2015年02月23日

五本松俳句十句 (日立木から相馬市の城跡へ)


五本松俳句十句


(日立木から相馬市の城跡へ)

5555555mmmnnn.jpg
クリック拡大

草の花たどれる道や五本松
五本松老人集まり秋日没る
高齢化芒のあわれ五本松
夜もふけぬ月影さして五本松
冬の朝身の引き締まり五本松
冬日没る鬼越館に五本松
五本松ここに変わらじ冬田かな
五本松質実にして冬田かな
春北風に日も暮れなむや五本松
春の暮城跡たずね五本松

昔の街道には浮世絵でも良く松がでてくる。その松もいかにもいい松なのである。
街道にはどこでも松並木がありいい古い松があった。
日本は松の国である。松は何か人間に見えるのである。
今はそうした風景も何か脇道に取り残されたようにある。
それは車社会になったとき街道もすたれ松も映えなくなったのである
車社会は風景も破壊したのである。
五本松はどこにでもあった。それも歩いてゆくとき五本の松があると感じる。
車だったら一本一本の松を感じないからである。
五本松から日立木から松並木を通り相馬の城跡へ行く道は昔の街道を感じる道である。

こういう昔を感じる、歴史を感じるためには何回も日常的に往き来していないと感じられない、季節の変わってゆくなかでも感じるからだ。
自然と人間が一体化するというのは現代では本当にむずかしくなった。
生活のテンポが早すぎることもある。
自然はやはり悠長なときに自然のものと一体化するのである。
ともかく現代は何か自然と一体化しないから人工的になりすぎて索漠とするのである。
あそこに五本松があると何がほっとするのである。
ただ芸術は必ず時代の影響を受ける
高齢化社会だというときあの松も老人なのかと感じる
なぜなら相馬の道の駅にいつも老人がちょうど五六人集まっていたからである。
あそこはそういう場所にふさわしかったのである。
何することもなく集まって日が暮れると去って行っていたのである。
冬はさすがにいなかった。


 
タグ:五本松

梅咲くー春北風(はるきた)ー日立木から黒木まで


梅咲くー春北風(はるきた)ー(日立木から黒木まで)


まちばばし紅梅咲くや我が来る
春北風や日も暮れなむや五本松

春北風(はるきた)に向かいて走る坂越えて黒木までかも行きて帰りぬ
日立木の薬師堂に咲く紅梅やここに祈りぬ昔の人かな

3カ月ぶりなのか4カ月ぶりなのか相馬市には行けなかった。寒かったのとなかなか介護で出れないためである。
介護でショックだったのは自由に外出もできないことであった。
最近また弱ると手がかかる。便の始末とかでもかかる。
だから家で介護することは離れられなくなるから苦しいのである。
施設だったら誰かが代わってめんどうみるからいい、代わってめんどうみる人が家族にいないと在宅の介護は大変になる。
この辺ではまず特養とかには入れない、まず東京辺りでも介護難民が深刻な問題になる。
今日は風が吹いていた。この風は春北風(はるきた)である。寒くなくあたたかいから風を受けて走ってきた。電動自転車は風とか荷物に強い、馬力があるから風に向かっても走るのである。
相馬市の黒木まで行ってきた。黒木というと結構相馬藩では話題になる黒木氏がいた。
一時は伊達氏についたりした。丸森にも近いからそういう地理的なもので黒木氏が伊達市につくか相馬氏につくかで問題になったのである。


途中日立木の薬師堂によったら紅梅が咲いていた。あそこの薬師堂は何か場所がいいのである。
あそこは何かほっとする場所なのである。それはなんというか場所の不思議である。
日本の神社は場所に意味がある。パアースポットだというのは本当である。
薬師堂というときどこにでもあるがそこは病気の時祈る場所だった。
病院に行くように薬師堂に祈っていたのである。
病院も医者もいないのだから薬師堂に来て祈る他なかったのである。
だからあそこにはなんか場所の力、パワースボットになっているのかもれない。
そういうところでエネルギーをもらえるということもありうる。
ただそれもそこに頼りすぎると危険である。
場所でも頼れば偶像崇拝と同じになるかもしれないからだ。


ただ自分は旅してきたから何か場所にこだわるのである。
何度も書いてきたけど日立木から相馬の城跡までは一番歴史を感じる
相馬藩では日立木から松並木を通り城跡まで行く道が歴史の道である。
そして道の駅に行く所にある五本松は何か心なごむのである。
あの五本松が変わらないということがいいのである。
この辺はあまりにも変わりすぎたから余計にそう思うようになった。
五本松には実は人間を見ているのである。
五本松は人間が変わらずあるというふうに見ているのである。

ともかく今年は寒かった、今日は春だった。ただ風は東風(こち)ではなく春北風(はるきた)だったのである。
春北風とか季語があるのも日本的である。日本では季節が常に変化しているからである。
タグ:春北風