2015年06月02日

田んぼが増えて蛙も増え復興を感じた



田んぼが増えて蛙も増えて復興を感じた

 

ヨシキリや田に人ありや暮らしかな
ヨシキリや今日も働く人のあり
久々に夏の星写る夜の田に
復興や蛙鳴きあふ夜の田に
復興や田ごとに映る月円し

田んぼは五分の一に増えた、やはり田んぼが増えると蛙が確実に増えた
田んぼに蛙が鳴き合うのを聞いたのは四年ぶりだった。
これも明らかに復興だった。
田んぼは山間の狭い場所の田んぼは原野になり放置している
もうあういうふうに狭い所はめんどうだからやらないかもしれない
昔だったらそういう狭い場所も田んぼを作っていたのである。
それが狭い国土の日本だった。
原発事故以後は田畑をやる人はへる、手間かけても金にならないしめんどうになるからだすると田んぼも集約的にできるかもしれない
小さく分けられた田んぼは放置されて原野か他のものに変わるかもしれない
米は安いし小さな田んぼをもっていてもめんどうだからやらない

自分の生活はこの七年間に起こったことを延々と書いてきた。
絶えず介護から家事からプログを書くことでも追われてきたのである。
前は三食用意されていたし確かに買い物と風呂くらいはしていた。
他は何もしていないから常に時間が余っていたのである。
今は時間に追われている

ともかく田んぼがなくなるということはイメージすらできなかった。
もちろん津波でもなくなることがイメージすらできなかった。
故郷を離れて仮設で暮らすなどイメージできなかったとか
この辺で起きたことは本当に全くイメージすらできないことが連続して起きたのである。だから田んぼとは何なのだとか故郷は何なのだとか考えるようになったのも
そんなこと誰も考えない、あって当たり前だったからである。
田んぼは田舎の風景であり田んぼがない田舎が考えられなかった。
それは千年とかの単位で田んぼとともに暮らしてきたからである。
蛙が鳴くというのもそうである。
田んぼは自然の生態系の中に組み入れられていて田んぼの水には蛙でも水すましでも何か自然の命が生息できて鷺などもやってくる
原野だとネズミが増えてノスリが増えたのである。
原野化すると雉なども増えていつでも人を恐れずでてきていた。
雉などにも住みいいのだろう。

ヨシキリが鳴いていたというとき田んぼの脇にヨシキリが鳴くのはまだ原野が多いからそうなる
普通ヨシキリは川で鳴いていたのである。
そして今日は満月が光っていた。
これも何か復興を感じた
この辺は4年過ぎて復興しているのだろう。
ただ除染はまだまだつづく
それで外部から来ている人が5000人いるとかも言われる
これは当分つづくのである。
それでにぎわっているように外部から来た人は感じるけど
その人たちが帰ったら火の消えたように淋しくなっているかもしれない
仮設でもいろいろ文句言っていたが鹿島などは小高の人が帰ると相当に淋しくなってしまうだろう。
だから何かこの際小高に帰らせるより老人なんか集めて暮らせるような政策が必要かもしれない
高齢化社会にどう対処するかということで仮設が意外と隣り合って老人が暮らすのには向いていたのである。
小高でも広いからまたばらばらに暮らすというのがかなり困難になっているからである。
ttttttttbbbb12.jpg

ケロケロケロロ
田んぼがふえた
田んぼがふえた
みんな帰ろよ
帰って来いや
ケロケロケロロ
仲間がもどってきて
みんなで鳴いてうれしいな
田んぼが増えた
みんな帰ってこいよ
ケロケロケロロ

やっぱり蛙の声というのもなじんできたものだから聞けないとういことは異常だった
鷺も見掛けなかった、それが4年もつづいたのである。
自然は意外と復興するものなのか?
田んぼが増えて水があるとたちまち蛙も増えてくる
ただ警戒区域で帰れないところは野生の自然にもどっている
何でも青大将とかのヘビが捨てられた猫を食っているというから不気味である。
チェルノブエリでも狼が増えたきたのだからそういうのとにている
人が住まないと自然にもどるといっても何かそこは不気味なものにもなる
ネズミなどもチェルノブエリでは増えたし放射能の影響もなかったのである。
避難区域ではどうなってしまうのかわからない
時間がたつにつれて元の状態に戻すことはますますむずかしくなるからだ。



 

野馬追いの旗は抽象画になりやすい (漢字が抽象画だから日本でも古くからあった)


野馬追いの旗は抽象画になりやすい


(漢字が抽象画だから日本でも古くからあった)


hatahata0000end.jpg

bbbbbbbbbbhara112344666.jpg

hatahataabbb234.jpg


aabbbmmmm000000000r1.jpg

この写真を抽象画の旗にするとさほど変わらないし
違和感がないのである


aabbbmmmm123.jpg



野馬追いの旗が何を意味しているのか?
具象画なのはわかりやすい、猪であれば勇猛な猪のような武者とかなる
神社とかなればその土地の神社なのだろう。
五輪塔と先祖現しているとか、鎌だったらもともと武士は農民だから農作業していたからだろう。
梯子があれば梯子で城に上り攻めるとか何か意味がある
炎だと炎のように燃える気持を現している
月とか星とか妙見信仰は方角を示す北斗七星である
遊牧民の文化は朝鮮経由で日本に入ってきたからである。
馬というのは遊牧民に欠かせないものであり移動が方角が大事になるから
妙見信仰になった。
抽象画的なものはただ敵と中までも単に区別するために使われた
線が二本なのと三本では違うからである。
一の旗は使いの旗である。
この旗は連絡係なのである。
だから一の旗は一番多い

