2014年10月28日

秋薔薇 (写真はまさに写生そのもの、見えないものが見えた)



秋薔薇

(写真はまさに写生そのもの、見えないものが見えた)

akisobi111.jpg

autumnrose134.jpg


一輪は散りて二輪や秋薔薇
やがて散る二輪のここに秋薔薇
街の灯のともしや二輪秋薔薇
秋薔薇芒と映えて散るらしも
秋薔薇なおも一つや蕾見ゆ
秋薔薇明日は散るらむ夜のふける
昨日今日我は感じぬ秋時雨
山脈の翳りて暗し秋時雨


秋薔薇になぜひかれるのか?それはやがて散ることが意識されるからである。
夏でも散るのは散るのだが秋薔薇はまさに散るというとき何か人間にすれば死を感じるのである。
だから俳句というのは短いから感じないものは感じないし鑑賞もできない
(やがて散る景色は見えず蝉の声)ー芭蕉
死んだら何も見えないでも蝉の声は聞こえているというこれは臨終の句でもある。
ともかく何度も書いているように老人は60代でも常に死を意識させられる年代なのであるもう死んで行くんだなというのが実感でありこれが若い人にはわからない
若いときいくら死を自覚しろといっても実感しえないし時間が限られていてなくなるということも実感しえないのである。
老人になると時間もあっというまに消えてしまったという感覚になる。
そしてあとは死ぬだけだとなる。

ああ この秋薔薇もここで散ってゆく、死んでゆくんだなと思う
人間は死ぬ場所も相当重要なのかもしれない
生まれた場所があり育った場所があり死ぬ場所かある。
ああ、自分はここで死んでゆくんだというのを意識する
だから原発で避難した人たちは今どういう気持ちているのだろうと何度も思う
死ぬ場所はやはり故郷だったのだろう。
その気持ちは計りしりえないものである。
感受性豊かだったら啄木のような望郷になる。
相馬恋しや・・となっているのかもしれない。
啄木の場合の望郷は東京だから余計にそうなったのである。
福島県内だったら別にそんなふうにはならないかもしれない。
ただ老人の場合はそうなりやすい、でも実際に老人は避難区域になったところには帰らないという人がほとんどである。
便利な時代には住めるような所にならなくなったからである。

ともかくこの写真はうまくとれた。調整したらこうなった。
芒がこんなふうに写っているとは思わなかった。
現実のものとは違っているのだ。写真は現実そのものとも違うのである。
この芒と秋薔薇があっていたのである。
薔薇はもともとヨーロッパのものであり芒は日本である。その二つがここで融合しているのである。

写真はまさに写生俳句になる。写真そのものが語るものが俳句であり詩にもなる。
写真芸術の時代だというときこうして時々に刻々に移る景色を変化をとらえて記録する。それができるうよになったのはパソコンとかインターネットとかデジカメの技術が生まれたからである。
ただ他人の写真を見てなかなか俳句は作れない、やはり写真は風景を一部きりとったものだからだろう。俳句でも作るときは全体の光景を見て作っているからである。
そしてそこには必ずその人の内面が反映しているのである。
老人だったら明日死ぬかもしれないという感覚で見ているから違ってくる。
写真は見えないものが見えるというとき蕾がまたあったというのもそうである。
芒もこんなふうには見えなかった。

今年の気候は何か変である。昨日まで日ざしが暑かった。今日は急に西風になり寒くなった。南下冬は急に来たみたいだ。秋時雨というのを昨日も今日も感じた。
時雨だからすでに冬になってきているのである。
秋時雨なのか時雨なのかわかりにくい、俳句と季語がありすぎて使いこなせないのである



タグ:秋薔薇

2014年10月29日

江戸時代の回帰、国風文化の時代へ (円山応挙の松と鶴ー写生俳句の基はここから始まっていた)


