2014年05月09日

夏の花々(増える花)


夏の花々(増える花)

threeflowers_FotoSketcher1.jpg

threeflowersab11.jpg


菜の花や里に餌あれ雀かな

貸家の狭き庭にも春の花
夏の日や三つの花の調和かな
夕風に藤そよぎゆれ蝶眠る
葉桜や今日もこの道仕事かな
我が庭の石の涼しく眠る母


夏になると花が増える、花屋にゆくと品種改良した花も多くなっているからさらにふえる
菜の花はまだ咲いているから春でもある。
雀は何を食べているのか虫も食べているということは鳥の餌は虫が多い。
虫はそれだけいるということなのか?
菜の花と雀はあっている。ただこの辺は田植えなど

生活が消失しているから里という感じがない。相馬市は普通の状態である。
藤も咲きはじめた。葉桜にもなっている。桜の花は散って葉桜になる。

葉桜は日常の生活なのだろう。その日常の生活をまだこの辺はとりもどしていない。
菜の花にしても何か農業がないと映えない、
菜の花だったら田舎の風景でありそこに素朴な暮らしがある
素朴な人たちがいるとなればいいが今はそうならない

なぜなら田舎だって専業農家はわずかでありあとはみんな会社員になる。
会社員だということは商業工業の従事者になるから
回りは田んぼでも昔の田舎とは違うのである

だから昔のように貧しくても素朴な人たちがいるとはならない
やはり金中心の社会になっているのだ。

ともかく消費社会だというとき、なぜ毎日こんなに買い物があるのか
自分で家事をやってみればわかる。買い物が次々にあるのだ
買うことが暮らしになっているのも変なのかもしれない
昔は農家で納豆まで作っていたというから買うことはまれだった。
そうした時代から比べると10倍とか買い物をしているだろう
結果的にどうしても金が必要になり金が欲しいとなり金にふりまわされる社会になる
そういうことも原発事故の原因になっていたのである。

猫でも今はカンズメでもうまいものを売っている。
余った魚やサシミまで一切れとかタイまで食べさせた
やはりそういうものはうまいとわかる
普通の猫の餌は食べるがそういうものと比べるとそれほどうまくないのかもしれない
だから体をすりよせてきてねだるのは一度覚えた魚などがほしいとなる
そういうふうに猫もぜいたくになると普通の餌では物足りなくなる
ただ野良猫が多いから野良猫と比べると餌は必ずあるのだから恵まれている
飼い猫と野良猫の差は大きいなと見ている
でも猫も人間と同じである
いったん贅沢を覚えたらやめられない、うまいものは食べたいとなってしまう。
その味が脳に記憶されるからそうなるのだ


今年は心にも余裕ができて花々が一段と美しく映える。花は個性があり争うことがない
調和して映えるだけである。人間社会にそれがないのが悲しい。

飲食店で働き給料が支払われなかった女性 (飲食業や外食産業がブラックが多いのはなぜーこの世がそもそもブラックだから)

 

飲食店で働き給料が支払われなかった女性

(飲食業や外食産業がブラックが多いのはなぜーこの世がそもそもブラックだから)

●ブラックがはこびる原因



モンテローザ、ワタミ、ゼンショー、大庄、くらコーポレーションなど……。インターネット上で公開されている「ブラック企業ランキング」の上位には、飲食業が軒並みランクインしている。デフレ下において、安価でレベルの高いサービスを提供するため、低賃金・長時間労働やサービス残業が常態化。なぜ外食産業にはブラック企業が多いのだろうか。結局のところ、新規参入が容易だというのが一番の理由だろうと思う。カネもコネも学歴もないけれどやる気だけは人一倍あるという若者が起業を決意した場合、いきなり精密機器製造会社や法律事務所や出版社を作るのは難しい。


誰でも雇うので勤務する人もあまりモラルの高い人はこない。スネに傷がある人や前職に問題がある方でも誰でも入社可能。そういった方が半年で店長にも成れてしまうので店自体のモラルも低下してしまう。ろくな社会人も経験していないため人の育てかたもわからない方が非常に多い。


