2015年10月21日

自然とも人間同士も意志疎通できない (人間は核分裂して滅びる)


自然とも人間同士も意志疎通できない

(人間は核分裂して滅びる)



「ここへ畑起してもいいかあ。」
 「いいぞお。」森が一斉にこたえました。
  みんなは又叫びました。
 「ここに家建ててもいいかあ。」
 「ようし。」森は一ぺんにこたえました。
  みんなはまた声をそろえてたずねました。
 「ここで火たいてもいいかあ。」
 「いいぞお。」森は一ぺんにこたえました。
  みんなはまた叫びました。
 「すこし木貰ってもいいかあ。」
 「ようし。」森は一斉にこたえました。

 狼森と笊森、盗森-賢治
 http://members.jcom.home.ne.jp/matumoto-t/miyazawa22.html


 
自然に対してこんなふうに謙虚に問うことなど今は全くない、根こそぎ森を巨大なブルドザーかなにかで一挙に破壊してしまう、森とか自然に対する畏れもない
つまり自然との意志疎通がなくなった社会である。それは人間の傲慢故である。

「ここへ原発建てていいかあ」
「だめだ、そんなものはいらねえ 事故起こしたらどうするんだ」
海の神はそう言った人間は全く聞かなかった。
「科学者が安全と言ったのだから安全なんだよ、そんなことをいちいち問うこともないよ」
住民がそう言った
そして
「金やるからここに原発建ててもいいか」
住民が言った
「建ててもいいよ、金くれるんだったら」

そこで自然というものはない、海に対しても恐れはない
こんなことを問う人もいないだろう。
科学技術は今や万能の神と化したのである。
自然との意志疎通が原住民とかの文化にはあった。それが儀式とかなりアニミズム的なものともなるがそれが科学からみれば迷信とかなり否定してきたのが現代である。
でもそこには自然と何か意志疎通させるものがあった
それは自然に対しての畏れをもっていたからである。
それは海に対しても森に対しても山に対してももっていたから信仰にもなった。
自然は恐るべきものであり人間を越えるものであるからそういう自然への畏れが信仰となった。
今は食料でもどこからどのように育てられて入ってくるのかわからない、だから農家の人は農薬を大量に使う野菜などは食べないという。買って食べている限りそうした生き物に対する畏敬というか何か理屈では言い表せないものが消える
ただモノ化したものとして買うだけである。肉片と化したモノとして消費して消化する。それが鶏でも庭で飼っていたらその鶏を殺して食べるというときはその過程を見ているので違ってくる。
その過程が見えなくなったとき動物の命も単なるモノとなり商品化して値段だけが問題になるのである。その命自体がどういうものかわからなくなる。
単なる肉片を消費している感覚になっている
すると命を尊ぶという感覚もなくなる、鶏も単なるブロイラーになる

ブロイラーは徹底した育種改良の研究により、過去50年間で、成長率が1日25gから100gへとあがっている。自然界の鶏は成鶏に達するのに4〜5か月かかるところをブロイラーは40〜50日で成鶏に達する。その急激な成長によりブロイラーの30%近くは体を支えることが難しく歩行困難となり、3%はほとんど歩行不能となっている。なお心臓にも負担がかかり、100羽に1羽は心臓疾患で死亡する[1]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC

これも何か鶏の命を無視して人間のためにだけ効率的に命を利用することになる
卵でも大量生産するために効率的に工場のように鶏を飼う

鶏の自然な生態に著しく反した過剰な密飼い、太陽光にも風にも一生当たれぬ密閉された空間など、

そういう光景は逆に人間もそうさせられているのである。工場での大量生産のために流れ作業なども同じである。このように動物を命を扱うと人間もそうさせられるのである。
これも因果応報だとなる。21世紀が戦争で大量殺戮になったのもこうした動物でも何でも命の軽視があった。それは自然とのかかわり方も関係していたのである。
だから今は田舎で鶏を放し飼いして道を横切る光景を見たりすると平和だなとつくづく思う。それが自然な光景なのである。現代文明は自然との動物でもかかわりかたが暴力的なのである。人間と同じ命だという感覚がなくなっている、動物もモノ化しているし人間もモノ化されている。

仏教が草木も成仏するとか動物も人間と同じ命と見ていたのとはあまりにも違うのであるこれは宗教はもともと原始宗教でも自然のかかわり方が自然の畏敬があり生まれている。だからどの宗教も自然を畏敬している、それ。かなくなったのが現代文明なのである。
自然とか神に対する畏れがなくなったのである。
それが津波で思い知らされた。人間の想定外のことか起きたからである。
人間同士も意志疎通できない、自然との意志疎通もない、その時どうなるのか?
世界は核分裂状態にあるとか大都会は東京でももう核分裂の状態でありその状態が核を発明したのだという人もいる。
人間が核で破滅するというときまさにそういう宿命にあったともなる
人間はもう相互に意志疎通できない、自然ともできない
その時核爆発となり核分裂してこの世は滅ぶとなる
posted by 老鶯 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連