2015年08月27日

木槿(俳句はやっぱり写生だー写生の奥義を究めよ)


木槿(俳句はやっぱり写生だー写生の奥義を究めよ)

suzume22111.jpg



我が庭に木槿に石や落ち着きぬ
雨濡れて雀の来るや白木槿
雨しとと我に一日向き白木槿
鶏頭に黄菊の映えて偽らじ

雨しとと月見草咲きこの道を今日も通りつ田舎に住みぬ
のうぜんの暑さの名残り散りてあり雨しととふり季節変わりぬ
おおらかに芙蓉の咲きていやされぬあどけなきかも田舎に住みぬ
街中の家に赤々とさるすべり鶏(かけ)も鳴きにき田舎町かな

keitooo111333333.jpg

keitooo111222.jpg

この頃雨がふる、秋雨なのだろうか?また残暑があるみたいだけど秋である。
庭の木槿の白い花が雨にぬれている。
そして塀に雀がやってくる。その景色のままを写生にした。
雨にぬれている雀がくる、白い木槿が咲いている
そこには何も飾るものがなない、ありのままの写生である。
ただそこには深い真実がもの言わず現れている。
それをどうみるかイメージするかは人によって違う。
雨にぬれた雀とは人に例えれば誰になるのか?
それはそれぞれがイメージすることである。
そこにはいろいろなものがくみとれる景色なのである。
雨ぬれた雀はかわいそうだなとかみるしただそこに白い木槿が咲いている
その雀はやはり人間に見るのである。

なんか雀は庶民であり貧乏人にも見える
ただこうしたシーンを貧乏の時代に見ていたらまた違って見える
その時はしさらにしみじみと我が事のように見えるかもしれない
貧乏なのだけど濡れた雀だけどそこに白い木槿が咲いている
そこには田舎の素朴なものの象徴である。
つまり貧乏な時代だと自然の風景でも一段と心にしみ入るものがある
飽食の時代はそういうふうに見えないのである。
だから貧乏は嫌であるが貧乏な時代には清貧がかえってあった。
清く貧しいということがあった。
そこに精神的に深いものがあった。
豊になってかえって精神の深さは消失するということもあったのである。


俳句は写生でないと深いものが作れない
それはあまりにも短いからである。説明できないからである。
だから俳句は読む人がよほど鑑賞力がないとどこがいいのかもわからない芸術である。
要するに鑑賞する側によってその良し悪しが決められるとまでなる芸術である。
それだけ読み取る力が必要になるからである。
だから俳句を作る人より鑑賞する人の方が大事だともまでなる。
俳句の善し悪しは作る人より鑑賞者によって決まるとなるからである。
その背景をいかに読むかが問われているからである。

いづれにしろ写生は物の真実を見つめることである。
ありのままが実は深いものを語っている
雀は自然は何も飾らない、人間ほど飾るものはいない、なぜそんなに飾らなければならないのか?
嘘だらけの虚飾だらけの人間も普通にいる、自然は飾らないことで真実をしめしている
別に貧乏でもいいではないか、この世に生きるということは虚飾であってはならない
貧乏は貧乏でも生きることは自然の中で生きれば自然と調和したものとなる
白い木槿は別に金持ちの家の庭でなくてもどこでも咲いているのである
おそらく貧しい時代でもそうして花は映えていたし一層調和して咲いていたのかもしれない
それがなぜか貧乏というものがわからなくなり豊になることを装わなければならなくった嘘をつき借金までして豊かさを装うということが何か間違っていた。
この辺ではそうである。原発でも何でもいい金になることなら何でもいいとなっていた。それをとめることは誰もできなかった。それは日本がそうであり世界でもそうなのである人間が求めるものが何か間違っていたのである。

