2015年08月20日

金だけでは解決しない原発の避難区域の復興のむずかしさ (小高病院を修理するのに7億円かかる)


金だけでは解決しない原発の避難区域の復興のむずかしさ


(小高病院を修理するのに7億円かかる)


テレビで放送していたけど小高病院の配管などを直すのに7億円かかるという、そんなにかかるのかという驚きがある。
やはり病院というインフラはそれだけ今では金のかかるものなのである。
ベッドは用意できないとか医者が言っていた。
でも救急医療みたいなものをしていた様子が見えた。
それでも病院にベッドがないとしたら病院として機能しないだろう。
今は病院が市町村の要となっていることが震災以後明らかになった。
病院が機能しないとき、その街には誰も住みたくないとなる
特に高齢化では病院が医者とか看護師がいないと生命の危険に常にさらされるからであるところが実際帰るのは老人が圧倒的に多く若い人は帰らないのである。
飯館村でも三所帯の住宅を新たに建てて孫と一緒に住みたいという人がいた。
でも子供たちが帰ることは未定だしその建物自体無駄になるかもしれない
小高の人で名取に子供が家を建て親の部屋まで作ってくれたという
その子供は原町の会社に常磐高速道路で通っているのである。
こういうふうに家族がばらばらになっているのがこの辺では多いのである。
飯館村でも帰る人はわずかであるからこれから復興することは容易ではない
そこで農業することが一番むずかしいからである。

小高の問題は複雑である。南相馬市が補償金で分断されていがみあうようになったというときそうである。
そのことは浪江とか避難区域で起きている、会社を経営する人が仕事をくれと仲間だった人に頼んだら補償金をもらっているから仕事は必要ないだろうと言われてがっかりしたという、それは会社とか経営していると億の金は避難区域などではもらうだろう。
牧場を経営していた大熊の人は5億円もらったとか噂になった。
それくらいの補償金もらったら人間はどうなるのか?
もう働く気もしなくなるだろう。あとはその金で楽に贅沢に暮らせばいいとなる。
だから復興するには金を与えることではないということを内村鑑三が二宮尊徳の例で言っていたけど本当にそうなっている。
多額の補償金を与えたことによって復興がかえってできなくなったという皮肉である。
その補償金によって南相馬市は分断されたのである。
特に鹿島区の人は補償金が少なくかったから小高の人に反発するようになった
実際補償金で威張っているというのもおかしなことなのである。
そして毎日パチンコ通いだとか批判されるようになった。

その補償金は復興させるものとして実際は働かない、かえって故郷に帰るより一億円もらえるなら他で暮らした方がいい、便利な街で暮らした方がいいとなってしまった。
そして若い人たちは帰ってこないのである。
多額の補償金がいいようでもかえってそこに住む人を分断して家族もばらばらにしたということがあったのである。
補償金が必要でも何か別な金の使い方も考える必要があった。
だから今回の病院を修理するのに7億円かかるとしたらそういう所に補償金などをまたは東電でも援助するとか市政でも考えねばならなかった。
もう南相馬市の人心がばらばらになることも深刻である。
小高の人は小高でやれとか鹿島の人はなる。金もらっているのだからその金でやれ、病院もお前たちの金でやれ、南相馬市の財政からは出すことは許さないとかなる

現実に一時鹿島区の人に補償金がおりないということが最初言われた。
その時臨時に市長が鹿島区に仮払いとして一所帯百万支給したとき市の財政から金を出すなと原町区の人が強硬にインターネットで発言する人がいたのである。
つまり南相馬市に小高が入るのだから今度はそういうことを強硬に言うようになる。
小高の人は金をもらっているのだから自分たちの金で病院を直せとか言われる
自分の所にきた遠い親戚だからしかたないにしても「おばちゃんは金あるんだから金でめんどうみてもらえ」と血相変えて勝ち誇ったように去って行って縁が切れたのともにている。
「金でめんどうみてもらへ」ということがまさに金の社会だからそうなる。
でも金が万能ではなくそれが人間を分断してまたかえって復興を困難にしている原因にもなっていたのである。

