2015年08月30日

世界情勢と旅行 (ホテルがとれない、日本国内も旅行しにくい)


世界情勢と旅行

(ホテルがとれない、日本国内も旅行しにくい)


団塊の世代は幸運だったのだろう。例えば30代頃、1970年代は貯金の利子が高かった。退職金一千万でも10年くらいおくと倍になっていたかもしれない。
それで今の老人は金をもっている、その頃貯金しない人はもっていない
家などローンで買っていても金は残らず老後難民が話題になる
高度成長時代は自営業でも金を残したから貯金をしているから金をもっている。
その高度成長時代が終わると非正規で働く人が増大して若者は金がない
だから時代的にみると今の若者は損だとなる
もちろん時代的にどの時代に生まれればいいのかとかはわからない
結局人間はその時代時代を懸命に生きる他ないからである。
戦争の時代は戦争を生きざるを得ない、嫌だといってもどうにもならないことがある。

ふりかえれば団塊の世代は幸運だったとなる。個々人によっても違うが平均的にはそうだろう。
旅行するにしてもそうである。金がなかったけど全国隈なく旅行した。
今になると日本の国内すら旅行しにくくなった。外人の旅行者がふえすぎたのである。
ホテルの空き室が都会ではなく部屋代が三倍くらいになっている
こうなると本当に旅行しにくいだろう。カプセルホテルすら外人が泊まっているという。何かゆったりと国内旅行すら楽しめない時代である。
京都にしろそこに外人があふれていると観光をゆっくり楽しめないだろう。
修学旅行生がうるさいので自分は京都で嫌だった。
今はそれ以上に外人がふえているからそれで日本人にとってはいいとはならない。

自分も旅行で苦労したのは安宿にとまることだった。これがなかなかできない
探すのがめんどうなのである。なんとか旅の経費を減らすのがホテルしかなかったからである。
自分はつくづく貧乏旅行者であり金持ちでもなんでもない、何か贅沢などしたことがなかった。
外からそんなふうに見られていないが自由な時間が与えられただけであり何か贅沢したことなどない
前にも書いたけど旅をすることは遊びでいいなと思われるがそうでもない
本当に旅人になるには旅に集中する必要がある
なにかうまいものか食べると旅で女性などに気をとられるとまず気が散るから自然や
観光にさしさわるのである。
観光というのもいろいろありやはり時間が限られているから見ることに集中することが意外とむずかしい
そこにいる時間が短いから良く見れないのである。
だから旅が遊びのようにみられるが何か集中しないと良くみれないし心の残るものとならない
するとあとで旅した所がどういう所だったか思い出せなくなる
旅は意外と何かを記憶していることが大事だったのである。
現代の旅は何かせわしい、そして電車とか車とかを利用するがそういう旅もなかなか記憶に残らないのである。

人間はその時その時することをしないとできなくなる。
最初は電車の旅を20年間くらいしていた。次ぎに40代から自転車の旅をした。
次ぎに50代から海外旅行をした。そしたら人生の終わりになってきた。
でもこの旅もふりかえると幸運だったとなる
今になると国内旅行すらホテルがとれないとかなるとゆっくりできない
海外旅行も円安でしにくい、一時円高で70円とかの時代があったのである。
そういうとき若者が外国で安宿で「沈没」とかい言って一年とか何もせず暮らしていたのである。それも今はないだろう。
今は中国の物価が日本より高く日本の買い物が安いと言っている時代である。
中国の爆買いはそのために起きている
あの頃の中国は十分の一とか馬鹿安の時代だったのである。
それも十年もたたないのにこんなに変わるものかと思う。

だから今や中国を旅行するのにも金がかかり簡単にできないとなる
旅行には向いていないとなる
自分としては今はバックハッカーのような旅行はしたくない
金持ちの旅行がしてみたいとなる。特に外国だったらそうである。
逆に一流ホテルに泊まってみたいとなる
つまりそれも経験であり今になと冥土の土産なると考えるようになった。
老人になると考えが変わるのである。
でも貧乏性は変わらないからそういう場所にとまることが不似合いになっている
まず服装からしてそうである。そういう場所になっていないのである。
ただ貧乏人ばかりに合っていると何か社会の見方が偏る
ハイクラスの人間も知らないと社会のことはわからないのである。

