2014年04月26日

慶長津浪で相馬藩政記に700溺死、伊達藩で5000人死亡 (この事実の重みを知っていたのか)


慶長津浪で相馬藩政記に700溺死、伊達藩で5000人死亡

(この事実の重みを知っていたのか)


慶長16年 1611年(11月13日)慶長三陸津波 相馬藩700人溺死、伊達藩5000人死亡とも

今回の津浪の被害で盛んになぜあんな危険な海岸に接して人が住んでいたのだろうと何度も言われる。
今になるとそれは当然である。
ただ浜通りなどではほんとんど津浪のことが語られないのだ。
確かに伝説のようなものが二三残っていた。
それについても知っている人は極まれだったろう。
でも相馬藩政記に700人溺死と記されていたことは今になると重大である。


相馬藩で700人、伊達藩で5000人死亡


この事実は今回の津浪と同規模だったのである。
この事実に一番驚愕しなけれはならなかったのは誰か?
それは今回津浪の被害にあった海岸に接して住んでいた人たちだった

津浪は毎日海を見ている人にとっては本当と一番怖いものである。

相馬藩でも宮城県でも海に面していても例えば自分の南相馬市でも
海岸に接している住んでいる人たちとそうでない人たちがいた。
海をじかに見て毎日暮らしている人たちとそうでない人たちがいた
今では松原などがあり海はさえぎられて見えない
海が見えないということは海を毎日意識することはない

ところが海に直接面して日々海を見て暮らしている人たちがいる。
この辺の浪は荒いからその浪の音を毎日聞いて寝る人たちもいた
その人たちにとって海は怖くないかと感じていた。

ただ自分もよく小学校前までゆくとそこからは人家が少なく
田んぼが海まで広がっているのでその小学校前まで浪にのまれる夢を見ていた。
今から思うとそれが津浪だったのである。
自分の住んでいる街は海からは相当離れていると思っていた。
だから海に対する意識は海に接して海を毎日見て生活している人たちと
海が近くても海が見えない浪の音も聞こえない
地域に住んでいる人たちの意識は相当に違っている。


相馬藩で700人、伊達藩で5000人死亡


慶長津浪でこれだけ死んだという事実を知っていれば恐怖感は違っていた。
それが毎日海を見て荒い浪の音を聞いて眠っている人たちが
この事実を知っている人はいたのか?
郷土史を研究している学者でも自分でも知らなかった。
この一行が注目されたのは今回の津浪か起きてからだったのである。


ただ時事問題の深層で相馬市の奥まで津浪が来ていてその砂が
ボーリンク調査で発見されたということを興味本位で自分も書いていた。
そんなところまで津浪が来ていたのということはあったが真剣に考えなかった。
それは貞観津浪の砂だったのであり400年前の慶長津浪ではなかった
もし400年前の砂だったら歴史的記載の事実と一致するから危機感をもったかもしれない。
貞観津浪のことは国史にも記されて京都の人たちにも知らされていた。
だからそのことは全国的に知られていたのである。
だから東電に警告したのは貞観津浪のことであった。
慶長津浪のことではないし相馬藩政記に700人溺死と記されたことを例にしていない


結局歴史の重大な事実でもそれが注目されていなかった
相馬藩政記にはことこまかに跡継ぎ問題や戦争のことは記されている。
でも700人溺死という事実は注目されなかったのである。
そのことに一番恐怖すべきは海岸に接して住んでいる人たちだった。
松川浦であれ海老村であれ烏崎村であれ萱浜であれ・・・
その海岸に接している人たちはその事実を知っていれば恐怖しただろう
それは宮城県地域ではさらにそうだった。


結局本当に当事者になるのは同じ地域でも地域によって違っている。
原発でも毎日原発の煙突を見て暮らしている人とそうでない人たちは危機感が自ずと違っていた。
南相馬市でも30キロ離れていたから自分では危機感をそれほどもたなかった。
となると危機感をもつべきだったのは津浪でも原発事故でもすぐ近くに住んでいた人たちとなる。
ただ飯館村などはそうした危機感とは遠い所にあった。
それは原発というものがどういうものかわからないことにあった。

津浪の後には被害者は海が怖くて近づけないとか津浪がトラウマになって
精神障害に陥っている人たちが紹介された。
それはこの辺でも3キロ離れたところで津浪の被害にあった人は海が怖くて近づけないという
何か幽霊でもさまよっているようで夜が怖いとか言う

実際に津浪の被害にあった人達とあわない人たちの差も同地域では大きい。

「八沢浦が元の美しい入江にもどった」ということを書いて被害者がここで泥に埋まった
子供の死体を発見されたのだと正気なのかとも批判された。
つまり同じ地域でも津浪の被害にあった人たちとあわない人たちは違っているのだ。

これは別に津浪でなくても日頃でもそうである。
人はいろんな困難に出会うし苦しみがある。
でも自分に関係がなければ無関心なのである。
あそこの家で何かあったのとかなるだけなのである。