金があってもそれですべて解決することにならない、その金をどう有効に使うかが意外とむずかしいのである。
金は魔物だというとき本当にそのことを身をもって経験した。
自分が病気のときも金を要求され借金している人から恐喝されたから怖い
その人は頭の中が借金のことしかないからへたすると殺人までにもなりかねない
借金に追われると人間はそこまで追い詰められるのはテレビの推理ドラマで常に放送されている。火事場泥棒にも会い実際にもう一人のこれも遠い親戚から裁判にかけると脅迫されたのである。これだけ今は金、金、金・・・・の社会になっている。
ではその金が万能かというとそうはなっていない
この辺では金がマイナスに働きかえって復興できなくさせている
でもなにやかにや言っても金がある方が勝ちだということで金は手放せないし金さえもっていればなんとかなるという考えになる
でもこの辺で復興というとき一家族が復興することではない
全体の町が復興することでありそうしなければ一家族も住めないのである。
そのことが良く自覚されていないのである。
同じ町の人と一緒に住みたいとか言うが浪江でも浪江町を他に作ると軋轢が生じる。
かえって少人数で全国にばらばらになると軋轢もないのである。
だから何か広域社会になるとそういうふうに分散しやすい社会だったともなる。

それから補償金もらったからそれで生活すればいいというが病院も修理できない、ベットもないというとき老人だけが帰ってどうなるのか?
金があってもサービスする人が働く人がいないならどうなるのか?
つまり十津川村のように村人の心が一つになるようなことが必要なのである。
それができないから復興はできないとなる
確かに老人は帰りたいとかあるしその気持がわかる
飯館村の人がうまいことを言っていた。
マラソンをしてタスキをわたすことが自分の仕事だ。農家の人でありマラソンというとき長距離か農業でありその土地を次の世代に渡すことが仕事だと言っていた。
ところが村であれ村自体が消滅するときそれが不可能になっているのだ。
一家族でもそう思っても村自体が消滅すれば復興がてきないのである。
そういうことは今まで経験していないことだから避難者が良く理解できていないのである町時代がなくなるなど故郷がなくなるなどということを経験していないから何かどういう状態にあるのか避難している人たちも明確に自覚できないのだろう。
一家族が復興しようとしても村や町が全体が復興しなければ住めないのてある

だから小高の人は補償金もらっているのだから病院を自分たちの金で集めて修理して住もうとなれば心が一つになるということもあるだろう。
でも実際はそういうことがむずかしいのである、確かに自分の家族のことは考えるがでは自分たちが住む町全体のことを考えて行動することがむずかしいのである。
それは金によってそれぞれが分断されたということもある
現実に最初から小高を見捨てて他に家を建てた人もかなりいるからである。
そういうふうに町全体を復興しようとするために心が一つになれないのである。
そして南相馬市でも復興を援助することが小高と鹿島で補償金で反目し合うとかありできなくなった。
「金もらっているんだからお前らはお前らの金でやれ」となってしまった。
金が人間の心もばらばらにしてしまっているのだ。
金が全部悪いというのではなくその使いようが悪いのである。
金というのはいくらあってもうまく働くとは限らないのである。

市政にしてもそういうことを考えてやれば政策を考えればいいのだができなかった。
市長に手腕がないとかいろいろ言われたが市長だけではどうにもならないことだろう。
小高は確かに金はもっていても南相馬市にとって負担になる
でも南相馬市の市民だから別に考えることはできない、それもジレンマになる。
何か金もっている人はいる、高額な年金をもらっている人もいる、補償金で潤っている人もいる、それでいいのかというとそうなっていない
働く若い人がいない、医療でも看護師がいない、介護でも働く介護士がいない、他にも人手不足でやっていけないとかなっている。
それはここだけではない、日本全体の問題だけどここではそれが極端なものとして先取りして現実化ししているのである。
いづれにしろ復興というときここだけではない津波の被害地域でも様々な問題があり
困難を極めているし以前として先が見えないのである。

 
posted by 老鶯 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

グローバル企業は地球をも破壊する (生産共同体ー文化共同体の考察)


グローバル企業は地球をも破壊する


(生産共同体ー文化共同体の考察)


