2015年03月23日

春彼岸で墓参りして思ったこと (人間は死んだとたんに忘れられるから無常である)


春彼岸で墓参りして思ったこと

(人間は死んだとたんに忘れられるから無常である)


町の空高く飛びけり初燕
めれにしも明るし昼間春時雨
我が墓に誰か花さす春彼岸
百輪ほど木蓮の蕾風にゆる

誰なれや我が家の墓に花をさす人のありしも春の彼岸に

初燕を見たのは昨日だった。今日は春時雨だった。春時雨などというのも実際にある。
今日は一時的に曇りぱらぱらと雨がふった。やはり時雨なのだろう。
春時雨となると全然冬の時雨とは違う。こういうのを季語にしているのも日本である。
春彼岸であり花を誰か自分の墓にさしていた。それははっきりと自分がさしたあとにさしているからわかった。
こうしてくれのは誰かわかる、どうしても姉が保健婦の時世話した人だろう。
それは近くに住んでいるし同じ墓だからだろう。
同じ墓地だとついでに花をさすということがある。

墓に花をさすということはやはり死んでからも忘れないといことでありそれはなかなかできない、たいがい人間は肉親すら忘れやすいのである。
墓参りするのは無償の行為であり本当にその人を思っていないとできない
一見花さすことなど簡単でも金がかからなくても人はしないのである。
だから墓地というのはやはりそうした人々の思いがある場所だから違っているとういことはある。
ただ墓も意外と今は遠くから墓参りしている人が多いから墓参りにくるのも大変だとなる墓参りとか掃除するにも近くでないとできないのである。
そういうことで土地の縁が薄れてしまったのが現代なのである。

人はいろいろである。恩を忘れない人もいれば忘れてしまう人もいる。
たいがい恩でも意識しない人も多いし忘れるのである。
人間はなんでも忘れやすいのである。死んだとたんにたちまち忘れられる
そんな人生きていたのかともなる
だから死んでも五年くらいたっても忘れないのはやはりありがたいとなる
正直金だけの関係で切れるのは悲しいけどほとんど今は特にそうなっている。
金がもらえないなら何の関係もないとなってきれている。
人間はそんな関係しか結べなくなったのかということが悲しい
それは肉親の間でも兄弟でも起きている

自分の一身上のことでも金、金、金・・・ばかりだった。回りも原発事故の補償金で金でもめて地域は分断された。それも金が原因であった。
なんでも人間関係も金だけだになると悲しい、何か金意外のつながりができたとき人間っていいなとなる。
それを作るのが今の時代はむずかしいのである。
かえって貧乏な時代の方がそういう人情にあつかったというのもあり人間は必ずしも豊かなことが幸せに通じるとはなっていない。
あるものは本当に金を盗むために来てあるものは金、金、金と自分の病気のとき要求してきた。
もう借金とかに追い詰められると相手のことなど見えない、金をしぼりとってやれとしかないのである。
だからすでに借金している人は人間でなくなっている。
借金のためにはなんでもする犯罪者になっているのである。
その餌食にされようとししたのが自分であり実際そうであった。

「金の切れ目が縁の切れ目」「地獄の沙汰ば金しだい」とか本当に諺は人間の変わらぬ真理だった。つまり人間は昔も今も変わらないからこそ諺も生きている
ともかく墓参りするということはやはり人間として欠かせないものである。
つまり墓参りは何か見返りぁう期待しないからいいのである。
それは花をさすだけでもいいのであり問題は心が問われている。
死者を思わないものは花一本もささない、それは親子でもそういうことあるから人間は肉親に対しても非情化する、そしてとにかく忘れやすいということである。
死んだ人を何十年も思いつづける人は肉親だろうが兄弟だろうが夫婦でもいないだろう。つくづくだからこの世は無常なのである。
肉親の関係すら死んでしまえばはかないとなる。それはやがて老人になればいやおうなく現実になる。
そもそも人間にそうした金意外とか利益意外の関係を求めること自体ありえない
ただその時々の利害関係しかないとなる
だから結局人間の関係も一時のものでありこの世の縁もそんなものでありたちまち人はみんな死んで二度と合わないとなっているのである。

人間はある点でつくづく犬や猫以下になっている面がある
なぜこれほど犬や猫に思い入れが深くなるのか?
それは人間の貪欲さや非情さから人間より犬猫の方が無欲でかわいいとなっているからである。
犬の方が恩を忘れないとなもなる。
人間は嘘をついたりと動物以下なのである。
だからどうしても人間嫌いになり犬猫の方がいいとなるのもわかった。
人間の醜悪さは悪魔的なものになってしまう。
他人などはもう人間とも見ていない、こいつからいくら金がとれるんだしかなくなっている
そういう世の中になったから極端化したから津波でも原発事故でも来て故郷も消失したのかもしれない
ずっとそのことは自分の一身上のことから思いつづけていたのである。
動物以下と化している人間は滅びるほかないとなるからである。
そんな人間の世は滅びても惜しくはないとまで思うようになるからである。

タグ:春彼岸,

日本は戦後70年過ぎてもアメリカの属国だった (原発もアメリカの意向のもとに作られ事故になった)


