2015年02月25日

インターネットで変わった商品の買い方(2) (個別に対応することが何でもむずかしい)



インターネットで変わった商品の買い方(2)


(個別に対応することが何でもむずかしい)


または銀行の、個人の客に対しての営業のやり方なんです。自分たちが売りたい、今売らなくてはならない商品在庫を捌く。それしか頭にありません。本当にお客さんのことを考えてアドバイスができるところはないのではないかと思います
http://president.jp/articles/-/10732?page=4

これは銀行だけではない、電気量販店でもそうである。
前にオカユを作る機械を買いたいと思って商品をみせてもらったがとれを選んでいいのかわからなかった
まず買う方の問題としてオカユを作ることに関しての知識がない、商品知識がない
そうなると量販店に聞けばいいとなるが量販店でもこれが今一番売れているものですよとか説明してくれない、またそういう商品もおいてない場合がある。
だから商品に対する予備知識が必要なのである。
それでインターネットでアマゾンで調べて
今人気なのがどれなのかということを知る
レビューはだから役に立つ、出版社で本にケチつけられたと訴えた人もいることでわかるレビューの影響は何も知らないものにとって影響が大きい、判断材料になるのである。
本になるといろいろあり物の商品とは違っている。
中味は知識だからその判断がすべて正しいとはならない。

でもやはりこの本はつまらないとか書いてあるだけでも影響する
そのつまらないにしてもこういうところがつまらないと書いてあればいいが
一方的につまらないとだけ書いてあるのは誤解されやすい
その本を出している出版社にとってはそういう批評は困るとなるだろう。
ともかくインターネットではあらゆる人が批評者になったことも影響している
こうしてし二三行でもとりあげて文をつづるということなど今までできなかった。
本など出ても読者が何かを言うことはできなかったのである。
本というのは一方的メデアだしテレビでも新聞でも雑誌でも一方的メデアである。
だからたいがい宣伝費で経営するとなると宣伝する会社の言いなりになる
それでメデアの自立性が得られなかったのである。

ただこうして誰でもプログなどでソーシャルメデアで批評できる時代はものを考える人が増えるということがあるかもしれない、なぜなら自分なり書くとなるとその批評でも書いたことが誰かに読まれるとなるといいかげんなことを書けないとういこともあるからだ。批評できてもその批評を批評される時代になもなる
だから何か書くにしてもそれなりに知識や独自の考えないと相手にされないということもある。
こういうことは民主主義の促進につながることもある。
今までは商品を買うにしても売る方が主役であり買う方はただ従うだけだという面が大きかった。
商品についての知識がなかなか得られなかったからである。
それでも今は商品がふえたから本当に選ぶのがむずかしい
印刷機は4台買ったがいいものではなかった。
安いこともあったし選び方がまずかった。
最新の印刷機でも紙送りがうまくいかないとか欠陥があったみたいだ
かえって古いのがしっかりしていたがスキャン速度が遅すぎたりして使えなくなっていた印刷機はそれなりに高いからいいのを買うのが一番むずかしかった。

それからパソコンもwin8の買ってウィルスに二回やられのはショックだった。
それで中古品のwin7を二台安全のために買ったがこれの方が使い安いというのも今の時代である。
ソフトもwin7用のがありかえって中古品の方が良かったと思い失敗だった
中古品は3万くらいでいいのが今は通販でいくらでも買えていたのである。
中古品は古本でもそうだが全国規模になるからいいのが手に入るのである。
それとパソコンはすでにできあがったものだからwin7の方がかえって使い安いということあった。
そのことに気づかなかったのが失敗だった。
新しいパソコンはウィルスに弱い場合がかえってある、それも怖いなと思った。

今と物を売るにしても買うにしてもめんどうな時代になったのである。
その人の求めるものが多様化したのである。
だから売る方にしてもオカユを作る機械に関心がない人もいる
若い人など介護したりしなければ関心がないから売る方で商品について知らないことも多いのである
ましてや金融商品など銀行にまかせているがその若い人は本当に知らないのだろう。
ただ適当にいいことを言っているだけである。
そもそも金融について詳しい人は少ないのである。
銀行では金融が株が商売でないのだから余計にそうなる