貧しい、しかしその心は清く生きている、その時ボロを着ていても美しいものがあったのかもしれない、ただそういうものは忘れられてしまったのである。
昔はただ貧乏でありみじめなものとしてしか見えなくなったのである。
なぜ自然は美しいのか?。それは飾らないありのままであるからだ。
人間はなぜこれほど豊なのに美しくないのか?
その心はもう金しかなく清い心などない、どこまでも欲望を満たす金を求めているのである。
お前もそうではないかとといえばある程度はそうである。
お前には貧乏の苦しみなどわからないというのもそうである。

ただ自分は真実を追及してきたのである。虚飾的なものは拒否してきたのである。
虚飾があまりにも多くなった、貧乏はあってはならない見えてはならないものとなった。それもまた虚飾なのである。
貧しいときはみんな貧しいのだから貧しさが気にならないということがあった。
その貧しさのなかで共有する人間のあたたかみもあったのだろう。
過去はただ否定的に見られるが今の社会の方が人間の方が失ったものが大きいかもしれないのだ。
借金までして贅沢して虚飾の生活していた人は何なのだろうと思う
そういう見栄とかを軽く考えているがそれも怖いことになる
そんな見栄のために他人が苦しめられるからである。
病気の時に借金で責められたからである。
そんなにまでして成功を装いたいのかともなる
現代はそれ相応の生活などしていない、借金している人が多いからである。
だから雨にぬれてくる庶民などいない、金もないのに虚飾の生活をしているのである。





タグ:木槿

aflican flowers in variety (abstract pictures imaged flowers)


aflican flowers in variety


abstract pictures imaged flowers

fff456.jpg

fff234.jpg

fffff22222.jpg


FLOWERKING1.jpg

colouroooooo11122233334444.jpg

sssssu123444.jpg

colouroooooo1112223333.jpg

photshopでこの花が次々に変化してゆくのが見られた
その一枚一枚が絵になっていた
パソコンい抽象画は変化の芸術なのである。
無限の変化の芸術である。
だから抽象画、いくら有名な作家のものでも同じだとあきる。
なぜ変化しないのかとなる
これは具象画とは違ったものなのである。
定まらないものが抽象画なのである。
だから一つの抽象画はいくらでも変化してゆくのである。
だから一枚の絵ではなく変化してゆく絵として見るのがいい
それがでphotshopのプラグインで見られたのである。

原発事故を自給自足の生活から見直す (今は田舎の方が都会より贅沢であり不便を感じない)



原発事故を自給自足の生活から見直す


(今は田舎の方が都会より贅沢であり不便を感じない)

sumiyakiii123-thumbnail2[1].jpg
丸森で見た炭焼き

●田舎は地方は戦前までは自給自足で都会に頼っていなかった
http://musubu2.sblo.jp/article/103786963.html

富めりとも翁の身には知らざらん木の間のけむり絶えずのぼりて 大和田建樹

これは前にプログに書いたものだった。膨大な量になったから自分でも何を書いたかわからなくなった。
何度も書いているけど人間の生活は戦後十年まで自給自足だったのである。
現代では自給自足の生活がどうしても理解できないのである。
今になると自分自身でも田舎に住んでいても理解できなくなっているのだ。
まず水道とか電気もほとんど使っていない、電話だったないだろう。
郵便は配達されていた。江戸時代だったら飛脚だけどその頃も郵便は配達されていたのである。
赤いポストがどこにでもありそれが象徴だった。
馬車というのが馬車屋とかあり運送をになっていた。だから駄賃とかが生まれた。
その頃車などないからそうなっていた。
燃料は近くの山でとれた木材で炭にしていた。それは江戸時代からつづいた継続された生活だったのである。
自給自足だから自家生産であり納豆まで農家では作っていた。