これは飲食店というか、あっち系の人達だよね。
 裏の社会系というか、ヤクザだよ。
 有名な話。セクシー居酒屋系なんてヤクザ系列ですよ。
そこの話を普通の飲食店と同列に話されても・・・


たしかに、「ほかの業界でダメだったから飲食に来ました・・・」という人はいる。
 沢山いるし、増えている。高年齢化も進んでいる。
いい意味では雇用の受け皿だけど、悪く言えば吹き溜まりですわな




その女性は様々な問題をかかえていた。飲食店で働いて半年分の給料がもらえないと何度も訴えていた。
でも普通なら半年も給料をもらわないなら働かないだろう
その辺が理解できなん点だった。
雇われたのはただ顔見知りで近くの人だったというだけだった。
この辺の仮設が増えた原発事故関係で外部からの人が増えたとかで増えた飲食店だった

ここで引用したのがみんなあてはまっている。

飲食業にはブラック的なものがもともとあった
ただこじんまりした家族で経営しているような所には普通はない
チェーン店に多かったのだろう
牛丼店では本当に息もつけないほど忙しい時がある
原町に行った時入るがそれだけ酷使されていることがわかる
この辺ではだから今はそうしたチェーン店では働かない
自給1200円で募集しても働く人がいない
それは避難民がいたとしてもそういう人は原発の補償金でうるおっている
だからそんな厳しい場所では働かないのである
もともとそういう場所だったら人は働かない
働いている人は外部の人ということもある


給料をもらえなかった女性は労働基準局に訴えるとか未だに給料をもらおうとしている
自分もそんなことにかかわりたくないしあきらめろと言ったがしつこい人だからあきらめない
ブラックな所はそもそも賃金未払いのリスクをかかえている
自分もアルバイトかでそういう経験がありその時は怒りを覚えた経験がある
だからそうなることはわからないではない
でもそもそも給料がもらえないのに半年も働いていたということが理解できないのである
何かしら無料でもいいということを雇用主に認めさせたということにもなる

●ブラックなものはブラックなものが支える


ブラックになりやすいものとして飲食業もそうだが建築現場なで働く人もそうだろう。
そこでも経歴など問わず暴力団などが人集めしている
だからそういうところではかなり危険な人が集まっている
どういうわけか知的障害者などもまぎれこんでゆく
それは結局相手が誰か問わないからである。
人間を雇う時そういうことは雇われる人でも雇う人でも危険になる

なぜこれほど保証人が就職するにしても必要なのか?
それはその本人を保証してくれる人がいないと危険だからである。
そういうことを自分も雇って大損害になったから痛切にわかった。
会社などで金を扱ったりすることもあり損害が大きくなるからそうなる
だからまず銀行に就職したら身元調査は相当に厳しくなる
親戚も調べられるから簡単に就職できないとなる


ただこうして人を雇うことを厳しくすると人手不足は加速する
介護でも資格が必要だ、何でも保証人が必要だとなると
結局ブラックしか就職する所がないという人が多いから
そんなところでも働く人はいたのである。
ただ時給が高くなっているから雇う方も考えるようになった
人手不足はそういうブラック関係でも大きな問題となってきた
前のように奴隷のように働かすことはもはやできなくなる
それが正常な状態であり人手不足はいいことなのである


外食の問題は塩分が多いことと野菜などが不足することである
ラーメンだってうまいにしろそこにいろいろな野菜をあげると
おいしくなりうまくなるがそれができない
トマトでもホウレンソウでもアスパラガスでもあげれば野菜を補える
これはカレーライスでもそうである。
だからどうしても野菜不足になるから自分で料理するほかないのである
自分の町では牛丼屋はないから利用していない