ともかく人間は相手のことを知ることが大事だけどそれができない
まず人間は自分自身のことしか考えない
家に来た人もただ金をくれとかなり本当に家捜していたのだから驚く
他の人も借金かかえているから頭にそれしかなかった。
だから病気になり介護で苦しんでいるときも借金の要求だけになる
だからこの人死ねば金になるなとなっているから怖かった
ただ自分のことしか考えていないのである。
そういう人がふえたのが現代でもある。
だから相手のことを相手が求めていることに対応できないだろう。
あの人は相手のことを全く考えない人だったのである。
そういう人が経営者になれると思えない
もちろん人を雇ってもその人のことなど何にも考えないだろう。
そういう人が経営者として成功するとは思えないから失敗したのだろう。
経営者は技術だけではやっていけないのである。

相馬市公立病院の看護婦長はそういう気配りができていた。
書類見ただけで「お母さんの介護で大変ですね」と言ってくれた。
これは簡単にできない、書類だけで簡単にその人のことがわからないからだ
そこまで相手のことを知ること自体むずかしいからである。
ただ看護婦には虐待みたいなことをされたから全部がいいとはならなかった。
看護師などは本当はどういう患者なのか良く相手をみる必要がある
でも何人も相手にする、次々に変わるときそういうこともむずかしいだろう。
それはどこでも起こりうる。大勢を相手にすれば機械的になる
メカニカルな対応になりそっけないものとなる

現代ではやはりそういうことがどうしても多くなるのだ。
そもそも勤めるにしても今は時給いくらだとなるとその分しか働かないとなる
愛想など良くしろといってもそういう動機が働かないだろう。
時給いくらでありそれ意外のことに気を使うのも馬鹿らしいとなる。
オーナーだったら別だが時給で雇われている人にはそういう動機が働かない
だから今は個々の対応がぞんざいになりやすいのである。
大勢を相手にするところはみなそうなりやすい
カルト宗教団体などでもそうである。そこで問題になるのは数だけなのである。
あれだけ数が多ければ個々人などどうでもいいとなる
現代はそういう数が中心の世界である。
数で判断されるところには個々人などをとでもいいいのである。
単に統計的数字として処理されるだけだとなる


インターネットというメデアまだ熟成していないだろう
だからこれをどう利用するかはまだ未知である。
家事やっていると物を買っても料理する材料を買ってもそのノウハウの方が大事なのである、家事は本当に多岐にわたるからノウハウがわからないとできない
それで一人の女性に教えられることがあり助かった
やはり家事は女性がノウハウを積み重ねている
介護は料理など出すから女性向きであり男性向きではないのである。
それで男性が介護で苦労する時代になったのである。
だから男性も家事とか料理を習う時代になっている。
それでも一人で家事から介護からすると大変になる
それで毎日時間に追われる生活になったのである。


小高もあと一年で避難解除 (鹿島区などは人口がへるので困ることに・・・)



小高もあと一年で避難解除


(鹿島区などは人口がへるので困ることに・・・)


小高は帰れなどと補償金問題で前に言ったが消費することで潤っていた面はあった。
飲食関係とか理髪店とかその他スーパーなどはにぎわった。
飲み屋では小高では金をもっているので使うという。
遊び人になった人もいた。飯館村の人もギャンブラーになったとか書いている人もいた。連日パチンコ屋がこんでそこも人手がたりないとかこの辺は異常な状態だった。
それで人手不足なのに人手がパチンコ屋にとられるというのも迷惑だった。
そんなこと遊んでいる人は意識しない。
イワキの方でも連日飲み屋で札びらを切っていたというからこの辺の飲み屋も同じことがあったということである。
飲み屋にして見れば金を落とすのだから悪いとはならないのである。

