2015年02月01日

廃墟の大都会の幽霊電車(ショートストリー)


廃墟の大都会の幽霊電車(ショートストリー)


そこはその国では一番大きな大都会だった。不夜城のように灯はともり高層ビルが林立していた。人々でどこもごったかえししていた。夜も眠らない大都会だった。
女性は華やかなカルフルなファションで通りをさっそうと歩いていた。
一千万の大都会に人々は日夜働いていた。回りに畑や田んぼはないのでどうして食べ物をがあったのか不思議となった。
一千万人の食料を供給することは信じられないものだった。
でも人々は豊かに暮らしていたのである。
それがどうしてなのだろう。そこは突然誰も人も住まない都市となってしまった。
その国では原発事故がありいくつかの町と村に人が住まなくなり廃墟と化した。
ただそこは自然豊かな田舎だったので葦がぼうぼうと繁る元の原野にもどったのである。そこには野生の動物が増えて元の自然にもどったのである
しかし大都会はすべてが人工化した空間だから人工の廃墟と化している
地下鉄が縦横にめぐらされているがそこをもう電車と通らない、ただ地下鉄は洞穴のように残り通じている、上からは雨がしたたり錆びた鉄路が通じている
そのくねり曲がった通路は今になると何か神秘的である
懐中電灯で照らすとそのトンネルは延々とつづいている。駅もあり駅名もある。
ただ人は全くいない、時々コウモリとかが飛びネズミがはいまわる。
この地下鉄を多くの人が利用して混雑していたのだ。
それが信じられない、誰も人はいずもぬけの殻のようになっている
今は廃墟となり死の世界となってしまった。
本当にそこは不気味である、懐中電灯を照らしてゆくと誰か向こうから人が来るのだろうか、時々幽霊列車がここを走るという、そして影のように人が乗り降りするという。

「おい、あなたは川上君じゃないか」
「あなたは誰ですか」
「僕は山下だよ、大学時代一緒だったろう」
「ええ、そんな人いました?」
「なんだ、忘れたのかい、それもそうだな、あれから50年もたったからな」
「まだ題目唱えているのか」
「・・・・・」
「電車にサリンがまかれた事件あったな・・あれもまたこんな大都会から生まれた事件だった」
「確かに大学には行っていたけどな、時間がたつの早い、いろんなことを忘れてしまうよ」
「電車が来たみたいだよ、じゃさようなら」

こうして二人の影は別れてしまった。
あのころは学生運動があってこの地下鉄をゲバ棒をもった人達が歩いていたとかあった。それもずいぶん昔となった。
それから時間はまた数百年はすぎたのだろう。
その大都会がどうしてそうなったのか人が住まなくなったのか不明である。
ただその何百年前にそこから300キロ離れた原発で事故があり回りの町や村に人が消えたそのことがあったからそれが放射能が影響したのかもしれない、放射能汚染で住まなくなったとも言われる。数百年後にこの国の人は事故のことなど忘れたときまた原発事故があったらしいからだ。
ただ今になるとどうしてそんな廃墟になったか不明なのである。
それはマヤ文明が廃墟の階段ピラミッドを残したのとにている。

地下鉄を出ると高層ビルが今もそそりたち不気味であり影を伸ばしている。
なぜこんなに高いビルに人は住んだのかととりざたされる
辺りを見回しても人っこ一人いない、ただ幽霊がここで出会うらしい。
かすかに街灯がともる一角がある。
そこに幽霊が何人か集まる。そしてひそひそささやいている

「ここであなたと良くあっていたわね」
「う、なつかしいね」
「あの日はもうもどらないね、悲しいわ」
「青春なんかたちまち過ぎてしまうんだよ」
「そう、人間なんかはかないもんだよ、一場の夢なんだよ」
「まあ、こんなところで毎日あくせく働いていたんだよ、地下鉄でも電車にギュウギュウ詰め込まれてな、あれはなんなんだったのだろう」
「そういうことね、私も夫を会社に送り出すために忙しかったけど・・・みんな昔のことよ」

