2014年07月07日

福島県の郡山市や福島市も避難民に不満 (原町の人が福島市で車を傷つけられたのは本当なのだろう)


福島県の郡山市や福島市も避難民に不満

(原町の人が福島市で車を傷つけられたのは本当なのだろう)


福島県の中部に住んでる者です。


現在、震災から時がたちましたが、福島県では今別の問題が生まれています。
それは、避難民との経済格差。
裕福なのは、避難民の方です。

まず、避難民が現在まで貰った金額の内訳です。
アパート代は無料(良いアパートはすべて避難民が占領)
医療費無料
衣料費無料
消耗品無料
税金無料
光熱費無料
消耗品や衣料費はレシート送れば全額でます(何万でも)
1人毎月10万の小遣い(赤ちゃんから)
学費無料
第一次賠償で1世帯300〜600万。
第二次賠償で1世帯3000〜6000万。
避難民だから安くしろ、と怒鳴る。
働かなくても金が入るため、今福島県のパチ屋は避難民でいっぱいです。
避難民が実際に出しているのは食費のみ。
なのに金がない、金がないと叫んでいます。
何かにつけて「私たちは故郷をおわれたの。可愛そうだと思わないの?」と言います。


故郷がなくなった悲しみは計り知れないのはわかります。
ですが、あからさまに裕福な暮らしをして、働かずもっと金を寄越せという暮らしぶりに、福島県の中部や西部に住んでいる人たちは怒り浸透です。


避難民は「働かなくても金が入るから帰りたくない」と、アンケートに大多数が答えています


(避難民との格差)
http://mikle.jp/threadres/1888746/



福島市で原町の人が車を傷つけられたというのはやはり本当なのだろう。
南相馬市でも賠償金もらっているということがあるからそうなる
福島市とか二本松市とか郡山市はもらえない
そういう都市に浜通りからの避難民が多い。


このことがあまり話題にならないけど福島県内も賠償金問題で分断されている
南相馬市内でも避難した小高区の人に不満が多い。
小高区の人は家に帰るだけで何万とか手厚い補償がある。何から何まで賠償金が出るのである。


結局福島市でも実際は放射線量は浜通りより高い所があり何でそっちばかり補償金が出るのかとなる。ただ福島市とか郡山市とかは人口が多いのだからとても補償しきれないだろう。だから原発は大都会の近くに建てて事故が起きたら補償できなくなる
小さな六ヶ所村だったらすでに東電とか政府で買い取る規模だったのである。
双葉町や大熊町も実際は政府と東電に買い取られていたのである。
だから原発事故後は放射能に汚染された廃棄物の処理場にされる。


福島市や郡山市で不満なのは放射能の実害が同じようにあったからである。
もし浜通りだけに限定されていたらこんな文句も出なかったろう。
なぜ浜通りだけが優遇され賠償金がもらえのだとなる。

ところが原発を建てる時は中通りでも会津でも関心がなかった。事故が起きて福島県全体に実害があったから今になると騒いでいる。
もし中通り福島市でも郡山市でも最初からこんな被害があるなら原発に反対するから建てられなかった。そこが大きな誤算だったのである。
自分の住んでいるところも遠いと思っていたから関心がなかった。
30キロ圏外であり実際にそうだった。
ただ中通りだったらまず原発事故であんなに被害があるとは誰が予想していただろうか?
原発自体に関心があった人がとれくらいいただろうか?
そこが原発の最大の盲点だったのである。


イワキでは原発避難民に対して不満が多く実際に落書きなどされたり車を傷つけられたりしている。ところが中通り郡山市とか二本松市とか福島市ではそういうことをあまり聞かない、会津でも避難民がいるから不満かある。しかしそういう不満があることを知らないと問題が起きる。


不思議なのはこの辺でも避難民で仮設に住んでいる人たち2000人以上いるかもしれない、そういう人たちが働かなくても食べていける、贅沢できるということである。
部屋は狭いけどそれだけの人間が働かなくても食べていけるということがやはり現代が豊かな時代であり広域社会だから食料はいくらでも入ってくるから困らない。
もし避難民がこれだけ入ってきて働かないで遊んでいるとなると労働者だって不足して世話しきれないということが起きてくるはずである。
確かにスーパーでもどこでも人手不足で募集している。介護士も地元では働く人がいないのでよそから来た人で今はまかなっている。
いろんなところで人手不足だけど食べるに困る人はいないのである。
むしろ食べ物は贅沢しているのである。


広域社会になるとやはりモノは金さえあれば入ってくる。モノが入ってくればこれだけの人間が増えても食べる分には困ることがないのである。
もし昔だったら食料を地元まかなうとなると2000人も増えたらまかなえきれなくなるだろう。米だってたりなくなるだろう。それが全く困らないのである。
2000人以上が増えても遊んで暮らしていても食べる分は別に全く困らず供給されているのである。
農村地帯で米も全くとれなくなっても米はやはりいくらでも外から入ってくるから困ることはないのである。
もう江戸時代あたりだったら地元で米がとれなくなったら飢え死にしている。
他から入ってこないからである。


やはり人間は食べ物はあるというとき危機感を感じない、誰もだから飢饉のことなど理解できない、人間の最も苦しいことは食べ物がないことだからである。
確かに狭い部屋にしろ避難民の表情は苦しいようには見えない、追い詰められてもいない゛今日もパチンコ屋だというのも不思議なの光景である。
だから避難民がかわいそうだなどということはないのである。
もちろん避難民にすれば故郷を土地や家を失ったことは金には替えられないということはある。
でも人間は食べ物があるということで危機感をもたないのである。
ただそうはいっても精神的苦痛はかなり大きいだろう。
なれ親しんだところから離れて暮らすことは容易ではないからだ。


要するにいくら補償金もらって金があるからと言って避難民は大きな顔をしていられないのである。それが何もしないで遊んで暮らしているとなると何なのだとなる。
確かに金があれば消費すれば地元でもうるおうじゃないかということはある。
でもその金だって福島市でも郡山市でも会津だって賠償されてもらいたいものなのであるなぜ避難民だけに特別手厚いのかなって不満が起きている。
それは南相馬市でも小高の人に鹿島区の人は不満がでるのと同じなのである。


いづれにしろあまり中通りのこと福島市でも郡山市でも会津でも避難民についての感情的なものが表にでてこない、報道もされない。だから原町の人が福島市で車を傷つけられたというのが理解できなかった。だからこれも南相馬市になると気をつけた方がいいとなる全国でも南相馬市とか福島市となれば何か税金泥棒だとか原発乞食だとか感情的に悪くなっているからこれも気をつけねばならい、東京辺りでギャンブルなど遊ぶべきではないが現実にそういう人はいる。ただ出身県は隠しているだろう。
車はナンバーなどで隠せないから傷つけられたのである。

posted by 老鶯 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連