ただそこには複雑な感情をもつようになる。
金の力で威張っている原発避難民に対して良くは思わない
でも金を落とすからしかたないともなる。
ここでも小高の避難民に対してはそういうことがあった。
ただ違うのは南相馬市内であり南相馬市民になっていたからまた違ったものがあった。
そして小高とは親戚とかいろいろ関係している人がいるからイワキのように露骨な反発はなかった。
ただしかたないなということで受け入れていた。
ただ内心では反発するものをもっていた人たちもかなりいる。

ただあと一年で避難区域が解除されるとなるとまた状況が変わる
すでに変わっている、仮設を出ている人も多くなり空屋になるからそこに外部の除染関係の人などとめたらどうかとなり具体的な政策ともなった。
ただ仮設はあと一年すると壊されるのが多くなる。
すでに年内にもこの辺では大きな仮設が取り壊されるという。
だからあと一年になるとまた状況が変わる
小高に帰る人もいるが帰らない人はまだ復興住宅が少ないのでどうなるのかとなる
住む場所を確保するのが問題になるし補償金がもらえないとなると苦しいとなる。
でも外から見ると相当に補償金もらっていいわなと見ている人もいる。
実際に補償金は一人十万だけではない、もらう人はいろいろもらっているからその額は大きいと思う。
でも土地を確保して家を建てた人はだいたい終わったというから意外と家を建てた人は少ないだろう。土地が高くなりすぎたのである。三倍くらいになったかもしれない。
それなら土地も家もある小高に住んだ方がいいと考える人もいるだろう。

小高ではそれなり帰る人のための準備ができているのか?新しい工場も建つらしい。
ただ若い人が帰るかとなるとそれはわからない。
でも避難区域でも浪江とかとは違っているから補償金が打ち切られると苦しいという人は出てくるだろう。
でも外からみると補償金をたんまりもらっているのだからそれでやれとなる。
避難区域が解除されるとやはり小高に帰れば自力で不利な条件でもそこで生活するほかないのである。

現代は人口一万切ると自治体が維持できないという、それはインフラとの整備に金がかかるからである。限界集落などでは街の中心部から離れると百倍以上の金がかかるとかなるので反発されるのである。
するとコンパクトシティがいいとなる。人口を集中させた方がいいとなる
それは福祉の面でも街に人が集まれば訪問するのも効率的になるからである。
つまり小高の町を一万ならいいが5千人とかでも維持するのが現代ではむずかしいのである。
そうなら原町であれ鹿島であれそこに人口を集中させて住まわせた方がいいという考えもある。
でも小高は小高で土地も家もあるのだから暮らすべきだというふうになっている。
この辺は何か農業や漁業が放射能汚染ですたれた。
何かというと放射能であり除染するにしても疲れてしまう。
そこには放射能が具体的にどう影響するかわからないからである。
風評被害もあり放射能の実際の被害がなくても放射能、放射能で疲れてしまったのである。
放射能ノイローゼになってしまっているのである。
放射能が払拭できないからそうなる。
放射能から早く解放されたいとしても常に放射能がのしかかってくるのである。

いづれにしろ小高の問題は南相馬市の問題でありそれが合併して複雑になったのである。小高にも常磐線が通るとか常磐道が3月1日に開通するとなるとこれは大きな影響があるかもしれない。
それでも復興というときもともと農業や漁業などは全体の一割もみたないほどしか生産に関係していない、漁業などは外から見ると漁業権で暮らしていたのかとわかったのであるだから経済的には農業や漁業が喪失しても痛手はさほどない。
ただ田舎だと田畑がないという風景が考えられない、それは相当に精神的文化的には心の問題として影響する。
ソーラーパネルとか風車とか工場だけになればそれが田舎なのか?
都会と同じじゃないかともなる。
自分としてはやはり田舎なら田畑がある風景に心がなごむのである。

タグ:避難解除
posted by 老鶯 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連