こんな会話が幽霊の影がささやいていた。この巨大な廃墟の跡を継いだものはネズミと蟻でもあった。こいつらは何かしら食べ物を見つけて生きている。
蟻はどこからでも這い出して巣を作りやはり働き続けている。
ここで働いていたものも蟻ともにていた。だから蟻がここでは生き続けている。
ともかくその大都会は地下鉄であれどこであれ迷路が延々とつづき抜け出れないのであるこれだけの大都会が廃墟となることは今では信じられない、でもその信じられないことが人間社会には起きる。
そしてなぜ人が住まなくなったのかが謎となる。
ただ幽霊電車が地下鉄であれ地上であれ時々忘れたように走っている。
その時一瞬この大都会に人が住み活動しているように錯覚するのである。



飯館村が原初の葦原になり伝説化した (葦笛の詩として引用構成)
http://musubu2.sblo.jp/article/57094940.html


これも相当読まれている。飯館村関係の人が読んでいるとしか考えられない
原発事故で起きたことは本当にドラマでもない映画でも小説でもない
現実だという驚きである。こんなことがありうるのかという驚きの連続だった。
そもそも津波もそうでありこれが現実なのかというが信じられないということがつづいていたのである。
津波で村ごと何もなくなるなど想像すらできなかった。
でも人間社会にはこういう想像もできないことが起こるということをまざまざと見たのである。
伝説というのはだから真実を基にしているのだ。
何かしらの真実があって伝説になっている
だからそれがなかったとは言えない、ただ小説やドラマのようにフィクションだったとは言えない、現実があってフィクションがある
「事実は小説よりも奇なり 」である。

この七年間の自分のことを書いてきたけどこれもそうだった。
認知症などとという訳のわからないものに家族がなるとは思いもよらなかった。
そしてまわりで起きたことも全く信じられない連続だったのである。
だから人間は想像することは現実化するというのも本当になる。
ただ現実の方が人間の想像より驚くべきものとなる。
いづれにしろ東京が廃墟になるということはありうることなのだ。
それが放射能なのか何かわからないにしてもなりうる。
そして謎として伝説として語られるようにさえなる。


結局東京そのものが現実に見えないのである。イリュージュンのようにみえるからだ。
これが人が住む世界なのかとなる。
だからある時巨大な廃墟のうよも見えてしまう。
最近すでに十年は東京に行っていないから本当に昔になった。
結局人生そのものがイリュージュンだったのである

 
タグ:廃墟
posted by 老鶯 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

グローバル社会の暗と明 (国内の格差、世界の格差が拡大する)


グローバル社会の暗と明


(国内の格差、世界の格差が拡大する)


●入鉄砲はテロリストのこと

今回の事件はグローバル社会から起きたものである。そもそもテロ自体が人が世界を自由に出入りできるから起きている。
歴史をふりかえればそんな時代はない、人の出入りは厳しくチェックされて出入りできない
江戸時代のように世界でも同じだったとなる。
「入鉄砲」というのがまさにそうである。これと他国から来るもののテロを恐れていたから厳しくチェックしていたのである。
パスポートとだけで自由に世界の国を出入りできることは人類にとって相当な進歩だったのである。

その暗黒面として自由にテロリストも出入りできるということである。
これはとめることができない、ちょうどウィルスと同じようにできない
それだけグローバル社会になっているからできない
世界中に誰でも自由に出入りできるからテロリストの温床になる
すでに日本だってイスラム系の人がかなり住んでいるしそこからテロリストが生まれるかもしれない
これだけ人間も世界で混じり合っていれば防ぎようがないのである。

そもそも不思議なの江戸時代は何であんなに藩ごとに別な国になっていたのかということである。関所がなぜあんなに多かったのか?
それを考えればわかる、それだけ他国の見知らぬ人間は信用できない、危険だからそうなった。
信頼関係がないから信用できないからそうなった。
今でも沖縄の島ではそういうことがある
まず外から来た人は怪しいとなり信用されない
ただ木陰に休んでいただけで怪しいと警察が自分を職務質問に来たのである。
これは江戸時代だと思った、見知らぬものがうろうろしていたらすぐに怪しいと見られる時代だったのである。
これが人間社会で普通のことだったのである。

●テロリスト集団と人質交渉になぜ失敗したか?

