立場になる
だから官僚は国の莫大な予算を使うのだから上にたち受注する方はワイロを送ったりして不正が起きる。

つまりこの世の中権力関係でこうした不正から逃れられない。東電の権力は国並みであり政府も一体化していたから「安全神話」が作られた。
検察も一体化して作られたからそれに抵抗できるものはいない、東電でも下請けの数は多いしまたトヨタなどの下請けでも膨大な下請けがいる。
その人たちは仕事がもらえなければどうにもならないから弱い立場になり上の命令に従わなければならない
結局この世の中権力で上下関係が生まれそこに不正が生まれる
権力をもつものとはいろいろな所である。病院でもそこは権力関係があり権力をもつものに従うシステムである。だから医療ミスがあっても権力があるから一患者は弱い立場になり明らかにされない
マスコミでも権力をもっているから報道でもかたよる、マスコミ自体が会社の宣伝費で成り立っているのだからすでに公正は望めない、会社が宣伝費を払わなければ成り立たないからである。
要するにこの世の中は権力によってあらゆるものが支配されるシステムなのである。
その権力に公正さがあればいいが実際はないから問題が起きてくる
アメリカは強大な軍事力で権力を持っているが公正とはならない。
そういう国際関係でもそうだし政治でも宗教でもビジネスでもそうである。
宗教でも巨大な団体になると公正とは関係なく権力化して従わせることになる

民主主義はこの権力を抑制するために三権分立ができた。でも現実の社会では権力の公正はない。
今回の杭打ちの不正でもそうである。何か原因が明確でないにしろ有名な大企業が権力がありその権力故に問題が起きてくる。
そもそも下請けに権力故に過重な要求をすること自体が危険に通じていた。
それはブラック会社で過労死されたとか訴えがあったことでもわかる。
権力をもつものは横暴になる。権力で何でも通るということが怖いのである。
それが回り回って消費者が被害者になる。
それは東電でも同じだったのである。政府と一体化した巨大な権力をおさえることはできない、そして安全神話は作られた。
もし安全でないというと検察とか戦時中の特高のようなもので逮捕されることさえありえた。戦争に負けるとか言うと特高につかまった。「安全ではない」というとこの辺では暮らしにくくなった。
東電で働いている人が多かったから今でも東電のこと悪く言えないんだよなという人が多いからである。それだけ原発は地元に利益をもたらしていたからである。

なぜ人は権力をもちたいとなるのか、創価でも他の宗教団体でも左翼系だろうがあらゆる団体が権力をもちたいと活動しているのだ。
それは結局権力で得をしたい、権力によって今回の下請けのように従わさせられるのが嫌だからだとなる。その人たち公正さなど追及しない、なぜなら現実の社会で得している人は権力をもっている人たちであり公正を追及している人たちでないからである。
そういうことを肌で知っているからそうなる。なぜ権力のないものはこんなに苦しみ下位に落とされて悲しい思いをするのだと身をもって経験しているからそうなる

もう一つの問題はそうして会社が大きくなり下請け孫請けとかに回すと責任の所在がはっきりしなくなる。そして検査するにも複雑になっているから簡単に検査できないのであるそして結局官僚でも検査しようがない、原発でも保安員は検査できなかった
それは専門的だから複雑であり検査しようがないのである。
専門家しかわからないしまた今回はその専門家の間でさえ見抜けなかった。

西区の住友不動産のマンションの杭の打ち込み不良も何段階も検査、確認の課程があっても ひとつもまともに機能していないのが報告されてるからな。というか確認っていったって確認なんかろくにしてないだろ。

もう検査すること自体できないように複雑になっているのである。
だから吉田所長が電源喪失時に原子炉を冷やす1号機の非常用復水器(IC)の仕組みをよく理解していなかったというのもそうである。
吉田所長は外からだと原発のことを何でも知っていると思うだろう。
それが肝心なことを知らなかったのである。
ここでも大企業がかかわっても下請けとして旭化成が請け負うとしても旭化成でも大企業である。それでもチェック機能が働かなかったということはにている。
チェックしきれない、検査しきれないという問題が常に起きている
ドイツのVWの偽装問題でもそうだった。
たまたま検査されて発覚していたのでありコンピュターでソフトで偽装していた。
これも検査できないからそうなった。

そしてマンションを買った方が企業を訴える場合、立証責任がある。それは犯罪と同じである。立証責任を負うということは容易ではないから犯罪にあってもあきらめる人が多いのである。
これは医療ミスでもそうであり原発事故だって放射能のことなどわからないから追及しにくいのである。相手が東電とか政府と一体になっていればもう追及はできない
前の佐藤知事がプルサーマルで追及してもできない、それが原因で落選したとか言われるその後釜には渡辺構造の甥が原発推進派が知事になったと言われる
こうして権力で政治でもビジネスでも動くとき不正でもごまかせるとなる。
いちいち原発の内部のことなど小さいミスなど報告する必要がないとかごまかして報告しておけとかなりそれが大事故につながる
だから権力の対等性がないかぎり同じことは起きる、権力の対等性があるとき本当の民主主義が機能するとなる。
それはあらゆる面でそうなのである。報道でもマスコミがあまりにも権力をもったから公正でなくなっていた。
でもこの権力の公正さ対等性がどうして実現するかとなると最高にむずかしいだろう。
それはこの世ではほとんど不可能に近いとなってしまうのである。

posted by 老鶯 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

老人でも欲はきえない、味覚の秋 (田舎の老後はどうなるか)