今でも栃窪辺りに行くと山の家があり薪が積んでいる、そしてきれいな水が山から流れてくる。
そしてその小川で洗濯もしていたのかもしれない、道を鶏がよぎり放し飼いにしている。鶏が放し飼いにしていることが何か牧歌的というか自然的でありなごみを感じる
卵の大量生産のためにボイラーにされる鶏は嫌な光景なのである。
卵はかなた貴重なものだった。卵は実際は病人しか食べられないものだったである。
玉子焼きは贅沢なおかずだったのである。
だから自分が家で店をはじめたとき子供の時卵を自転車で農家に買わせられたのである。その頃農家でも街でも自家営業が多かったのである。
今はほとんど会社に勤めているし会社員なのである。コンビニの店員も実際は会社員である。時給いくらで働くから会社員というのでもなく一時雇われのようなものだろう。
そもそも会社の起こりは....屋というとき家が会社の起こりである。
自給自足の生活がわからなくなたっというとき、水も燃料も時給だということはそのために金を払う必要がないのである。金を使うことは外部に頼るということなのである。
だから現代は自給自足の生活からすると百倍も外部に頼る生活なのである。
なぜならグローバルになれば外国にも頼るようになっているからである。
だから常に金がなければ暮らせない、金はいくらあってもたりない、金になれば原発でも建てろと積極的に誘致したのである。
原発とかそうした巨大科学技術に頼るときそれは一つの神のごとくにならないか?
無限のエネルギー作り出すのは原発であり原発を運転するものは神官になる。
そのは下に従属するものとして地元の人たちがいる。原発の周辺では三分の一くらいが原発にじかに勤めていたし地域の経済も支えていたのである。
そしてそこで直接働く人は固く口止めされていたのである。
「原発は安全だ」ということをそこに勤めた人は外部に神の命令のように言うことを強制もされていた。だから原発のあるところでは地元の人がそうだとすると原発は安全でないとか言えないのである。

一番の問題は放射能のことはわかりにくいし理解できないからである。
公害であれば水が汚染されて赤くなったなどとなればわかりやすいから危機感を感じる
放射能に関しては見えないから危機感がないのである。
文明というのは石油がなくなれば原発がなくなれば終わりだとなる。ガソリンがなくなって車がこの辺では一時動かなくなった。そのことが一番影響があった。
なぜなら車があれば遠くに言っても買い物ができたからである。
車がなくなれば鉄道もないのだから遠くに行けないから品物も遠くからも入ってこないから大きな打撃になったのである。
その時まだ自分のところは電気が通っていたし水道も通っていた。米もあったので米とノリくらいで二週間生活していた。
その米も一週間でなくなった。その時町から古米が提供されたのである。
おにぎりとかも提供されていたがたりないので自分は食べてことはない
母は寝ていたので移動はできなかった。ここでも30キロ圏外だが半分は移動した。
何が起きたのか良く自分は理解できないので原発が爆発したとき外を出歩いていたのである。その時一番高い時に被爆したことは確かである。
でもここは海の方に放射性物質が流れて放射線量は高くなかったのである。
実際は飯館村とか福島市とか二本松市とか郡山市が風の影響でこの辺より放射線量が高くなっていたのが意外だったのである。
ただ30キロ圏で区切られたからそこで補償金の問題が起きたのである。

田舎を考えるとき不思議なのは自給自足の生活が戦後十年までは江戸時代の継続としてあった。それが今や理解できなくなった。
ただ自分はその生活を子供のとき経験しているからわかるのである。
その後の世代は急速に高度成長時代で豊かな時代に生まれているからわからないのである田舎というとき今は都会より田舎の方が暮らしやすいことは医療関係をのぞいてはそうである。不便を感じないのである。
通販の発達を大きかった。パソコンを二台でつなぎリンクさせるものがあった。
これは便利なものだと思った。2000円くらいでは安いと思った。
すぐにアマゾンで注文したら次の日には届いているのである。
田舎でももしう買いなものはないという便利さなのである。
本でも専門的なものでは買えないものはないのである。これは田舎にとっては便利である今までは仙台まで行かないと本も買えないし何かこうした便利なものは田舎では買えない、電器店でも売っていないのである。
中古品のパソコンを買ったけどこれも普通に使える、今古いパソコンwin7とと新しいwin8を二つつないで使っている
インターネットでも情報的には飛躍的に田舎にとっては便利である。
これだけのものを日本だけでなく世界に発信できるからである。
写真がいいからとアメリカからメールで連絡があったのもそのためである。

