2014年10月13日

抽象画(眼鏡をかけた日本人)


抽象画(眼鏡をかけた日本人)

linmix.jpg

 原画
無題.jpg

linmix2345.jpg

linmix23456.jpg

日本人は外国で眼鏡をかけて真面目そうにしているいるからわかるとかいう。
日本人はなにか真面目な職人なのかもしれない、商人には向いていない
中国人やイスラムは歴史的に商人の国である。
日本人は真面目に物を作っている細かい作業をしているふうに見られる。

抽象画は具象画と違うからいくらでもできる。ただ最近パソコンの故障とかでしていなかった。
抽象画は子供で簡単にできる。
加工すると無数に変化するからできる。
これ何だろうとなりそれにそれらしい名前や説明をしてみる、するとそれが抽象画なのである。
蜂みたいなのが生まれたのは全く偶然である。でもこれも不思議なことである。
これも今までにないものを創造しているのだから創作なのである。
これをアニメで動かせば一つの創作となる。
抽象画はパソコンから必然的に生まれた新しい芸術なのである。
これは絵の才能もなにもいらない、これ何だろうかと変化を楽しむ遊びなのである。

人間の苦しみ不幸はみんな違っている (南相馬市立病院の同室の四人の苦しみ)


 
人間の苦しみ不幸はみんな違っている

(南相馬市立病院の同室の四人の苦しみ)

すべての幸福な家庭は、よく似ているものだ。
しかし、不幸な家庭は、それぞれに不幸である。
-   トルストイ

なぜこの世に人間に様々な苦しみと不幸があるのか?一生苦しみを受けないものはいない、だから人間が生まれたら苦しみを誰でも課せられているとなる。それはカルマだとなる
南相馬市立病院で同室の四人はそれぞれの苦しみを背負っていた。悲惨だったのは手をあげることしかできない人だった。しかしその人は農業で優秀であり賞までもらっている人だった。だから4人の娘を大学にあげた。妻はだから毎日浪江からきて懸命に介護していた。妻がきたとき手をにぎりやっと手をあげるだけであとはなにもできない、ただ妻が手をにぎるとき妻が来たことを辛うじて意識してたのかもしれない。
それを見てると悲惨だった。ただそれだげ介護されてるのだからいい面もあった。


隣の人は90すぎていて隣の福寿苑から来た人でありこの人は痰がつまり苦しんでいた。
大声を出して痰がつまるので苦しんでいた。それで自分は眠れなかった。
その痰をとりだすのに看護師がするのだがそれも笑ってしていた。
その苦しみを見て笑っていた。その人は福祉の人だから身寄りが無いからそうなった。
身寄りがない人は病院とか最大の恐怖であることを知った。
身寄りのない人は手術でも実験台にされるし知っている人では献体したがその人も施設に世話になったというのでそうしたのである。
その女性がそうなったのはそうなる事情を自分で作り出したためたともいえる。
何らか人間は最後は自業自得なのである。
身寄りかりていというとき自分もそうだった。だから留守の間に火事場泥棒されて大金を失った。身寄りが無いということは本当に怖いことなのである。
それがわかるのは病気になったときであり入院したりするときわかるのだ。
健康であればい意外とそうしたことに気づかないのである。


もう一人の人は声がでなくてなっていた。喉を切開していたためである。これも悲惨なことだったが突然しゃべりだしたときは驚いた。ただその後なまもなく死んでしまった。
大原の人でありしゃべれるようになってから大原のことをいろいろ聞いた。
ちょうど南相馬市立病院から大原の方が見えたのである。
南相馬市立病院は高いから見晴らしがよかったからである。
その同室の四人にはそれぞれの苦しみ不幸があった。
人間の苦しみはみんな違っていることがこれでもわかる。
人間は誰しもいろんなことで苦労している。それはみんな違っている。みんな違った苦しみをになわされている。自分の母親は父親が事業に失敗して辛酸をなめた。継母にもなりひどいめにあった。その後最初に嫁いだ夫が事故死したとか不幸がつづいた。
他でも信じられてない苦労をしている人がいろいろいる。障害者をかかえて苦労している人は普通にいる。たから延々とそのことを他者に訴える。

もちろん貧乏で苦しんでいる人はいくらでもいる。
自分の姉も健康優良児のような女性だったが従軍看護婦じシンガポールで四年間辛酸をなめたから死ぬ直前までそのことを語りつづけていた。苦しい時のことが忘れられなかったのである。そして認知症となり最悪になって死んだ。
認知症の苦しみは最悪である。本人も馬鹿になったからわほからないかというとそうでもない、自らも苦しむことがあるのだ。苦しみを意識していることもあるのだ。
記憶できないということで苦しんでいることがあるのだ。
認知症は最悪であり人間はなぜこんなに悲惨なのかと自らも介護していても苦しかった。老人になったら女性も悲惨である。皮膚が象皮病のように皺が寄っている女性がいて気持ち悪かった。たいがい女性も皮膚が老化すると見ていられないようになる。
女性にとっては老化することは悲惨である。でも最後にはみんなそうなってしまうのが人間である。


人間は結局楽しい思い出より苦しい思い出の方が忘れられないものとなる。
だから苦しめられたひどいことをされたことも延々と忘れないのである。
意外と良くされたことは人は忘れるのである。だから恩も忘れやすいということがあるのだ。でもひどいことをした人のこと忘れないのである。
いづれにしお釈迦様が言ったように人間は苦るしむために生まれてきたともなる。
それがカルマだったというのは現実にカルマの法則があるからなのである。
苦しまない人はない、一見めぐまれていても病気にならない人がいないからどこかで苦しむのである。人間はいくら文明が発達しても苦しみが消えることはない、かえって文明ゆえに原発事故でもそうであり苦しみを受けるし医療が発達しても延命治療とかで苦しむのである。医療といかのが人間を楽にするだけのものではないのである。
かえって苦しみを与える場合がある。医療にはなにか残酷なものがかえってあるのだ。
だから病院とは恐怖の場所なのである。
だからかえって病院で死ぬより野垂れ死にでもいいともなる。

人間の最後はみんな無残なのであり孤独死だから悲惨だともならない。
人間は死をもってしか苦しみから解放されないということもある。
生きていること自体苦をまねがれないのである。
死か人間の救いということもある。やっと死んで楽になったなと認知症でも苦しみ死ぬ人を見ればそう思うのである。

 
タグ:病院