老人でも欲はきえない、味覚の秋

(田舎の老後はどうなるか)


人間の欲望は老人になっても消えない、個人差はあるにしろ性のようなものでも残り火のように燃え上がる、本能というのはいかに強いかに驚くだろう。
見合い結婚した人が恋愛したいとか老人が言うのもわかる。
性だけではない、人間は異性に最後までひかれるのである。
それは必ずしも肉体的なものだけではない、女性は何か男性にとって癒しなのである。
鮭は最後に必死になって川を上り産卵して死んでゆくのと同じく本能はそれほど強いのである。
老人が枯れるなどと言っていたのは60くらいで死んでいる老人が多い時代であり本当の老人の姿がわからない時代だった。
つまりそういう時代は優秀な老人がしか長生きしていなかったのである。
今は普通に誰でも長生きするから卑俗なものが老人でも露骨になる
まず老人とはなにか?これも老人になってみないとわからないのだ。
若いときは老人になることがイメージできないのである。
ただやはり若い人でも賢い人は賢い、結婚しなかったら手術するときなど誰が保証人なってくれるのだとか誰が看取ってとれるのだとか考えている人はリアルに老人をイメージしているのだ。
自分は不安があったイメージしなかったからだ。そしてその通りなった、病気になったことで身寄りがなく悲惨だったことをプロクに書いた。

そして意外だったのは老人になると食が細くなるというが実際は違う。何か食にこだわるようになる。これも自分では意外だった。自分はまず食う意地があまりない
食うことにそれほどこだわらない、腹をみたせばいいとかしかなかった。
何かうまいものを食べたいという欲望がなかった、こういうのもやはり個人差があるのだろう。
老人になると量より質にこだわる、うまいものというときこってりしたものより何か野菜が多い、和食風な質のいいものを食べたくなる、量より味にこだわるようになる
そんなこと贅沢だろうとなるが老人に対する誤解があるから書いている
食にこだわるといとき、「寿司もってこい」と形相を変えて死んだ女性がいた。
この女性は死ぬまで食い意地があった。まさに餓鬼の状態で死んだのである。
それほど人間は食にこだわるのである。

では食にこだわることが悪いことかというとそうともなない、なぜなら介護しているとなんの楽しみがあって生きているのだろうとつくづく思う
食もうまいから食べいるのではない,ただ生き延びるために食べているし胃ろうになったりしたら味もなにもないのである。あれを見たら本当に悲惨だと思った
老人になるとどうしてもどんなに注意しても病気になりやすいし体が弱ってくる
そして最悪の状態になりかねない、食べるものもただ生き延びるためだとなる生きている心地もしなくなる
人間は食欲があって食べ物をうまいのであり食欲がなくなれば食べ物はただ生き延びるための薬のようになってしまう
それで自分の父親は癌で死んだけど明治生まれの一生貧乏だったから最後に言った言葉が「刺身食えるようになったけど食いたくない」と言って死んだ
体がもう食を受けつけなくなっていたからだ。これも悲惨だったとなる
人間はいつまでもこれがうまいと食べられるわけではない、いつか食べてうまいという感覚すら喪失する
これがうまいと食べられるときはまだ幸せな方なのである。
別に金をかけなくても旬なものを食べることはできるだろう
今日は何かソバが好きではないが秋の味覚でありソバをめずらしく食べた
自分はもともと食にはこだわらない、旅行に言っても旅行が目的であり食ではないから千円以上のものを食べたことがないのである。
ありきたりのもので安いものしか食べていないのである。

そして老後は身の回りが大事になる。行動範囲が狭くなる。「遠い親戚より近くの隣人」が助けになる。その遠いとは隣の村とかの距離だったのである。
これは自分の息子でも娘でも同じである。遠いと何かあったら助けてもらえないのである隣の街でも8キロとかでも遠いと感じた。なぜなら車で来るにしても10分かかるし往復になると20分で通うだけでも手間になるのである。
近くだったら通うのにも楽だから近くが大事になる。生活でも近くが便利だと楽になる。その点田舎は不便である、特に一万くらいの町だとかなり不便になる。
4万以上だとそれなりのものがそろっている。特に病院がそうである。これが老後の一番の問題になりやすい、だから過疎地域とかには住むべきではない、田舎にもいろいろあり東京から見ると仙台すら田舎になるのである。それから限界集落のような所もある。
その田舎の差も大きいのである。一万の町でも街中とたった500メートルくらいした離れていない所でも田舎は違っている。

