2015年01月01日

2015抽象画


2015抽象画

newyyyy1234.jpg

歪んでいる宇宙に銀河

yuuuyake123.jpg

夕焼け

fffff234.jpg

ffffffff445.jpg
宇宙の花



wavesssss1234.jpg

波紋

lakeroad123.jpg

湖の道

mirrrerrr123.jpg

鏡の眼


抽象画の強みはいくらでもできることである。
変化が容易にできるからである。
まず具象画でなければ一流の画家と認められない
それでも抽象画を一流の画家が描いている
するとこれは素人レベルなのかとなってしまう
つまり抽象画は誰でも描けるからである
特にパソコンとインターネット時代はそうなった
それで著作権違反になるのかという問題が起きた

今年は抽象画は暇つぶしにやるだろう
やはり波なら波とか抽象画も具象画を基本にしているのである
タグ:2015

2015 新年の短歌十首 (大晦日は霰、元旦は北風、地震もあったー羊年は天候が荒れる?)


2015 新年の短歌十首


(大晦日は霰、元旦は北風、地震もあったー羊年は天候が荒れる?)

ggggggggg123.jpg

羊年穏やかなれや月に石

夜になり北風やみぬ月に石

去年(こぞ)置きし石の一つや新年のめぐりてここに親しみよりぬ

我が庭に新しく置く石一つ月の照らして年改まりぬ

玄関に枯木の影や勤めにし苦労のみの重なる女かな

大晦日霰ふりにき老いてなお苦労の消えぬ故郷の女

元旦に北風唸るもここにしも我が家にあれ守り受け継ぐ

故郷に重荷なる人誰が背負ふ年の明けしも変わらざるかも

悲しさはただ重荷としてある人や誰が負うべしやカルマなるかな

新年や介護の日々のなおつづく石の一つを月の照らしぬ


今年はどうなるんだろう、大晦日は霰だった。今日は北風が一日唸りどこにも出れなかった。
羊年だと何か穏やかであるような感じではあるがこれもわからない、そうあってほしいというだけである。
結局自分にしても介護になってからずっと家族でも自分でも重荷を負う生活である。
それは何ら変わりない、今年もそうだろう。
一生重荷を背負わされた女性もいる。それで十年ふけてしまった。
障害者の子供とかもち一生重荷から解放されない女性である。


人の世は重き荷を背負うて遠き道を往くが如し 徳川家康


小高でも他でも津波の被害地も誰が重荷を背負うのか、誰も背負いたくないとなってみんな若い人も町を出てゆく、補償金もらって出た方が楽だとなる。
そこで家族もばらばらになり町をになう人がいない
誰かが重荷を背負わねばならない、でも誰も嫌だとなり家族はばらばらになり町は放棄される。それはもともとそうした絆が失われいたからとも言える
なぜなら戦国時代でもなぜ死んでまで主君に尽くすのかとかなるからである。
そういう一体感がすでに広域化グローバル社会でなくなっていたともいえる

個々人にしてもそうである。。なぜそうなったのか?いろいろ考えてもわかりにくい。
結局カルマなのかもしれない、それぞれの人が負っているカルマなのかもしれない
結婚の相談とか離婚の相談している女性が結局結婚もカルマだといっていた。
離婚もまたそうである。
身近な人でもなぜあの人は夫で苦労する女性なのかというとそれが親子二代だからカルマだったとなる。これもそうしか解釈しようがない例だった。
自分も介護とかなっているのは明らかにカルマである。
カルマは借りでありその借りを返すことを要求されているのである。
どんな人も何らかのカルマを背負いカルマを負わされているのである
それから逃れることはできないのである。
見栄とかで借金した人が他人に借金をおしつけて解決するのか
そのカルマは自分で払わない限り返せないのである。
もしそうだったら人生はあまりにも楽だとなってしまうからだ。

今年の元旦は月が光り北風がなる、そして新しい石を思う
石となるとなにか穏やかであり月もそうである。
「石と月」の元旦であり朝日が昇る元旦はなかったのも不思議である。
羊年とは何かこれもわかりにくい、ただ羊は月なのかもしれない、太陽とは違っている。獅子だったら太陽だが羊は控えめだから月になる、だから月と石と羊はあっているかもしれない。
元旦で天候はいつも違っているし心境も違ってくるのである。