江戸時代の回帰、国風文化の時代へ

(円山応挙の松と鶴ー写生俳句の基はここから始まっていた)

kingamatu11111222-thumbnail2[1].jpg



松と鶴の絵

大地に深く根付く
古き松によりにつつ
鷺の優雅に歩み来ぬ
その姿の神のごとしや
悠長なる時の中に
松は大地に深く根ずき
一所動かざるかも
そが姿は映えて生きぬ
その絵を見れば遠き日の
のどかなる平穏の世の
心に写りてなごみけるかな


fujiiimaru1.JPG


幽遠に遠つ世の絵や藤の花
細々と枝しなやかに藤の花
絵の古りて魂宿る藤の花
納められ金泥古りぬ藤の花

goldbakkk1.jpg



こき藤の花もど円山応挙の独特なものとして描かれた。これはすでに二百年以上すぎても残っていたそれが幽遠の趣をさらにました。絵には今や画家の魂が宿っているという感じになる。そこに絵の不思議がある。
芸術の価値はその時代でしか作れないものがあるからである。
江戸時代という雰囲気でしか作れないものがあり今になるといくら技法が発達しても作れないことに価値がある。
藤の花でもこういうふうには今の人は描けないのである。


円山応挙の時代は平和な時代だった。鶴もいたし自然と調和した生活だったからこのような絵も生れたのである。鶴はいたるところにいたのだ。鶴の歩みは優雅である。鷺もそうであるが鶴はやはり鳥では白鳥とならんで最高の吉兆の鳥なのである。
それは日本の松と調和していたのだ。円山応挙の松は南相馬市の原町区の泉の一葉松をイメージさせる。やはり江戸時代も国風文化が充実した時であり現代も欧米文化から国風文化へシフトする時代になっているのだ。
正月という言葉にしても正道とか正のつくのはもともと仏教に由来していた。
正月というのもそういう言葉の由来がある。身を正す月なのである

円山応挙の松と鶴の絵(賀春にふさわしい絵)
http://musubu2.sblo.jp/article/84122909.html

 人によっては成功ののち苦難時代をことさらに表現したり、苦境時の欠乏感を補うかのように豪華絢爛な趣味にはしる例があるが、応挙にはそういうところがまったくなく、ひがみや屈折した感情がまるでないかのようである

 、「写生の祖」といわれる応挙は多くの写生を残している。写生は応挙にとっては本作品のための取材であり、覚え書きである

 呉春の名に蕪村高弟と付けていることから、応挙が蕪村を尊敬していたことや、呉春が他の門人と違って、あくまで蕪村の弟子であり応挙門下では客人的な扱いの門人であったことを物語っている。大乗寺には呉春の描いた部屋が二間ある。最初に描いた襖絵は蕪村ふうの文人画であり、
 http://museum.daijyoji.or.jp/06story/06_01.html
 
円山応挙は蕪村とも関係していたことは興味深い、蕪村も画家であり写生を基にしていたそれで正岡子規が手本にしたのは芭蕉ではなく蕪村であり写生俳句の祖となった。
芭蕉は耳の詩人と言われるように内面的なものを俳句にしたから蕪村とは違っていた。
芭蕉の句は内面的な深さがあるからなかなかまねできない、蕪村の俳句は写生俳句だとするとまねしやすいとなる。
絵画史からふりかえるとすでに江戸時代後期からその基となるものが生まれていた。
だからそれを参考にして西洋的絵画の写生か生まれ写生俳句が生まれた。
日本の江戸時代は何か否定的な面だけがとりあげられる。それも確かなのだが国風文化として興隆していたという面とその時代独自の社会と自然があってその感覚は今になれば別世界のようになっているのだ。同じ日本なのだけどそうである。おそらく人間すらそうなっているかもしれない。江戸時代の人間と今の人間は別人だとさえ思えるようになっている。ただ歴史になるといろいな見方があるからそうなる。
写真と絵の相違はやはり絵には画家の心が反映されているから違っている。
たからそこから俳句とか詩にもなりやすいのである。
写真からなぜ俳句でも詩でも作りにくいかというとそこには作者の心が個性が反映しにくいからである。
そうはいっても秋薔薇と芒が写っていたきは明らかに写生でありここから写生俳句が生まれた。
でもその秋薔薇がどういう環境で咲いていたかとなると写真からだけではわかたにくい、都会か田舎すらわからない、一万の田舎になる。どうしてもそういう背景が写真からは読め込めないのである。全体の一部をきりとったものであるからそうなる。

美濃国は、奈良時代から製紙が盛んで、良質の紙を生産していた。古くは702年(大宝2年)の正倉院文書に美濃の紙が記録されている
平安時代には、朝廷から製紙用の役人が派遣されて、宣命紙等の色紙や公用紙を生産した
養女奴隷とは、製紙のために少女を幼少時に養子にして、製紙作業をさせる制度である。戦前の製紙は朝の4時から夜の10時まで作業する厳しいものであり、しかも製紙業は家族だけの零細経営が多く、働き手が足りないためにこの制度が生まれたのである


世界遺産に美濃の和紙が登録されたという。これが702年に正倉院文書に使われていたのだから古いしそれが残っているのも驚きである。
その反面この和紙を作るために女工哀史とにたことがあったというのもマイナス面である和紙は実際は日本全国どこでも作られていたのである。
それは普通の産業でありめずらしいものではなかった。
日本の和紙がいいのは水がきれいな所で作られていたからでもある。
日本という風土とマッチして作られていた。
その和紙は冬に主に作られるから水が冷たいから苦労したのである。
ただこういう歴史を知ると紙一枚にも何かそうした苦労がしみこんでいて見方が違ってくる。当時は紙は相当な貴重品でありあらゆるものが手作りだから貴重だったのである。
今なら大量生産だから膨大な紙が捨てられている。
日本の和紙が支倉常長がヨーロッパで鼻紙として捨てたら拾ったものがいた。
ヨーロッパでは紙はあまり作られていないので貴重だからそうなった。
和紙というのは何か手触りもいいしやはり日本の文化なのである。
いづれにしろ和紙は日本の文化なのである。

前にも自分は国風文化の時代になるとホームページで書いてきた。
西欧文化アメリカ文化は奈良時代の唐風文化でありその後にかななどの国風文化時代、平安時代になった時代とにているのである。
高度成長時代までは唐風文化であったがこれから国風文化の時代である。
だから江戸時代とかのものが見直される。
郷土史研究なども盛んになる。インターネットでそうした知識も普及しているからである日本では経済的に工業的には明治維新から高度成長時代と取り入れたが文化的には融合されていないのである。

江戸時代は 身分や地域や職業などで
全く違う文化世界に暮らしていた
例えば音楽にしても
公家は雅楽、武士は能楽、農民は民謡、町人は端唄小唄

こういうのもやはりそれぞれの立場があり独自な文化が日本社会の中で形成される。
結局大衆社会は平等でも文化は生まないし育まないのである。
みんな同じであり同じものを食べて着て同じ娯楽しかしないからである。
だから平等がなんでもいいわけではないのである。
江戸時代は武士は武士の文化が育ちモラルも育てたから武士道が生まれた。
社会に変化がないから文化も受け継がれてきたのである。
農民の民謡が多いのも農民にも文化はあったのである。
社会はみんな一様化して今のように大衆化するとつまらないのである。
地域性とか社会の多様性とか異文化でも入ってきて文化が作られる。
明治維新後がそうした日本の文化が失われた時代だったのである。

日本の文化的な面はかえって見逃され排除されてきたのが現代である。
明治維新から150年もたつと成熟して国風文化の時代に移るのである。
政治的にも保守化するというのもそれに呼応しているのである。
西欧やアメリカのまねだけではないものを作り出すことに迫られているのである。
ただ写生俳句にしてもすでにその基となるものは蕪村や円山応挙の絵にあったということがあり日本の歴史や文化の厚みがあって生まれたものとだとわかったのである。
タグ:円山応挙

2014年10月30日

霊山まで秋の俳句十句 (鹿島→栃窪→大倉→佐須→霊山→玉野) 霊山まで秋の俳句十句 (鹿島→栃窪→大倉→佐須→霊山→玉野)



霊山まで秋の俳句十句


(鹿島→栃窪→大倉→佐須→霊山→玉野)

roubokuuu1111.jpg

kuraaa123_FotoSketcher.jpg

kakikura11.jpg

stonekikuuu123_FotoSketcher22.jpg

秋日さし老木保つ齢かな
老木に晩菊映えて介護かな
土壁の蔵や黄落に日のさしぬ
柿なりて土蔵に映えぬ畑に人
晩菊に石の動かじ門の脇
晩菊や栃窪村を過ぎにけり
碧水に紅葉写りて巌かな
この家に紅葉燃ゆるも人住まじ
空は澄みともに燃えなむ紅葉かな
峰々の連なり高く秋霞
みちのくの吾妻連邦秋霞
晩菊にコスモス映えて日のさしぬ
旧道をたどりて秋の昼の月
秋日さし玉野に古りぬ碑の四つ
三日月や夜に影なす五本松

木を叩くキツツキの音霊山の高きに重くひびきけるかな
玉野より相馬市遠き古き碑のここに残りて秋の日さしぬ

asahimomijiii1.jpg

momijiii22.jpg

真野側渓谷

momijiiidate1_FotoSketcher.jpg

ryouzennn111_FotoSketcher.jpg

azumane123.jpg

ここまでクリック拡大してください

banngcosumosu1.jpg

tamonoo1_FotoSketcher.jpg



今日は風もなく晴れたのでひさしぶりに大倉から佐須を通り霊山まで行ってきた。
最初に見たのがこの生きているのか死んでいるのかわからない老木である。
そこに晩菊が咲いているのもあっている。
この木はまるで百歳生きた老人にも見える。自分の母親にも見える。
晩菊はまさに自分のことであり介護しているのである。
今親を介護している人も老人になっているのだ。
ただ現代では本当の老人は70以降になっているかもしれない、70まで元気な人が多いからである。自分も病気になったがもともと軽いものだった。
ただ看護するものもなく辛いものとなったのである。
それでも時々異常に筋肉痛になって自転車に乗れないのではないかと心配だった。
今日はそさほど疲れていないかもしれない
この辺は田舎の暮らしが途絶えてことで風景も殺伐としている。
ただ畑を羽しめた人は多くなっている。
ただ風景でそこに暮らしが野に働く人がいないと活きてこないのである。

大倉からは除染の人が一杯いた。あそこは道が良くなりドライブコースになっていた。
でも人は住んでいないから淋しいとなる。
猿が出てきた、小猿もかなりいて親の背にのっている。器用に木の枝を伝う。
まず小猿でも子猫で親より機敏なのである。子猫は親より柔軟性がある。
野生の子供でも適応力があるものだと思った。
そうでないと生きていけないということだろう。
動物を観察していると本当は面白い、でも動物の写真は一瞬をとらえるのがむずかしい。動いているからその一瞬がとれないのである。

紅葉は佐須辺りでとったのか一番きれいだった。あとは真っ赤になっていない、霊山も紅葉ではない、紅葉はほとんど見れないのが残念である。
あそこも人が住んでいていから淋しい、でも除染して人が住むようになるのか?
空屋とも違っている一時留守にしているという感じである。
ただ除染してもどれだけ効果あるのかは疑問なのである。
霊山の上でキツツキが木を叩いていた。それも大きなキツツキでありコゲラとかではない、その叩く音が重く響いていたのが印象的だった。クマゲラは一番大きいがそういう種類ではない。でもやはり山に来るとこうしたものに出会うからいいのである。
あそこからは吾妻連邦の峰々が浮かぶように見えた。
あれは秋霞なのだろう。山は遠くから見る方が感動的である。
山がきれいに見える場所は高い山から見るときれいに見えるのである。
それはヒマラヤでもそうであり3000メートル登ると天をつくような8000メートルの山が見える。
山の魅力が本当に大きいから山で死ぬという人がある。山に魅せられるのである。

ただ山は登らなくて見るだけで十分山を知ることができる。
そさでもやはり見る場所が問題になる。富士山でもそうなのである。
富士山も何か見る場所によってこれが富士山かとがっかりする。
それは見る場所によっているからなのである。
自分は山はそんなに登っていないし山もあまり見ていない
山をもっと知りたいなと思っているが今はせいぜい霊山まで行って吾妻連邦を望むことはできる。
春に行った時の方が残雪の吾妻連邦を見たからきれいだった。
その時のことは写真もとったが報告していない。
毎日書き切れないのである。

福島市から相馬市まで高速道路を作っている。高速道路ができると三つの道になる。一番古い旧道と今の道路と高速道路になるのである。
だから古道という地名があるのは昔も新しい道が常に生まれていたからそうなったのである。古町もそうである。
玉野から相馬市は意外と遠い、玉野は相馬藩内で伊達との境だけどずいぶん城からは遠い所だと思う。
あそこで米沢藩と伊達藩と相馬藩の森林資源をめぐって争いがあったことは有名である。玉野が相馬藩になっていたのは森林資源を得るために相馬藩の領内になっていたのであるそこに境目付が配置されたのである。それは森林資源を確保するためだったのである。

相馬市街か離れた田んぼで白鳥が群れなして飛んで行った。
今年の天気は変則的である。今日はあたたかいからまだ秋である。
昨日は冬だった。白鳥が来たということは冬になるのである。


タグ:霊山

除染は何のためにやっているのか? (一兆円の除染はゼネコンのためなのかー飯館村は除染できない)


除染は何のためにやっているのか?

(一兆円の除染はゼネコンのためなのかー飯館村は除染できない)


iidatepic1.jpg


人口6000人の飯館村の除染に3200億円かけて除染か?!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1485319489

放射性物質は周辺の山林から飛んで来る。
除染で線量を下げるには山林までしっかり除染しなければならない。
膨大な時間と費用がかかる。
だが、
飯館村は長泥地区以外の地区の避難指示解除目標を16年3月とする復興計画案を示した。
1月末の村民意向調査によると
「現時点で村に戻りたい」は 60代以上 3割にとどまる。
「現時点で村に戻らない」は 30代以下 6割を超えた。
我々は今から何年か後に、村を捨てる決断をしなければならないかもしれません。可哀想なのは子ども達です。子ども達は飯館村というステッカーを一生背負って生きて行かなければなりません

【住民】それじゃあ、「除染のための除染」、「ゼネコンのための除染」じゃないか。きっちりした数値目標を出しなさいよ
さらに、村長は、「毎時1マイクロシーベルトでもいいよという人と、それではだめだという人がいる。それでいいよという人には、それで帰村してもらう」と、この日も発言している。毎時1マイクロシーベルトの放射線量の下で生活するということは、低く見積もっても年間5ミリシーベルト以上、単純計算をすれば年間8ミリシーベルト以上の被ばくをするということだ
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

モニタリングポストがあります。その表示は2〜3mはなれた周りの線量に比べて3分の1以下という状況がありました
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ac821053624c96109f80a422d75e232b

jjjjjj1.jpg

山積みとなっている除染した土

廃棄する場所もないという

土をとってもどれだけ効果あるのか?


jjjj22.jpg

庭を除染して花もなくなっていた

なんか殺伐としてくる



飯館村の佐須方面を通った大倉では除染の人たちが全国から集まっていた。広島とかからも来ている。大手のゼネコンが共同で除染している。
その労力も金も天文学的である。鹿島区でも小池などが除染している。
除染した土がどこでも山積みになっている。その行き場もてないという。
確かに一時より半分くらいには下がっている。
除染しても効果は一時的なのかもしれない、特に飯館村は山林が70ハーセントでありほとんど不可能な地域である。回りの樹々を切ってもその後ろは山林である。
そんなところで除染が効果的なのかわからない、素人にしても不可能に思える。
除染にたずさわっている労働者も除染しても何か成果がないんだと言っていた。
確かに建物ができるわけでもない、道ができるわけでもないからそうなる。
やってもて何が成果なのかがわからないのである。
だから除染している方も何か虚しいとなる。


ではなぜそんな費用をかけて膨大な労力をつぎ込んでいるのだろうか?
すでに帰らないと言う人が多いのである。
帰らないというとき小高にすら帰らないという人が老人でも多い。
たいがい聞いてみると帰らないという。
飯館村などは小高と違ってさらに帰れるような状態にはないから住民もなぜそんなに除染に金かけているのだろうとなる。
それより一人一億円もらって他で生活させろと言っている。
この除染とかモニタリングポストなどもなぜ作ったのだろうか?
これもなんのためなのかわからない、その下は低くてもちょっと離れると倍とか放射線量が高くなっているのだ。これもごまかしなのである。
つまた放射能は低い、一マイクロでも住めるとか言って住民を帰らせて住まわせるのが意図なのか?


政府の意図が何なのか?放射能対策ではなにかちぐはぐなのである。
そもそも30キロ圏で線引きしたのもおかしいし南相馬市でも小高を避難区域にしたこと自体過ちだった。それから地域ごとに線引きして避難させたりしたのもただ補償金で地域が分断されて内部対立が生まれた。
土地はつながっているし空もつながっているから放射線量で地域を分断するようなことをするべきでなかった。
結局対立させて分断させて政府や東電の批判をそらす意図かあってやったのかともなる。
除染は徒労なのである。成果はなき徒労の仕事である。そんなものになぜ一兆円も費やすのかとなる。

自分としては飯館村には住んでもらいたい、いったん人が住んだ地域は住まないと幽鬼が彷徨ようすさまじいものとなる。そうした廃村をめぐるのがブームにもなっている。
でも飯館村はそうした廃村にはなっていない、何かちょっと留守したよという感じなのである。人が帰ってきて手入れしたりしているからだろう。
本当に人も全く入らず放置されたら幽霊がでてくるようで怖くなるだろう。
家が空屋になるといたむのが早くなる。
飯館村ではまだ人が出入りしているからそうなっていないのだろう。
庭に紅葉が咲いていたのに人が住んでいないというのはやはり庭も死んでいるとなる。
その紅葉は人ともにあったものであり山の紅葉とは違っていたからである。
「ともに燃えて咲きなむ」というとき人間がいてそうなるのである。
人間がいて自然も人間化されているのである。
津波の跡の樹も何か人間に見えたことが不思議である。
未だにそこを離れがたく立っている姿は人間なのである。
人間の気が移ってそうなったのかわからないけど不思議な現象に見えたのである。


あれだけの大がかりな除染をするのは徒労だというときなぜしているのか?
住民も帰らないとういのになぜしているのか?
自分としても残念だけど一億円与えて他で住むようにするほかないのかもしれない。
ただ佐須までのドライブコースの道路は新しくそこで自然は楽しめる。
もう家がなくなってもどうにもなないのかもしれない。
それにこだわりつづけても無理なのかもしれない
でも自分の予想では百年後でも飯館村でも浪江でも住む人はでてくる。
日本は狭いからやはり土地の価値だ高いから住むようになる。
その時はどうなっているかわからないがだダッシュ村とか自給自足の自前の発電とかで自然と共生する生活を目指すような人がやはりでてきて住むようになる。
自然はやはり前と同じく美はそこなわれていないからでてある。

だから百年は放置してその時また住む人が出てくるまで待つほかないのかもしれない。
まず農業とか林業とか牛を飼うということができないことが致命的なのである。
ただ南相馬市や鹿島区でも花の栽培はいつまで通りしているし増えている。
花は放射能と関係ないから飯館村でも作れるのである。
竜胆などは作っていた。だから農業と関係することができないということではない、
だから除染より放射能と関係ないもので生活する方法を考える他ないのである。
別にキコリの宿でもできないことはない、放射能でも森はもとのつまであり
例えば「瞑想の森」とかで湯にひたりリラックスする場所、保養の場所などとして活用できないことはないのである。
だから今までの発想を変えなければ住めないのである。
そういうアイディアは外部からはしやすい、内部だと今までの生活にこだわるから出にくいのである。
自分としては残念だけど保養の森とか癒しの森とか瞑想の森とか森を活かす方法がある。森はもう除染できないのである。
だから一兆円かけて除染しても一体何のためにしているのか?
ゼネコンのためなのかと住民が言っていることがわかるのである。
タグ:除染
posted by 老鶯 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連