そこに住んでいる人は回りが農家なので付き合いがめんどうであり四六時中監視されていて女性は家に入れないと言っている。農家になると付き合いが強制的になりめんどうなのである。それは一キロもない地点でそうなっているのである。
一キロ離れているとそこは田んぼになっているからである。
田舎と言っても多様である。不便なようでも隣に大きな市があれば車で通いるからさほど不便はないかもしれない、ぽつんと都市から離れている地点になると大きな病院に行くのに百キロあったとなるという所もある。
この辺ではむずかしい病気になったらもうあきらめるほかないだろう
糖尿病の人は仙台まで行ってみてもらっている。まず医者は選べない、そもそもむずかしい病気になるともうお手上げになる。自分の町では歯医者意外は二軒しか医者がいない
一軒は年取っているからいづれ終わるとなると一軒しか開業医はいない
病院はあるが大学から来る医者だからいつもみてもらえることはできない
ただディサービスなどの介護施設ができたから近くで便利だった

そして老人になると狭い範囲で暮らすことが多くなるから親密な人間関係を作ると楽である。ただ人間が親密になることは時間がかかる、十年くらいないと親密になれないから外から来た人は親密になることはなかなかむずかしい
人間関係は田舎に住んでいても一番むずかしいのは変わりないのである。
だから田舎でも仕事をもち田舎に貢献していれば溶け込みやすい
老後をただ年金だけで暮らすとなると田舎では働き手にならないから敬遠されるかもしれない、田舎では高齢化がすすんでいるから特にそうなる
限界集落ではすでに老人だけになりもう村を維持できなくなっているからである。

いづれにしろ老後問題はいろいろと問題がある。下流老人問題もそうである。
下流老人問題も深刻である。それで自分も被害にあった。ぎりぎりで生活している人が膨大に増えているのだ。そういう人は老後の食の楽しみすらないかもしれない
ただこの辺ではそもそも外食にしても限られているから特別なものは食べられない
世の中どこに住んでもあらゆることで恵まれることはないし満たされることもない
自分の条件は都会のように混んでいる所ではない、静かな所を好む、だからその他はあまり満たされなくてもいいのである。これは人によって異なる
結局自分の状態で一番たりないのは家事の問題なのである。
ある人が70くらいの人が家事のために結婚したいというのがつくづくわかる
家事というのが相当にな労力でありまた介護が加わるとさらに負担になる
介護で有能な人が会社をやめたりすると日本の国力の衰退にもなってゆく
テレビでみたけど有能技術者の妻が認知症になり介護して家でパソコンで設計していた。これも楽ではない、まず介護していると集中できなくなるからだ。
この夫婦は50代くらいで若い、介護問題は日本国民全部の課題なのである。

ただわかったことは人間が本当に能力を発揮するのは50以降だということは言える
それまで貯えていたものは必ず実りとなってくる。
今になると読んでいた本でも読んだ時はほとんどその意味がわからなかった。
ただ本を買っていてつんどくだった。何か本を買うと知識が増えたように錯覚していたのである。
だから本の山に埋もれていただけである。その内容を消化していたわけではない
今になると本を自分なり引用して自分なりに解釈できる
それでいろいろ今までわからないことがわかってくるから有意義な時間を過ごすことができる
知識もやはり蓄積だったのである。何事日々の蓄積の上に何事か成る
それはつまらない雑学のようなものでもそうなのである。
そういうものでも知識であり役にたつのである。
知識も膨大であり自分なり理解して積み重ねたのが自分自身の知識になっていた。

ともかく老後になると人生はなにかとか自ずからわかってくるのである。
そして人生を後悔しない人はいない、こうしたら良かった、あんなことしなかったら良かったとかどんな優秀な人だろうがなる。
結局それだけ人生は短いからそうなる、もし二百年でも健康に生きれるならそんなことはない、語学をこれからもっと勉強したいとなれば百歳からでもやれるとなるからである。結局人生の短さが様々な後悔となり終わることになる
結婚しても後悔があり結婚しなくても後悔があり何をしても後悔があるのが人生である。結婚しない人は何か人格的には欠けている
では結婚した人が人格円満かとなるとそうでもない、結婚してかえって人格が悪くなったという人もいるだろう。
結局人間は最後は健康がなくなることが最悪である。食べても何の味もない、この人は何で生きているのだろうとなる
百億の金があっても味覚がなくなれば何の楽しみもないのである。
宗教では食べることにこだわるなというけど味覚にこだわるのは脳の刺激にもなるし健康にもいいのである。
老人は五感が鈍化してゆく、だから何でも味覚でも刺激すると脳の働きが良くなるのである。だから貧しくても工夫して味覚を楽しむべきだとなる



タグ:老人の欲