ともかく自分の家に来た女性はあらゆる問題をかかえた女性だった
ただいろいろ話しをする人であり知っている人であるから
その話を聞いて面白いと思った。
その女性のかかえている問題がすべて社会問題になっていたのである。
その女性は学はないのだけど何かいろいろな問題追求者にもなっいたのである。
田舎でそういう人間はめずらしいと思った。
ただ素朴な女性だったことも今どきはめずらしいと思った。


いづれにし飲食業がブラックが多いという時、そもそも他はそうではないのか?
この社会自体ブラックなのである。
政府すら官僚すらブラックそのものなのである。
週刊誌に天下りした官僚の一覧がでていたけどこんなにうまい労せずに金を得られるのか
官僚はとなる庶民は怒りを覚えるが自分もその甘い汁を吸いたいとなる
それでカルト宗教団体ではお前らも甘い汁を吸いるようになれぞと現世利益から
そのノウハウは具体的になる、つまり政権をとればお前らも甘い汁が吸えると
政治活動に熱心になる。創価ではまさにそれしかない団体である。
宗教が目指したものとは正反対でありブラックそのものなのである。


●ブラックなのは社会の上層部自体もそうであった

東電でも政府でもこうした指導者自体がブラックだということは
社会そのものが世の中そのものがブラックなのである。
上が正さなければ下も正されないだろう
ただ今は上も下もない、上だってその下から選ばれたものだからである
だから上も下も何もモラルなどない、得すればいいとしかないのである。
この世の中を支配しているのは闇ぬ主ーサタンだというとき
まさにこの世がブラックそのものであるからだ
警察だってブラックだし検察もそうだし政治家そのものがブラックでないと勤まらないとなる
それらは必ず利権とかかわるからり裁判だって公平とはならない
巨悪そもそも罰することもできない
大企業でも東電のようにブラックなところがあり政府もブラックであり
検察もそうであるなぜ検察官僚が大企業や東電とかに天下りできるのかというのも利権のためである。

amakudariii111.jpg
amakudariii11122222.jpg
クリック拡大

週間ボスト5・9号に出ていた官僚の天下りスト


検察警察関係の天下りは問題ないのか、こうして利権を得れば法を公正に運用できるのかとなる、
だから検察も警察も上部構造を補完する権力の主体だと批判される。
ただ自分にしても正直に言えば家族が公務員だったので公務員は何かと得になる。
それは額として少額でもこの利権構造とにていたのである。

この世の中得する人はさらに得する、特権階級になると濡れ手で粟になる。
中国の共産党でも同じだった。権力構造の上部に入れば労せずして金が入り得になる。
だから共産革命でカルト宗教革命でも創価でも政治活動になれば権力を奪い得の階級に属したいとなるのだ。
だからたいがい検察でも時の権力側につくのである。

原発事故でも東電の幹部が罰せられないのはなぜなのか?
それは検察からも東電に天下りしていることもあるのだ。
利権によって結託しているからそうなる。そこで甘い汁を吸うことができるからそうなる。
そもそも人あ裁くなというとき、人を検察でも警察でも裁けないからそういえる。
人を裁けるのは神しかいないからそうなる。

いづれにしろこの世の中ブラックな会社や企業でもなくなることはないだろう。
そうしたブラックなものが生れのはなぜなのか?
そうした素地となるものが消えない限りブラックなものはこの世にありつづけるからだ。
そもそも検察だって正さなければならないものである。
でもそれをできる体制があるのか?三権分立がそうなのだがそれもむずかしいとなる
結果的にはそれを罰するのは神であり天しかないとなる
だから東電の原発事故でも今回の韓国のフェリー沈没事故でもそうした闇が明るみにだされる。
それは津浪によって東電の事故で明るみにだされた闇の世界があったと同じなのである。

神によって天災によってでも高いものが低くされない限りいつまでも闇は闇になる
正直ものは損する社会であり続ける。
貧しいものの見方だった共産主義も結局堕落したから同じだった
なぜそうなるのか?人間の欲がなくならないからである
欲に歯止めするものがないのである。

posted by 老鶯 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層