人間は群れることから村になったとかいう。人間は何らかの共同体に所属して人間だというのもわかる。
人間はもともと生産も消費も一体の存在として生きてきた。
何かを生産することで共同体になることはわかりやすい、江戸時代の村とかさらに縄文時代の村までさかのぼれば生産共同体である。
みんなで狩りをする魚をとる米を作るなど生産共同体である。消費するというときそれも生産の一過程である。
森の木材でも消費するというときそれは生産につながる。消費という言葉には浪費という言葉から来ているのだろう。
江戸時代のような小規模の自給自足経済では浪費するようなことはできない
資源が限られているのだから浪費などできない、だから人間の糞尿だろうが紙切れ一枚でも無駄にすることはできない社会である。何でも有効利用する社会である。
つた物は現代の物あまりの時代と違って大量生産ではないから一つ一つの物は手作りであり貴重なのである。だから現代のようになんでも消費するという観念はなかった。
だから村でも何でも生産共同体でありその中でしか生きられない社会である。

現代でもやはり生産共同体が社会を形成する、会社ではなにかしら必ず生産することによってそれを売って消費してもらって成り立っているのである。
ただ工業化社会になると生産するものは電化製品でも車であれ様々な無数の物が生産されているがそれは会社で分業化して生産されて消費される、使用されている。
一方で村とか自給自足の経済では自然の循環の中で生産されて消費され使用されて成り立っている
米を作るということは山から絶えず水を供給されて実りがもたらされる。
山は水の貯水の役割を果たしていて雨がふらないときでも山からは水が流れている
そういう干ばつのような時を経験しているが山には水が絶えず流れていたのである。
それで山が神となり春には平地に下りてくるというときそうした自然循環の中にあっての生産共同体だからこそ生まれた信仰である。
つまり昔の生産共同体は自然と切り離せない自然循環の中にあった共同体である。
だから祭りごとも一致している。祭りが政り(まつり)事になるのも当然だった。
天皇がその政(まつり)ごとにたずさわる神官のような役目を果たしていたのもわかる。
大嘗祭が豊作を天に祈る司祭だったというのもわかる。

一方で現代の会社はこうした自然循環の生産共同体とは遊離したものとしてある。
第一電化製品でも車作るのでも他の様々なものを作るのに自然と関係していない
自然を考慮することもない生産共同体である。
東電のような電力会社も原発とかなると自然循環の共同体とは何にも関係ない会社であるだから農業とか漁業とか林業とかとも関係しない
でも電気そのものは第一次産業でも使うから関係しないということはない
なぜならダムのよう水力発電だと自然と関係している。
石炭でも石油でも実際は自然にあった自然エネルギーだから自然と関係している。
核となると今までのエネルギーとはまるで違ったものであり自然とは関わりないのである自然エネルギーだと科学に弱くても石炭であれ石油であれ燃やしてエネルギーになるのだからわかりやすいのである。
原発になるとそういうふうに今までの観念では理解できないものである。

ともかくこれまでの共同体は自然循環の中にあり自然を自ずと意識化される社会である。そもそもだから社に介するがのが社会でありそれが会社になったことでもわかる。
その会社が今やグローバル化して大企業化してその大会社が国を越えて世界で生産活動して消費させているのが現代である。
だからアメリカでもアメリカという国を支配しているのはロスチャイルドだとかロッフェラーだとか常に言われる。ロスチャイルドが原発にかかわりその利権を獲得していたとかいわれる。
それは東電でもあれだけの三兆円の資産があるとか国並の力をもっていたのである。
その東電に政治家でも官僚でも検察でも天下り先としてあり雇われていたともなる。
政治家より国より大企業の方が力があれ国は政治家は大企業の下僕であったという構図が原発事故で見えてきたのである。