野馬追いの旗がなぜこれほど多様なのか?
3000もの旗があるのはなぜなのか?
中国辺りでも旗の種類は単純に見える
日本とヨーロッパには城があり旗が多い
ヨーロッパにも旗祭りがある
中国は城ではなく壁で囲んで城壁の内でありヨーロッパとか日本の城はない
こんなにいろんな旗印はない
何かそこにも歴史的な背景がある。

日本の旗には植物的なものも多い、ヨーロッパは強い動物の旗や紋章になる
日本の旗にはライオンとかないのである。
ライオンとか虎は日本にはなじみがない
そもそもいなかったからである。
ヨーロッパにライオンがいなかったとしてもローマ時代にコロッセオで闘技場でライオンと人間を戦わせたり虎と戦わせたりとかライオンを知っていたのである。
そういう伝統の上に紋章がある
紋章文化と日本の紋や旗印の文化はにている。

野馬追いの旗の見方としては抽象画として見るのもいい
自分はこれまでパソコンのソフトでそれをしてきた。
抽象画的なものは漢字がそうであり太陽だったら○にするとかそれが日になったとか
抽象画思考は漢字からすでに生まれているのである
アルハベットからは生まれにくいのである。
つまり漢字は抽象画だから漢字を使う国は抽象画思考に抵抗がないとなる

不思議なのはアルハベットの国では英語でも音の出し方で意味の違いを出しているというこういうことは本当に理解しにくい
文化とはともかく理解しにくいのである。
ただヨーロッパの紋章と日本の紋や旗印の文化はにているとなるとそこから理解するということがある
ヨーロッパに騎士がいて日本に侍がいたということはにているから理解かやすい
中国にも武人はいたとしてもヨーロッパと日本のとは違っていたのである。

 
posted by 老鶯 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)

野馬追いの写真はみんな違っている (シャッターチャンスが一回しかないから地元でもうまくとれない)


野馬追いの写真はみんな違っている

(シャッターチャンスが一回しかないから地元でもうまくとれない)


 
matuuuugohonnjinn12.jpg
クリック拡大

野馬追いの時は梅雨も晴れ夏の雲がでる


nomaoiii1111222_FotoSketcher.jpg

hatahonoooo1.jpg

nomaddd111.jpg

アレンジした

樹に炎が映える

緑の木に映えた赤い炎の旗

下は妙見神だから星の形になり馬が跳ね飛ぶ

野馬追いの旗は様々なデザインなのである。

幾何学的なものがあり現代に通じる斬新なものもある

野馬追いを楽しむには旗を知る必要があるのだ

その旗が多様だからわかりにくいのである。

nnommm333_FotoSketcher.jpg
白髪の髪は何を意味しているのか?老人なのか?
馬のたてがみのようなものなのか

shiragaaa123.jpg
前から見るとこんな風になる

no,aaaa444.jpg

no,aaaa444555.jpg

黄色の旗は小高神社

nomaoiii1111.jpg
赤は中村神社(相馬市)

matuuuugohonnjinn1.jpg

これはカモメなのか?

fubouuu123.jpg
本陣へ

治に居て乱を忘れず
平和な時でも、世の中が乱れた時の事を忘れてはいけない。という意味。
平穏で順調な時であっても、万が一の時のための用意・心構えを怠ってはいけない。

類義 ⇒ 安に居て厄を思う/治まりて乱るるを忘れず/太平にも乱を忘るべからず/文事ある者は必ず武備あり/安きに危うきを忘れず
出典 ⇒ 易経・

君子安くして危うきを忘れず
存して亡ぶるを忘れず
治まりて乱るるを忘れず
ここを以って身安くして国家保つべきなり

君子安而不忘危
   存而不忘亡
   治而不忘乱
是以身安国家可保也

no,aaaa44455566.jpg

帰る馬



野馬追いも近づいてきているけど毎年写真とっているけどなかなかいい写真がとれない
必ず違った場面がありそれが一時で過ぎてゆくからとれこないのである。
今いい場面だなと思ってもすぐに過ぎてしまうからとれないのである。
野馬追いには毎年相当遠くからも写真とりにきている人がいる。
雲雀が原の中に入るには前から予約していないと入れない
地元でも毎年見ていてもいい写真がとりにくい
それは動いているのもとるからである。
そしてチャンスは一年に一回しかないからそうなる
野馬追いの写真は多様なのだけどそれがすぐに過ぎてしまいいつもとりのがしてしまうのである。
この写真もデジカメがないときの写真だった
これはこれで貴重なものだった。
一応記録としてとっておくためにパソコンに入れた
デジカメの便利なのは一日の行動が写真で記録されることである。
写真の日記になるのはデジカメがでたからでありせらにスマホで常に日々の行動などが写真化される時代である。
だから写真から何をよみとるかが問題になる
写真には相当な情報が視覚的に見れる、でもその情報が何なのか
例えば野馬追いだと旗の意味しているのもが何かという情報を解く必要がある
でも野馬追いの旗のことは地元でも他でも説明されないしできない
それほど多様になっているのである。
白髪のうよな兜をしているのか、やはり老人イメージしているのか?
茶色の髪を伸ばしたようなものもあり一つの装飾である。

雲雀が原では野馬追いの前の誰もいないところに立ってみたら松だけが目立った
ここにこんな松あったのということが発見だった
松は何か身近であり人間的だし何か忠臣という感じになる
ただ人が混んでいる時はあの松に注目しない
誰もいないから松が注目されたのである。

本陣に旗とる武者の勇み来る雲雀が原や松そ立ちにき
タグ:野馬追い
posted by 老鶯 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史(相馬郷土史など)