最初は人質交換はたがいの命を生かすものとして交渉するように見えた。
しかし考えてみると物を交換するのとは違う、商売するにしても互いに信用がないとできない、金を払っても金を本当にもってくのとかなる。
こういうことは悪人の麻薬の売買とかでもそうなる
あいつ信用できるのかとなる。
それとにていて互いに殺し合いしている人間の間では信用はできない
人質交換するにしてもそもそも信用できないからできなかった

ともかく人間は信用することほどむずかしいことはない
それは人を雇う立場にある人であれ共同事業する人であれ
どうして相手を信用するかが最大の問題になるのだ。
だから借金している人とは組まないとか経験している人は判断する
借金している人はすでに危険な信用できない人物なのである。
それはつきあうにしてもそうである。
相手の弱点があったら借金を請求してくるから怖い。
もちろん横領もするかもしれない、そういうふうに見られてしまう。

お互いに信用して命のやりとりもできる。その根底がないからただ互いに疑心暗鬼になっていたから失敗した。
イスラム国ではリシャウイとかの死刑囚を重要視していなかったのだろう。
それより人質をとりヨルダン政府をゆさぶり日本をゆさぶり分断するとか何かそうした別の意図があった
だからもともと人質交換する気がなかった
だからすでに人質を殺すことは予定されていた。
ヨルダンのパイロットも殺されているのだろう。
結局イスラム国への見通しが悪かったのかもしれない
でもなぜアメリカとイギリスと日本人が殺されたのかわかりにくい
日本はアメリカとイギリスと同列に見られていたのかとなる

●アメリカの責任も大きかった

イスラム国というときそれはイラクをアメリカが攻撃したことから生まれた。イラクの残党だとなる。
そもそも9・11のアメリカのビルのテロはイラクとは関係なかった、でもそれを口実にイラクを攻撃した。そういう権力の横暴が常にアメリカにはあった。
だからどうしてもアメリカへの反感が世界に生まれる
権力をもつものは常に悪用されるのである。
権力をもって黙らせることができるからである。
それは原発でも同じだし前の戦争でも同じだった。
そして権力は人間が悪だとすると悪代官のように悪用される


そしてグローバル社会というのは国内格差だけではない、世界的格差を拡大化して露骨にする、世界的に富は数バーセントのものに集中するとかある。
イスラム国になぜ若者が集まるのか、本当はあんな所に行きたくないだろう。
豊かな生活をしていればあんな危険な所に行きたくないというのが普通である。
そうでないから食い詰めているとか浪人のようになっていると一旗あげようとか集まってくる、給料も高く家まで与えているとなるとそうである。
イスラムの国々は貧乏な人が多い。するとそこに閉塞感が生まれる
それがイスラム国へ人をひきよせる

別に格差は日本国内でもあり深刻になる。
泥棒にも三分の理があるというのもつくづくわかる
なぜこんなに自分たちは貧乏であいつは裕福なのだとなる
そこには実際は合理的な理由があってもそれを認めるものはいない
イスラムでは近代化できない、工業化できないということがあった
中国が豊かになってきたのは工業化してきたからである。

格差社会というのは本当は治安を悪くするし深刻なのである。
自分もそういう経験をした。
生活に困っていれば強盗でも何でもするのが人である
今食べるものが内となれば相手を殺しても一日食べるもののために人も殺す
そういう切羽詰まった人間と接してきたからわかる
家に入ってきたものに強奪され借金しているものは病気のときも脅迫してきた。
もう相手のことなど何も見えない、自分のことが優先される
そういう追い詰められ人間は怖い
それがイスラム国の人間だということである。

 
posted by 老鶯 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

ゴトウケンジ死す (イスラム国とは国ではなくテロ集団なのか)


 
ゴトウケンジ死す


 
(イスラム国とは国ではなくテロ集団なのか)


ゴトウケンジが殺されたけどイスラム国に現代の文明のルールなど通用しないことがわかった。
最初は人質交換などで命を生かすための交渉かと思っていたのである
そんな甘い考えなどイスラム国には通用しなかったのである。
何か不思議なのはイスラム圏社会はそもそも近代化できなかった。
近代化とはいろいろあるが一つは工業化できなかった。
イスラム社会から何か工業製品を作り出していない
日本は近代化したというとき技術的な面で工業化しているのである。
日本は江戸時代の鎖国から中世的世界から近代国家に飛躍したのである。
それができたのはアジアでは日本だけだったのである。

だから不思議なのはイスラム国の出現はまるで中世の暗黒時代の戦国時代へ逆戻りしているように見える。首切りとかの残虐性もそうだし何か近代のルールも全く通用しない
そもそもがイスラム国というけどそれは国家でもない
すると国家とは何なのかとなる、国家と民族は違っている。
その象徴がクルド人は国家はないけどクルド人としての強固なアイディンティティがあり結束している
国家がなくても民族は存在しているのである。
日本では国家も民族も島国で一体化しているからそういうことがわかりにくいのである。
大陸的には国家というのはいつも同じではない、民族は同じでも国家はそうではない
国家は大陸では島国でないから絶えず拡張したり収縮したりしているのである
だからイスラム国が目指しているのは中世のカリフ制である


この地図を見るとリビアであれエジプトのシナイ半島でテロが起きたことが納得がいく。イスラム国はかつてのカリフの時代を再現しようとしているのだ。
その残虐性は中世の戦国時代のように見えてもまた近代的なものも取り入れている。

イスラム国は民衆に、自分たちを受け入れる限り悪いようにはしないと言っている。シリアの支配地域では商人たちから2ヵ月に1回20j相当の税金を取るのですが、律儀に領収書を出す。アサド政権時代には税金はもう少し高く、領収書も出さなかったため、一度税金を払ったのに別の徴税官が来て、税金を出せと言ってくる不正もありました
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41813?page=5

ここで不思議なのは領収書を前のアサド政権で出していないのにイスラム国では出していて二重にとったりしないというのもかえって近代国家的なのである。
要するに中世や戦国時代と近代がまじりあったようなものになっている

ただ国家という概念は近代が作り出したものであり国家の範疇に収まらないものがかつてはあった。
だから国家とはなにか、イスラム国は国家なのか何なのか?単なるテロ集団なのか?
だから殲滅すべきだという議論がでてくる。
つまり国家としての交渉はありえない、だから人質交換など国家を相手にするものではないから通用しないとなる。
国家には元首がいるがイスラム国にはいない、だから誰と交渉しているのかもわからない責任を持つものか誰かもわからないからそもそもまともな交渉ができない
それで簡単に都合で残虐に殺すだけだとなる
日本でも江戸時代は他国から入るものと入鉄砲入女とか関所で調べていた。
他国から入るものは常に危険だったから移動の自由もなかった。
こういう時代が世界でもあった。

今のグローバル化社会というのはやはり近代化して一方で人類的には進歩したものとしてあった。
そこに様々な問題が生まれるにしてもどこの国へでも安全に行けるということ自体格段の進歩だったのである。
江戸時代であれ世界でもそんなことが簡単にできなかったからである。
それでいかに世界を安全に行けることが恵まれたことなのかこの事件で認識した。
これまでは当たり前だと思っていたのである。
ともかくこの辺に起きたこと津波であれ原発事故で故郷に住めなくなったことなど
当たり前なこと意識しないことか恵まれていたとか意識するようになったのとにている。世界を自由に行けるということはそれは人類の進歩であり恵まれたことだった。
イスラム国の出現でもはや安全に日本人も渡航できなくなったことでわかったのである。
posted by 老鶯 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層