その会社は一地域とか国とか世界でも制約されずに活動できる。
大企業にとっては国というのがあると自由に活動できないから障害になる。
貨幣でも国ごとにあると経済活動が停滞するから一つになった方がいいのである。
それでユーローが生まれたしドルが実質的に世界貨幣となっている
そうなるとアメリカがアメリカの大企業が世界を支配しているともなる
その規模は日本の昔の村と比べたらあまりにも規模が大きすぎるから理解不能になってしまう。
だから大企業は地球の自然でも破壊する力をもつようになる。
後進国の森林資源でも破壊してとりつくしたり有用な樹を植えて混生林の自然林を破壊してしまう巨大な力をもつことになる。
こうした大会社は自然に制約されて生きてきた小規模な生産共同体とはあまりにも巨大なマンモス的なものでありそれは地球の自然まで破壊する力をもったのである。
そもそも人類史でこうした地球の自然を破壊するような巨大会社は存在しえなかった。
自然の制約を越えられないしその中で生きていた共同体である。

国とはなにかとなるとそれは小規模な村がもともと国(くに)であり区切るとかあるからクニは小規模なものから発している。小国(おぐに)というのは全国にありそこは一つの自給自足の国だったのである。その規模とはかけはなれたものが大会社なのである。
そして国というときそこには何かしら文化がある。祭りがあり政(まつりごと)がありそれは自然と密接に結びついてあった。大企業とかはただ一つの物をテレビならテレビとか車なら車とかを生産する共同体でありそこには自然とかかわる祭りは生まれない
つまりそこには文化がないのである。
生産共同体があるとしたら文化共同体がある。文化というのもcultureがcultivate(耕す)から来ているように生産共同体がなくして文化もありえないのである。
文化というときその土地土地に根ざす生産共同体をベースにしているから多様になる。

一方でテレビや車だけを生産するのは単一生産であり多様化しない
自然とも関わらないので会社には文化が生まれないし育たないのである。
だから会社というのは世界的に文化を破壊するのである。
言葉にしてもそれは国々の文化であり文化共同体の基礎として共有される。
でも言葉が違うとグローバル経済にとっては不都合になる。一つの言葉の方が大企業にとっては商売しやすいし英語が世界語になった方が便利になるのだ。
そうなると言語としての文化は文化共同体は破壊されるのである。
グローバル企業が地域の文化を破壊するのはアメリカが世界の文化を破壊しやすいのはアメリカはグローバル企業が支配しているからだとなる。
今は例えればイオンがあるとするとイオンという大会社の一員として働くのでありその地域地域で働くとはならない、商店街はその地域のものだけどイオンとなると大会社であり地域のものとは違う。だからイオンという会社が優先化するから撤退したら何も残らなかったとか問題が起きる。地域だとここが商売にならないからと撤退できないからである。でも今やみんな地域の一員とかの感覚ももてない、現実には会社の一員でありまた国の一員と戦後のような強い国意識ももてないなのである。
だからいくら愛国心をあおっても何か国としてのアイデンティティが失われているのである。
とにかくグローバル化すると地域の食文化も破壊される、みんな一様化され安い、ただスシとかが世界で共通語になることもあるがスシとかは日本の暑い湿気の多い所にあった食である。暑いと刺身とか生のものかうまいからである。日本の湿気とか暑さから文化が生まれていたのである。酢の物もそうでありさっぱりしているからである。
日本の暑さは乾燥地帯の暑さと違っているからである。

現代は会社社会であり文化が破壊されやすいのである。その文化が破壊されることが深刻なことを理解されていない、文化はまだ技術によっても破壊されやすい
文化はもともと自然循環の中で生きてきた長い伝統から生まれた、それぞれの国の成り立ちは必ず文化がありその文化も大規模な機械化とかグローバル企業化によって破壊される万葉集などは日本の生産共同体から成り立った文化共同体の産物である。
会社社会はそうした文化は生まない、だから自然を容易に破壊する、森でもそこは木材という自然としてしかみない、米を作る生産共同体だったら山は水を貯える神聖なものだとかなるがそういうことは無視される
大企業や巨大な機械化によって森が根こぞき破壊され森と一体化した人間の共同体も破壊されるのである。
だから今回の原発事故も大企業による破壊だったのである。
第一次産業が致命的な打撃を受けたのはそもそも会社は昔の村のような自然と一体化して生きるものではない、自然循環に生きるものではない
現代文明はこの巨大会社化したときその弊害も大きく地球の自然を破壊するまでなったのである。

 
posted by 老鶯 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題