2015年03月25日

abstract(earth)


abstract(earth)

earthhh123.jpg

光あれ

mooandsea1.jpg

月と地球

kaniiiiii123.jpg

蟹座

undergggg123.jpg

火口

tttunamiii123.jpg

津波


これも変化させたものである。
要するにオリジナルを変化させて別なものにする。
だから著作権違反になるかもしれない
ただこれが極めてインターネット的なのである。
文章でつなぎあわせて創作のようにもできるからである
パソコンの抽象画は変化しやすいようにできているのである
タグ:地球

補償金で遊んでいる原発事故周辺への批判 (南相馬市も批判されているが誤解もある)



補償金で遊んでいる原発事故周辺への批判


(南相馬市も批判されているが誤解もある)


ちなみに日本で一番ベンツ売れてんのが東京じゃなく福島県相馬市だよ。

なぜかこういう金って身に付かないんだよね。
でもここの住民はそのお金使い切っても
 まだ何か特典がありそう。ナマポ移行とか。
 要はこの人らを金で黙らせて原発利権維持したいんだな。
 政治家が。その金も他人に負担させてるから構わないと。

フィリピンに旅行行ったとき
原発の補償金で現地のホテルで暮して
連日、女を買いまくってる福島の奴に遭遇したな
口を開けば、買った女の話か東電の悪口ばかりの奴だったけど
 あいつに遭遇して、被災者に同情する気持ちが無くなったわ

千日前のアムザで、その日来ていた被災民の方の話を聞いた。
 知らない間に、勝手に500万ものカネが振り込まれたそうだ。
その他にも、ことある毎にお金が振りこまれる、と。
で、京都の府営住宅を被災民に無料で提供してもらってるんで、京都から
 キタ、ミナミに遊びに来る毎日だそうだ。
 復興支援の増税が馬鹿らしくなったね。まあ、可哀想な人もいるんだけど。

30年来のいわき民だけどこれホントの話だよ
病院は激混みで歯医者なんか2週間に1回くらいしか予約取れないし
引っ越そうにも空き部屋が見つからないし家賃も値上がり
土地も値上がりしてるから地元民は家も建てられない
 いわき市の成人は1人あたり72000円くらい貰ったのかな
子供は150万くらいだったと記憶してるけど子なしだからホントそれだけ
景気が良くなったとか恩恵を感じる事もなくただ治安が悪くなり住みにくくなっただけ
文句の一つも言いたくなるわ

開沼博(笑)あたりの御用学者見習いが必死こいて
福島に寄り添え(笑)と偉そうに講釈たれて
国から国民の税金を搾取するキャンペーンはってるわけだ(笑)
勿論、こういう偽善の御用学者連中にも
我ら我々の税金から金が支払われている(笑)
原発利権ほど、美味しいものはないんだよ(笑)

いかに国民の税金を使って、
 原発利権で金儲けに余念がない売国奴が集まるかなんだよ(笑)
結局、原資は国民の金、いかに巻き上げるかなんだから(笑)
原発利権とはそういうものなんだよ(笑)



これは別に嘘でもデマでもない、現実に前に書いたけどは相馬市と書いているけどこれは南相馬市と間違えている。南相馬市と相馬市は原発事故の補償金では全く別々である。
南相馬市でも合併して小高と原町と鹿島に別れた。
この合併したことが複雑化させた。
自分のNTTに申し込んでいた住所が合併前の住所になっていた。
それもおかしなのは南相馬市となっていてそのあとが合併前の住所だったのである。
外から見てもこの辺は混乱している。つまり南相馬市と相馬市は間違えられやすいし
一つの市に見られるということがある。
一見市の名前にしては無難だと思っていたが外部から見た視点に欠けていたのである。

今の時代はまず内部志向だけではやっていけないグローバル化社会である。
自分たちの市町村がよければいいとならない時代である。
現実になぜこんなに原発事故などで外部からとやかく言われるのか?
それは一兆円を越える巨額の賠償金が支払われたためである。
それは邦の税金だから批判される。
そもそも限界集落はなくなった方がいいというときインフラを維持するのに180倍もかかるとか今はなっているからでてある。
昔だったら別にインフラ整備の金も使わない、他に頼らず自給自足で生活していたから外部から何かやと言われることはなかったのである。
自分たちは自分たちでやってゆくで良かったのである。
現実に外部から頼らずに生活していたのだから外部からとやかく言われることもなかったのである。
そして外部からするとまた南相馬市と相馬市とは区別つかない、それで相馬市も損しているとなる。相馬市は補償金をもらっていない、それはイワキ市でも中通りの福島市でも二本松市でも郡山市でももらっていないのである。

南相馬市無いでも外部からみるとみんなもらっているように見える。
でも小高は避難区域になったから住めないからもらっている。それは双葉とか大熊と同じである。
原町区も鹿島区からすると倍以上もらっているのである。
避難した仮設に住んでいる小高区の人たちに対する不満は南相馬市内でも大きいのである鹿島区は一人十万七カ月分しかもらっていない、30キロ圏外でそうなった。
原町区は2年以上もらっている差も大きいのである。
そして小高区の人は医療とか高速代とかも未だに無料であり福祉関係でも優先的にサービスが受けられるのである。
自分かもらったのは二人分で140万である。それでも隣の相馬市はもらっていないから相馬市の人たちも不満である。
相馬市にも避難した人たちが仮設に住んでいるからである。
すると女性はスーバーでいいものをう買っているとか細かいところを見ているしあいつらは遊んで暮らしているとか不満が大きくなっているのはイワキと同じなのである。