だから今回も海老の浜が津浪の跡にタンポポが一面に咲いていて
明るさに満ちていたなどと俳句にした。
以前としてそんなことが言えるのかと被害者の立場にたてばそうなる。
ここで家族や家を失った人たちよすれば何が明るさに満ちているとなる
以前としてそこに長くいられなかったとかなる。
では自分もそういう気分になれというのだろうか
暗く沈んで悲しいふりでもしていろとなるのだろうか?
これもまた疑問なのである。
あえて喜ぶ必要がないけどやはりタンポポか一面に咲いていることは明るく感じたのである。
津浪の被害にあわない人たちは同じ地域でもそうなるからその差が大きいのである。


同じ地域に住んでいてももっと海側に住んでいた人たちは今になると
津浪のことを知って恐怖すべきだったとか言われる。
それは浜通りでも松川浦とか海老村とか烏崎村とかは海に接して家が密集していた。
だからその人たちと海から離れて住んでいた人たちの感覚は違っていたからである。
人間はやはり当事者意識が生まれるのは同じ地域でも違っていた。
犯罪でも近くで凶悪な犯罪が起きればテレビのニュースで遠い所で報道されるのとは
違った危機感をもつのと同じなのである。


歴史とはもともとは事実を基にしている。
その事実が忘れ去れる
何が事実かもわからなくなる
今になれば


相馬藩で700人、伊達藩で5000人死亡


この慶長津浪の事実がいかに重大なことか再び事実でもって証明されたのである。

posted by 老鶯 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

芽吹き(六号線を朝走る)


芽吹き(六号線を朝走る)

rokugousen.jpg

六号線朝に走りて芽吹きかな
六号線軽快に飛ばし朝桜
六号線真っ直ぐに走る朝燕


六号線を相馬市まで朝に自転車で飛ばして走った。
軽トラックもっている人にコメリに苗木があるからと行った。
軽トラックには二人しか乗れない。
三人で行ったので自分は自転車で往復した。
かなり飛ばしたのであとで体が痛くなった。


ただ自転車でも早く走ると爽快になる。
電動自転車は坂でも軽く走れるしスピードもでる
すると見える景色も違ってくる。
芽吹きの樹々や桜がまだ映えている。
それらが視界に入ってきては遠くを目指して走る
相馬市までは原町の倍はあるので遠い

人間の感覚では道とかスピードで見えるものが違って見える。

六号線は何かゆっくり見て歩く道ではない
車の道だから飛ばす道である。
そこから見える景色は違ったものとなる。
走る速さとともに景色が移り見ているのだ。
ただ車ではそうした景色を見る人は少ない
なかなか危険だから景色を見ていられないのである
だから自分は景色を見たいから車には乗らない

車に乗っている人は電車に何十年と乗っていないという
乗り方すらわからなくなっているというからそうなのかと思う
一旦車を乗ったらそれだけもう電車は不便なものとなっていたのである。
車については自分はほとんどわからないのである


一人暮らしの老人が三人集まったのは境遇が似た状態になったからである
みんな一人暮らしでありそれぞれに困っていた。
男二人は家事や料理で困っていたから女性の人に教えられたりして役立つ
その女性は話を合わせるのがうまい
いろいろ惣菜を作ってくれるので今は買っている
75才の老人は車を二台もっている
だから軽トラックがあり荷物を積むのに便利である。
何かしら補い合うものがあり集まった


ところが人間はそうして何か困ることがない人や補いあうものがない人
そういう人は人が困っていても無関心なのである。
だから夫婦である人は一人暮らしとか独身とかのことに無関心である
そういう人は何ら協力しようとはしない
食事でも家事でも困らないからである。
ただ一旦妻が死んで家事に困ったりすると違ってくる
なんとか助けが欲しいとなるが
そういう人にふさわしていのは夫婦ではない
一人暮らしの女性がふさわしいのである


自分は自然と深く交流したいとなるとき、庭作りをしたかった。
ただ庭は狭いのでここではたいしたことはできない
狭い庭でも結構な労力が必要になってくる
水をいちいちやるのも手間になる。
それは家事全般を一人でやっているからである
一人は介護だからなおさら忙しくなる
介護はショートスティで休めるかと思ったら休めない
なんらかの連絡が必ずくるのである
近くだからこそ対応できて自転車で行けるからいい
遠いとまためんどうになる


六号線は実際は東京まで通じて活きたものとなる
だから本当は前とは違っている。
長距離トラックは走っていない
でも車の数が減っているようにも見えないのである
こんなに近くでも車を使っていたのかとわかる
それだけ車社会なのである
ただ車をもたないものは車について理解できなものがあるのだ
だから実際の生活では取り残されているという面がある

車がないと現代では弱者であり貧乏人になる
とういうわけかだから車がない自転車の人と親しくなる
普通は貧乏人と貧乏人が親しくなるのとにている

ともかく天気がいいから外出して遠出に向いている季節である
自分の場合はやはり自転車で走っている時は一番気持いいとなる