日本は戦後70年過ぎてもアメリカの属国だった


(原発もアメリカの意向のもとに作られ事故になった)


津波で電源がアウトになることを東電は予期していたが
補助電源の位置を変えたいと言ったら設計者の米国企業が断ったんだよ
「電源の位置を変えたら保証対象から外す」ってね

結局、米国企業に言い負かされて電源を動かせなかった
 アメリカはハリケーン対策で補助電源を地下に設置するが
 それが津波に対して脆弱であることを米国は全く考慮しなかった
 この事実は震災当初は何度か報道されたのに
以後はさっぱり報道されなくなったな
 アメリカに都合が悪いので報道管制が敷かれたようだ
 
 
福島の原発事故の原因をいろいろ探求したけど様々な要因があり科学に弱いから自分には究明できなかった。
もう一つわかりにくくしているのはアメリカがどうかかわったのか?
アメリカの責任は問われないことがまた謎にしているのである。
アメリカはハリケーンのことを考えて補助電源を地下に設置することを強制したというがそんな力があったのかとなる。
だとするとこれは日本の風土を無視したことから起きた事故だともなる。
アメリカはアメリカのことしか頭になかった、そのアメリカでハリケーンの被害が多いからと日本にもおしつけたというのも大きな問題になる。
でもアメリカの原発は地震の多い西側ではなくほとんど東側にある。
とすると地震のことはアメリカでも気にしていたのである。
そもそもなぜアメリカが日本で原発を作るのにそんな権限があるのだろうか?
そのことにこそ原発事故を起こした主要な原因があったとなる

それで最近出版された「日本はなぜ基地と原発をとめられないのか 矢部宏治」という本がそのことを言っていた。それは盛んにネットで言われていたことであるがそれがネットだと陰謀論になり信用されなくなる。
ただネットでは常に裏にアメリカの圧力があってアメリカを批判できないと言っていた。だからアメリカの批判は表に出にくいのである。
結局日本は戦後70年過ぎて独立国ではない、アメリカに占領されたアメリカの属国になっているから原発でも一方的におしつけられらても何も言うことができない
官僚も検察も表と裏があり裏ではアメリカの植民地と同じであり独立国ではない、
まず外国人の基地があり外国の軍隊が駐屯している国は独立国ではないというのは本当だろう。
それは沖縄がなぜ基地をなくすことができないのと同じだというのもわかる。
日本には決めることができない、アメリカが決めることだからである。
日本の憲法もアメリカによって決められたものでありそれが戦後70年すぎてもそうなのである。
日本は以前としてGHQが支配した時と同じままなのである。
日本人が日本人で意志決定できないようになっている。だから独立国ではないとなる。
それは原発でも同じだったのである。

政治で決定するにしても鳩山由紀夫首相が基地を移転するときもアメリカの反対にあいできなかった。それは民主党ならアメリカの意向に逆らうことができた政権だった。
でもそれができないというのは日本はいくら政治でも時の政権でも自らの意志決定をできない、その上の権力が裏の権力がとりしきるからできないという。
それはアメリカと一体となった官僚でありせ検察でありそれが実質支配しているからできないという。だから日本はアメリカの植民地国であることは戦後70年過ぎても同じだったのである。
だからこそなぜ東電の会長とか社長が検察が逮捕しないのか裁判にもならないのかということもわかる。
そこにはアメリカの意向がありアメリカと検察が日本を支配しているからである。

結果的に日本国民が原発事故でも犠牲にされということである。
世界情勢でもアメリカ側からしか見れない報道になる。
ウクライナでもクリミアでロシアはアメリカの一方的おしつけからただ防衛しているだけだという専門家の意見があった。そうなのかとなるがその意見はなるほどと思った。
だから鳩山由紀夫前首相の言い分も一理はあるのだと思った。
アメリカ側の言い分しか報道されないからアメリカ側の見方がおしつけられているのだ。それにはマスコミも加担しているからアメリカを批判できないのである。
イスラム国の問題ももともとは一方的にアメリカが主権国家を侵略したことからはじまっていたのである。でもそのことをあまり大々的には言えないのである。

根本的な問題として日本は戦争に負けて以来アメリカの植民地であり独立国ではなかっただから原発でもアメリカの政策としておしつけられて事故につながった。
原発問題と基地問題は共通していたのである。
アメリカの属国となったことから日本が解放されていないからである。
戦後70年過ぎてもそうなのだから今はそうしたことを見直す変革期に来ている。
ただ日本という国はウクライナであれ朝鮮半島が二分されたようにそれが他国のことのように見えても日本も常にそうした分断される危機がある。
戦後もアメリカとソビエト連邦により分断される危機があった。
朝鮮半島の悲劇は大国の綱引きで分断されたのである。
それが日本でも起こりうるのである。つまり日本は中国とかロシアとか大国に囲まれているからである。国力でも中国とかロシアと比べると今でも劣るからである。
そして背伸びすると中国やロシアやアメリカとも争わねばならなくなる。
それが日本が戦争に負けた時と同じになるのである。
そういう回りの環境は変わっていないからそうなる。
そしてまた戦後70年過ぎてそのことが問われ日本の独立を志向する時代になったのである
タグ:アメリカ
posted by 老鶯 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連