2015年01月28日

冬の暮(家事、介護に追われる状態は変わらない自分)


冬の暮(家事、介護に追われる状態は変わらない自分)

寒椿なおひとしきり風唸る
今日も行く同じ路地裏冬深む
海老浜や沖に船行く冬の暮
知る人の小さき畑や冬の暮
冬芒一杯のコーヒーの味深し

故郷の山脈翳り冬の朝老いにし人とまた会えるかな


家事と介護で半分以上の時間がとられる。家が広いから余計に時間がかかる。
だからこの七年間はやはり何かゆっくりすることができない
それでコンビニの前がコーヒ一杯飲むのが息ぬきなのである。
コーヒは外の景色を見つつ飲むとうまい、あそこでは百円でのめるしうまい
寒いと遠く知自転車は行きにくい、それより毎日家事に追われて時間の余裕がないのである
今まではどうでであったかというは三食は必ず用意されていたし家のことはなにもする必要がなかった。一転して全部自分しなければならなくなった。
それも最初は二人も介護していたときもあった。一人は早く死んで助かった。
こういうとき一番怖いのは介護する方が病気になることである。
代わりがないから共倒れにもなる。誰も助けてくれない、それでむごい目にあった。
だから一人というのは実際はリスクが大きい、何になるかわからないしその時どうにもならない、だから今になるとそもそもこういうことになることがわかっていたから
何らか対策を前からしておけばいいと思った。
人間は前にも書いたけど楽天的なのだろう、なんとかなるだろうとしか未来を予想しないそんな取り越し苦労しても仕方ないよというのも生きる知恵である
でも人間は最悪は本当は予測できる゛ただしないだけなのである。
今回の人質事件でも最悪は予想できたけど楽天的になっていたのである。
そうでなければなんゅ事件にまきこまれることはなかったのである。
最悪を予想しないことは別に個人的なことでなくても津波でわかったように原発事故でわかったように最悪の状態を予想して作っていない
楽観的でありそんな津波なんかこないよで最悪でもないおそらく最低の準備すらしていなかったのである
最悪を考えれは避難訓練くらいするのが普通だがそれも安全神話があるからできなくなっていたのである。

この世の最悪の日はいつかやってくる、それはわからないにしてもそれに備えることも必要である。それは人間の力でもどうにもならないのである。
だから信仰が必要になる゛神により頼む以外ないからである
おそらくこれからも予想つかない最悪のことは確実に起こる
人間は未来のことはわからないからである

いづれにしろ自由に旅していた外出していた自分がやっとコンビニでコーヒ一杯飲むのが息ぬきになることなどありえないことである。
でも現実はそこからぬけだすことができない、毎日同じ道を往き来してそこからはずれることがほとんどできないのである。
それも自分のカルマだったとなる
タグ:冬の暮

カルマの総決算がハルマゲドン (原発事故もこの地域でカルマを積んだ結果)


カルマの総決算がハルマゲドン

(原発事故もこの地域でカルマを積んだ結果)

●カルマの総決算が必ずくる

ハルマゲドンは、「カルマの総決算」とも言い換えることもできる。

更に、知花氏は『人類を救う意識改革』の中で、次のように述べている。
「家庭の一人一人の不調和は家庭のカルマとなって現れます。
それを家庭のカルマと言います。
家庭が思わしくいかないのです。
そこに住んでいる一人一人の心の不調和が家庭の状態に現れて来るのです。
今度はその家庭のカルマが村単位で現れて来るわけです。
ある村に不調和な村と調和のとれた村があったとします。
どちらに災難は起こりますか。
それは調和のとれていない村民に起こります。
それが村民のカルマなのです。
知花俊彦