いづれにしろ今の時代は外人でこむ場所には行くのはあっていない
北海道すら外人が多くて泊まれないという
北海道は外人にとって人気の場所になっているからである。
ともかく今になると何か旅行すら国内でもしにくい時代になった。
一回だけネバールに言ってヒマラヤを見たけどあそこも地震で行きずらくなった。
当分はあそこも観光になるとむずかしいだろう。
中東でも危険でありいつテロの巻き添えになるかもしれない
こう考えると海外旅行も今は何か向いていない
でも人生は短いからその時々にやることをやっていないとあとは二度とできなくなる
これだけは肝に命じていた方がいい
いくら金がかかるとか言っても人間の時間は限られているからだ。
その限られた時間にやるべきことをやらないとあとは二度とできないのである

それは読書でもそうである。厚い本だとそうである。
まず厚い本を読む時間がなくなる、今は本はアマゾンで買っていても触りしか読まないからである。
結局人生は短いから時間との勝負だったのである。
何事すぐに時間切れになる、雑学すら物にできないのが人生だった
これだけ時間だけが与えられた自分が言うのだからまちがいない
一時楽器をやろとしていたがその時間もたちまち過ぎた
楽器の演奏でも直接するのとただ受け身で聞くのでは理解度が違ってくる
でも人間はつくづく何でもできない
その中に勉強でもロスが大きすぎたのである。
もちろん才能がないせいもあったが才能というのも実は開発しなければ生まれない
最近自分はパソコンで抽象画をはじめたのがまさにそれだった

自分でもこれだけは不思議だということを何度も書いてきた。
全く絵の才能がないものが抽象画なら描けるのかという不思議である。
それはパソコンのソフトの操作で開発されたものなのである。
つまり才能ではなく何かを開発してゆくということである。
educationがそもそもeducate(引き出す)というように引き出す能力が才能なのである。
そして個々人には何かしら開発されない能力が眠っているのである。
そして人間は天才でない限り日々の積み重ねたものがあとが必ず実る
それは雑学のレベルでもそうであり何かしら必ず実る
人生経験でもやはり老人は何かしら経験を積んでいるからその話が面白いとなる
人間の実際に経験する範囲はあまりにも狭すぎるからである。
だから他人が経験したことはやはり知らないことであり新鮮なものになるのである。

ともかく今になると富士山でも外人で混んでいるとかなんか嫌である。
今は自分には山をもっと見たいということがある
山についての詩を相当書いているからだ。
山は別に登ればいいが登らなくても遠くから見るだけでも荘厳である。
でも富士山でもきれいに見える場所がなかなかわからないし見れない
自分が山を見たいというとき自分の住んでいる場所に高い山がないからである。
福島県でも中通りになると1000メートルを越えた山がある。
会津には1000メートルを越えた山がひしめいているから福島県でも高い山が見れるのである。
ただ日常的には見れないから山を見たいとなるのだ。

自分の失敗はまず世界旅行とか自転車旅行が先でありあとで電車の旅行だったのである。
なぜならきついものは若い内にして楽なものは年取ってからするのが順序だからである。
50になって一人の海外旅行は辛いからである。
自転車旅行でもそうだった。あれは若い内にやれば良かったのである。
まず辛いこととか激しいことは若い内にやらないとあとはできない
若いとき楽なことはやるべきではないとなる
最も苦しいことをやるのに向いていたのである。
ともかく人間は必ず人生の終わりには後悔する
あうするべきだったこうするべきだったとか必ずなる
それはなかなか忠告しても聞かれない
そして結局最後になってわかるのである。
そのときは遅かったとなっているのが人生なのである。
タグ: