2014年08月23日

日本の国土のカルマを知るべき (どうして広島の土砂災害が起きたかー津波被害と同じことが・・)


日本の国土のカルマを知るべき

(どうして広島の土砂災害が起きたかー津波被害と同じことが・・)


●原発のような危険なものをどうして建てさせたのか

●なぜ津波が来る海岸線に住んでいたのか

●土砂災害地帯にどうして住んでいたのか?

●夜に災害が起きたのが致命的


このことは今回も言われた。なぜそんな危険な所に家を建てたのか?そこには土建屋とか市議会議員とか様々な利権も働いていたとか、地価が上る場所だから建てたとか、確かにすぐ下に鉄道の駅があった。鉄道がすぐ近くにあることは便利なのである。
便利であることがまた危険にもつながっていた。

広島市は無理な宅地造成が山の方に向かって無造作に広がって行った。土地がないから山の方に向かって宅地造成が行われたことが地図を見ればわかる。山の斜辺も急であり土砂災害地域として指定されてもいたがかえりみられることなく宅地造成がつづけられた。
市でも警告もしないでその危険を認識させなかった。
それは市にとっても宅地造成は利権になりいいものだったからそうなった。
家を建てるにしてもそこは市中心部から近いから地価も高くなり選ばれた。

危険より先に利権が第一になるのが今の社会である。
危険ばかり言っていれば何もできない、利益にもならないからそうなる。
仙台でも今回の津波で海岸地帯に新興住宅地が海側に広がっていった。
そこで津波の被害にあったのとにている。
学者が津波の危険を指摘したら土地の価格が下がるから言うなと脅迫されたという。
これも利権利益第一主義になるのとにている。

危険を無視するということでは津波でも原発でも同じ構図ができあがる。
危険を言えば金にならない、利益にならない、だから利益第一主義になれば危険は無視される。
日本はどこでも山と海の国だから危険を言っていたら住むところがなくなる。
日本列島は災害列島でもあった。
でも人間の生活はそうした危険より利便性がまさる。
危険でも便利なら人は住む。三陸でも津波の後も海の近くに住んだ。
それは便利だからいつのまにか元の状態にもどったのである。

危険な所に住まない
危険な所に近寄らない
危険なものを誘致しない
危険なものを置かない
危険を警告する

津波でもこのことは言われた。なぜ海岸線のような海に接した所に住んでいたのか?
そのことが何度も言われた。そして危険を警告されなかったのかと何度も言われた。
今回の広島の土砂災害でも言われる。

ただ今回の土砂災害で一〇〇人近くで死んだとしても何かたいしたことがないと思うようになったのは津波の被害があまりにも大きすぎたためである。
この影響はあまりにも大きかった。
二万人近く死んで流されたり破壊されたりした家が数知れないとなるとあの規模ではたいしたことがないと思ってしまう。
普通ならあの津波被害がなかったらそんなふうには考えないのである。
広島市でもあのくらいなら市でも打撃を受けても4000軒の家が破壊された消失したとかとは違う。ても死者が広島市で百人は多いだろう。
しかし人口の割合にすると市自体にそれほど影響がないともなるのか?
ボランティアでも全国から来る必要はなく広島市内と近辺でまにあうだろう。
これは都市型災害であり津波の被害とは違っている。
津波や原発事故は自然全体から農地から宅地から全部である。
未だにその被害から立ち直っていないのである。

戦争でも2百万人も死んだとなると死が日常的でありだれも驚かないだろう。
なんか原爆でも日本人が怒らなかったのかのかというと全くその恐怖に打ちのめされて何も言えなくなった。
想像を絶する被害でありそれで打ちのめされてアメリカに何も言えなくなり前面降伏した今回の津波の被害もそうだった。あまりの被害の大きさに打ちのめされてただ茫然としているという状態だった。
未だに復興というのも壊滅した市町村ではできていない
土砂災害は一部分で起きるから毎年起きてもたいしたものとみていないのである。
日本のような山国に住むならやむをえないと許容しているところがある
ともかく津波の被害地でも原発事故周辺でも喪失感が大きすぎたのである。
何かあまりにも被害が大きすぎると復興の気力もそがれてしまうのである。
茫然自失となり強大な自然の力に圧倒されてしまうのである。
その時人間は自然の前に弱いものであり小さいものと自覚する。

今回は夜に大雨になった。それは突然のゲリラ豪雨だった。夜は災害は危険が十倍にも増大する。津波でも夜だったら一〇倍の被害があったと言われる。
それだけ災害の時、緊急の時、夜は危険なのである。
大災害になるのはそれなりの法則が確かにある。
ただ目前の利益とかにまどわされて見えなくさせられるのである。
ともかく人間は個々人でもカルマが重くのしかかる。
自然でもその土地の成り立ちカルマを知ることが大事になる。
でもあそこには過去には土砂災害が起きていたのか?
それより日本全土が災害列島であり日本国土の歴史、成り立ち、カルマを知るべきだったそれを知って対策をたてていれば原発など建てられなかったのである。

日本の最大の弱点は平地があまりにも少ないことなのである。
だから狭い土地を耕して棚田のようなものを作ったり狭い土地を活かして効率よくするとか狭い土地でも生産性を上げるとかうまい米を作るとかしてきた。
茶室もわざわざ狭くしたのではなく狭い土地しかないからこそできた。
外国だと庭でもベルサイユ宮殿とかとんでもない広い空間を利用できたのである。
日本の庭でもそれは常に狭さを活かすことで美を作り出していたのである。
満州に日本が進出したのはこの狭い国から脱出するという歴史的願望が一気に爆発したのかもしれない、そこでも米を作ることを試みていることでもわかる。
農業中心の世界ではやはり土地を求めるからそうなった。
それが悲劇につながっていたのである。
満州進出が徒となり戦線は無際限に拡大してしまったからである。
そもそも海側を大規模に干拓して田んぼにしていなければ津波の被害が少なくてすんだのである。
海岸線に住んだのは背後の農地を広くとるためでもあった。
湊としての機能だけではない、土地も関係していたのである。

人間は個人でもそうだが性格でも必ずいい面と悪い面に作用するのである。
しつこい性格はいやがられても正義をしつこく追求するとかにもなるししつこいということは何かをしつこく追求するからその方面ではいい性格になる。
どこの国でもそうである。いい面と悪い面が作用する。
日本は海に囲まれていること山が多いということは海の幸、山の幸の国であり
それは独特の美をもたらしいい面なのである。
それが悪い面に作用すると津波になり土砂崩れになる。
そういう宿命、カルマの国であり代々そうだったのである。
タグ:土砂災害
posted by 老鶯 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層