人間の起きてくることには必ずカルマが関係している、それは個々人とか家族とか村とか町とかの単位でもカルマが関係している。
人間は生きていること自体カルマをつんでいる存在である。
人間が一人生きることのためにどれだけの動物の命が犠牲になっているかでもわかる
生きることは他の生物の命を食べること犠牲によって成り立っている
野菜を食べるにしてもそれは人が苦労して作ったものであり根本的には大地の恵みなのである。
金さえあれば何でも手に入る、用は金があればいいんだとなっているのが現代である。
だから大地に感謝したり海に感謝したり天に感謝したりすることもない
人間が生きることは業(カルマ)なのである。職業というときもカルマとして職業を認識していた。だからカルマから脱するには職につかないことだともなっていたのである。
職業とは何らか自然を破壊することに通じていた。縄文時代などは職業などはない、専門家した職業などはない、要するに生業というのがあてはまるだろう。
そもそも職業という観念もなかったのである。

原発事故が何だったのか?これも考えるとやはりカルマが関係していた。
人間の業として原子力発電に到達したのである。
職業がまさに業としてカルマとなって災いとなったのである
原発事故がそれは東京からもたらされたものであり外部の責任だ、東京の責任だと言うが現実はその村のカルマが原因していたこともある
その村や町が作り出したカルマという側面は確かにあるのだ。
飯館村はそういうことはなかくとばっちりをうけた、回りにどこか家族でももめごとがあると親戚であれ巻き込まれるのとにていた。
飯館村にカルマがなくてもすぐ近くにカルマをもった町があったときその影響をもろに受けたのである。離婚したりすると双方の親戚が必ずもめるのとにている。

●中東で起きるハルマゲドンもカルマの総決算

カルマというと個人レベルから国家レベルのカルマがある
中東で起きていることは国家的カルマでありそれは十字軍時代からであるから長い歴史があるカルマである
だからこそカルマの総決算がハルマゲドンになるということがありうる
要するにヨーロッパに蹂躪されたイスラムとの大戦争になる。
そこに歴史的国家的カルマの総決算が起こるハルマゲドンになる
カルマはまたどこかで総決算されないと消えないからである。
個人的にもカルマは決算を強いられる
それも他者ではできない、他者におしつけるとカルマはさらに何倍も重いものとなって本人にのしかかる
借金をしていたのはただ見栄であったのだから自分で清算しないかぎりカルマは清算できない、他人にその借金をおしつけてもカルマは解消しないのである。
もしそんなことをすればそのカルマにかかわりないものを苦しめるのだから本人のカルマはますます重くなるのである。
家があったら家を売るとか何らか自分を犠牲にしないとカルマは解消できないのである。

イスラム国の広報でイスラム国からハルマゲドンが起きてくると宣伝していることでもわかる。それは聖書で予言されていた。
最終戦争とはなぜ起きるのか?それはつもり積もったカルマの総決算が起きてくるということである。国家間で世界レベルで起きてくる。
人間の罪でありカルマであれそれがどれほど深く積もり積もっているか個人的にもそうであり国家的にもそうである
そういうものは簡単に解消できない、では解消するにはどうなるのかというとハルマゲドンが起きる、人類最終戦争が起きてようやく解消できるとなる
天変地異も起きる、それがノワの洪水だった。
それもカルマの清算の一つの現れだった。何でこんな無慈悲なことが天はするのかと嘆いていた人がいたがそれは人類に対する大きなカルマの結果だともなる
原発事故は明らかにそうだったのである。
人間が作り出したかカルマがこの辺を苦しめる結果になった。
プルトニウムの毒が二万年消えないというときまさにそのカルマの恐ろしさを実感する

ともかく個人的にもカルマつまないようにしないとそのカルマをもつようになる。
人に対しても必ず何らか人はカルマをもつようになる。
人に感謝されたりするときはいいが恨みをもたれたりするとカルマになる。
でも人間は平気で知らずにカルマを積んでいる。
不思議に恵まれた人も金持ちもカルマを積んでいるのだ。
なぜなら金持ちになれるのは実際はその人だけではなれない
周りの人々が関係しているのだ。
だからあまり金をもっているとその金を奪われたり殺されたりもする
金をもっていても有効に使わないとその金を奪われるのである。
そして最悪は殺されて奪われる
だからたいした金でなくても金をもっていることは怖いことだなとつくづく思う
金あればいいと思っているがそれを有効に使えないものは持つべきではないとなる
どんな人も生きる限りカルマをもたない人はいないのである。
自分ではそう思っていなくても知らずにカルマは積んでいるのだ。
その結果か必ず現象となって現れてくる