南相馬市内でも補償金がまちまちであり津浪の被害者もいて複雑化した。
同じ仮設に住んでも小高の人たちは補償金もらっているからいいとかなる。
鹿島区の津浪の被害者はやはり一人一カ月十万で7カ月分しかもらえないからである。
だから南相馬市では合併前の小高と原町と鹿島に分断された皮肉があるのだ。
その中で30キロ圏外になった鹿島区の不満が大きいのである。
小高の人たちの態度も悪かったこともあるだろう。
全部ではないにしろ俺たちは金はあるんだよとか威張っていたとかなる。
そしてパチンコ通いになり働かないということが不満になった。
何も金があるんだから遊んでいてもいいじゃないかとなるが回りで迷惑になっている場合があるのだ。
福祉関係でもここだけではない、それだけの人が入って仮設に住むとそれを受け入れた市町村では福祉のサービスの人手がたりなくなることがある。
するとそこにもともと住んでいた人たちが迷惑になるのだ。
イワキでは数が多く二万人とか移り住んだとなるとそき影響が市全体に及んだからであるプラスの面もあったがどうしてもそこに軋轢が生れたのである。

だからといって避難区域にされて住めなくなってギャンブルや風俗で遊び暮らしている人が自分は幸福だとはうらやましいとも思わない
そんなことしていてもなんら楽しいかとなるとならないしモラル的に荒廃してくる。
そんな毎日遊んでギャンブルばかりして暮らしていたら子供たちにも影響する。
億の金が入ったりしたら確かに人間はどう使っていいかわからないということがある。
だから飯館村でもギャンブラーになったというのもわかる。
それをうらやましがっている外野もいるがそんなことがうらやましいとは思えない
だから米作りをして収穫した人が喜びにあふれてきたと漁師が魚を仲間でとったとき喜びにあふれていたとかありその仕事に喜びがあった。
その仕事が奪われたこともまた原発事故の悲劇だったのである。
普通仕事をしていることを意識しないからである。

結局金でもめるのはその金の出所が問題になる。
宝くじであたったりしたらその当たった人に対して当たらない人の恨みう受けることになる。なんだあいつばかり得するんだとやっかみがすごいものとなる。
だから宝くじにあたって大金を手に入れた人は死んだりしているし怖いともなる。
もし大金が入ってもパソコンを発明したような人は世間からそんなに言われないのである遺産でももめるのも何かそういうのと同じ面がある。
原発は利権が桁違いでありこんな何兆円もして除染したり補償金だすようなとてつもないものだった。
だからこそみんなその利権に群がったとなる。
事故を起こした後もこれだけ補償金出していることに地元でも驚いている
そんなに金がだせるものかとさえ思う。
いづれにしろ地元でも補償金問題で分断されてしまったのである。
これはこれからも尾をひく、浪江の会社経営している人がお前らたんまり補償金もらっているからと前の仲間から仕事を回してもらえなかったとかなる。
それもひどいとかと思うが億の金が会社経営だとその金が大きい、5億円もらった牧場経営者がいたとかなるからイワキに豪邸でも建てるとなる。
浪江の請戸の人が相馬市の病院で特等室に入り家を建てるとか言っていたのも反感があるだろう。あの人も軽く億の金はもっているからだ。
そういうふうに避難民が原発貴族化していることに反発がある。
俺たちは金はあるんたよと見せびらかしているというのも反発を受ける
一方で肩身を狭くして避難生活をしている人もいる。
それはみんないろいろでありただ遊んで暮らしている人は目立つからそうなる。
人間は掃除しているだけでも労働している人は強い
労働すればなんでも権利が生れる、何もしなければ何の権利も生れないのである。

福島県でも財政が原発マネーが事故後も入ってきて潤っているから宮城県とか他の津浪被害県からうらやまれるのである。
開沼とか本を出して福島県では人口が減っていないとか言っているけどそれはここ五年くらいじゃないか?
そのあとは福島県は衰退するし南相馬市は消滅するとか言われている。
それは十年後とかさらに年数がたつと外部の人が入ってこなくなるからそうなる。
今は何か除染関係でも外部の人が入っているからにぎわっているように見えるのである。

なぜかこういう金って身に付かないんだよね。
でもここの住民はそのお金使い切っても
 まだ何か特典がありそう。ナマポ移行とか。
 要はこの人らを金で黙らせて原発利権維持したいんだな。

そういう人実際にいた,、東京とかまで行って遊びあとは生活保護だと言っていた。
こういう金はやはり身につかない、それでこういう人はまた市の方でもやっかいものになる
それより市全体のイメージが原発事故で悪くなった。
だから何旅行して南相馬市と書く責められるようで外に出るのが怖いのである。
タグ:原発補償金
posted by 老鶯 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連