羊年は天候的に荒れるのか?
細かい枝というのもそうなのか、干支などで運勢などわからない
ただ羊とかはどういう性質なのかということは通じている。
羊は穏やかであり従順だということである。
その年の運勢とはそれがどう関係してくるのはわからない。
今年は穏やかになるとは限らない
そう願ってもどうにもならない、
確かに天候は大晦日に霰であり元旦に北風で地震もあったから
やはり荒れ模様なのかともなる
ただ月は光り穏やかであった。
天候がわからないのは地球全体と関係しているからである
一局所を見てもわからないのである。
地震なども地球全体が関係しているかわからなくなる
人間は地球でも宇宙でも全体になるとわからなくなるのである


タグ:羊年

新年おめでとう(2015)

gashunnn123.jpg

kinngaaa123444_FotoSketcher.jpg

南相馬市鹿島区「花幸」の今年の正月の作品

ccccchhhhh1234_FotoSketcher.jpg

青い花は水に青い染料を入れて吸い込ませて色をだした
やはり花屋はいろいろてことをしっている

ccccchhhhh345688.jpg
クリック拡大


新年おめでとう


大輪の菊こそ映えて幸あれや新年迎え健やかにあれ


去年は楽な一年でした。
今年は体も回復してさらに元気に活動したい
ただ介護があるので遠くには行けない
つくづく人間は健康第一です
健康だったら長寿も何ら問題ない
若い人にも負担はかけないのである
高齢化社会の問題はいかにして健康に長生きするかにある
死ぬとしたら元気に活動しているような状態で死ぬの理想である。
仕事していてその後一二週間で死んだ人がいる
そういう死に方が理想である。
寝たきりとか介護とかになると長すぎるし負担をかけすぎる
高齢化は負の面のみ言われるが
何かを成す創作する人にとっては時間が余計に与えられるからいい
旅をしてもある場所を理解するには時間がかかるのである

現代はグローバルであり世界のことを知ろうとしたらさらに時間がかかる
現代が長寿になったということはグローバル社会に適応するためだともなる
江戸時代辺りだったら理解することは少ないから短命でも良かった
今は理解することが多くなりすぎている、何でも理解することは時間がかかるのである。自分も今になるといろんなことを理解できる
これはこういうことだったのかと理解できる
本などもこれは何を言おうとしているのかわかる
そしてそこから自分なりの見解に導くことができる
「少年老いやすく学なりがたし」というのはその頃高齢社会ではない
文字通り老いやすい時代だったのである。
現代は70でもまだ現役だとか元気な人が多い
学なりがたしとはならない時間がさらに与えられることで学が成るということもある
それが高齢化社会の利点と言えば利点である。

それにしても人生は短い、電車で旅していたのもあきて自転車で旅し始めたのが40代である。それから50代で世界旅行していたら還暦であり人生も終わりのかと思った。
人間は遊んでいても何もしなくても時間はまたたくまに過ぎ去ってしまうのである
ゲームやっていても時間は過ぎ去る、何かをしようとしたとき時間も体力もなくなっているのである
人生に与えられた時間はそれほど短かったというのも現実だった

高齢化社会は団塊の世代が退職してこれからはじまっているのである
まだ本当の高齢化ではない、これからの十年とかが高齢化社会なのである。
その中で団塊の世代は何らか数が多いから社会に影響する
批判が多いが今度は新しい老人文化を作るということもありうる
ただそのことはまだわからないのである
老人が金を持っているということは消費の面で影響する
そのことは何かを新しい消費の形態を作り出すということにも通じている
白い髭をはやした老人がバイクで疾走しているのも高齢化の光景である。
盆栽などをしているのはまれな方だろう。
ただ様々な老後の過ごし方があってもいい
今年はともかく体が回復して健康になり活動したいとなる
そういう希望がでてきたのである

今年も一年よろしくお願いします

 
タグ:新年