そもそもなぜこの辺でこんな悲惨な状態になってしまったのか?
漁民であれ農民であれまず海の恵みに大地の恵みに感謝したことがないだろう
ただ漁業ではもうやっていけない、農民でも跡継ぐなどもいない、農業ではくらしてはいけない、もうやめたいということしかなかった。
そういうことは時代的にわかるにしてもそうした限りなき人間の欲望が原発をもたらした漁民はこの辺では少ないにしろ漁業権を東電に売り渡して金を得ていた。
その金は漁業するより多額だったのである。
現代は海の恵みとか山の恵みとか森の恵とか大地の恵み感謝する人などいない
人間が作り出す科学の恩恵こそ恵みであり自然の恵みは無視されてきた
人間は神に天には何もできないけど感謝の心はもてる
今日一日の恵を与えてくれてありがとう・・とは言える。
それもなくただたりないたりないもっと欲しい欲しい・・これしかなくなっていた。
原発はその足りない分を満たしてくれるからいいものだとなっていったのである。

●それぞれの市町村にはカルマがある

それは調和のとれていない村民に起こります。
それが村民のカルマなのです。


双葉町とか大熊町は争って原発を誘致していたのである。
隣の町だけが原発で金が入る、こっちも金が欲しい、原発を建てろとかなっていた
それが災いの元を作り出していた。
そして双方とも共倒れになった。
原発が建つことで人間の欲は刺激されてとどまることがなかった
その前にも個々人は過度な富を求めるようになっていた。
調和がとれていないというとき自然との調和がとれていないこともある
飯館村は自然との調和を計った村作りをしていたから違っていた
だから県民所得も一番福島県では低くかったのである。
それも他の町のカルマを受けて悲惨な結果となってしまった。

この世には確かにカルマの法則だけはある
それは個人的にも家族にもあるし地域にもあるし国家にもある
それがいつかたまりたまって総決算が強いられる
結局自分自身の苦しみもそのカルマの総決算、家族のカルマの総決算を強いられたのである。個人的にも家族的にも必ずカルマの決算を強いられる
カルマは結果として必ず現れる、その一つの行為はささないものでも結果として現れるのがカルマなのである。否応なく現れるのである。
だからこの世の中はどれだけのカルマが集積しているかとなると目眩がするだろう。
この世にあるものはカルマだらけじゃないかともなる
会社であれ様々な団体であれカルト宗教団体であれカルマ集積している
国家自体、政府自体にカルマが集積しているのである
公務員とかが官僚が悪だというときもそうである
そういう巨悪は誰もとがめることができない、検察もできない、だから東電の幹部を罰することはできない
なぜ団体がその権力に物言わせて社会をゆがめるのか、横暴になるのか
それを正すことは誰もできない、原発事故も東電だけではない、政府からマスコミから宗教団体が一致して行われていたことでもわかる。
それをとがめることは誰もできなくなっていたのである。

津波という天変地異が起きてその真相があ明らかになったのである。
それが世界的になるとハルマゲドンになるのである。
世界最終戦争で総決算が迫られる
というのはイスラム国が聖書で予言されているハルマゲドンの地ともされからである。
だから不気味なのである。
そしてなぜ相馬地方に最悪の原発事故が起きたのも何かの因縁なのか?
ただの偶然なのか、そうとも思えないものがある。
原発を誘致したのはこの土地のものでもありその町民のカルマが報いとなって現れた。
そして以前として原発を再稼働しろとか補償金を要求するだけの土地になってしまった。それもやはりこの辺の土地のカルマが作りだした結果なのかもしれない
もしかしたらこの辺がソドム、ゴムラになっていたのかもしれない
自分の経験したことはそうだった、弱者を苦しめて喜ぶというか無慈悲なことを身をもって経験したからである。
ただここだけではない原発のあるところはこの辺と同じ運命になる
それはいつの日かわからないけどなりうる
だからここだけの問題ではないのである


 
タグ:カルマ
posted by 老鶯 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連