今はいろいろな面で田舎の方が暮らしやすいし贅沢である。
最大の弱点は医療関係である。自分の一万の町には医院は二つしかない
一つは老人であり実際は一つになっているだろう。
総合病院はあってもなかなか専門的なものはみてもらえない
でも隣の市ではあるが通うとなると車がないから不便になる。
自給自足の時代だったらそもそも医者にかからず死んでいったのだろう。
お地蔵様に祈るくらいで死んでいったからこの点では相当に差があった。
お地蔵様には腰が痛いとか腹が痛いとか目にきくとか分担があった。
結局お地蔵様に祈るほか何もできないということだった。
その点をのぞいて田舎で不便を感じることがなくなったのである。
だから別に東京に憧れというのも少なくなったと思う
田舎に仕事がないからと東京に行くとして東京の生活と田舎の生活は変わりないのである


ただエネルギー効率とか現代の生活は実際は田舎の方が都会より車を利用しているから高いのである。田舎の生活はエネルギーをかえって車を使うことによって消費する度合いが都会より八倍とか高くなっている。車というのはそれだけエネルギー使うものなのであるそれから限界集落とかなるとやはり電気でもインフラか必要になる。
それは180倍もコストがかかるとかなるからそれだけいかに便利さのために金がかかるから限界集落など税金の無駄だとかなる。
そういうふうに言われれば田舎に住む人も肩身が狭くなるのである。

富めりとも翁の身には知らざらん木の間のけむり絶えずのぼりて 大和田建樹

都会の人が富んでいるとも田舎に住んでいる暮らしていける、都会のことなど知らない、、ここでは炭焼きしてその炭焼きの煙は絶えずのぼり暮らしがなりたつ
都会の人がどうこういわれることもない、別に電気も水道も自活しているし頼らないからだ。当時そういう自負があった。
そういうものが文明化でかえって喪失した。
原発があって町がなりたつ、原発が未来だとまでなっていたのである。
そうして水も土も木材も森もすべて放射能に汚染されて住めなくなったのである。
そんな昔にもうもどれないというのも確かである。
では未来とは何なのか?それは現代の生活から見えない、かえって過去のこうした自給自足の生活を見直すとき見えてくるのである。
自給自足で生活していた人はこういう気持だったのかとわかり理解するのである。
現代人はまずこういうふうには思わない、金しか頼るものがないとなっているからだ。
それはとりもなおさず外部のものに頼るしかないということである。
そして結果としてはもう放射能に汚染されたから住めないと言われるけどもともとそういう自給自足の生活などなくなっているのだから外部頼りなのだから金さえもらえば外部に流出するのも自然ではないか?

だから小高でも実際帰るのは千人くらいでその八割は老人だというときどうして復興などできるのだろうか?
そして小高病院の配管を直すのに7億円もかかるということである。
インフラの修復にもそれだけかかる。それは限界集落で180倍もコストがかかるというのが現代なのを象徴しているのである。
田舎では車までも実際は都会よりエネルギーを使っていたのである。
田舎の方が都会より今では贅沢である、しかし田舎的な自給自足生活はないのだから
外部のものに原発に頼りとなるともう田舎は田舎でなくなっていたのである。
田舎は素朴などないのである。金しかなくなっているのは同じである。
自分が病気で経験したことを書いたけど「金をくれ」と家に来てそのまま家捜する人もいて大金を失ったことや借金のために自分が病気のときチャンスだと借金を要求してくるとかただ金を要求することしか頭にない、金しか頭にない
それだけまた金に追われているのが現実である。
田舎でも義理人情など全く喪失してしまっているのである。
田舎の人が素朴などというのはとっくの昔に消えているのである。
田舎の人も金,金、金しかないのである。
もちろんそうした昔には帰れないというのも現実である。
でも未来は何かというときそうした過去を歴史をふりかえることから未来が見えてくるから歴史や昔を知らねばならないのである。

 
タグ:自給自足
posted by 老鶯 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連